ピクシブ百科事典

自由

じゆう

思うままにふるまうこと、他のものから制約・拘束をうけないで自分自身の本性に従うこと。
目次[非表示]

には思いのままの意味があり(自在など)、にはよるもとづくより従うの意味がある(由来など)。

自由」には、①気まま、思うままにする②他から規定・拘束・強制・支配を受けないで、すべて自分の意志によって行動できること③法律の範囲内で、思うままに行動できることの、三つの意味がある。

そもそも自由という言葉は、欲望からの解脱を意味する仏教用語である。 福沢諭吉英語のリバティ(liberty)を訳するに際して、仏教用語より「自由」を選んだ。

哲学的には、自己主張と自己制御に基づいた自立せる意志の表現ともいわれる。時代や思想によって、意味するところが違ってくる。

英語のリバティ(liberty)とフリーダム(freedom)との違い

freedomとlibertyはしばしば同義に使うが, freedomは束縛されない自由, libertyは束縛から解放された自由を指す。

法律上の自由

明文化された憲法を持つ国は、どの国でも国家権力からの自由(自由権)が保障されている。
日本国憲法には以下のような自由権がうたわれている。

精神的自由

  • 思想良心の自由・信教の自由・学問の自由・集会の自由・結社の自由・表現の自由


経済的自由

居住移転の自由・職業選択の自由

人身の自由

  • 奴隷的拘束・苦役からの自由・令状なき不当な勾留など、正当な法的手続を踏まない不当な拘束からの自由・勾留拘束に当たっての法定手続の保障


自由権の濫用はしてはならない(憲法12条)

  • 権利の濫用はこれを許さない(民法1条3項=罰則の適用)。


デメリット

  • 人間は、本性として自由を求める傾向を持つが、同時にそれに伴う孤独や責任を受け止めることができず、絶対的権威への依存と服従を求める傾向もまた人間には存在する(自由からの逃走)。


余談

ちょっとした雑記である。
読み飛ばしていただいて構わない。


自由を「何をやっても良い」と解釈する人は多い。
しかし、「自由」という漢字の【由】の字には、“原因・経緯・関連”といった意味もある。
つまり『自らを原因に当てはめる』とも読み下せる。

何物にも束縛されない、それは裏を返せば自分に全ての原因と責任が押し寄せることも意味する。
自由とは、束縛から開放こそされていてもは無責任にはなれないものでもある。
何を始めてもいい、何をやっても良い、何を考えても良い。
だがその責任の所在も自分にしかない。

“自由”には、常に“責任”が寄り添っている。
一人で立って歩く以上、荷物を背負って歩くのも自分しかいないのだ。

関連タグ

思想 権利 義務 責任
言論の自由 リベラル 自由主義 デモクラシー

pixivに投稿された作品 pixivで「自由」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 731465

コメント