ピクシブ百科事典

緊急地震速報

きんきゅうじしんそくほう

2004年試験開始、2007年本運用開始。日本の気象庁が提供している早期地震警戒システムであり、大地震発生により強い揺れが発生することが予見される際に発信される。主にテレビ・ラジオ放送(放送確度などの事情から特にNHKのものが有名)、携帯電話のエリアメール、PCでは専用ソフトにより受信が可能。

地震の発生を伝える速報。テレビなどで受信される。
地震計で地震波のうち、速く伝わる初期微動のP波を検知し、P波よりも遅く、強い揺れを引き起こすS派の到達前に震源地震度を予測し、警報を発令する。
P波の検知から速報の配信まで数秒かかるので、震源地に近いと速報は間に合わない。

NHKでの速報では、最大震度5弱以上の地震が速報の対象となっており、震度4以上の揺れが予測される地域が表示される。

東日本大震災の発生以降、余震などが相次いでいるため頻繁に流れるようになった。

速報性が重視されるという性質もあり誤差も多く、地震計が少ない地域で地震が起きた場合や複数の地点で同時に地震が起こった場合などの場合に誤った速報を出すこともある。特に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、地震計の故障やインフラの寸断などの原因により、発生直後からの一定期間においては精度が30%台にまで落ち込んでいた。

最近の携帯電話にも対応しており、情報が送られると普段鳴らないような激しいブザー音を鳴らす。(受信しないように設定を変えることも可能)
いつ起こるか知れない地震で緊迫している心境も相まって、いきなり鳴るつんざくようなバカでかいブザー音がトラウマになっている人が相次いでいる。

広報で緊急地震速報が発報される際の「テェロンテェロン、テェロンテェロン、テェロンテェロン」という気味悪い音は緊急速報の性質上、人間の不安心理をよびおこす様に作られた音とのことだそうである。製作した工学者の伊福部達によれば、叔父で作曲家の伊福部昭(ゴジラのテーマで有名)が作曲した『シンフォニア・タプカーラ』第三楽章冒頭部を参考にして作られたそうである。

関連タグ

アクティヴレイド:第1期において、緊急地震速報の音(さすがに原曲ではないのだが……)が流れるシーンが存在した。

pixivに投稿された作品 pixivで「緊急地震速報」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17467

コメント