ピクシブ百科事典

プラスチックの編集履歴

2013-01-06 14:56:02 バージョン

プラスチック

ぷらすちっく

プラスチックとは「可塑性樹脂」のことであるが、日本においては「合成樹脂」の意味として用いられる。

概要

 この物質は主として石油から製造された樹脂に類似した合成物であり、その作り方によりさまざまな種類があり、さまざまな用途に使用される物質である。

性質

 この物質には化学的にみても別の物質とされるものの総称であるため、各種の種類があり、それぞれ性質が異なるが、おおむね次のような性質がある。

 このような性質(一部の物質では該当しないものがある)のもののうち、性質が目的にあったものを加工して使う。たとえば熱で変質して硬くなるもの(熱硬化樹脂)は熱のかかる場所に使ったり、塗料や接着剤として用いたりしているし、熱で変質してやわらかくなるもの(熱可塑性樹脂、この言葉の本来の意味)は、金型を使った形成などで用いられ、各種容器などに利用される。

種類

塩化ビニル(塩ビ) セルロイド ベークライト エポキシ ポリウレタン ポリエチレン など

表記ゆれ

プラスティック 合成樹脂

関連項目

素材 物質