ピクシブ百科事典

遠坂凛

とおさかりん

遠坂凛とは、『Fate/stay night』の登場人物で、メインヒロインの一人である。
目次[非表示]

そんなのは心の贅肉よ

プロフィール

誕生日2月3日
星座水瓶座
血液型O型
身長159cm
体重47kg
スリーサイズB77/W57/H80
イメージカラー
特技あらゆる事をそつなくこなし、ここ一番で失敗する
好きなもの宝石磨き、士郎いじり
苦手なもの電子機器全般、突発的なアクシデント
天敵言峰綺礼
CV植田佳奈
人気投票4位(女性3位・型月10周年記念)


概要

Fate/stay night」におけるヒロインのひとり。専用ルートは「Unlimited Blade Works」。
衛宮士郎が密かに憧れる同級生。穂群原学園2年A組所属のミス優等生。
その正体は、冬木市一帯の魔術師を支配する管理人(セカンドオーナー)である遠坂家の6代目当主。

最優のサーヴァントとされる「セイバー」を召喚すべく準備してきたが、召喚の触媒が用意できず自身の魔力を込めた宝石で儀式を行う。が、ある理由から「最高潮の時間よりも早く儀式を行ってしまう」というミスをやらかしてしまい、結果アーチャーを召喚。
その後、偶発的にセイバーを召喚した士郎と遭遇。彼とはルートによっては一時敵対するものの、最終的には同盟を組み、共に聖杯戦争を戦う。

聖杯戦争開始前の3日間のプロローグは彼女目線のもの。
Fateシリーズ』を通して説明役を担う事が多いため、「Fateの案内人」とも言える。

続編「Fate/hollow ataraxia」では、とある理由からロンドンに留学中のため不在。彼女の帰国はストーリーの大きなターニングポイントとなる。

人物

表向きは容姿端麗、文武両道、才色兼備の優等生。が、言ってみれば、これは何重にも猫をかぶった状態(無論能力もそれだけある)。彼女の性格を一言で示すならば、士郎が評した「あかいあくま」が最適。競争相手がいるならば周回遅れにし、刃向かう輩は反抗心をつぶすまで痛めつける。「やるからには徹底的に」を信条としている。
魔術師として冷徹であろうとする反面、聖杯戦争冒頭で士郎を助けたり、その後もなあなあで士郎との同盟を最後まで続けたりと、完全に冷徹にはなりきれないお人好しな面も。
後述の宝石魔術が原因で中々の守銭奴かつ拝金主義者。他人への貸しに対しては人一倍ガメつい反面、自身の借りもなんだかんだで律儀に守る。とある理由から、彼女にとって大事な人にほど大きな貸しを吹っ掛ける。

能力

地水火風空の5つの属性を極めて高いレベルで扱うことのできる、「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる超一級の魔術師。また魔術回路はメイン40にサブがそれぞれ30という桁違いの魔力量を持つ。得意な魔術は初等呪術「ガンド撃ち」だが、物理的破壊力を持たないはずのガンドが、高い魔力密度から拳銃弾並みの破壊力を持ったものになっている(物理的破壊力を持ったガンドを「フィンの一撃」と呼ぶ。凛のものはフィンのガトリングと呼ぶのが相応しいとか)。
本来専門としている魔術はキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグの「鉱石魔術」。
宝石の中で魔力を流転させ、本来保存できないはずの魔力をストックしておき、宝石に宿った念に乗せてそのまま魔力を開放することにより魔弾として戦闘に転用する。17年間休み無く織り上げた十の宝石が切り札だが、高価な宝石を使い捨てなければならないため、彼女の貯金は常にギリギリ。

大師父であるゼルレッチの第二魔法「平行世界への運営」へ至ることを目標とし研鑽を続けている。また、兄弟子であった言峰綺礼より八極拳の手ほどきを受けており、近接戦闘もある程度はこなすことが可能。…とまあ、非常に優秀な実力を持つのだが、遠坂家の遺伝的特質として、詰めが甘く肝心なところで凡ミスを犯すという欠点を持ち、そこはやはり時臣の血を継いでいるといえる。通称「うっかり」。
また、重度の機械オンチで、携帯電話は確実に使えない。

