ピクシブ百科事典

伊達政宗(戦国BASARA)

だてまさむね

『戦国BASARA』シリーズの登場人物で、シリーズを通しての主人公。
目次[非表示]

プロフィール

属性
武器(一刀流、六爪流)(幸村伝では六爪流)
防具籠手
肩書奥州筆頭(おうしゅうひっとう)※
登場時の書き文字推参
一人称オレ
CV中井和哉
林遣都


※ただし、英雄外伝の「双龍の決闘」では一刀竜爪(いっとうりゅうそう)


概要

戦国BASARA』の第1作目から登場しているシリーズの看板キャラクター。年齢は19歳。

伊達軍の兵士たちから「筆頭」と呼ばれ、強い主従関係にある片倉小十郎を始めとする部下共々不良風の気質を持つ(おそらく史実に見られるヤンチャな部分を拡大解釈しまくったものと思われる)。
その様な気質故か、作中にてゲーム版では馬(通称UMA)に乗って爆走し、アニメ版ではバイクっぽい(通称馬イク)に跨り、手を離して騎z……もとい運転する。
戦国武将なのに英語を喋る(「party」が「パーリー」に聞こえるが、中の人の影響)が、これは政宗が史実で海外との交易を図っていた事に由来すると思われる(史実にて部下の支倉常長をスペインに派遣した記録がある)。

武器は刀と普通だが、その使い方は後述の様に非常に特徴的。

ライバルポジションの真田幸村とは物理法則に逆らうド派手な一騎打ちを毎度繰り広げており、このゲームが単なる歴史ゲームではない事を体現している。



影響

かつて大河ドラマ「独眼流政宗」で政宗ブームを巻き起こした仙台にブームを再燃させ片倉小十郎ともどもバスに描かれたり、政宗にゆかり土地である「宮城縣護國神社」には政宗や小十郎等を描いた痛絵馬が多く飾られている。

挙句の果てには宮城県の選挙啓蒙ポスターやテレビ・ラジオのCMに出演、投票率が実際に上った
逆に選挙宣伝費は下げられたので成功と言えよう。



天下統一級の圧倒的人気の高さ

筆頭神推し。


公式人気投票では初代『戦国BASARA』から五回連続1位を獲得している。
2010年のゲームキャラ人気投票で多数の票を獲得する等人気は凄まじい。

ニコニコ動画では『政宗をサムネにすると視聴数が増える』とまで言われており、『(マ)サムネホイホイ』というタグまでつけられている。

『3』でも徳川家康石田三成がメイン主人公であるにも関わらず、シリーズ主人公としての面影なのか連続1位となった。

BSR48でも、ライバルであり3位の幸村や3の新キャラで唯一の神7入りの2位である三成をも圧倒する人気の高さで1位を会得している。

その人気の高さ故か、『4』では再びメイン主人公キャラの1人として立ち上がる。


シリーズ毎での活躍

戦国BASARA

主人公らしく独眼竜として天下に名乗りを上げ、天下統一を目指して戦国の乱世を駆け巡る。

戦国BASARA2・2英雄外伝

主な目的は無印と同じだが、今作からはお供の片倉小十郎を従えて天下統一を目指す。
基本的に支えてもらいつつも時に諌められ、天下統一の過程を得て成長していく。
2英雄外伝では松永に返り討ちに会い、結果的に見捨ててしまった部下たちを助けるために小十郎の制止も聞かずに再び出陣しようとした(未遂に終わるが)。

戦国BASARAX

まさかの圧倒的一弱という主人公にあるまじき性能。オクラは勿論のこと、ゴリラホンダムアニキ等に対しても詰んでいると言われている。
そのため足軽を通り越して「農民」扱いされるという始末。

援軍の片倉小十郎が主従交代で家庭用でプレイヤーキャラとして追加された際もその圧倒的弱さは健在である(勿論使いこなさないと試合に勝てないが)。

戦国BASARA3

小田原での戦にて石田三成に返り討ち(通称:ビッターン)にされ、リベンジを誓うために関ヶ原へ向かうことを決意する。

戦国BASARA4

独眼竜から独眼竜王へ

伊達誕  竜化六爪


『4』では戦国乱世の幕開けと共に「竜王」(若しくは独眼竜王)の名乗りを上げ、天下統一を目指し日ノ本を駆け巡る。

同じ『4』のメインキャラである柴田勝家の眼は気に入らないらしい(かつてあの日の自分に残された左目と同じように見える為)が、竜王として彼を羽ばたかせるために2度目の謀反に手を貸す。
また後藤又兵衛の又兵衛閻魔帳に最上位としてその名を載せられている事から、彼に強い憎しみを抱かれていると思われる。
また、まだ梵天丸と呼ばれた頃の幼き政宗が見られる可能性が高い。
因みにダウンロードコンテンツでは特別衣装が用意されていたが、政宗だけは2種類ある(真田幸村・石田三成・徳川家康・島左近・柴田勝家・井伊直虎は1種類のみ)。

