ピクシブ百科事典

公式が病気

こうしきがびょうき

ちょ、何やってんすか(笑)
全ての見出しを開く

概要

「公式が病気」とは、商業作品の版権元(=公式)が「作者は病気」状態になってしまっていること。
いいぞもっとやれ」の意味を含む。たぶん。
またネタ扱いされる事が多い残念な黒歴史もある。

この見出しを閉じる

「公式が病気」の一例


■注意■

この項目にはネタバレと主観的な述を含みます。
閲覧の際には十分注意してください。
データが膨大な量になると閲覧しにくいうえ本項へのアクセスに障害が生じます。
所謂「ファンサービス」の一貫に過ぎないもの、「お遊び」の範疇に入るもの、病気や奇行とまでは言えない描写・言動については追加を控えてください。そうしたケースについては当該作品の記事のほうへの特記をお願いします。
削除の際に、ある程度の重要性を感じた項目は、当該記事への転載、リンクなどをお願いします。
より多くの作品名を追記するためにも各作品とも例が3つ以上超える場合、4つ目以降は公式が病気の一例・などに追記して下さい。(一部例外あり)
例1:過去の名作といった公式が病気(アニメ・マンガ・ゲーム) → 公式が病気シリーズを参照
例2:例えばサガシリーズ佐賀県の公式ネタ、ゆるキャラ等 → 役所が病気
例3:「会社ぐるみでやらかした公式が病気」に関して・・・→ 公式が末期

特定キャラクター

アイドルマスターシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。


ゼルダの伝説シリーズ

  • リンクぇ(トワイライトプリンセス)-ゼルダ無双発売記念にニコニコの生放送でリンクに間違ってつけてしまった名前。投票でなぜかそのままプレイになった。
  • チャツボのまるみえラッキータイム(4つの剣+) - 歌が卑猥。いいわぁ~いいわぁ~/^o^\フッジッサーン/^o^\フッジッサーン もっとぉ~もっとぉ~/^o^\フッジッサーン/^o^\フッジッサーン すごいわぁ~すごいわぁ~/^o^\フッジッサーン/^o^\フッジッサーン 好きよ好きよ好きよ好きよ好きよ!/^o^\フッジッサーン
  • ギラヒムスカイウォードソード) - ある意味スカイウォードソードの問題人。数々の変態行為に加えて主人公の首元で舌レロレロを行うという徹底ぷり。
  • アゲハ(ゼルダ無双)-初登場は「トワイライトプリンセス」でストーリー上戦闘では無縁の一般人だが、どこで間違えたのか一騎当千アクションでプレイヤーキャラになっている。


ポケットモンスターシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。


星のカービィシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。

BEMANIシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。

  • cuvelia(キュベリア)(beatmaniaIIDX19 Lincleほか)- 元の構想は少年キャラだったらしいが、スタッフの連携がなかったせいか女性キャラとなった。後に公式が暴走してだらけ系だったり、実は子孫がいるといった変な設定と化した。
  • Rche(傲慢ちゃん)(beatmaniaIIDX19 Lincle)- 公式サイトの説明文に「■の娘」「問題児」表記がされてある。
  • SUPER_STAR_満-MITSURU-BEMANI) - 某曲では某カードゲームと思しきネタ(?)を混ぜ込んだ濃い曲で登場し、また別の某曲PVにてプレイ中に現れてはプレイヤーの腹筋を崩壊させ、マトモにプレイを続行させ辛くする程度の能力を持つ。
  • VENUSbemaniシリーズ) - ギタドラの楽曲ではなく、コンポーザーユニットのほう。公式が病気…というか公式が最大手一時的な迷走どころの話ではなく常習化し、ついにミニアルバム発売にまで至る。一部では周りも巻き込一体何処へ向かう気なのだろうか。ちなみにメンバーは下記「音楽」の項目でも突っ込まれているあの男たち