イロモノシリーズ

TYPE-MOONヒロインの宿命か、イロモノキャラが異様に多い。
まあセイバーもパチモン乱立してるし、は初めからボスキャラなので気にしてはいけない。

カレイドルビー

かれいど☆るびー


遠坂凛のイロモノシリーズを代表するネタキャラ。
ゼルレッチが残した魔術礼装カレイドステッキによって洗脳まがいに変身させられた姿。

諸葛凛
あかいぐんし。
士郎のイメージに時折現れる軍師様。うろ覚え孫子の兵法で士郎に助言、敵も味方も罠に陥れる。
人をからかって遊ぶことに全知を費やす凛のイメージが投影されたものと思われる。

巫女凛
Fate/hollow ataraxia」内の遠坂神社の巫女さん。
遠坂家の家計を支えるため、賽銭の回収や絵馬、御神籤の販売といった労働に勤しむ。タイガー道場と同じような空間らしい。ちなみに宮司はアーチャーが勤めている。

英霊トーサカ
カプセルさーばんと」に登場。行くところまで行ってしまった凛。イロモノシリーズ最終形態。
回らなくなった借金を返すために「世界」と契約した模様。アーチャーは泣いていい。
これを見たシロウやリンは「見てられない」「知り合いに見られる前に消そう」と考えるほど。

他作品での遠坂凛

Fate/ZERO

Rin tosaka


本編から10年前の小学生時代の彼女。詳細はロ凛を参照。

Fate/EXTRAシリーズ

エクストラ!


見た目や性格は『Fate/stay night』の凛とほぼ同じだが、全くの別人であり基本設定が大幅に異なる。
西欧財閥に対するレジスタンスとして中東を中心に活動する凄腕の霊子ハッカーであり、聖杯を西欧財閥に渡すのを防ぐためにムーンセルの聖杯戦争に参加。サーヴァントは青い服に朱い槍のランサー
詳細は金髪凛を参照。

Fate/Grand Order

今作にアーチャーのサーヴァントとして実装される予定のイシュタルは、「波長に近い人間を依り代とした疑似サーヴァント」として登場するらしく、その外見が凛と酷似している。
もし本人だとすると、上記の通りこの記事での遠坂凛と性格が殆ど同じEXTRAシリーズの凛ギルガメッシュに「イシュタルの生まれ変わりか?」とその性格を評された経緯がある為と思われる。
※要するにこの記事で取り上げている遠坂凛もイシュタルに似ていると言う事である。
ちなみに、彼女は2016年のクリスマスイベントに先行登場し、メインシナリオでは「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」に登場予定。
詳細はイシュタル(Fate)を参照。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

時計塔の魔術師で、元々冬木市に住んでいたが、中学卒業後イギリスへと留学していた。
しかし、ルヴィアとゼルレッチの弟子の座を巡って喧嘩して講堂を破壊してしまった事から、弟子入り試験も兼ねて「クラスカード」と呼ばれるカード回収の任務を言い渡され、冬木市に舞い戻る。

カレイドステッキ(マジカルルビー)の元マスターだが、魔法少女の力を使ってルヴィアと乱闘したためルビーから見限られている。ルビーに強制的に契約を結ばされたイリヤに対し、脅迫めいた形でクラスカード回収の任務を強制。
ルヴィアとルビーのせいで本編以上に荒っぽい振る舞いが多く、その一方で既に時計塔に席を置く一人前の魔術師であるのもあって目的優先な冷淡さも見せるが、年上らしくイリヤたちの動向を見守っている。

『ツヴァイ!』ではルヴィア共々「協調性を学んでこい」と言い渡されたことから、表向きは穂群原学園高等部に編入しているが、1期で宝石のストックが枯渇したため、高給に釣られてライバルであるルヴィアの家でメイドとして働いている為、度々彼女の屋敷で寛いでいる。
ちなみに士郎とは中学の時に本編とは似て非なる出来事で接点があるが、当人がすっかり忘れていることに苛立ったり、積極的にアプローチを仕掛けるルヴィアといがみ合ったりしている。

