ピクシブ百科事典

ロゼッタ(スーパーマリオ)

ろぜった

ロゼッタとは、スーパーマリオシリーズの登場人物である。「スーパーマリオギャラクシー」で初登場。
目次[非表示]

概要

初出はWii専用ソフト『スーパーマリオギャラクシー』。英名はRosalina。初代声優はメルセーディス・ローズ氏。マリオカート7はケリー・ケイン氏が、スーパーマリオ3Dワールド以降はローラ・フェイ・スミス氏が担当している。
名前の由来は彗星探査機ロゼッタ、薔薇のローズからと言われている。

マリオシリーズの新キャラの中では国内海外問わず特に人気が高く、今後の活躍が期待できる。
また、ファンの間では「ロゼッタ様」と呼ばれている。
最近では任天堂からも推され始めており、様々なマリオゲームに出演している。

特徴

星の母


前髪で片目が隠れている美女。冷静で基本的に無表情だが、チコ達のママとして母性を見せている。
年齢は不明(最低100歳以上)だがピーチデイジーよりは大人びた外見であり、身長も恐ろしいほどに高い。描写は少ないが足元は銀色のパンプスを履いている。
設定上ピーチを基準にデザインされているため髪型などがよく似ている。
星の子であるチコ達のことを、我が子としてとても大切に想っており、立派な星になるまで見守り続けることに喜びを感じている。


各作品のロゼッタ

マリオ本編

スーパーマリオギャラクシー

GALAXY


百年に一度故郷に立ち寄ろうとしていたその時、強力な重力でグランドスターをクッパに奪われてしまい、ロゼッタとチコ達を乗せたほうき星の天文台は動かなくなってしまう。
一方キノコ王国ではほうき星の接近により百年に一度の星くず祭が開催されていた。そんな中ピーチ姫がグランドスターの力を得たクッパ軍団にお城ごとさらわれ、カメックに吹っ飛ばされヘブンズドアに落ちてきたマリオはロゼッタと出会うことになる。ずっと見ていたというロゼッタは彼にスピンの能力を与え、銀河に散らばったスターを回収するようお願いする。

スターを60枚集めるとロゼッタのかっこいい突撃ムービーが見られる。また120枚スターをコンプリートするとロゼッタのその後が見られる(足チラもあるよ!)。

ロゼッタは普段天文台の中央、トーチの前にいる。マリオを操作してロゼッタを踏もうとするとバリアを張られてしまう。スターピースを当てると杖で弾き嫌がる。

2Pのポインターでクリックすると『マリオカートWii』でお馴染みのハスキーなボイスが聞ける。

ロゼッタの過去はロゼッタの絵本で知ることが出来る。

星の子


ロゼッタと思われる絵本の少女は、幼い頃にママを亡くしていた。
そんな時に錆びた宇宙船でママをずっと待っている星の子チコと出会う。チコはママが迎えに来ないことに悲しみ泣いていた。
少女も一緒に待つことにしたが、何日まっても、何年まっても、チコのママは迎えに来ることはなかった。
ママのいない悲しみを知っている少女はチコを助けてあげたいと思い、空の上から見守っているという生前の自身のママの言葉を信じながらも、ママを探すために星の海へと旅立つ。
最初の方は少女とチコの楽しそうな宇宙の旅が描かれているが、中盤では夢の中に亡くなったママが登場しチコと共に泣いてしまうなど、少女の苦悩も描かれる。
やがて沢山のチコ達と出会い、チコ一人一人に名前をつけ、少女はみんなと一緒に家を造る。
そして100目のほうき星が通りすぎた時、故郷の星が気になった少女はふと望遠鏡を覗き、亡くなったママと一緒にお弁当を食べた丘、眠い中パパと一緒に星を観た丘を見つけ、突如ホームシックに陥ってしまい、チコ達に自身のママがいないこと、本当は空の上にママがいないことを知っていたことを打ち明ける。
それを見て最初に出会ったチコは大切な人のために星になることを決意し、少女のためにほうき星の尾となった。少女が故郷に帰れる様に、星の海を旅することができる様に、チコは星に生まれ変わったのだった。
戸惑う少女にチコ達は「大切な人のために星になれることは幸せなこと」だと告げる。
少女はチコ達を抱き寄せ「ありがとう・・・」と声にならない声でつぶやく。この時から少女はチコ達のママとして、チコが星になるまで見守って行こうと決意を固めたのであった。
少女はほうき星に乗って百年に一度だけ故郷に立ち寄ることにしているという。
そのためマリオ達の住んでいるキノコ王国には百年に一度、大量の星くずが降り注ぐ「星くず祭り」が開催されている。

