ピクシブ百科事典

白面の者

はくめんのもの

藤田和日郎の漫画「うしおととら」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

白面の者とは

CV:林原めぐみ 
うしおととら』に登場する大妖怪で、物語のラスボス
本作最強の妖怪でありその圧倒的な強さはある種絶望感すら感じさせる程である(衾に至っては、「(直接会う前に死ねただけ)よかったかもなあ」と表現するほど)。

世界の成り立ちから存在する大妖であり、その強さは作中に登場する人間・妖怪・神などの全てが束でかかっていっても互角以上に戦いうる。全長は優に数kmを越える(尾の変化を含めれば、最大時にはおそらく数十km近くに迫る)。

モチーフは九尾の狐。特に殺生石のエピソードから白面金毛九尾の狐であると推測される(ただし原作では一度も「狐」と呼ばれてないこと、成り立ちも狐と全く異なることから、あくまで白面金毛九尾の狐を元ネタとしているだけで白面の者は妖狐の類ではない)。

  • モデルは本来は大陸での霊獣が後年の伝承になって悪魔と化したので、白面も本来なら陰行の神になれた余地があるし、またはこれからなれるのかもしれない

おぞましさと迫力、激情を含んだシャープな造形とどす黒い感情が滲み出た毒々しい目と口角が非常に特徴的であり、その顔をアヘ顔と例えた漫画家がいる。こんなおぞましいアヘ顔とかねーよ。

耳房はなく、キツネというよりは、下から見上げた顔はサメのそれに似ている。最初期のコマではリスやジネズミのような面影もあった。
  • ちなみに、本来のカラーリングは白い顔に金色の全身(「金毛白面の者」)なのであるが、アニメふくめてありとあらゆる媒体で無視されてきた設定である。

概要

原初の混沌からが分離して世界が形成されたとき、わだかまった陰の気より生まれた「邪悪」の化身。

陽の気から生まれたあらゆるものを憎悪し、それらを破壊し、苦しめ、殺すことを無上の喜びとする。
最初は実体を持たない気の塊であったが、古代印度偶々見つけた1人の人間の赤ん坊に寄生し、長年にわたってその人間の怨念や憎悪のエネルギーを吸収する事で九つの尾を持つ異形の白い姿となった。

天地のあらゆる事象を操り、口からは有人の島をも吹飛ばす程の強力な火炎を吐き(アニメ版では「蒼」くなっていた)、その尾を軽く振るだけで妖怪の大軍を容易く粉砕する。ほとんどありとあらゆるエレメントが使用できるので、火焔を好むのは、単なる好みのほか、「ある何か」に対するメタファーとも捉えられる(そしてこの「炎」が、良くも悪くも関係なく「縁のある者々」と共通している)。

また、モデルとなった妖狐が石になってまで毒を撒いたのを踏まえてか、全身を毒の煙に変換が可能(使用時には体のサイズを縮小させてしまうが、スピードは上がる)。また、毒化する際に「石」のごとく体表がひび割れる。


尾一本一本に違った能力を持ち、それらに自我を与えて己の「分身」として活動させることが可能である。分身を尾に纏わせた時の光景は、まさに地獄絵図。恐怖と絶望の化身という実態を嫌というほど実感させられる。
本編に登場した分身は以下の通りだが、尾の能力は時代と共に、というか白面の気分しだいでいくらでも変わる。実際、獣の槍と直面する以前と後では、いくつかの尾の能力はまったく別のものになっている(以前はや溶けた鉄など)。

一本目  シュムナ
二本目  くらぎ
三本目  斗和子
四本目  あやかし
五本目  大量の婢妖の塊
六本目  大量の黒炎の塊
七本目  雷と嵐の尾 奥の手その一(ある者に対するメタファー①)
八本目  槍の尾   奥の手その二(ある者に対するメタファー②)
最後の尾 最終話にて判明

卑妖など分身からは、自身の分身なのに「白面の御方(様)」と呼ばれている。

妖怪や人間が自身に対して抱く恐怖を吸収することで無尽蔵に強くなり続ける。また負の化身であるため怒りや憎しみ、恐れを伴った攻撃は通用しない。その力は妖怪とは別次元を誇るが、それよりも相手の憎悪や猜疑心を利用して自滅に追い込む策謀を好む。
また、渇望する心の闇を突くことに長けており、本来自分に敵対する存在だった紅煉秋葉流を自陣営に引き込んだ。しかし、白面自身も叶わぬ渇望を抱いていた事から、何よりもその想いを歪んでいながら理解出来たのであろうことは皮肉であろう。

