ピクシブ百科事典

目次[非表示]

出来てる分だけです

博麗想璃(製作中


陰陽鬼


霊夢A
霊「はぁ、もう異変は終わったんじゃなかったのかしら」
?「終わってるわよ」
霊「貴方が今回の異変の元?」
?「そうとも言えるけど、違うとも言える。話を始める前に名乗らない?じゃないと不便だわ」
霊「博麗霊夢」
想「博麗想璃」
霊「は?なんで同じ苗字なのよ、此処には博麗の苗字は私しかいないわよ」
想「ということは、どういうことか考えられるかしら?」
霊「ご先祖様か、未来、つまり子孫ね」
想「さて、どっちかな」
霊「ご先祖様が異変を起こすはずないわ、子孫ね、それも出来損ないとかの」
想「酷い言い分ね」
霊「人間が異変を起こすってそういうことにならないの?」
想「んー、そうかな?どっちにせよハズレよ」
霊「なるほど、博麗を名乗るふとどき者ってことね」
想「どうしても認めたくないのね」
霊「紫に聞けばわかることよ」
想「あら、紫も来てるの?」
紫「呼んだかしら?」
霊「スキマから全部見てたくせに」
紫「悪かったわね、あまりにもおもしろかったから」
想「久しぶりねぇ、あれから一体どれくらい経ったのかしら」
紫「かなり経ってるよ」
霊「ご先祖様なのね・・・認めるわ」
想「よかった、それなら・・・」
霊「それなら?」
想「相手をお願いしてもいいかな?勿論ルールに乗っ取って」
霊「いいわよ、私の得意分野だし」
紫「あまり気を抜くんじゃないよ、強いから」
霊「紫がそういうってことは本当に強いのね」
想「それじゃ、始めよっか!」

霊夢B
?「鬼を連れた巫女、興味深いわ~」
霊「似たようなセリフを前聞いたような」
想「あら、そう?」
霊「おそらく、あなたの連れの鬼に」
想「連れじゃないわよ」
霊「友達?」
想「そう、そんな感じよ。朱桐にあったってことはわかってるのかしら?」
霊「なにが?」
想「私たちの関係」
霊「わかってるわよ、認めたくないけどね」
想「それは傷つくわ、認めなさいな」
霊「貴方が本当に私より強かったら認めるわ」
想「その言葉、偽りはないわね」
霊「ないわ、巫女だもの」
想「な~んか怪しいわね」
霊「というか、ルールはわかってる?」
想「一応は把握してるわ、まともに出来るくらいは」
霊「長いことしてる身としては負けるわけにはいかないわね」
想「そうかしら?時には負けることも重要よ」
霊「貴方の鬼みたいに?」
想「私の所有物じゃないって。朱桐は力をはかってるだけよ」
霊「なにか違うの?」
想「勝負とは少し違うかな」
霊「それが少しむかつくんだけどね」
想「あら、でもそこの鬼とかも貴方に手加減したんじゃないの?」
霊「悔しいけど、それは事実ね」
想「そうよ、妖怪が強いのは当たり前だもの。だからこのルールを作ったんじゃ?」
霊「おっしゃるとおりで」
想「お喋りはやめにして、そろそろ始めましょうか。楽しい弾幕勝負をね!」

とりあえずここまで





陰陽鬼朱桐


陰陽鬼


霊夢A
朱「あら、おまけで懐かしいのが出てきた」
霊「おまけ?紫のこと?」
朱「そうよ、いやぁ、懐かしい」
紫「いやな予感はしてたけど、やっぱり貴方だったのね」
朱「妖怪は異変を起こすもの、それは昔から変わってないでしょ?」
霊「あー、あんたらのことはどうでもいいの、私は家宝取り戻してさっさと帰りたいんだけど」
朱「逃がさないよ?」
霊「逃げないし、あんたに負けるつもりもない」
朱「強気で何よりね、ところであなた、博麗の巫女で間違いないんだよね?」
霊「そうよ、だからこうやって異変解決にきたんじゃない」
朱「ここまできたってことはある程度の実力はあるってことかしら」
霊「まぁ手助けもあったけどね」
朱「手助け?」
紫「呼んだかしら?」
朱「あぁ、お前か」
紫「・・・」
霊「お前って・・・態度の差が気になるけどさっさと始めない?」
朱「いつでもいいよ、手加減してあげるからさ」(BGM~
紫「こっちは手を抜いたら駄目よ、本気でいかないと」
霊「私はいつだって本気よ!」
朱「今宵はとっても楽しめそうね」

