ピクシブ百科事典

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

そにっくざへっじほっぐ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ(Sonic the Hedgehog)はセガが発売しているゲームシリーズの名称。 及びそのゲームに登場する主人公、セガのマスコットキャラクターを指す。
目次[非表示]

ゲーム『ソニック』シリーズについてはソニック(ゲーム)の記事を参照。

キャラクターとしてのソニック・ザ・ヘッジホッグ

概要

任天堂の象徴的キャラクターであるマリオに対抗しうるマスコットキャラクターとして生み出された。
日本国内ではその目的は達成出来なかったものの、海外では非常に人気の高いキャラクターである。
国内でも、セガの代名詞という立場を確固たるものとしている。

近年ではそのライバルであったマリオと、オリンピックゲームや大乱闘スマッシュブラザーズXスマブラ3DS/WiiUで共演するようになった。また、最近ではセガ制作のソニックシリーズにおいても、マリオシリーズのキャラクターがゲストで参加するようにもなっている(ソニックロストワールドにおけるヨッシーがその代表例)。

プロフィール

本名ソニック・ザ・ヘッジホッグ
通称ソニック
種族ハリネズミ
身長100cm
体重35kg
年齢15歳
好きなもの冒険チリドッグ
嫌いなもの退屈


性格

自由であることを好み、どのような困難を前にしても揺らぐことのない自信を持つ。
束縛されるのが大嫌いで、狭い場所や水中など思うがままに走れない所を嫌う。
一方で、困っている人を見ると放って置けない一面を持つ。

偏見を全く持たず、相手がDr.エッグマンであろうとも、基本的にはわけ隔てなく付き合う。
特にエッグマンに対しては「敵同士なりに」ある種の信頼感を持っている描写がたびたび見られる。ただし、ソニックカラーズでのこともある為か、ソニックロストワールドなど近年の作品では他の仲間同様に彼を嫌う描写が出始めているがこれはソニックカラーズの脚本家が外国人で海外でのエッグマンのイメージが悪いためという可能性がある。

チリドッグに対する情熱は強く、アーサー王やタイムイーターが現れチリドッグが吹っ飛ばされると、目先の敵よりまずチリドッグの方を心配するほど。

英語交じりに話す癖があり、たびたび会話の中で単語が飛び出す。
これ自体は『ソニックアドベンチャー』でフルボイス化した際に付与された後付設定だが、
声優の金丸淳一が英会話の教師資格も持つ実績から発音が流暢なのも手伝い、キャラ付けとしても成功している。

趣味

  • 暇つぶしがてらにDr.エッグマンの悪巧みを阻止する。
  • DJを嗜みロックやユーロビートのような速いテンポの音楽を好む。
    • こっそり自分にとってご機嫌なDJMIX(メドレー)を作っている、とされる。


能力

  • 音速を遥かに超える脚力を持つ。近年では能力が強化されたようで、後述の変身を行わずとも、ライトダッシュ等によって瞬間的に光速に到達する事もあるらしい。
  • カオスエメラルドの力を使ってスーパーソニックに変身する事ができる。
    • その応用上にあるためか、シャドウ・ザ・ヘッジホッグと同じくカオスコントロールを扱うこともできる。
    • 作品によってソニックが別の形態へ変化する場合も多くある。
    泳ぐことはできないが、その脚力で水上と水底を走ることはできる。
  • 武器の類は使わないが、全く扱えないわけではない。大乱闘スマッシュブラザーズXでは他のメンバー同様に全種アイテムを扱うことが出来る他、ソニックと暗黒の騎士でもカリバーンを使いこなした剣技を披露している。ただ使い方は荒かったようで、カリバーンからよく文句を受けていた。
Free Speed


名称特徴登場作品
スーパーソニック全身が金色、赤目 亜光速・ほぼ無敵状態で宇宙空間などを飛行可能ソニック・ザ・ヘッジホッグ2以降、ほぼ全作品の最終局面
ハイパーソニック全身が虹色、残像を発するソニック3&ナックルズのみの最終面
ダークスパインソニック紺色、白目ソニックと秘密のリングのみの最終局面
ソニック・ザ・ウェアホッグ狼のような外見、素手 伸縮し強大なパワーを持った腕ソニックワールドアドベンチャーでの夜間
エクスカリバーソニック黄金の鎧ソニックと暗黒の騎士のみの最終局面

声優

1998年の「ソニックアドベンチャー」からアニメ版も含めて金丸淳一が声優を担当している。それ以外では以下の通り。

  • 1991年:古川登志夫 (TVCM)
  • 1993年:草尾毅 (セガソニック・ザ・ヘッジホッグ)
  • 1996年:菊池正美 (スタジオぴえろOVA版)
  • 2008年:関智一 (ソニック・ザ・ウェアホッグ)

スマブラへの参戦

世界的に人気のあるキャラクターであり、スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズ)への参戦を希望する声は早くからあった。
2006年に宮本茂はインタビューで「スマブラXの新キャラクターとして最も要望が高かったのはソニックである」と述べ、任天堂がセガと中裕司に提案し回答待ちであることを明かした。
その後、任天堂とセガが「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック」の打ち合わせをしていた際にソニックの「スマブラX」への参戦を決定したと言われており、2007年10月の「任天堂カンファレンス2007.秋」においてソニックの「スマブラX」への参戦を公式に発表した。

