ピクシブ百科事典

オナホ

おなほ

「オナニーホール」の略称。男性用の自慰用具(性具)で、男性器を女性器へ挿入する快感を再現するための膣口を形どった製品のこと。 ※画像はイメージです
目次[非表示]

概要

軟質樹脂などを筒状にしたもので、陰茎の挿入を繰り返し女性器への挿入に近い性的快楽を得ることができる。
「貫通型」と「非貫通型」の二種類に大別できる。

貫通型オナニーホール

利点

 ●ペニスの先端に手で摩擦刺激を与えるのに適している
 ●先端も挿入部と同じく穴が開いているので使用後の洗浄が楽

欠点

 ●先端開放部からのローション精液の漏出に注意する必要がある

非貫通型オナニーホール

利点

 ●先端が閉鎖されているもので、一旦空気を抜いて(→空気抜き)ペニスを動かすと吸い付くような快感が得られる
 ●精液漏出の心配がない

欠点

 ●使用後の洗浄がやや不便
 (品質維持の為には裏返して洗浄する必要があるが、挿入口が裂ける時が往々にしてある)

その他のバリエーション

オナカップ

 基本的に使い捨ての安価なオナホ。
 封の付いたプラスチック製の容器にローションの塗られたホールが入れられている。
 底が平らであれば壁に押し付けるなどして固定することで腰を動かすこともできる。
 安すぎる製品の場合、ホールがスポンジ製ということも。
 TENGAはオナカップに分類される。

乳房型

 パイズリを疑似的に体験することができる。

人形型

 ダッチワイフのオナホ特化型。

頭部・口腔型

 フェラチオを疑似的に体験することができる。
 頭部型はマネキンの頭を想像してもらえれば良いか。

形状再現型

 リアルな女性器の複製品(臀部、腰部を含む)。
 据え置き型の為、腰を動かして使用して疑似的なセックスが体験できる。
 「至極」や「スーパー至極」が有名。

電動型

 筒・箱型のホールにローターなどの振動を与える装置を取り付けて、刺激を得るもの。
 または自慰の際の手の上下運動を再現した製品など。
 これら電力で動く製品一般を指す。
 電動に殿堂無しとも言われ、性感に定評のある物は皆無である。

ユル系とキツ系

ユル系

 材質が柔らかく、内口径に余裕があるものはユル系に分類される。
 強い刺激は得られないが、柔らかいので自分で刺激を調節できる。
 マッタリと時間を掛けて性感を楽しみたい人に向いている。
 有名な商品例:ゲルトモ、ぼくのオナペット、東京名器物語、モォ~娘 など

キツ系

 若干硬めの材質で、内口径が狭いものはキツ系に分類される。
 ヒダや突起、形状が特殊なものもあり瞬間的な性感はかなり大きい。
 しかし、長時間使用すると陰茎が鬱血して怪我のもととなるので注意が必要。
 オナカップもカップによってホールの伸縮が制限されているためキツ系といえる。
 有名な商品例:ブヒアゲ、鬼(オーガ) など

使用に際して

 ●ローションを使わないと怪我をする恐れがある
 ●オナホを購入すると大抵の場合小さなパック、或いは小瓶に入ったローションが付いてくる
 しかし、使用している内に乾いてくるのでローションは単体で購入しておく方が良い

 ●潤滑用に水溶性ローションを使用すること
  食用油やワセリン等の油性潤滑剤を使用するとオナホのゴム部分が溶けて破損する場合がある
 ●使用後はよく洗浄し乾燥させて、冷暗所に保管する
  念入りに洗浄をしないと雑菌が繁殖し、性病や感染症の原因になる
 ●薬事法の関係からか、オナホはジョークグッズとして売られているので、使用によって怪我や病気をしても自己責任となる

空気抜き

 非貫通型を使用する際の基本技法
 ローションをオナホの中に流し入れ、スポイトの要領で勃起したペニスを挿入する
 こうする事によって陰茎とヒダとの密着感が段違いになり性感が増す

情報

なんとあのTENGAから女性向けの商品が発売される。名前は「iroha(イロハ)」詳細は・・・


関連タグ

オナニー 自慰 オナホール ドMホイホイ ライクライク
オナホ同時挿入 オナホ妖精 オナホ人間 オナホ化 肉オナホ

pixivに投稿された作品 pixivで「オナホ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27558150

コメント