ピクシブ百科事典

目次[非表示]

爆歯の妖精とは、歯が爆発するという奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用な経歴を持つ、ドイツ生まれ日本育ち(時折中国語らしき言語を話すため、ドイツ生まれの中国育ちという説もある)の絵師であるトニーマン+氏の絵全てにつけられているタグである。爆破ではない、爆歯である。

爆歯の妖精とは


詳しい日時は不明であるが、pixiv上にあげられたトニーマン+氏のイラスト全てに爆歯の妖精というタグが付けられた。このタグに関してトニーマン+氏はTwitter上にて『あと誰だよ爆歯の妖精タグつけたの!!!』と発言していたが、その後のスティッカム配信にて『今の今まで気付かなかった』などと意味不明な供述をしていた。
また、『@爆歯言う奴ら 死ね!お前ら全員死ね!!』などという発言をしておきながらも、pixivでの名前を一時的に爆歯の妖精+にするなど、何だかんだ文句を言うわりにはこの名称を気に入っている様である。

余談であるが、ピクシブパワーチェッカーにて30万代をキープしていたのが、突如一気に全ての絵に付いた爆歯の妖精タグのせいでジャンル偏向補正がかかり、20万代に落ちたときのトニーマン+氏の落ち込み様はガチであった。

爆歯の妖精が誕生するまで


元々、トニーマン+氏は爆歯の妖精ではなかった。彼が爆歯の妖精となったのは高校時代(この頃は日本、又は中国の四川省在住であろうと推測される。詳細不明)。まだ彼が美少女であった時代である。彼がカヌー部に所属している時であった。カヌー部の合宿時、何処にでもあるありふれた弁当の米を口の中に入れ、租借した時であった。口の中に広がる違和感。ガリッという嫌な音が口の中に響く。そっと口の中にあるその異物を取り出してみると、それは砕け散った歯であったという。その時、トニーマン+氏が教師に向けた『先生、歯が爆発したんで帰ります』の言葉はあまりにも有名。

その後、彼は病院に向かうものの病院は閉まっており、家に居たところを両親にばれて追い出され、時間は夜。練習場に行くのも面倒と考えた彼はどういう訳か『野宿しよう!!』という発想に至ったという。季節は一月、しかも美少女、ドイツ生まれの発想は中々にワイルドである。

要約すると、ステージでダンスを踊っているガンツのキューピーマヨネーズが5mで、その恐怖と寒さに眠れず、結局歯の治療はしないまま今に至る。中々に波乱万丈な人生を歩んできていることは明らかである。

餃子丼と抜歯の妖精


トニーマン+氏はどうにも歯に縁があるようで、それは2009年の12月の時であった。美少女からただの爆歯の妖精へとなった彼。スティッカム配信において、トニーマン+氏が冷蔵庫にパンを取りに行ったが、戻ってきた彼は何故か餃子丼を手に帰ってきたという。温めたそれを頬張り、咀嚼した時であった。口の中に人がる違和感。ガリッという嫌な音が口の中に響く。そっと口の中にあるその異物を取り出してみると、それは抜けてしまった永久歯であった。その時、トニーマン+氏が皆に向けた『永久歯が抜けた!!』の発言はあまりにも有名。

関連動画

爆歯の妖精トニーマン+、爆歯の瞬間を語る。

pixivに投稿された作品 pixivで「爆歯の妖精」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1205216

コメント