VOCALOID

  • 歌愛ユキVOCALOID) - 鏡音リン鏡音レンよりも幼く設定されており、年齢一桁で黒髪ツインテ+ランドセルという、更に実際に年齢設定どおりに9歳から10歳ぐらいの幼女の声から作ったという立派な幼女Vocaloid。正確にはVOCALOIDとは言い難い(音声読み上げソフト)のだが、同系列に月読アイ月読ショウタなどが存在する。
  • ミクダヨーProject mirai) - Project mirai販促イベントに登場したねんどろいど初音ミクの着ぐるみなのだが、その凄まじい違和感からネット上では「ミクダヨー」と呼ばれコラが作られるなど話題になった。で、その事がセガにばれたのか、ゲームプロデューサーや広報からも「ミクダヨーさん」と呼ばれるようになってしまい、各地のVOCALOID関連イベントで引っ張りダコに。終いにはどういうわけかフィギュア発売まで決定してしまった。
  • フェイ・イェンHD - 電脳戦機バーチャロンとのコラボレーションで生まれた初音ミクの意匠を取り入れたフェイイェン。だが何を思ったか原作を差し置いてスパロボに単独参戦、しかも物語の根幹にガチで関わってたりBGMがミクのボーカル付きだったりとやりたい放題。挙句の果てに顔グラ引っ提げて本人降臨

イナズマイレブンシリーズ

  • 円堂守イナズマイレブンGO) - メインターゲットは男児であるにも関わらず、ソフトのバージョンによって違う奥さんを持つ前作主人公。しかも前述のキャバゲー「ガールズRPG」にまで(流石に行き付けているわけではないとはいえ)ゲスト出演。

スーパーマリオシリーズ


プリキュアシリーズ

その他

公式が病気の一例公式が病気シリーズの記事も参照。

  • エンデュランス.hack//G.U.) - 本作における電波系ヒロインの双璧。ヤンデレ引きこもり美青年、通称エン様。誓いのカードを送ると凄いことが起きる。
  • はてなようせい進研ゼミ小学講座) - まさかの萌えロリキャラ登場。後にはいてないようせいやらオナ前シールやら散々言われることに。
  • ねこみみくまさん(キッズ劇場!!) - 地元を強調した語尾だったり、子供向け番組であるにもかかわらず深夜アニメであるミルキィホームズを宣伝したり(しかも中の人が…)。もしかしたらミルキィホームズの手先なのかもしれない。
  • エクスカリバーソウルイーター) - アニメ版では、オリジナル話が追加されたり、CM中ずっと歌が流されたりとかなり優遇され、その影響であまり出番のなかった原作マンガでも、1話も出ていないのに単行本の表紙(と裏表紙)を独占など、さらに悪目立ちするようになった。
  • アンルシア(ドラゴンクエストⅩ) - バージョン2.2後期で行われるソロコンテンツ「王家の迷宮」で修行と言う名のデートが出来る上、着せ替えもできる。どうしてこうなった
  • リーネ(ドラゴンクエストⅩ)-ラスボス以上に恐ろしいみんなのトラウマであるお姉さま。第3回バレンタインイベント人気投票で、堂々と1位に!(プロデューサー達もこの結果に予想外だったらしい)
  • 男の娘キリトソードアート・オンライン2) - ファントムバレット編「ガンゲイル・オンライン」(GGO)でのアバター → 公式女体化?いや女装。キャラデザイナーいわく『最初は女のつもりで描いた』
  • ドラゴンサカーイ(ファンタシースターユニバース) - まさかのプロデューサーである酒井Pが登場。しかし意外に知っている人もいるらしく、続編のPSO2では、ドラゴンサカーイを使用した武器系統のデザインのコンテストの作品で運営が入賞作品に指定した。自重しろ。
  • クーナ(ファンタシースターオンライン2) - どういう訳か運営のお気に入りらしく、不定期でライブが行われるらしい。最近では新たなライブを導入したり、他社とのコラボにしたりと乗っている。
  • 小松(トリコ) - ペアを飲み、まさかの公式女体化。
  • DESIRE首都高バトルX) - 一見3人組のゴスロリチームに見えるが、実は――。
  • 村雨閃乱カグラ) - 斑鳩の義兄で初登場は真影の小説だが、真紅でまさかの唯一の男性プレイヤーキャラに。しかもキャラ性能の説明も無駄に細かく、専用BGM(義妹の専用BGMのアレンジで説明まで丁寧に解説されている)まで引っさげ、誰得な脱衣まで搭載されているなど他のキャラよりもある意味優遇されている。

