ピクシブ百科事典

戦国BASARAX

せんごくばさらくろす

『戦国BASARA』より派生した格闘ゲーム。
目次[非表示]

解説

2008年4月にリリースされた、アーケード向け対戦格闘ゲーム。
開発は、ギルティギアシリーズ、ブレイブルーアークシステムワークス
キャッチコピーは『果たし合え!燃え尽きるまで!』。

プレイヤーキャラクターは、伊達政宗真田幸村前田慶次長曾我部元親毛利元就
上杉謙信お市織田信長豊臣秀吉本多忠勝の10人。
家庭用PS2版にて片倉小十郎竹中半兵衛が追加された。

一定時間が経過すると、攻撃、防御、カウンターなどのサポートしてくれる【援軍】を呼ぶこと
が可能になる。登場する援軍キャラはプレイヤーキャラに一番関連深い人物が登場する。
ゲージがたまると、一撃で相手を倒すことのできる【一撃BASARA技】を発動させることができる。

エンターブレイン主催の格闘ゲームイベント、『闘劇'10(カテゴリーB)』にて、開催種目に選ばれた。

評価

・「ギルティギア」シリーズの複雑なシステムと、
・同社開発の対戦格闘ゲーム「北斗の拳」のバランスを投げ捨てたキャラ格差
この2つに定評のあるアークである。

予想通り、これらの特徴を見事に引き継いだ世紀末上等な格闘ゲームになってしまった。
ゲーセンでは毛利元就オーモーイーガーに載せて相手を自分の部下ごとぶちのめす光景が多く見られたという。

とはいえ、元々の戦国BASARAシリーズが、単純なシステムで爽快感を得られるというのが売りなのに対し、この点が再現できていないとされる。
まず、全体的にHPが減りづらく、パーフェクトガードでHPが回復するため、さらにはコンボ補正の関係で無限ループを決めても時間内に倒しきることは困難…等など、爽快感が低いとされる。
また、援軍システムは、経過時間によってレベルが変わる等留意点が多く、初心者には難しいシステムである。特に、初めて格ゲーをプレイする女性ファン等にとっては、どうしようもないであろう。
一方、「ギルティ」シリーズや「北斗の拳」のユーザーからは「ゲームスピードが遅い」といったことを指摘され、中途半端な難易度となってしまっている。
更に、バランスブレイカーからバナナまでとキャラクターバランスも滅茶苦茶である。
原作再現という点でも、「北斗の拳」等に比べると、仕込まれているネタが少なく、キャラ同士の掛け合いも少ない。
このような理由により、一部ではクソゲー呼ばわりされ、「Fate/Unlimited Codes」などと並んでゲーセンから早々に消え、家庭用もワゴン行きとなっている。
もちろん、クソル氏のように、有名プレーヤーでも推している人がいることは忘れてならない。

ストリートファイターII』のカプコンなのになぜ自分達で作らなかったという疑問を思う人も居るが、
その時既にカプコンに2D格闘ゲームを作るラインは残っていなかったのだ。


主題歌

「crosswise」
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution(Epic Records)


関連タグ

戦国BASARA

pixivに投稿された作品 pixivで「戦国BASARAX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10868

コメント