ピクシブ百科事典

震電

しんでん

戦闘機としては旧日本軍の局地戦闘機(迎撃戦闘機)を指す。ストライクウィッチーズ2のストライカーユニットや、ガサラキ登場のTAの名称も含まれている。艦隊これくしょんにおいてはプランのみで放棄された震電改の方が存在する。
目次[非表示]
  1. 機体略号J7W1。第二次世界大戦末期、帝国海軍が開発していた単発単座の試作局地戦闘機の名称。
  2. アニメ「ストライクウィッチーズ2」に登場するストライカーユニット。
  3. ゲーム「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド」に登場するトライデント型陸上軽巡洋艦 (LAND CRUISER T・SHINDEN・T)。
  4. アニメ「ガサラキ」に登場するタクティカルアーマー。17式改。



1.第二次世界大戦末期の戦闘機

機体後部にプロペラ、機首付近に小翼を配した独特の機体形状は『前翼型』(「カナード」「エンテ型」などとも)と呼ばれるもので、B-29迎撃の切り札として期待されていた。1945年6月に試作機が完成、同年8月に数度の試験飛行を行った所で終戦。実戦投入には至らなかった。

設計は鶴野正敬大尉。テストパイロットも務めており、
ぼくのかんがえたさいきょうのせんとうき」を自分で作って自分で飛ばすという、男の子の夢を叶えた稀有な人物である。

末期の迎撃戦闘機

完成直後に戦争が終結し、初飛行を終えた時点で開発作業は放棄される。
そもそも初飛行というものは『本当に空を飛べるのかを証明する』ために行われるのであり、
その後の飛行についての注意点や設計の問題を洗い出すためでもある。

つまり問題点を洗い出すにも至っていなかったという訳で、完成度は低かったと言ってもいいだろう。
もちろん全開テストすら行われなかったので性能も不明

例え実用化されたとしても、エンテ翼は当時としても特殊な操縦性を持っており、
使いこなせるパイロットを養成できたかには疑問が残る

要は『なにもかも遅きに失した戦闘機』だったというわけである。

ただ、同時代の戦闘機に類を見ない特異な形状から、架空戦記などでは活躍の場が多く、たいていは烈風と共に最強クラスの戦闘機として君臨する。
ジェット化したタイプも登場し、そちらは便宜上震電改と呼ばれるが、史実においてジェット化についての具体的なプランは存在せず、「ジェット化できるかもしれない」という思い付きの走り書き程度にとどまっていた。

カナード大行進

当時、エンテ翼は各国で開発作業が進められていた。
だが一つとしてモノになるものは無く(戦闘機なら尚更)、むしろ扱いにくいとして嫌がられた。
エンテ翼は運動性が軽快になる反面、操縦性は(極めて)神経質になってしまうのである。
(ただし震電の実験機に限って言えば通常の牽引式飛行機に比べ操縦感覚の違いはほとんどなかった)

この問題はコンピュータによる飛行制御(FBWやCCV)が出来るようになるまで残り、
(運動性を向上させられる「制御カナード」などは特に)
つまり1970年代以降を待たなくてはいけない。


なお、こんな微妙な代物を採用したことについて、設計者の鶴野大尉は「つい、やっちゃったんだZE☆」とコメントしている。
非常に男のロマンがわかる御方だったようだ。

九州飛行機

WIKIによると、現在のJR南福岡駅から陸上自衛隊福岡駐屯地周辺に雑餉隈工場があった。
1953年、春日市に移転し、「渡辺自動車工業」として再出発。
1958年、航空機製造技術をバス車体製造に応用して西鉄の傘下に入り、西日本車体工業の一員として現在に至る。なお、源流企業であり航空機製造部門を九州飛行機として分離した渡辺鉄工所(現・渡辺鉄工)は帝国海軍の艦艇用魚雷関連機器製造メーカーとして有名であり、現在も海上自衛隊向け艦艇用魚雷発射管を製造している。帝国海軍航空機でのメーカー記号「W」は渡辺鉄工所の頭文字が由来である。


類似飛行機

カーチスXP-55:アメリカ陸軍用に試作戦闘機。愛称はアセンダー (ASCENDER)

2.ストライカーユニット

最後の烈風斬


扶桑皇国の新世代ストライカーユニットの1つ。宮藤一郎博士から娘の芳佳に宛てられた手紙によって完成に至っている。遣欧艦隊の旗艦「大和」に積まれていた試作1号機を芳佳が装着して使用し、以降は彼女の専用機となる。最終話で烈風丸と共に海岸に打ち捨てられていたが、劇場版で回収・修復経て芳佳の元に戻ってきた。
製造元は筑紫飛行機となっている。


3.艦隊これくしょん

艦隊これくしょんと兵器コラボ 「金剛姉妹の鎮守府に震電が来たよ」


空母搭載用の艦戦の1つ(震電改)。
艦これ初のイベント敵艦隊前線泊地殴り込みの突破報酬として配布された。制空値は+15と、現在の艦これからするとあり得ない超高性能(烈風系でも「烈風改」の+12が最高)であり、これ以降ランカー報酬としてさえ再配布されていない、まさに黎明期の生み出したオーパーツであったが、2015年夏イベント「反撃!第二次SN作戦」にて、「艦載機熟練度システム」が実装。これにより、震電改を持っていない大半の提督でも、コイツを上回る性能の艦戦を運用できるようになった(熟練度MAXなら、通常の烈風でも震電を上回る)。
艦載機熟練度の実装、オプション付きのネームドエース機の実装、そして敵戦闘機の著しい高性能化(特に「深海熊猫艦戦」は震電改が鼻で笑われる性能である)により、高制空値だけが取り柄の震電改の優位性はかなり揺らいでいるものの、2016年12月現在も一般落ちする気配はない。



関連タグ

宮藤芳佳 雷電  福岡空港(試験飛行が行われた場所)

pixivに投稿された作品 pixivで「震電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 465540

コメント