…など。

特定アイテム


謎の技

公式が病気の一例の記事も参照。


イベント・展開

特定のシーンのみカオス・病気しているキャラクターはこちらに掲載します。

ポケットモンスターシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。


テイルズ(オブ)シリーズ

テイルズオブシリーズはストーリー本編やストーリー補完系のサブイベントは比較的普通(まとも)である。しかし、他の一部スキットや一部サブイベント、現実のイベントでもフェスの寸劇などがなかなかに公式が病気状態である。
枚挙にキリがないため、以下はあくまで一例である。※公式が病気の一例の記事も参照。


スマブラシリーズ

Miiファイター参戦ムービー(スマブラ3DS/WiiU) - どこかの社長達がリアルファイトをしている。

プリキュアシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。



仮面ライダーシリーズ

※最新作の表記、過去作は公式が病気の一例の記事を参照。


スーパー戦隊シリーズ

※最新作の表記、過去作は公式が病気の一例の記事を参照。

トッキュウオーの遊び方


ブレイズ・ユニオン

  • 戦士達の休息-Girl's Side-ブレイズ・ユニオン) - お持ち帰りイベントのゲームオーバー種類。女性仲間キャラが自分たちをセクハラするナンパゴロツキと戦っている間に、仲間一人でもやられると色んな意味で大変なコトになる。被害者の中には11歳の幼女もいる。堂々とゲームスタッフの女性全員から「これはひどい」という評判をもらっていた(公式設定資料集より)らしく、とにかくCERO Bで大丈夫なのか。


スーパーロボット大戦シリーズ

・・・チッ!もう大概の事(作品)じゃ驚かねぇぞ!!(byフォリア・エスト

ぷよぷよシリーズ

  • きいろいサタンぷよぷよ!!) - ラスボスに当たるようなキャラがいい歳こいてマスコットキャラクターのコスプレ。しかも自ら進んで着用しているらしく着用中はずっとかなりのハイテンション。 しかもその状態で隠しPCとして参戦している。どうしてそうなった。
  • シェゾ・ウィグィィぷよぷよシリーズ) - いわゆる残念なイケメンアルルに対して突然「お前が欲しい」と発言したせいで変態魔導師として呼ばれるようになったばかりか、「SUN」のストーリーモードでは自ら変態と認めた上でウィッチと「変態決定戦」なるものを繰り広げようとした


