ピクシブ百科事典

蒼崎青子

あおざきあおこ

TYPE-MOONが制作・発売するゲーム「魔法使いの夜」の登場人物。世界に5人だけ存在する『魔法使い』の一人。主演作のほか、TYPE-MOON作品の宇宙観つなぐ役割を担うように他作品も出演。
目次[非表示]

「そんな所にいると蹴り飛ばすわよ?」

プロフィール

誕生日7月7日
身長160cm(月姫) / 163cm(魔法使いの夜)
体重50kg(月姫) / 51kg(魔法使いの夜)
3サイズB88/W56/H84
種族人間
クラス魔法使い
好きな物忠犬
苦手な物忠犬
魔術系統数秘紋による魔力加工、変換、出力。魔法・青。
魔術回路質:C / 量:E / 編成:正常。極めてシンプル。
CV三石琴乃(MBCP) / 木村亜希子(真月譚)


概要

TYPE-MOONが制作・発売するゲーム「魔法使いの夜」の主人公
制作元が同じ「月姫」「MELTY BLOOD」「Fate/EXTRA」にもゲストとして登場している。

世界に5人存在するとされる魔法使いの一人で、唯一の生身の人間である魔法使いの女性(ほか四人は色々な意味で人間をやめている)。
遠野志貴の恩人であり、志貴に『魔眼殺し』の眼鏡を与えて生きる道を示した人物であり、彼が唯一心から「先生」と敬愛する存在。
魔術師たちの協会に所属。ときとして協会の依頼を受けて行動を起こすこともあり、『Re・Act』で第二のタタリを唆して色々とやらせていたのも、その関連という説が存在する。

空の境界』に登場する蒼崎橙子の妹だが、祖父からの遺産相続をめぐって対立して以降、非常に姉妹仲は悪い……というか最悪。橙子曰く殺し合いに発展しかねないほどの大喧嘩」をやらかしたとのこと。しかし、現在発表されている外伝作品でそうした描写はなく、また『まほよ』本編時点では青子に対して橙子はかなり甘い節が見られる。
これらから察するに、遺産問題を除いてはさほど仲は悪化していないとも考えられる。
ちなみに、志貴の『魔眼殺し』は橙子の作品であり、青子がこれを勝手に持ち出して与えたものである。その腹いせに橙子も、青子の魔術師教会の口座を勝手に使って買い物したりと、好き勝手をやっている。

人物

容姿

蒼
アオアオ


『魔法使いの夜』では栗色の長髪の少女だが、『月姫』以降では真っ赤な長髪真っ青な眼の美人として登場する。『魔法使いの夜』では学生服、『月姫』以降では白いTシャツに青いジーンズパンツ、常にトランクケースをぶら下げており、バックパッカーのような非常にラフで気楽な格好をしている。

本来は『魔法使いの夜』の髪色がデフォルトなのだが、『月姫』で登場させたときにあまりの黒髪キャラの多さから、対策として真っ赤になったという経緯がある。
その兼ね合いで発表が後発となった『まほよ』では、【赤方偏移形態】といういわばパワーアップ形態のような扱いで赤くなる設定が後付けされた。

ちなみにこの体格芸能人で例えると川村ゆきえ(158/87-59-58)とか中村静香(163/88-60-86)とかが数値上は近い。つまりはそういうことである。1970年代生まれでこの数値は凄い。

性格

根は優しくまともなのだが、その本質は非常にちゃらんぽらん
幼い志貴を諭した賢者としての聡明さがありながら、男に首輪をつけて飼っていたというような、ぶっ飛んだエピソードは枚挙に暇がないほど存在する。
彼女の台詞「そんなところにいると蹴り飛ばすわよ?」は、豪快で気ままな気性を体現するものである。
公式曰く、「俗世と離れたがる魔術師たちの中で、積極的に世間と関わって盛大に迷惑をかける二人の片割れ」とのこと。

トランクの中には大したものを入れておらず、色々なパスポートヘッドホン、伸びきったカセットテープとひと昔前のウォークマンなどで、旅先のチェックインした安ホテルの部屋でよくウォークマン等一式でトランス状態になっているとか。
あまりにしつこいものには、苛立ちを通り越して逆に愛着がわいてくるらしい。
ついでにかなりの大食いで、姉妹そろって近所の焼肉屋で大食い記録のレコードを作り上げている。

学生時代(『まほよ』の時間軸)は生徒会長を務め、その剛腕ぶりと我が道を行く気質から「恐怖の生徒会長」と生徒・教員ともに怖れられていた。彼女の伝説の多くはだいたいこの頃に打ち立てられたものらしい。
ただ昔から何だかんだ面倒見は良かったため、怖れられつつも頼られていたという。