なぜかマリオの名前を懐かしむが、明確な理由は明かされていない。ロゼッタの絵本の主人公であるロゼッタと思われる少女のパパは自慢のお髭で、ママはピーチ姫のイヤリングを付けており、弟は緑の帽子をかぶっている。故郷がキノコ王国であることも判明しているため、ロゼッタは「未来か前世のマリオとピーチの娘」という説が度々ファンの間で考察されている。


スーパーマリオギャラクシー2

ギャラクシー2にロゼッタ先生
狂気の星集め


おたすけウィッチとして登場。
一部のコースのみ数回ミスをするとゴールまで進めてくれる。
ただしスターはブロンズスターになってしまい完全なクリアとはならない。
どういうわけかロゼッタよりやや大きく、なぜか普通のおたすけ機能と違いボスを圧倒する動きを見せる。

本人はクッパにほうき星の天文台ごと捕まりベビィチコを迷子にさせてしまう。
自らが危機に瀕しているにも関わらずベビィチコの心配をしスターピース付きの手紙を送ってくれる。

スターを120枚集めるとロゼッタとチコ達のエンディングを見ることができ、ファイルセレクトにロゼッタのアイコンが追加される。
また本当の最終コース「マスターオブギャラクシー」にてマリオを待ち構える。
スターを242枚全て集めると最後の特典として星船マリオにロゼッタがやってくる。スーパーマリオギャラクシーとは違い、マリオの方向に体ごと向いてくるため、横顔や後ろ姿などをじっくり拝むことができなくなってしまった。

スーパーマリオ3Dワールド

にゃんこロゼッタさん
3DW


ゲームクリア後、ワールドスターの「スーパーギャラクシー」というステージをクリアすることで5人目のプレイヤーキャラとして登場する。ついにロゼッタ自身を操作することが叶った。

固有能力はスピン。「ギャラクシー」と同様、攻撃とジャンプの水増しに使える。チビ状態でも使うことができる。全方位に広い判定があり二段ジャンプにもなるので、とても使いやすく強力な固有能力。初心者から上級者まで幅広く扱うことができる。
スピンを使うことでルイージクラスのジャンプ力とピーチを超える滞空性能を得ることができ、高い場所にあるアイテムも難なく取ることが可能。幅跳びからスピンを繰り出すことで遠くに飛ぶこともでき、素早さも補えるので変身無し状態では最強のキャラクターとして君臨している。大抵のステージはロゼッタを使用することで難易度が大幅に下がる。
走る遅さ、ジャンプの挙動の遅さはスピンによってほとんど問題になっていない。
唯一のデメリットは変身後ではスピンが使えなくなることである。変身をするかどうかをよく考えて使わないとならない、マリオシリーズでは珍しい性能のキャラになっている。

スーパーベルでネコロゼッタに変身をすると、黒ネコになる。
ファイアフラワーでファイアロゼッタに変身をすると、サンタ服のような真っ赤なドレスに身を包み、髪型は愛らしいポニーテールになる。
スーパーこのはでタヌキロゼッタに変身をすると、タヌキスーツに身を包んだ可愛らしいロゼッタを拝むことができる。
ブーメランフラワーでブーメランロゼッタに変身をすると、コウラを背負いこちらも愛らしいポニーテールになる。

余談だが、比較的新しいキャラである彼女の2Dアートワークが今作で初登場した。彼女のハンコやクラブニンテンドーの特典であるサウンドトラックで見られる。

マリオカートシリーズ

マリオカートWii

ウフフフ…ッ♪
ロゼッタ@マリオカート◇


隠しキャラクターとしてチコと共に出場。
カート時は普段着だが、バイクに乗るとライダースーツ姿になる。
マリオカートの産みの親である紺野氏の提案により『スーパーマリオギャラクシー』開発時に身長が伸び、女性初の重量級として参戦したという経緯がある。
ニンテンドードリームのインタビュー記事によるとロゼッタが重いわけではなくチコが重いため重量級らしい。しかし体格が細身のワルイージですら重量級なため身長が高いことから重量級だと推測される。
『スーパーマリオギャラクシー』であまり声を発さなかったせいか、ギャラクシー後にプレイするとキャラが崩壊している様に見える。清楚で無表情なキャラもマリオキャラの中にいると弾けることが証明された。