遊戯王シリーズ



デュエル・マスターズシリーズ



その他

公式が病気の一例の記事も参照。


企画



音楽

BEMANIシリーズ

公式が病気の一例の記事も参照。

  • 牛乳特急便ギタドラXG2) - あさきコラボアレンジの一つの極致。この曲を基にして、何故こんな曲に化けるのか。しかもまさかのゲーム収録。
  • ふしぎなくすりpop'n music) - 歌詞が電波なうえ薬物ネタ満載。初収録のポップン17稼働して間もなく芸能人薬物問題が取り沙汰された結果、時代を先取り過ぎた迷曲と化した。
  • She_is_my_wife - 汎用ムービーと思わせといていきなりあの男が登場し、その仲間達と踊りだす、正にONLY ONEな楽曲。あと、プレイヤーも実際に踊れる
  • 突撃!ガラスのニーソ姫! - 「ビーマニ1のガチンコ系」(『APPEND TRAVELのうた』より)のbeatmaniaIIDXでまさかの萌え電波曲。ムービーもかなりキている。
  • ライオン好き・SPACE FIGHT・マチ子の唄(IIDX) - 曲もさることながら、謎のムービーが目を引く。ちなみにニーソ姫他諸々より遥かに昔の曲。(作曲は3つとも「サイレントヒルのうた」も作った山岡晃。)
  • ヒデオ体操第一(pop'n music) - ポップンにおける元祖公式が病気曲。本人がそのまま担当キャラで、しかも専用ムービーになっており、BPMはBEMANI曲最遅の8。この記録は現在も破られていない。肝心の体操内容も、人間をやめなければできないレベルのものである。ちなみに、JOYSOUNDでカラオケが配信されている音ゲー曲の数少ない一つでもある。

ドラゴンボール

ヴィジュアル系

その他

公式が病気の一例の記事も参照。

  • 新町 - 泣きメロディーに乗せてSEXを連呼する歌。歌手ホームページはこちら
  • あんずのうたアイドルマスターシンデレラガールズ) - 双葉杏というアイドルを全力で表現した迷曲。
  • メルヘンデビュー!(同上) - 安部菜々が全力で(若干やけくそ気味に)歌い上げた電波ソング。ウサミン星は電車で1時間だの、体力持つのは1時間だのといろいろとぶっちゃけ過ぎである。合いの手も入りまくり往年のKOTOKOを彷彿とさせるこの曲を作り上げたのは、同人界でも音ゲー界でも物議をかもしまくっているIOSYSである。納得。
  • ゆりゆららららゆるゆり大事件(百合男子) - 本来はゆるゆりのアニメ1期のOPなのだが、よりにもよって百合男子のキャラクターソングとして桜ヶ丘健司(安元洋貴)がカバー…同じ掲載誌であるとはいえなぜ許可が下りた。しかも2012年12月24日の「今日は一日“歌う声優”三昧」でこの曲が放送されるとリスナーに大受けし、Amazonで即在庫切れ、iTunes storeのランキングでもアニメソング1位、総合2位にまで登り詰めるほどの売れ行きを見せるというまさに大事件が発生した。というかなんでNHKもこの曲を流した。→安元大事件
  • 北見川潤子とムーチョ小岩沢 - 正体は…