霊夢B
霊「隠れてないで出てきたらどうなの?」
朱「隠れてたわけじゃないし、さっき目の前に出てきたじゃない」
霊「いいから、さっさと私に退治されなさい」
朱「そこの小さい鬼達は?」
霊「あぁ、萃香ね、簡単に言えば護衛」
朱「今も昔も変わらないってことかな」
霊「あぁ、もういいからほんと退治されて!」
朱「ここまで来たってことは実力はあるんでしょう?」
霊「そういうことになるけど、さっさと家宝を返してほしいの!あれが無いと不便!」
朱「便利なものに頼るほうが悪い」
霊「ぐぐ・・・」
朱「昔はあんなものはなかったのよ」
霊「今あるものは使うべきだわ」
朱「ごもっともで、ところでその家宝は目の前にあるよ」
霊「?」
朱「私自身が陰陽玉ってことよ」(BGM~
霊「よくわからないけどあんたを倒せばそれで解決だ」
 「違う?」
朱「間違ってないわ、でも・・・」
霊「でも?」
朱「私がそんなに簡単にやられると思ってるの?」

魔理沙A
朱「あれ?なんか変なのが来た」
魔「変はないだろ、変は~」
朱「てっきり巫女が来ると思ったんだけどねぇ」
魔「巫女より私の方が早かったってことだろ」
朱「ところで貴方はなんでここに来たの?」
魔「私の家で窃盗を働いててよくそんな抜けぬけと・・・」
朱「あぁ、そういうことね」
魔「さっさと材料を返してくれる?」
朱「あー、あれもう使っちゃったわ、調合に」
魔「なら、調合したものをよこせ」
朱「嫌だ・・・って言ったら?」
魔「どうするもこうするも決まってるだろ」
朱「決まっては無いと思うけど」
魔「細かいことはいいんだよ」
朱「それじゃ、貴方の魔法をじっくりと楽しませてもらう事としましょうか」(BGM~
魔「本当か?全部よけないんだな、わかった」
朱「いつそんな事言った」
魔「そういう意味で言ったんじゃないのか?」
朱「違う、断じて違う」

魔理沙B
魔「もうそろそろだと思うんだけどなぁ」
朱「もうそろそろでした♪」
魔「親玉・・・?」
朱「親玉よ、異変を起こした張本人」
魔「異変に関してはぶっちゃけ今はどうでもいいんだけど」
朱「あれ?困らないの?」
魔「調合材料がなくなるほうが困るね」
朱「あぁー、そういうことね」
魔「そういうことだ」
朱「残念だったわね、もう使っちゃったわ」
魔「それなら、私のストレス発散に付き合ってもらうしかないな」
朱「まぁ、私は暇だからいいけど」
魔「そんな軽いこといってられるのも今のうちだぜ」
朱「あら、そうかしら?」(BGM~
魔「あぁ、ギャフンと言わせてやる」
朱「ギャフン」
魔「・・・」
朱「ちょっとぼけてみただけよ、気にしないで」
魔「あぁ・・・」
朱「じゃあ、思う存分に使ってみなさい、貴方の魔法を!」

咲夜A
咲「魔道書はどこかしら」
朱「わたしが拾って預かってるよ」
咲「それは親切に有難う、で、どこで拾ったのですか?」
朱「貴方のお屋敷の図書館」
咲「それは拾ったとは言わずに盗んだが適切だと思います」
朱「あら、そうかしら?あまり変わらない気がするけれど」
咲「取り敢えず返してもらえますか?」
朱「どうしよっかなー」
咲「返していただければそれだけで済むのですが・・・」
朱「返さなかったら?」
咲「その選択肢はないと言ったら?」
朱「疑問に疑問を重ねるのはどうかと思うなぁ」
咲「返さなかったら力ずくで返させていただくまでです」
朱「よろしい」
咲「では、準備はよろしいですか?」(BGM~
朱「そういう貴方はどうなの?」
咲「疑問に疑問を重ねてますよ」
朱「わざとよ、こっちはいつでもいいわ」
咲「では」
朱「貴方の奇術、堪能させてもらうわね」

咲夜B
朱「あら、もうここまできたのね」
咲「貴方?パチュリー様の魔道書を盗んだのは」
朱「盗んだとは人聞きの悪い、ちょっと拝借しただけよ」
咲「許可もなく、かしら?」
朱「まったくつまらないメイドね」
咲「どうも」
朱「で、どうせ取り返しにきたのでしょう?」
咲「その通り、でも、ただ返してもらうだけじゃ・・・」
朱「と、いいますと?」
咲「勝手に拝借したのなら利子を付けさせていただきます」
朱「いったいどんな利子かしら?」
咲「そうね・・・貴方の首、なんてどうかしら?」
朱「それは面白い提案ね」
咲「それはどうも」
朱「貴方のナイフ、私の首に届くかしら?」(BGM~
咲「届かないなら時間を進めて届かせるまで」
朱「それは怖い」
咲「ほめ言葉としてとっておきます、それでは覚悟」
朱「時間を操る、ねぇ」
 「絶対的な能力だと思ったら大間違いだよ」

