ピクシブ百科事典

ピーチ姫

ぴーちひめ

ピーチ姫とは、任天堂のマリオシリーズのキャラクター。
目次[非表示]

概要

ファミコン用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』で初登場。以来変わらずキノコ王国の姫として登場する。マリオシリーズにおけるメインヒロイン

かつて日本以外の国ではPrincess Toadstool(毒キノコ姫)の名が付けられていたが、『スーパーマリオ64』からはPrincess Peach(ピーチ姫)に統一されている。最初にアメリカでPrincess Peachの名前が登場したのは1993年発売の『ヨッシーのロードハンティング』である。
なお、初期の海外名の「Toadstool(直訳:ヒキガエルの腰掛け)」とは、赤地に白の水玉模様のぽっこりした傘のキノコ(所謂「ベニテングタケ」など)を指し、海外ではむしろそのカラフルな外見から幸運のお守りとして扱われ、絵本やアニメにもよく登場していた。スーパーキノコも似たような配色である。

スーパーマリオ64以降のゲーム作品では声を発するようになり、スーパーマリオ64とスーパーペーパーマリオではレズニー・スワンが、それ以外の大半の作品では長らくジェン・テイラーが演じていたが、スーパーマリオギャラクシー以降はサマンサ・ケリーが演じている。
日本ではアニメ映画『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』で山瀬まみが演じていたほか、遠藤みやこ向井真理子が演じたことがある。マリオカート64やマリオパーティ2,3ではキノピオと共に任天堂広報の春花亜少子(旧姓:上月)が演じていた。

容姿端麗で、白色の皮膚に金髪で青色の瞳という、ヨーロッパ系の顔つきをしている(初期は茶色い髪に黒い瞳、デザイン面で『ドンキーコング』に登場した「レディ(後のポリーン)」の影響を受けているという説がある)。髪型は普段はロングヘアー(作品によってはポニーテールの場合もある)で身長はルイージよりも高い。そして密かに巨乳。顔については作品毎に描写が異なり、幼さを感じさせる場合(『マリオストーリー』、『ペーパーマリオRPG』、『スーパーペーパーマリオ』など)もあれば、大人っぽさを感じさせる場合(『マリオカート ダブルダッシュ!!』、『マリオパーティ6』など)もある。『スーパーマリオブラザーズ2』以前の作品では画像技術の関係でゲーム内でははっきりとした顔の描写はなかった。描写は少ないが赤のパンプスを履いている。

年齢は以前は「不詳」とされてきたが、『マリオ&ルイージRPG2』でベビィマリオベビィルイージと同時期にベビィピーチが存在していた為、マリオルイージとほぼ同じ年齢であると推測できる。しかし、彼女はマリオルイージと違い、おしゃぶりをしていたので、若干年下という説も存在する。

常に王冠を被っており(『マリオオープンゴルフ』を除く)、ピンク色の大きなドレスを着ている(スポーツをする際は服装を変える)。ドレスがどのような構造なのかは不明。また、細部のデザインが異なる物を何着も持っている(『マリオストーリー』より)が、そのような発言が見られるだけで、実際にそれらの服を目にする事はできない。

「姫」ではあるものの、これまでキノコ王国において国王など上位の存在は伺えず、ピーチが実質的に王国の政権を担っている国家元首と考えられる。普段ピーチが暮らすキノコ城には多数のキノピオが仕えており、特にキノじいと呼ばれる老人は側近としてピーチの世話の他に、政治や外交など国家運営の上で大きな役割を担っている。人間の家臣は見当たらない。キノコ王国では少数派のヒトであるピーチだが、国民からの人望は厚い模様で、彼女自身も地方自治を認めている(ただキノコ王国の政治について触れられた事はあまり無い)

ちなみに、『コミックボンボン』に連載されていた本山一城の漫画『ワリオの森』では、任天堂の人の発言として、「ピーチは人間ではない」なる発言がされていた(本山がわざわざ枠外で断っている)。このことから、マリオ、ルイージ、ピーチ、ワリオらは、一種の妖精(『それいけ!アンパンマン』におけるジャムおじさんバタコさん同様)と考えることも可能である。