戦国BASARA真田幸村伝

最大の宿敵、真田幸村がメインとした長編ドラマゲームでも登場する。
立場上はまさにもう一人の主人公であり、主人公である真田幸村との宿命の対決が描かれる。
今までの衣装は蒼だが、今作では覚悟を表してなのか白装束となっていて、しかも最大の特徴としてか最初から六爪流状態となっていて攻撃パターンが大幅変わっている。それに伴い新技・モーションなどが一新されている。従来のバージョンもそのまま使用は出来ている。
幼少期、梵天丸の頃たまたま偶然居合わせた弁丸と出会い、そこから一つの約束をお互いに交す…と言う、幼馴染要素を取り入れている。


竜の爪

地に落ちた?(ry【血注意】


戦い方の最大の特徴は両手に3本ずつ刀を掴み、6本の刀を同時に振るう六爪流。
その力は一刀流の時を遥かに凌駕する。
詳しくは→六爪流にて。


ガイストクラッシャーとのコラボガイスト

2013年12月5日に発売されたゲーム『ガイストクラッシャー』で、伊達政宗とコラボした雷属性のガイスト『ジェット・マサムネ』が登場。武装(ガイストオン)する事で、政宗とよく似たガイストギアを纏う(右目に眼帯あり)。攻撃特化型のウェポンフォームもまた六爪流に肖っている。

また、続編であるガイストクラッシャーゴッドでは正反対の風属性アルファガイスト『アルファ・マサムネ』も登場する。こちらはメイルフォームの上半身は白く変化している。

余談であるが、主人公のレッカ達が住んでいる国の名前はヒノモトである。


伝説のデビルハンターとのコラボ

伊ン達(おっさんバージョンw)


『1』・『2』・『英雄外伝』共に最強武器として『デビルメイクライ』主人公ダンテがメインに使っていた武器『アラストル』に似た『亜羅棲斗流』と言う魔剣を使用していた。
『3』及び『宴』ではデビルメイクライシリーズの武器に関わる事がなかったが、『4』ではダウンロードコンテンツとして再び『亜羅棲斗流』を使える(更に初期のダンテの衣装を着て、髪もダンテに合わせて白髪となる)。
その風貌から伊ン達とも呼ばれる。

ついでに言うと、北米版『戦国BASARA3』での政宗の声を担当しているのは、ダンテ役のルーベン・ラングダンである。

アニメでの活躍



戦国BASARA

戦国BASARA



原作同様主役として活躍。小十郎や時には幸村と共に織田軍との戦いに挑む。

戦国BASARA弐

覇王に挑む者



織田信長討伐から半年後、突如現れた豊臣秀吉の前に惨敗。
大きな怪我や数多くの苦難を迎えるも、最後は小田原城にて秀吉を打ち破る。
だが、豊臣の打倒が後に新たな反乱を招く事になろうとはこの時、まだ知らなかった。

戦国BASARA Judge End

豊臣秀吉率いる豊臣軍が天下掌握寸前になっていた頃、徳川家康の謀反によって大将の秀吉が亡くなる。打倒豊臣を目指すが、豊臣秀吉の左腕である石田三成から猛攻を受け、一時的に奥州に撤退する。その後、打倒石田を目指すが…?

関連イラスト

筆頭
死する覚悟


ネタ絵

マナー。
らくがき(ポッキーの日✖ゾロ誕おめ)



関連タグ

個別タグ

伊達政宗 ※このタグのほぼ全てを占めている。

戦国BASARAシリーズ 学園BASARA
戦国BASARA登場キャラクター一覧
六爪流 竜王
梵天丸
ダテメン 馬イク 奥州杯
伊ン達 残念な筆頭 政宗様マジ天使

グループタグ

伊達主従 蒼紅 蒼紅主従 お侍さんと農民ちゃん 東西兄貴 蒼紅紫翠 主役創世

東軍 東軍コンビ 東西トリオ 東北トリオ お月様コンビ

カップリングタグ

伊達いつ(竜と雪うさぎ)

関連キャラクター

真田幸村 史実では幸村の子を匿うという良い奴っぷりを見せた。
片倉小十郎
いつき 
梵天丸
長曾我部元親
徳川家康 石田三成 
雑賀孫市 
織田信長 豊臣秀吉 
松永久秀
柴田勝家 後藤又兵衛
足利義輝


同じ六爪使いキャラクター

ウルヴァリン 

コラボ関係

ガイストクラッシャー 白銀レッカ
ガイストクラッシャーゴッド
デビルメイクライ ダンテ


他の漫画・アニメとのコラボタグ

中井兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「伊達政宗(戦国BASARA)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1119697

コメント