出現条件

  • 『スーパーマリオギャラクシー』のデータがある状態で50レースプレイする(WiFiでも可)。
  • ミラーの全カップのランク評価を★以上にする。
  • 4950レース以上プレイする。
『スーパーマリオギャラクシー』を持っていない人は2項目を達成するのが一般的である。
無理だと思ったら大人しく『スーパーマリオギャラクシー』を買ってください。(切実)

補正
スピード+1
ハンドリング+1
ミニターボ+1
減速回避+2

見ての通り性能が良いのでバウザーバイクと組み合わせて乗る人が多い。

マリオカート7

ロゼッタプラネット


ついに携帯ゲーム機にも進出。
今作でも性能がよく、やや重量級というポジションを活かしどんなカスタマイズでも強い。
女の子が使いたいが、最高速も速いほうがいいという欲張りなプレイヤーにピッタリのキャラである。
声優はケリー・ケイン氏に代わり、やや声が可愛らしくなった。
また、新たにロゼッタの本拠コースである「ロゼッタプラネット」(スペシャルカップ)が登場した。
アートワークは一見Wiiと同じものに見えるが、チコがいなくなったことにより、やや右手が下がっている。

出現条件
150ccスターカップ優勝

性能

スピード2.5
重さ4
加速2
オフロード1
ミニターボ1
安定感1

マリオカートアーケードグランプリDX

2013/12/18のアップデートで使用可能となった。
最速のキャラクターとして君臨している。
専用カートは「ギャラクシーコメット」。
ちなみに筐体にはロゼッタのイメージマークであるグランドスターのエムブレムが描かれている。

マリオカート8

ベビィロゼッタ


マリオカートシリーズ4作連続参戦。
チコは8では航空会社のロゴとなっている。
バイクやバギーに乗る際にはバイクスーツを着用する。
また、同作品には新キャラとして赤ちゃん姿のベビィロゼッタが登場する。
余談だが、Amazonの限定特典ではトランプが2種類の内ひとつが付くが、マリオ柄の他にはロゼッタ柄のトランプが付いてくる。
出現条件
グランプリ優勝時にランダムで出現

性能

スピード8
重さ8
加速1
オフロード1
ミニターボ1
操作性2

マリオパーティシリーズ

マリオパーティアイランドツアー

ギャラクシーロケットレースの背景として登場。
マリオファミリーを奥で待っている。
ロゼッタが背景だけの出演となるのは非常に珍しいケース。
扱いは背景だがメインイラストにも登場しており、日本版ではダウンロードカードに描かれている。

マリオパーティ10

ついにプレイアブルに昇格。
ロゼッタにはamiiboがある為、amiiboパーティにも参加が可能となっている。


その他

マリオゴルフワールドツアー

ダウンロードコンテンツとしてマリオゴルフ64のリメイクコースと共に配信。600円(税別)のスターパックを購入することで使用可能となる。
ゴルフ慣れしていないのかコントロールが悪いが、魔法によってかクッパに次ぐパワーを備えており、ゴルフクラブを直接持たず杖でゴルフを嗜む。
登場演出やリザルト演出などではチコ達も登場する。
ダブルボギーをになるとチコが3星がかりでロゼッタを支えようとして失敗する、ロゼッタを重そうに表現している演出が見られる。
イーグル、アルバトロス、ホールイワンでは様々なチコ達がほうき星の天文台やマリオギャラクシーの星々と共に登場する演出が見られる。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / for Wii U