CM

本項で紹介する内容は外部リンクへとつながる情報を表記。

プリウス部品NO.40
プリウス部品 No.26 


本気すぎるエイプリルフール


有名人の奇行

公式が病気の一例の記事も参照。

  • イアン・マッケラン - イギリス王室から騎士の称号を授けられる程のイギリス人俳優。何故か日本のアニメFate に登場する無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)詠唱をする事になった。というか、なんでこんなことをマッケラン卿にやらせた?ビリビリ動画よ。
  • 小林幸子 - 最近になって『ダンガンロンパ THE ANIMATION』の第4話のオープニングテーマ「モノクマおんど」という、シリアスな空気を読まないこの曲を歌ったり、ニコニコ動画のイメージソング『ぼくとわたしとニコニコ動画』を音頭調で歌うと、やりたい放題。最近では自らがカバーしたボカロ曲をCOOL&CREATEとの合同でコミケで販売するなどとやっぱりやりたい放題。 さらにさらに、2015年の紅白歌合戦で「千本桜」をカバー、いつもの大仕掛けに加えニコニコ動画のリアルタイムコメントをバックスクリーンで流す。そして2016年8月、PSO2にアークス親善大使として完全新曲「ヨーコソ・アークス」を引っ提げ実名でゲーム内に降臨することが決定。もはやどうあがいてもラスボス
  • じん(自然の敵P) - ボカロPの暴走はtwitter上などではよく見られるのだが、この人は自身の小説のあとがきでも自重する気配がない
  • THE ALFEE - 今やJ-POPの大御所だが、個性的なキャラクター性は勿論、コントをやったりバラエティ番組に出たりと、結成40周年を迎えてますます大暴れ。
  • シルヴィ・バルタン - 日本にフレンチポップを広めた一人であり、今ではその大御所だが、80年代にハイレグレオタードを着てコカ・コーラのCMに出たり、最近ではバルタン星人をモチーフにした衣装を着たりと、老いてますます盛ん。
  • YMO - 日本にテクノポップを広めたグループだが、演芸番組『THE MANZAI』にて『トリオ・ザ・テクノ』で出たり、2010年にグリコの「ポッキー」のCMに出ては「ポッキーを!」と言いまくったりと、老いてますます盛ん。
  • 三谷幸喜 - とある番組にて、AKB48のヒット曲をソロで熱唱。さらにバックコーラスがAKB48のメンバーというトンデモない演出だった。さらに2013年のFNS歌謡祭にて、またやらかす。
  • 教授(ユーザー) - ピクシブ百科事典でコピペパクリをしているユーザー。一部でpixiv運営と同一人物なのではないかという疑惑がある。なお、pixiv運営からはこの件に関するコメントはなく、真偽は不明(一切の反応が無い点も逆に疑惑が深まる理由になっているが)。あくまでユーザー間での噂に過ぎないことを留意しておくこと)。
  • ミク廃のディレクター(NHK大海寛嗣ディレクター) - クローズアップ現代初音ミク特集を企画した張本人。一応P名は「捨て身P」。
  • 岸田メル - 美少女絵に定評のあるイラストレーター島風コスプレドヤ顔ダブルソード姿をネット上で披露する困ったお兄さん。元・劇団員というキャリアを生かし、うーさーのその日暮らしでは「謎の仮面の剣士」(というか、岸田メルそのもの)として登場。実際に本人役として声優を務め、うーさー(声:宮野真守)とダブルオーばりの戦闘を繰り広げた。なんなんだアンタ
  • 池上遼一 - 漫画家。劇画界の重鎮の一人と言っても過言ではない超ベテランの大御所。唐突にガールズ&パンツァーにどハマリし、ガルパンの成人向け同人誌に沙織のイラストを寄稿し周囲を驚かせる。その後はあの劇画調であんこうチームのメンバーを描いたエンドカードを披露する(再放送版)。ちなみに池上先生は御年70歳越えのおじいちゃんである。老いてなお盛んとはまさにこの事か。
  • 蝶野正洋 - 最近では「笑ってはいけない」シリーズでの山崎邦正とのカラミが有名なプロレスラー。同じくガルパンにどハマリし、こちらは公式応援大使に就任、あげくガルパンおじさんとしてTVに出るまでに。劇場版発表の記者会見では主題歌にも挑戦したことを明かし、「技術の進歩ってすごいねぇ、オレただ叫んでただけだよ」となにげに重大なネタバレ発言。貴方仮にもアパレルブランドの総帥でしょ(褒め言葉)。
  • 小池一夫 - 漫画原作者・作家・脚本家。「ん」を必ず「ン」と表記するあの方。先日、自身のツイッターで艦これの提督デビューを果たしたことを公表。「(同年生まれの)江風に会うまでは」と仰っている。うン、人生に張り合いって必要ですもンね。

老舗(企業)の大暴走


この見出しを閉じる

関連タグ

公式が病気シリーズ
公式がご乱心 公式が末期 公式が危篤 公式が本気 公式が最大手
公式が予後不良 公式が健康

役所が病気 - 自治体のご乱心
どうしてこうなった/残念なイケメン/残念な美人
黒い任天堂/鈴菌/サンライズの本気/皆殺しの富野

この見出しを閉じる

関連リンク

公式が病気シリーズとは (コウシキガビョウキシリーズとは) - ニコニコ大百科

この見出しを閉じる

pixivに投稿された作品 pixivで「公式が病気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7011642

コメント