同じ他社参戦のスネークがパワータイプに対し、ソニックはやはりスピードタイプのキャラクターとなっている。
前作までダッシュ最速だったキャプテン・ファルコンを大きく上回り、カメラさえも振り切ることがあるダッシュ速度を誇っており、ジャンプ力も高くフワリとした身軽な操作感覚で、必殺技の一つ「スプリングジャンプ」で更に高く飛ぶことも可能なため復帰力が非常な高く、地空共に高い運動性能を持っている。
反面リーチや判定、撃墜力には乏しいため、その移動力によるトリックを活かし、プレイヤーを翻弄できる上級者ないし玄人向けのキャラクターになっている。
更に最後の切りふだスーパーソニック」は、作中同種のワザでも最強クラスの超必殺技。
上級者に使われた場合撃墜を覚悟しなければならない。

設定ではソニックは泳ぐのが苦手なものの、この作品では他キャラと同じくらい水に浮かぶことができる。

2013年10月1日のニンテンドーダイレクトで、まさかのスマブラ2作連続出演が決定
前作でのスネークとの共演に続き、カプコンロックマンリュウバンダイナムコゲームスパックマンスクウェア・エニックスクラウドとも共演を果たすこととなった(なお、このうちロックマンとは過去にアメコミの『SONIC & MEGA MAN: WORLDS COLLIDE』で共演したことがある)。さらに元同社つながりだったベヨネッタも参戦している。
ちなみに通常時の攻撃能力が若干改善された他、最速の座も堅守している。カスタム技で軽量化補正のパルテナには遅れをとる場合がある。しかしこれは桜井氏がソニックは超音速までしか走れないから女神のパルテナのほうがもっとスピードが出るのではと思い込んだためでソニックこそ史上最速だと信じるソニックファンからクレームが絶えないのは言うまでもなく、実際にパルテナも桜井氏のキャラである。

その他

  • セガの看板キャラクターとしては他にもウサギアルマジロ、「パジャマを着た肥満のセオドア・ルーズベルト」などをモチーフとしたキャラが考案されていた。
    • このうち、アルマジロは後の「カオティクス」にマイティー・ザ・アルマジロとして転用、セオドア・ルーズベルトはDr.エッグマンの元となった。


  • 体色のコバルトブルーはセガのロゴカラーに倣ったもの。靴のデザインはセガファンとしても有名だったマイケル・ジャクソンが『バッド』のプロモーションビデオで履いていたものを基にデザイン、靴の色はサンタクロースをイメージして赤になった。
  • 1998年の『ソニックアドベンチャー』以降は若干デザインが変更され、やや長身になり、眼の色が緑色になった。それまでのデザインは「クラシックソニック」、現行のデザインを「モダンソニック」と区分して、2011年発売の『ソニックジェネレーションズ』では両方のソニックが共演を果たした。

  • 海外で放送されたアニメ『Sonic Underground』ではソニックの妹:『ソニア・ザ・ヘッジホッグ』、ソニックの弟:『マニック・ザ・ヘッジホッグ』、ソニックの母:『アリーナ女王』が登場している。但し、これらの作品にセガやソニックチームは制作に関与していないため、公式のキャラクターではないことに注意されたい。なお、公式ではソニックの家族については一切言及されていない。


  • ヘッジホッグファミリーの遺伝子の中に、ソニックヘッジホッグというものが存在する。発見者がソニックシリーズのファンであったことが由来。ヘッジホッグファミリー遺伝子には他にも「エキドゥナヘッジホッグ」が存在する他、ソニックヘッジホッグ・インヒビターが「ロボトニキニン」と命名されている。

  • 上記のように、ソニックの大ファンの挙げた功績にはこんな物もある。アメリカ・カンザス州ローレンツ市在住のキング少年はソニックに憧れて、ハリネズミをペットとして飼いたいと思ったが、ローレンツ市は法律で齧歯類の飼育を禁止していた。この法律を不服と感じたキング少年は母と共に3年という期間、ハリネズミの事を徹底的に調査してハリネズミに関する資料を作成し、嘆願書としてローレンツ市役所へ提出する。キング少年の訴えは聞き入れられる事になりローレンツ市は法改正。キング少年は晴れてハリネズミを飼う権利を手に入れたのである。ソースはこちら

ゲームとしてのソニック・ザ・ヘッジホッグ



ソニックシリーズの中でもソニックの横スクロール高速アクションゲームのことを『ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ』や『ナンバリングタイトル』、『本編』と呼ぶ場合がある。

シリーズ1作目の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』はアメリカのジェネシス(メガドライブ)用ソフトとして1991年6月23日に日本より先に発売され、全世界1500万本以上を売り上げた。本作のBGMは「DREAMS COME TRUE」の中村正人により作曲され、BGMの一部はセガのUFOキャッチャーのBGMとしても使用されている。

翌92年にはシリーズ2作目『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』が発売。このときにテイルスが初登場となったほか、スーパーソニックの要素が登場したのもこの作品からである。なお本作のBGMも中村正人が担当。

その後93年に『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』が、94年には『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』とその続編『ソニック&ナックルズ』が発売された。なお、ソニックCD以降のBGMはセガ社内による作曲となっている。そして2010年には16年ぶりの直系シリーズ作品として『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI』が、2012年にはその続編『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードII』が発売されている。

ソニックシリーズ20周年記念として、中村正人が手がけた『ソニック』第1作、第2作の楽曲と、当時の機材を使ったオリジナル音源を収録したCD『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック』が2011年10月19日に発売された。

関連タグ

セガ ソニックチーム メガドライブ ゲームギア メガCD セガサターン ドリームキャスト
テイルス ナックルズ・ザ・エキドゥナ エミー Dr.エッグマン
ティカル シャドウ・ザ・ヘッジホッグ
この世で一番速いヤツ 他社組 スマブラワールドゲームヒーローズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1281710

コメント