ピクシブ百科事典

ヴィルベルヴィントの編集履歴

2012-12-07 17:35:53 バージョン

ヴィルベルヴィント

ゔぃるべるゔぃんと

「ヴィルベルヴィント(独:Wirbelwind)」とは、第二次世界大戦中、ドイツ軍がIV号戦車をベースに開発した対空戦車である。

解説

ヴィルベルヴィント(=旋風)」は、オーバーホールの為に前線から送り返されてきたIV号戦車に、高射砲塔を搭載した対空戦車である。

メーベルワーゲンの不足を補う目的で開発されたが、(その見た目とは裏腹に)搭載された2cm4連装対空機関砲がヤーボシュトゥルモヴィクに対して威力不足だったため、1944年秋頃に生産は中止された。

後継車両として、3.7cm対空機関砲を装備する「オストヴィント」が開発・生産された。

関連タグ

対空戦車 メーベルワーゲン IV号戦車
ドイツ軍