印度で実体化すると同時に大破壊をもたらし、さらに中国を荒らしまわったあげく日本に上陸する。だが、ここから200年間にも渡る戦闘が発生、陰陽師と妖怪の大連合に迎撃される。最終的には逃亡、国を支える要の岩に逃げ込み、その後800年の長きに渡り沖縄トラフでお役目様である女性達の結界に封じられることとなった。この際、海底にてうずくまるポーズがまるで眠る赤子か胎児のようだとファンから言われることもある。

物語中封印された状態ながら何度も登場して、その強大な力や生み出した眷属によってたちを苦しめた。物語終盤、人間や妖怪たちから打倒白面の旗印となっていた潮ととらの記憶を奪って孤立させ、戦力の集結を阻止、そしてついに封印を破って復活を遂げる。
一度は潮を制して獣の槍を砕き、とらを倒し、人間や妖怪達を悉く粉砕し、日本列島を蹂躙したが、砕けた獣の槍の力で潮ととらの記憶を取り戻した人間や妖怪達が力を合わせて結界を張り、ついに白面は動きを封じられてしまう。
決戦の地にて今まで物語に登場した者たちが次々と参戦し、法力僧、自衛隊、全国より集結した妖怪や土地神たちによる大連合が結成される。
そして国の存亡を賭けた最後の戦いが始まった。

ちなみに・・・

白面の者が肉体を得たのには、ある経緯がある。
それは、魂の状態での国破壊に飽きを覚えた為、

「自らの感情・感覚でより鮮明に殺戮の快感を得たい」

つまりは 自分自身の手で直接的に、よりスリルを求めた暇つぶしの為だけに、
通りすがりにたまたま居合わせて生まれただけの赤子に憑依して血肉を得たというとんでもないものである。

台詞集

我は影さえ持たぬ暗黒の光・・・
我が憎いか?
憎めよ。我を憎め。永遠の時の淵でまた会おうぞ。
くっくっく 勝てると思ったか?人間の女が張った結界を破ったから… おのれらの結界で我を封じたから… 多くの仲間がいるから… 勝てるとでも思ったのかよ!! この白面の者に!!

我は白面!!その名のもとに、全て滅ぶ可し!!

快楽!快楽よ!悲・哀・憎・悔の泥濘にのたうつ人間の心を感ずるのは!

美しい…海の底にいた我には全てが美しく見えるぞ。妖どものあがきも…人間どもの滅ぶ様も…。
くっ・・・

けっ・・・

かっ・・・

彼処には、誰がいる…?

心地良し!

くだらぬ!弱し!!弱くてくだらぬ!! お前たちは我に勝てると思うているのか!? 思うてはいぬであろう。弱いからな! ならば既におまえ達の戦いは正義などという大義のもとの戦いではない。自己満足だ!! 弱い自分を認めたくないという自意識が生んだ、哀れな自己陶酔者。それがおまえ達の姿だ。 槍の使い手よ、おまえはわかっていたのであろう。どんなに口で人間を救いたいといっても… 絶望の闇夜に向かうしかないことがあるということを!! 夜だ。この国に、おまえ達に!我が夜をもたらしてやるのだ!!

キレイダナア… ナンデ ワレハ アアジャナイ… ナンデ ワレハ ニゴッテイル…!?

誰か…名付けよ、我が名を… 断末魔の叫びからでも、哀惜の慟哭からでもなく、静かなる言葉で… 誰か、我が名を呼んでくれ… 我が名は白面にあらじ 我が 呼ばれたき名は…

おぎゃあああああああああ

関連イラスト

白面の者
我は
はくめん
白面の者
うしおととら01
はくようの御方様
― 心 地 良 し ! ―
白面の者
たわけめ!
大妖浮上
妖怪絵巻・白面の者
白面の者



関連タグ

うしおととら 蒼月潮 とら 獣の槍

pixivに投稿された作品 pixivで「白面の者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742360

コメント