能力

魔法「青」

魔術師の最高たる『魔法使い』でありながら、レベルでは並みの魔術師以下という非常にちぐはぐな位置にいる。
ただし、モノを破壊する魔法にかけては稀代の魔女と呼ばれ、数秘術による略式法(ノコタリン)を応用した高速詠唱により、魔術をビームミサイルのように飛ばして対象を吹き飛ばすことに長けている。そして魔法の操作技術も非常に高く、そのおかげで燃費も効率がすこぶる良いため1リットルのガソリンで1000km走れる自動車に喩えられる。
称号は『ミスブルー』『マジックガンナー』、そして『人間ミサイルランチャー』など。
元々、魔法使いになる気などなかったものの、祖父の心変わりで魔術師としての手ほどきを受け、正式に蒼崎の魔法使いの地位を継承することとなった。代々『』にまつわる魔法を継承しているらしく、彼女の魔法の属性も『風』である。
また、Fate/Grand Orderの第一部の黒幕の最終目的の名前が後述のMelty Bloodにおける彼女の技の名である「逆行運河・創世光年」を冠していたということ。人理焼却という過程を経ないとできなかった黒幕に対して、彼女はその過程を経ることなくその御業を単独で可能だということがうかがえる。

体術

格闘技に目が無く、特にかかと落としやボディブローなど、危なっかしい技を好む。
その影響で、これらの我流格闘術に魔法を組み合わせた複合戦闘を得意とする。
祖父から蒼崎に伝わる古式体術を叩き込まれてはいるが、そちらとは相性が良くないらしく、あまり使おうとはしない。

その他

型月世界の『バイパス』

『月姫』『魔法使いの夜』『空の境界』『MELTY BLOOD』『Fate/EXTRA』と、様々な作品に顔を出しており、このことは『型月世界が一宇宙内で繋がっている』を示唆し、青子はそれを証明するケーブルやバイパスのような役割を持っている。

元祖型月の『血統付少女』

『魔法使いの夜』は、原案として非常に早い段階から存在しており、そのヒロインとしての彼女は、現在のTYPE-MOON作品に数多く登場する『特殊な血統を継ぐヒロイン』の原形となっている。黒桐鮮花遠野秋葉遠坂凛はまさに青子の正統な後輩に当たる。
…が、何故かある特性についてだけは――うわなにをするやm(ry

MELTY BLOODでの性能

『~Re・Act』ではCPU専用の裏ボスとして登場。
ノーコンティニューでラスボスをクリアすると登場し、「マジックガンナー」の異称に相応しく飛び道具でガンガン攻めてくる弾幕キャラ。よってこちらも接近戦に持ち込み、飛び道具を撃たせる隙を与えず、ガンガン攻めていかなければならない。
もっとも、攻め方さえ分かればさほど強い相手でもない。また当時流通した非公式パッチでプレイヤーキャラするとしゃがめないバグがあった。

『~Act Cadenza』にて正式にプレイアブルキャラに昇格。
性能面に色々とテコ入れが入り、全キャラ中で唯一の三段ジャンプが使えたり、設置技や反射技を利用していくトリッキーなテクニカルキャラに仕上がっている。

『~Actress Again』では前作の性能を引き継ぎつつ、弾幕キャラとしても猛威を奮い、一時はダイアグラム最強ともされたが、後に入った修正で中堅クラスに落ち着いている。
隠しメニューボスラッシュモード」で『~Re・Act』仕様が歴代ボスとして登場。『~Act Cadenza』仕様とミックスされた万能タイプへと進化を遂げ、1コンボ4割というコンボ火力と鬼の精密さを発揮して見せた。

アークドライブは、左右の手から連続して極太ビームを放つ「スヴィア・ブレイク」(アナザー昇格で、飛び上がってから脚からもビームをぶっ放す「スヴィア・ブレイク・スライダー」になる)。ラストアークは、『魔法使いの夜』でも披露された、結界に相手を閉じ込めて魔力を爆縮させる「逆行運河・創世光年」
特にラストアークは発動とともに全画面判定が発生するため、打撃だろうが飛び道具だろうがExシールドで受ければどこからでも当てることが出来るという、破格の性能を得ている。ちなみにこの技、一見すると「第五魔法・青」を使用しているように見えるが、奈須きのこ氏曰く「メルブラでは青子は“魔法”は使ってません」とのことで、技の中身について色々と不詳な部分が多い。また聞き取りにくいレベルで一応は詠唱もしている。

関連イラスト

魔法使いの夜.ver

青子
星が瞬くこんな夜に


青子さん
蒼崎青子(C84表紙サンプル)



月姫&MELTY BLOOD.ver

放浪
青子



関連タグ

TYPE-MOON 魔法使いの夜 月姫 MELTY BLOOD Fate/EXTRA ロードオブヴァーミリオン

ミス・ブルー 青子先生 蒼崎姉妹

蒼崎橙子 久遠寺有珠 静希草十郎 槻司鳶丸 ルゥ=ベオウルフ
遠野志貴 白レン ワラキアの夜

魔法(TYPE-MOON)

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼崎青子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2454024

コメント