東方月白花双

勝ちゼリフ一覧
名前は対~という意味

指定なし
「酔い覚ましにはちょうどよかったわ~」
「疲れた、疲れた、帰って少し休もう」
「うぅ・・・二日酔いが覚めない・・・」

朱桐
「そっくりさん・・・かな?」
「もしかして貴方は・・・」
「ドッペルゲンガーだったのかしら」

帆那美
「貴方、鬼と同じような過去をもっているわね」
「陰を操る私に魔眼の能力は聞くのかしら?」
「支えてくれた人に感謝すること、それが貴方の役割」

ソラト
「今じゃ魔法使いも少ないのね、少し前まではもっと多かったけど」
「恋符を使う魔法使いとは知り合いなのかしら?」
「使い魔っているとやっぱり便利かな?式神でも作ろうかしら」

砂子
「貴方みたいな人は経験豊富で面白い話が聞けそうだわ」
「成仏するもしないも基本は霊の自由だからね」
「迎えの死神を蹴散らしてきたのかい?天人に近いな」

まほろ
「完成がずれててもそれは人の個性、いい事だと思うよ」
「おっと、私の着物に絵を描かないでおくれよ」
「貴方のセンスは嫌いじゃないよ、もっと向上しそうだし」

シヨ
「あんまり妹に迷惑かけるんじゃないよ」
「感情としては女性を愛してもいいと思うよ」
「性格については私も人の事いえないたちだしね・・・」

ミヨ
「酒盛りに・・・って言いたいけど、護衛の役があったわねぇ」
「力は段違いだけどどこぞの庭師を思い出させるねぇ」
「しっかしものだし、いつかきっといいことが返ってくるさ」

真黒、真白
「鏡は自分の裏を映すもの、貴方にはぴったりの言葉ね」
「肉体の取り合いにとかならないのかしら、不思議ねぇ」
「間近に仲の良い友達がいるってことはいいこった」

東向
「地底の奴にはあんまりあったこと無いけどやっぱり貴方も酒には強いの?」
「その木の枝、折れたりしないのかぃ?」
「いつか地底に降りて酒盛りしたいもんだね」

うり子
「境界を弄る・・・か、あいつに勝てるんじゃないのか?」
「貴方の言葉は全て逆の意味にとればいいのね」
「歪んでても面白い奴だったら私は好きだよ」

つぼみ
「陰陽鬼という歴史から忘れられた存在までは知らなかったろう?」
「そんなに勉強ばかりしてて楽しいかね」
「集中力はあるみたいだね、ただ周りが見えなくなるみたいだけど・・・」

偕拿
「百鬼夜行か、私のところも解散したなぁ」
「本当にいろんな術を使うね、こりゃ面白いもんを見つけた」
「閉じ込められてた五百年は貴方に妖術を与えたってわけね」


「昔のことは覚えておくものじゃない、心にとどめておくものだよ」
「能力と役職の食い違いねぇ・・・」
「元神様ってのは信じるよ、神を信仰とかはしないけどね」

薔薇花
「漫才するなら、相方はしらはどり習得決定だね」
「お菓子か、今度私にも作っておくれよ、楽しみにしとくから」
「主従関係ってのはやっぱりよくわかんないねぇ・・・」

桃花
「感情をなくしたら、それはもう死人と同じだね」
「服・・・いや、やめておこうか・・・」
「天使と天人ってのは違うのか」

芍薬花
「昔の私の感情を貴方に移したらどうなるかしら」
「前世の記憶残ってるってそれはいい事なこか悪いことなのか・・・」
「残念ながらSMプレイはあんまり好きじゃないの、相手にもよるけどね」

マリア
「過去の罪がないと、生き物ってのは強くなれないのさ」
「貴方は・・・ふーん、なるほどね、余計かもしれないけど、自分を見直すことを勧める」
「この汚れた地で生き、朽ちるそれだけで罪だって月のお嬢が言ってたね」

シルヴィア
「貴方もそうかもしれないけど、私も多くの歴史を感じてきたわ」
「この目で見ていきたかったけど、封印されてたから歴史を見ることはできなかったわ」
「知ってる?世界の始まりはそれは寂しいものだったのよ」

エル
「封印ってのは結構きついだろう、私の大切な人はそうでもなかったと言ってたけど・・・」
「不幸ねぇ、不幸か幸運かは決められることじゃない、その人の価値観で決まるものだ」
「神に剣を向ける、か、その度胸は気に入った!」

コメント