ピクシブ百科事典

ヒロイン

ひろいん

ヒロイン(heroine)とは、フィクション作品における『女性の英雄』や『女性の主人公』という意味。転じて男性の主人公の相手役の女性や、作中で活躍する女性の呼称。ただし作中の描写によっては必ずしも上記の定義に縛られるとは限らない。
目次[非表示]

概要

ヒロイン(heroine)というのは、ヒーロー(hero)の女性形であるので、本来の意味では『女性英雄』や『女性の主人公』を指す。ただし、作中の描写によっては必ずしも上記の定義に縛られるとは限らない。

フィクション作品における古典的な女性像としてはピーチ姫などのように悪役に狙われる、もしくはさらわれる等の境遇に置かれ、それをヒーロー的役割の主人公が救う構図、常に前述の主人公と行動を共にし、理解者・精神的支柱となるなどという特徴が見られることが多かったが、近年は方向性が多様化している。

前述の女性主人公、女性の相手役以外にも、作品に登場する主要な女性キャラクターを総称してヒロインと呼ぶ事もある。男性主人公の少年漫画やゲームでは、作品において最も重要な地位に立つ女性を「メインヒロイン」と呼び、それ以外の女性を「サブヒロイン」と呼んで区別する。また、アンチヒーローな女性のことを「ダークヒロイン」と呼ぶ。
男性の主人公の相手役のヒロインは、主人公の名脇役、パーティーののようなものである。女性の主人公は恋愛面で活躍することが多いが、最近では多様な方向性が求められている。

男性主人公の三角関係ラブコメでは、最終的に主人公と結ばれる女性を正ヒロイン、その正ヒロインと争う女性を準ヒロインと呼んでいる(メインヒロイン候補が複数いる場合、混乱を避ける為に呼ぶらしい)。
また、終盤や中盤で主人公の敵になったり、敵を愛したりするヒロインも存在する。
類義語に「マドンナ」がある。

女性が主人公だった場合のパートナーの男性キャラを「ヒーロー」と呼ぶことはあまりないが、
恋愛がテーマの少女漫画でのみ、そう呼ぶことが増えてきた。
恋愛相手以外の、女性の主人公のパートナーの男性キャラの呼称は、
「(男性の)準主人公」「相手役」「キーパーソン」「王子様」など。
少女漫画の複数ヒロインは、主人公準主人公A編の主人公B編の主人公のように呼ぶ。
恋愛作品以外の女性の主人公は、男性主人公の作品との混同を防ぐ為、主人公兼ヒロインと言う。

一般には女性キャラに対する呼称ではあるが、男の娘、前述の古典的なヒロイン像に当てはまる例であれば、男性や性別が設定されていない例でも、半ば揶揄に近い形でヒロインと称されるケースも見られる。「男子力(ヒロイン)」を参照。
近年は、女性が男性と比較して非常に強い作品も珍しくなく、男女の逆転現象が起きている作品も少なからず存在し、女性キャラがあまりにも男前である場合はヒーローと呼称されることもある。女子力(物理)も参照。

稀にパッケージヒロインを女性主人公と見間違って漫画やゲームを買ってしまう猛者がいるが、これは男性主人公のギャルゲーエロゲーのメインヒロインをパッケージに描いただけのものである。「萌えキャラ」「お色気担当」と「女主人公」「ヒロイン」はイコールとは限らないのを念頭に置いて欲しい。

近年では、ヒロインはピーチ姫役ではなく、「ヒーローの女性版」「女性の視点役」という見方が強い。「乙女」という単語の意味も変化している。「ぶりっ子」の素顔も分かりやすくなっている。「ヒーローの女性版」と言っても、ヒーローとまったく同じではなく、女性特有のの動きも描かれている。

注意

最近ネット上で頻繁に上がっているヒロイン役立たず論等という話題が多く見られている。

どうも視聴者又は読者の大半が、守られるタイプのヒロインを嫌っている様で、作品内で主人公や仲間の足をひっぱったり迷惑をかけたり、危険な所等に行ったりする際「離れない、ずっと一緒にいる」と何もせずただ一緒に付いていたり、ただ助けられるだけのヒロインや、敵を倒すヒントやサポート等もせず特に何もしないヒロインを嫌う傾向があり、そういったヒロインに共感できず、「役立たず」や「引っ込んでろ」等と罵倒している。普段は活発でも、守られるシーンがあると「役立たず」と言いがかりを付けられることも。

しかし、中には主人公を支えるヒロインが好きな視聴者又は読者もおり、物理的には何も出来なくても精神的に支えるタイプのヒロインや、どんな時も主人公や仲間のそばにいて弱音を聞いてあげる様なヒロインや、精神が成長途中のヒロインや、ヒロインが主人公又は仲間の生きる生きがいだったり、ヒロインそのものを好きなファンもおり、中々両者の意見が分かれている。

女子力(物理)タイプのヒロインなら叩かれないかというと、「男性キャラクターに粉をかけている」「他ヒロインに喧嘩を売っている」「脱がない、リョナされない(※作品がエロゲーじゃなくても)」「男性キャラクターよりも弱い」「守られるヒロインに方向転換しない」「可愛くない」と言いがかりを付けられ、どっちみち叩かれる。守られるヒロインを叩く一方で、守られるヒロイン以外を「ヒロイン」扱いしない視聴者又は読者がおり、ヒロインが叩かれるのをお約束として、ヒロインが叩かれる様子を楽しんでいる。

こういった争いに不快感を感じる人もいるのでむやみやたらに言うのは控える方がよいと思われる。

ヒロインばかりを叩くのは良くない。こういう男達(笑)もいるんだし。

苛めは男女両方の間で問題になっているが、女はレイプセクハラされる、物理的に何もできなくても、見た目が可愛ければ守ってもらえる(成長期に限定されるが)ゆえ、男女両方の嫉妬を買いやすい、感受性が豊かなので精神攻撃(モラハラ)をされる、物理的に男のほうが強いことを利用してパワハラされるなど、フィクション作品では女の苛めのほうが話題に上がりやすい。だが、「女性が男性より苦労してない」というのは、大きな誤解であるし、世の中の役に立つのは物理だけではないことを知って欲しい。

関連タグ

類義語

女主人公 マドンナ ライバルヒロイン ダークヒロイン

ヒロインの分類(男性向けヒロインが多い)

ダブルヒロイン メインヒロイン 真メインヒロイン 準ヒロイン サブヒロイン 歴代ヒロイン
戦うヒロイン バトルヒロイン スーパーヒロイン 変身ヒロイン 巨大ヒロイン 格闘ヒロイン 悲劇のヒロイン カラーヒロイン 特撮ヒロイン 戦隊ヒロイン ウルトラヒロイン 
男前ヒロイン ちょろイン
ジャンプヒロイン エヴァヒロインズ 卍固められ系ヒロイン 使い捨てヒロイン

その他

ヒーロー 主人公 女の子 女性
ヒロインピンチ ヒロピン いぢめ
女子力(物理) 男子力(ヒロイン)
大和撫子 お姫様 女王 女言葉 少女趣味 大人可愛い ダサピンク現象

backnumber...「ヒロイン」というタイトルの楽曲を歌っており、pixivにイラストが存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒロイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10160457

コメント