ピクシブ百科事典

大乱闘スマッシュブラザーズX

だいらんとうすまっしゅぶらざーずえっくす

大乱闘スマッシュブラザーズXとは、ソラが開発し、任天堂が発売したWii専用のゲームソフトである。
目次[非表示]

略称は「スマブラX」。タグとしてもこちらで登録しているイラストが多い。

概要

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ第3弾となる対戦格闘アクションゲーム。
相手を場外にふっ飛ばしたら勝ちというルールは変わらず。
コナミソリッド・スネークセガソニック・ザ・ヘッジホッグが参戦することで話題となった。

タイトルの「X」は「交差」、「交わり」を意味しており、サードパーティソフトのキャラクターの参戦、「亜空の使者」内でのドラマストーリーでの競演、多数の著名なゲーム音楽作曲家の製作への参加、Wi-Fiコネクションによるプレイヤー同士での交流といった、様々なクロスオーバーを暗示している。

前作『大乱闘スマッシュブラザーズDX』で操作できたキャラクターのうち、
ピチューミュウツーロイドクターマリオこどもリンクの5人は登場しない。
それと引き換えに、同じような性能を持つキャラクターが登場している。
(ミュウツー→ルカリオ、ロイ→アイク、こどもリンク→トゥーンリンク

スマッシュボール」というアイテムを取ることで、「最後の切りふだ」と呼ばれる超必殺技を使うことができるようになった。
(この構想自体は初代の頃からあったらしい)

ゲームモード

みんなで対戦する「大乱闘」を筆頭に、ひとり用ゲームとしては「シンプル」、「亜空の使者」、「オールスター」、「ターゲットを壊せ」、「ホームランコンテスト」、「組み手」などがある。

対戦

大乱闘
友達やCPUと対戦する、ゲームの基本となるモード。WiFiを使ったオンライン対戦も可能。
最後まで生き残りをかけて戦うストック制、制限時間までの撃墜数を競うタイム制、制限時間で集めたコイン数を競うコイン制
それにチームを組んで戦うチーム戦がある。
DXで導入された評価制は残念ながら評価システムごと削除されてしまった。
今回のハンディキャップは「最初から蓄積%が溜まっている状態」になっている。

スペシャル乱闘
上記のルールに特殊なルールを付け加えて楽しめる大乱闘である。
特殊なルールは以下の通りで、それぞれ好きなものを選んで適用できる。また選択中は上に適用したルールを書き出したキャプションが表示される。
複合が可能になったので、「スーパーサドンデスででかくてうさみみでカレーかつふわふわゆっくりな画面見下ろし乱闘」などができる。
設定した状態は全員共通。成績には残らない。

たいりょく300%体力制
おおきさでかい小さい
あたまうさぎ
からだメタルみえない
じょうたいカレーリフレクト
おもさかるいおもい
はやさスロークイック
カメラ固定みおろし

トーナメント
トーナメント表を生成して対戦し、優勝者を決定するモード。対応人数が大幅に増した。
コンピュータ相手に一人でも遊べるが、コンピューターだけの大会観戦はできなくなった。
かちぬけ・まけぬけ
その名の通り5人以上での順番まわりを自動処理してくれるモード。一回休みにも対応。

ひとり用

亜空の使者
システムを流用した横スクロールのアクションゲーム。突如侵略してきた亜空軍と呼ばれる敵と戦う。
ムービーが随所に挿入されるが、技の掛け声があるのみで台詞はない。

シンプル
出てくるキャラと戦って勝ち抜き、マスターハンドを目指すおなじみのモード。
イベント戦
設定されたシチュエーションで戦うモード。
クッパデデデ大王二人を相手にマリオ一人で戦ったり、
メタナイトを使って戦艦ハルバードが着艦する前にカービィを吹っ飛ばしたりする。
中には倒す順番や決めワザなど、特殊な条件がつけられたものもある。
二人同時プレイも可能で、専用の課題がある(一人の時より数は少ないが)。

ターゲットを壊せ!!
10個のターゲットを壊すまでの時間を競うモード。
今まではキャラクターごとにステージが決められていたが、
今回は5つのステージの中から1つを選び、好きなキャラクターで挑戦する。

ホームランコンテスト
サンドバックくんを10秒以内に吹き飛ばし、その飛距離を競うモード。
サンドバックくんを叩いて、横に置いてあるホームランバットで打つのが基本となる。
制限時間が10秒しかないので、いかに効率よくダメージを蓄積するかがポイントである。
これも2人同時プレイに対応しており、協力して叩いたり、2人で交互にプレイして競うこともできる。
オンライン対戦にも対応している。