氷室の天地

主人公氷室鐘のクラスメイト。本編ヒロインとしては珍しく準レギュラー扱い。基本的にはうっかりキャラ。また、同じく準レギュラーキャラである沙条綾香とは諸事情により仲があまり良くない。

ティンクル☆くるせいだーす

『ティンクル☆くるせいだーす STARLIT BRAVE!!』のゲストキャラとして出演。
刻印精霊せいばーと契約し、魔法少女の姿で戦う14歳の少女として登場。

人間関係・関連人物

stay night

アーチャー
召喚したサーヴァント。口喧嘩は絶えないものの主従関係は良好で、完全に凸凹コンビ。
とあるルートでは彼にある人物の行く末を託される。

セイバー
本来彼女が召喚しようとしたサーヴァントだが、触媒を持っていなかったため代わりにアーチャーが召喚された。ルート次第で彼女と再契約する。

衛宮士郎
聖杯戦争で同盟を結んだ相手であり、魔術の弟子。ルートによっては恋人になる。

間桐桜
崩落寸前の間桐家の養子に出された妹。とても仲の良い姉妹だったが、協約により彼女と深く関わることは禁止されていた。このため、本編開始時にはお互いに他人の振りをしている。

言峰綺礼
兄弟子。時臣亡き後、凛の後見人となる。凛自身は煩わしく反発している一方で、八極拳を習うなど頼りにしているところもあるが、エセ神父呼ばわりすることもあるなど基本的には信用していない。凛本人は知る由もないが、父の仇でもある。ルートによっては仇であることを知ることになる。

美綴綾子
親友であり好敵手。以前、彼女とある賭けをしている。

ランサー
敵のサーヴァントだがルートによっては彼と心を通わせる。ランサー自身は初見から凛を割と気に入っており『マスターにするならあんたみたいな女がいい』とまで評している。
平行世界の聖杯戦争ではパートナーに。

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
時計塔でのライバル。基本的に同族嫌悪で顔を合わせれば決闘が始まるほど。

ロード・エルメロイⅡ世
ロンドン編での後見人。

Zero

遠坂時臣
父。凛の師匠でもあり目標。ただし彼の非情さや狡猾な一面は知らず、「父」としての一面しか知らない。第四次聖杯戦争の折に戦死(正確には言峰の裏切りと騙し討ちによるもの)。

遠坂葵
母。一般的な親子関係で、よく慕っていた。第四次聖杯戦争の折に酸素欠乏症から重度の認知症にかかり、凛の幼い頃に死去している。

雨生龍之介
凛の小学生時代に冬木市を恐怖させた連続殺人鬼。彼に捕まって行方知らずとなった友人のコトネを捜し出して見つけた際に遭遇してしまう。

間桐雁夜
幼馴染みの母・葵に片思いしており、父・時臣を目の敵にしている間桐臓硯の次男。海魔に襲われそうなところを助けられる。凛や桜には人当たりが良い。

プリズマ☆イリヤ

イリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)
カレイドステッキに選ばれた少女。自分たちの任務を達成するため、半強制的に働かせる。

美遊・エーデルフェルト
同じくステッキに選ばれた少女。イリヤ同様なにかと気に掛ける。

クロエ・フォン・アインツベルン
イリヤから分離したもうひとつの小聖杯。

バゼット・フラガ・マクレミッツ
上層部のゲームバランスにより一時は敵対した封印指定執行者。

関連イラスト

凛ちゃん
あかいあくま


真っ赤っか凛
凛



関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ ヒロイン UBW
Fate/staynight Fate/hollowataraxia Fate/Zero 
Fate/EXTRAシリーズ プリズマ☆イリヤ 氷室の天地

あかいあくま カレイドルビー ロ凛 金髪凛 フォーマルクラフト

遠坂親子 遠坂姉妹
士凛 弓凛 言凛 金凛 槍凛 龍凛

pixivに投稿された作品 pixivで「遠坂凛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67244641

コメント