ピクシブ百科事典

レインボーロード

れいんぼーろーど

レインボーロードとは、『マリオカート』シリーズに登場するコースの名称である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 香川県高松市にある通りの名。
  2. 国道477号滋賀県大津市での通称。
  3. マリオカート』シリーズのコース名。
  4. 黄金戦士ゴールドライタン』に登場する異次元空間。

本項では2について記述する。

概要

マリオカートシリーズでは定番とも言えるコースで、全てのスペシャルカップの最終コースに登場している。
コースの雰囲気は作品ごとに異なるが、柵が少なかったり、コース全長が長いなど、難易度は全体的に高い。
また、『マリオカートダブルダッシュ!!』での本コースのBGMは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』で原曲のまま使用されている。

総じて人気が高いため、今までのレインボーロードを集めたカップ「レインボーカップ」たるものを希望するファンも多い。

各作品におけるレインボーロード

スーパーマリオカート

柵の全く無い、鬼畜コース。道幅が狭いこともあり、原点にしてはかなり難易度が高い。また、道中には無敵ドッスンがいて、触れるだけでダメージになってしまう。

GBA版リメイク

アドバンスではおまけコースとしてスーファミ版が登場。ドッスンはいないが、更に道幅が狭くなっている。

3DS版リメイク

道幅が広くなったかわりに、無敵ドッスンとジャンプ台が復活・追加。

WiiU版リメイク

DLCで登場。レインボーロードでは初めての最終レース以外での登場となる。
コース構成は3DS版とほぼ同じ。コースの下には宇宙ではなく山となっていて、自然の中にはキノコの家の建っている。

マリオカート64

距離が結構長く、歴代の中では最長。ワンワンもいるが、フェンスが全面張られて、落下の心配は少なくなった。後述するが、64版でのBGMは今後の作品でアレンジが多く使われている。

WiiU版リメイク

コースの下がダブルダッシュのように大都会となり、演出物にコインを投げつけてくる汽車やグランドスターの特大プレートなどが追加、ネオンの代わりに昔の公式絵を象った花火となっている。
柵は撤廃されている部分が大半、足場はSFCのタイル状になっている。Wiiにあった星形の加速サークルがあり、過去作の要素を詰め込んだコースとなっている。
元が長いためセクション製で1周分走るのだが、欠点として150ccやミラーの場合BGMのバンドアレンジが1ループしなくなってしまっている。

マリオカートアドバンス

マリオストーリーを彷彿させるコース。マリオストーリーの城が背景に置かれている。柵の代わりにジャンプ台が設けられ、場合によっては大きなショートカットも。また、雷を受けると小さくなる雲や流れ星が存在している。

マリオカートダブルダッシュ!!

キノコシティの上空を走る。フェンスがほとんどなく、ダッシュ板や急カーブが多く、これまでのなかで最高難易度を誇る。また、流れ星がアイテムのスーパースターに変化することも。
BGMには64版のアレンジが使われている。ちなみに、このBGMのイントロはDS・Wiiにも使われている

マリオカートDS

こちらもフェンスが少ない。また、「8」の反重力を思わせるシャトルループ面も存在する。(そのためか、8にて本コースのリメイクを期待する声もあった)

マリオカートWii

スーパーマリオギャラクシーを彷彿させるコースで、スターピースが散らばっている。大穴(スーファミ)や急勾配な坂(64)、ジャンプ盤(GBA)や星形のゲート(GC)があって、これまでの総まとめがされているようなコース。落下すると燃え上がることもある。
ギャラクシーにちなんでか、スタッフゴーストはロゼッタが担当した。BGMはギャラクシーの「エッグプラネットギャラクシー」のアレンジが使われている。

マリオカート7

3セクションに分かれ、1週したことでゴールになる。土星の輪っかや月面を走る部分もあり、またワンワンが再び存在している。BGMは、サビの部分に64版(GC版)のアレンジが使われている。

マリオカート8

コースの大半が反重力になっており、ねじれている道が多い。これまでのレインボーロードに比べると機械的で、中盤では宇宙ステーションの中がメインとなる。また宇宙服を着たキノピオが初めて観客として登場している。
こちらはセクションではなく3周でゴールとなる。

マリオカートシリーズ外

F-ZERO X

ファンサービスコースとして登場。コースは64版をベースに、近未来風にアレンジされている。

スマブラ3DS/WiiU

3DS版の対戦ステージとして登場。「7」のコースを背景に戦う。「X」でのマリオサーキットと同様、たまにヘイホーが走ってくる。
ロゼッタ&チコの参戦が報じられたムービーの舞台にもなっており、その際にはマリオファミリーカービィがレースを繰り広げていた。
BGMはが渡部量氏がアレンジした「レインボーロード シリーズメドレー」(7→DS→アドバンスのメドレー)(表)と、「7」の原曲(裏)。

関連イラスト

レインボーロードの悲劇
mario kart



関連リンク

●BGM集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16346290
●コース集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23679231

関連タグ

任天堂 スーパーマリオ マリオカート 

pixivに投稿された作品 pixivで「レインボーロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46617

コメント