ロゼッタ参戦おめでとう!
ロゼッタ


我が子であるチコと共に「ロゼッタ&チコ」としてスマブラに参戦。
ドレスに星柄の模様が描かれていたり、原作とはまた違ったスマブラらしいデザインでの参戦となっている。
サムスピーチゼルダナナWiiFitトレーナーに続くシリーズ6人目の女性ファイター
通常必殺ワザ「チコシュート」による遠隔操作が大きな特徴となっており、1on1ではやや活かし辛いが大乱闘やチーム乱闘では変則的な戦いが狙える面白いファイターとなっている。
ロゼッタは身長が高いため自身のやられ判定が大きく、その上反重力的で全キャラ中カービィクラスの軽さで、空中での挙動も緩やかなため着地を狩られやすいという大きなデメリットを持ち合わせている。また、どのワザも威力が低く、決定打となるワザも反確なのものが多く数自体も少なめ、狙える機会も少ないものが多い。そして緊急回避は消える挙動ではあるが、無敵判定や移動距離などの性能自体は並み。
しかし、体の大きさはデメリットだけでなく、各攻撃のリーチの長さに繋がっており、中距離からの攻めが得意。そして発生の早いワザを多く取り揃えているため近距離でも強く、つかみはマリオと同じ最速組。各空中攻撃も判定が強く打ち勝ちやすいものが揃っている。
また、チコの存在のおかげで全キャラ中最も防御性能が高く攻撃を受け辛い。
チコの攻撃力はかなり低めだが、ふっとばし力は全体的にロゼッタよりも上なため、撃墜を狙う際にも頼りになる存在。
そしてチコ自身は撃墜されても何度でも復活する。大切な人のために星になることを幸せに感じているチコにとっては、大事なママであるロゼッタを守るためにはどんな手段も選ばない。
上記の通り1on1では強力なファイターだが、やはり着地が苦手な点からスピードタイプには苦戦を強いられる。
決定打の乏しさと自身の軽さ大きさから、乱闘ではチコの各ワザとロゼッタの上スマッシュ攻撃、上空中攻撃、下空中攻撃を上手く活かさなければ、勝利を掴むことは難しい。遠隔操作ができる環境なら積極的に狙うことも大事。
ちなみに11/18から配信されている1.0.4のバランス調整で弱体化を受けたが、同時にチコシュート周りが改善され自由度が上がった、

最後の切りふだは、巨大な星を呼び寄せ、そこから小さな星を連射させる「パワースター」。
一見弱そうな切りふだに見えるが、「ロゼッタ自身は動ける」「パワースターのヒットストップがかなり強い」という二点のおかげで、意外にも撃墜はとりやすい。
崖際に逃げているファイターを蹴落とすのを目的に使うこともでき、逃げているファイターをつかめた際にはパワースター側に投げて最後の大爆発を当てるように立ち回ることもできる。
また、パワースターの内部にファイターを取り込むことができれば、200%程の大ダメージで一撃必殺となる。これは全てのファイターの最後の切りふだ中最高火力。
星くずの恵みがあらんことを・・・。


漫画「スーパーマリオくん

チコとロゼッタ@スーパーマリオくん


沢田ユキオ作「スーパーマリオくん」では38巻から出演。
自らボケることは少なく(ツッコむことはある)、敬語で話すため、大ボケの多いマリオキャラの中ではかなり異端である。また、バリアを駆使して戦闘に参加するシーンも描かれた。

補足

  • Super Mario Galaxy Collector's Editionにはロゼッタの開発中のデザインが掲載されている。
  • スーパーマリオギャラクシー2サウンドトラック(非売品)にロゼッタと絵本の少女が手を繋いでいるイラストが描かれている。
  • ピーチ『桃』とロゼッタ『薔薇』は両方ともバラ科だが、デイジー『菊』はキク科。
  • マリオテニス オープン」では、チコが出場するということから、彼女も出るだろうと騒がれたが、出場しないという結果に。ニンテンドードリームによれば、参戦候補だったらしい。
  • 「とびだすプリクラキラデコレボリューション」ではマリオ、ピーチ、デイジーと共にロゼッタのカートが登場している。ピーチ、デイジー、ロゼッタの3プリンセスが公式で推されたのは珍しいこと。
  • すれちがいMii広場のピースあつめの旅のヒロインピースにはロゼッタも登場している。このピースにて、ポリーンやゼルダとの共演も果たした。
  • ローソンの公式ツイッターでは、彼女がローソンでバイトしているという内容の4コマが存在している。あきこちゃんの兄とは顔見知りらしい。


関連イラスト

銀河のママ
ロゼッタさん



関連タグ

シリーズ関係

任天堂




カップリング


その他

ロゼッタ - 曖昧さ回避
チコ

メカクレ 長身女性 魔女

pixivに投稿された作品 pixivで「ロゼッタ(スーパーマリオ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 620975

コメント