組み手
大勢のザコ敵軍団を相手に戦うモード。1度撃墜されたら失敗。
今回は2人協力プレイ対応の「ふたりで組み手」や、
Wi-Fiフレンドと協力できる「チーム組み手」もある。

十人組み手ザコ敵軍団10人を倒す
百人組み手ザコ敵軍団100人を倒す
三分間耐久組み手3分間で何人倒せるかを競う
十五分間耐久組み手15分間で何人倒せるかを競う
エンドレス組み手1回ヤラレルまで何人倒せるかを競う
情け無用組み手本気を出した敵軍団を何人倒せるかを競う

トレーニング
好きな設定で練習できる一人専用モード。(2PコンでCPUキャラを動かす設定にもできる)
アイテムを出して使う練習をしたり、CPUを何人か出してみたり、コンボダメージを測定したりできる。

登場キャラクター

歴戦の勇者

前作から引き続き登場するキャラクター。

マリオ
リンク
カービィ
ピカチュウ
フォックス
サムス
ゼルダ / シーク
クッパ
ドンキーコング
ヨッシー
ピーチ
アイスクライマー

新たなる挑戦者

初参戦となるキャラクター。

ピット(後に新作が発売される。)
ワリオ
ゼロスーツサムス
アイク
ポケモントレーナー
ディディーコング
メタナイト
スネーク
リュカ
ソニック
デデデ
ピクミン&オリマー

ベールを脱ぐ戦士

隠しキャラクター。前作に登場したキャラクターも含む。

ネス
マルス
ルイージ
ファルコ
キャプテン・ファルコン
ルカリオ
ロボット
Mr.ゲーム&ウォッチ
ガノンドロフ
プリン
トゥーンリンク
ウルフ

他にもアシストフィギュアとして様々なキャラクターが登場している。


評価

ゲームシステム自体は順当に進化しており、Wiiの美麗なグラフィックの元で多数の任天堂キャラクターたちのバトルを実現したという点では大きな評価を得ている。他者枠のキャラクターの参戦や、「最後の切りふだ」など次作以降にも受け継がれた要素も多い。また、『光神話・パルテナの鏡』のように、本作がきっかけとなって注目が集まり、リメイク作が作られた作品も存在するなど、任天堂のゲーム界へ与えた影響も計り知れないものがある。

一方で、システム面での調整不足が目立ったため、批判の多い作品にもなってしまった。
特に深刻だったのが「おきらく対戦」であり、匿名性にしてしまったことが災いしてネット上で馴れ合いや特定のユーザーのみを狙ったリンチなどの問題行為が多発。プレイヤーからは「おきらくリンチ」などと揶揄れ、結果、多数のユーザーが「オンライン対戦をしたくない」と考えるようになってしまった。また、ガチな対戦を求めるユーザーが増加した結果、対戦ステージが終点のみに固定化されてしまって面白くないといった意見もあった。
他にもCPU関係の問題(プレイヤー操作のキャラを集中攻撃するルーチンが組み込まれていたり、AIがやたら高性能すぎてLv9付近ともなると中級者ではまともに相手取ることができなかった)や作業感が強い割にはイマイチ達成感のないやりこみ要素(フィギュア収集やアドベンチャーモード「亜空の使者」)、戦闘中に自キャラがランダムで転倒してしまうシステム、イマイチ存在意義のわからない「名作トライアル」など、多数のゲームシステムに不満が寄せられることとなった。

売り上げこそシリーズ最多の222万本を記録したものの、目玉として取り上げられた新要素の大半がことごとく裏目に出てしまい、前作までと比べてはっきりと賛否の分かれる作品となってしまった。

なお、開発側もこうしたファンからの声を受け止めたようで、次作ではオンライン関連など本作で不満の噴出した問題の多くにメスを入れている。

関連イラスト

大合奏バンドブラザーズ
ニューポークシティ


Destruction
大乱闘ポッキーゲームブラザーズ



関連タグ

任天堂 ソラ スマブラ
亜空の使者 亜空軍 フィギュアプレート
リストラ組 新・光神話パルテナの鏡

表記揺れ

スマブラX スマッシュブラザーズX

外部リンク

スマブラ拳!!

pixivに投稿された作品 pixivで「大乱闘スマッシュブラザーズX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193017

コメント