ピクシブ百科事典

ヴィンセント=ナイトレイの編集履歴

2012-12-04 13:06:10 バージョン

ヴィンセント=ナイトレイ

どぶねずみ

ヴィンセント=ナイトレイとは望月淳の作品「PandoraHearts」の登場人物である。

僕はいつだって、ギルのことばかり考えていますよ?

CV:福山潤

概要

ナイトレイ公爵家の養子。ギルバートの実弟で、重度のブラコン。愛称はヴィンス。
幼少の頃、ナイトレイ公爵家のアヴィスの扉の前で死に掛けていたところを保護され、そのまま養子となった。
右目がワインレッド、左目が金色のオッドアイで、幼少時代はその紅眼から禍罪の子と称され、迫害されて育った。
その影響か、穏やかな物腰に反して冷酷かつ意地の悪い性格で、ぬいぐるみを鋏で切り刻む、歪んだ性癖を持つ。契約したチェインの影響で気を抜くとすぐ寝てしまう。ギルバート以外には滅多に心を開かないが、そのかわり、一度心を開いた人間には一気にデレる。
従者のエコーに対しては、自分の傍に置いて人形の様に可愛がる風もあるが、「使用人」という枠を越えて彼女の人権を無視した様な命令や行動が度々見られる。

バスカヴィルの民とつながっているが、バスカヴィルのことも100年前の「あの時」を取り戻すために利用しているに過ぎない。
四大公爵の持つアヴィスの扉の鍵を探す役目をバスカヴィルから負っている。その一環としてベザリウス公爵家の鍵のありかをオスカー=ベザリウスから引き出すためにエイダ=ベザリウスと交際している。

本来は100年前に生きた人間で、ジャック=ベザリウスや人間だった頃のアリスと面識があった。ジャックのことは慕っていたがアリスとは仲が悪く、アリスの飼い猫のチェシャの目を鋏でえぐったのもヴィンセントである。
ギルバートが何度も自分を見捨てようとしていたことに気づいていたが、それでも自分を守ってくれた彼を慕っていた。そして、グレン=バスカヴィルの次の器に選ばれた兄の命を救う方法と信じて、ミランダ=バルマに教えられたとおりアヴィスの扉を開き、サブリエの悲劇を引き起こす引き金を作ってしまった。

正規契約しているチェインは眠り鼠(ヤマネ)だが、死刑執行人(ディミオス)と違法契約を交わしている二重契約者。
現在はパンドラを裏切り、当代グレン個人に忠誠を誓い、バスカヴィルと行動をともにしている。

仕える身分になったことでMの扉が開きかけているようだ。



関連タグ

PandoraHearts ギルバート=ナイトレイ リーオ ジャック=ベザリウス アヴィスの意志 エコー ヴィンエイ