スーパーマリオブラザーズ』など初期の作品では、姿を変えられた国民を元に戻す魔法が使えるとされ、その度にキノコ王国侵略を企むクッパから何度となくさらわれる事になる。この設定自体は一度も発揮されないままいつしか消滅したが、ピーチが魔法を使えるとされる作品はその後も少数ながら登場している。

なお、『マリオパーティ4』までは「ちょっとイジワル」という性格設定がなされており、他人のアイテムを横取りする姿も見られたが、5作目以降は消滅している。これはデイジーのレギュラー化に伴い、「ピーチは上品で知的」「デイジーは元気で活発」といったキャラの棲み分けを図り、逆にデイジーはこの頃を境に段々と攻撃的になっている。近年はスマブラシリーズなどの派生作品の影響から、ピーチも上品というよりマイペース天然に近い極端な性格描写がされることもある。長年さらわれ慣れてるせいか相当肝も据わっている模様。そのためピンチやトラブルが起きても他のキャラに比べてあまり激しく取り乱したりしない。
スーパーマリオギャラクシーでは、ロゼッタであろう少女の両親が自慢のお髭を持つ父親とピーチ姫のイアリングを付けた母親であることから彼女はロゼッタの母親ではないかと言われている。

基本的にはクッパに浚われてマリオの助けを待つというポジションであり、そのことを皮肉ったのかミスターLからは「さらわれマニア」と言われた。しかし、スーパーマリオUSAにおいて初めて操作キャラクターとなって空中浮遊能力を披露し、スーパープリンセスピーチでは初めて主役となった。RPG作品ではマリオやクッパと共に冒険をすることも多く、こちらでは回復が得意な事が多い。プレイヤーキャラクターとなる場合は傘やフライパンなどの武器を使って戦うことが多い。基本的には戦闘しないのだが、いざ戦うとマリオに全く引け劣らないレベルで強い。とはいえ最後はマリオやルイージに花を持たせるような形になりやすい。しかし、一体何故この強さで毎回さらわれるのか。ちなみにマリオが喋らない関係上RPG作品では非常に台詞が多くなるのでファンならやってみよう。
スーパーマリオ3DワールドではUSA同様の空中浮遊の他、パワーアップアイテムにも対応。「ファイアピーチ」や「ねこピーチ」などの姿が見られるようになる。
またこの作品は、ピーチが目の前にいながらクッパが彼女以外のキャラをかっ浚った数少ない作品の一つでもある。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではスマブラDXからプレイアブルキャラクター(ファイター)として参戦。
軽くて吹っ飛びやすいが、技の出が早かったり、復帰性能が高かったりと結構テクニカルな性能。
空中浮遊が出来る数少ないキャラクターであり、クセはあるが使いこなせればかなりの強さを発揮できる。
最後の切りふだは「ピーチブラッサム」。踊りによって地上にいる他のファイター達を眠らせ、回復アイテムである桃を大量に降らす。

主な登場作品

注意:これはほんの一部です

スーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズデラックス
ファミコンミニ01 スーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ2
ファミコンミニディスクシステムセレクション スーパーマリオブラザーズ2
スーパーマリオブラザーズ3
スーパーマリオアドバンス4
スーパーマリオワールド
スーパーマリオアドバンス2
スーパーマリオUSA (プレイヤーキャラとして初登場)
スーパーマリオアドバンス
スーパーマリオコレクション
Newスーパーマリオブラザーズ
スーパーマリオ64
スーパーマリオ64DS
スーパーマリオサンシャイン
スーパーマリオギャラクシー
レッキングクルー'98
スーパーマリオRPG
スーパープリンセスピーチ

その他いろいろ・・・

関連イラスト

ピーチ姫
キノコ座イス


助けてください、マリオさん...
爆走ピーチ姫


ピーチ
Here we go



関連タグ

マリオファミリー ピーチ ビッチ姫
マリオ キノピオ デイジー姫 ロゼッタ 任天堂
マリピチ 亀嫁
キノコ王国

ベヨネッタ……BAYONETTA(WiiU版)並びにBAYONETTA2のコスチュームの一つにピーチのものがあるが、他の任天堂キャラコスチュームと違いデザインがとんでもない代物にアレンジされてしまっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ピーチ姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18607308

コメント