ピクシブ百科事典

機動戦士ガンダム

きどうせんしがんだむ

機動戦士ガンダムとは、1979年に放送されたサンライズ制作のロボットアニメである。
目次[非表示]

概要

無敵超人ザンボット3無敵鋼人ダイターン3を経て富野由悠季が手がけたロボットアニメ。

ロボットアニメの古典的存在であり、所謂スーパーロボットが活躍する一話完結型のロボットアニメがそれまでのメインストリームであった中で、重厚な人間関係やメカニック描写などを前面に押し出したリアルロボットアニメのジャンルを確立し、後の時代にあらゆる方向に多大な影響を及ぼした。
企画された経緯に宇宙戦艦ヤマトの人気があり、作風についてもヤマトや十五少年漂流記宇宙の戦士などの影響が見受けられる。
放送当時は視聴率が振るわず、全52話の放送予定を全43話へ短縮せざるを得なくなったが、後に再放送や口コミによって評価が高まり、その結果、劇中メカニックのプラモデル(ガンプラ)の発売や劇場版で大ヒットを飾り、続編『機動戦士Zガンダム』が製作されることとなった。
今では30年以上続く人気ロボットアニメシリーズの原点となるに至っている。

作品解説

前述の通り元々、本作の企画は『宇宙戦艦ヤマト』のヒットに乗っかり、尚且つ対抗するべく立てられたものだった。
当時の『ヤマト』の関連事業は一部の熱狂的なファンを相手にした商売で成立しているとわかった日本サンライズの山浦栄二は、「30万から40万の熱狂的なファンをつかめば、それで十分に商売になる」という結論を得た。
そこで本作は『ヤマト』と同じく中学生以上の視聴者層をターゲットにすることになり、作品構成は『ヤマト』を意識しつつも、『十五少年漂流記』を参考に宇宙船に乗り込んだ少年少女が宇宙戦争の中で協力しながら生き延び成長するというストーリーが構想された。

企画当初は「主人公の少年少女達が、宇宙空母ペガサスに乗り宇宙戦闘機で異星人と戦う」という設定であり、ロボットは登場しない予定であった
1970年代後半当時は『ヤマト』や『ルパン三世』のヒットによるアニメブームでアニメ視聴者の年齢層が広がりつつある時代ではあったが、ロボットアニメだけは主なスポンサーとなる玩具メーカーが販売する関連商品の購買層が小学生以下に限られていたため、いわゆる「お子様向け」の内容を脱することはできないと考えられていためである。
しかし、メインスポンサーであるクローバーから「ロボットを登場させろ」と要請されたため、ロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』に登場するパワードスーツを参考に「突撃攻撃型機動歩兵」を登場させることが決まった。

とはいえ、以前に富野が手がけた『無敵超人ザンボット3』と『無敵鋼人ダイターン3』の玩具の販売成績が好調だったことから、クローバーからの他の干渉は少なかったため、物語の主軸となる戦争の内容を「悪の宇宙人との戦い」ではなく、「互いに利害と正義が拮抗する人間同士の戦争」に変更し、よりリアルな戦争状況を描き出すことが決定した。
それに伴い、富野は「突撃攻撃型機動歩兵」に『モビルスーツ』(そのままパワードスーツだと訴えられる可能性があったので)という名称を与えて兵器の一区分として扱い、『量産兵器』や『試作兵器』という概念を与えて現実の兵器を意識した描写を行うことで、メカニック描写のリアリティを高めた。さらにレーダーや誘導兵器を攪乱・無効化するミノフスキー粒子という架空のエネルギー粒子も設定することで、MS同士が白兵戦を行うことに説得力を持たせた。
MSの使う武装も現実の銃火器や火砲をモチーフにデザインされ、主役ロボであるガンダムもいわゆる『トドメの必殺技』の類を用意されなかったことも特筆点である。

また、それまでのロボットアニメの主人公が基本的に「正義感に溢れ、優しく勇敢な熱血漢」であったのに対し、本作の主人公であるアムロ・レイの人物像を「ヒーロー的なポジションにありながら、繊細かつ内向的な性格で、自分の戦う理由に思い悩む主人公」に設定し、そんな彼が突然巻き込まれた戦争という極限状態の中で精神的に追い詰められて疲弊しつつも、様々な人々との出会いや戦いを経て、人間的・社会的に大きく成長していくという重厚な心理描写を行ったことも、本作の大きな特徴の一つである。
アムロの周囲の人々や敵対する兵士、物語の主軸に関わらないような人物に至るまで、その人物像が丁寧に描かれた。そして、アムロ達が属する地球連邦軍と敵となるジオンもそれぞれ決して善悪二元論で割り切れるような一枚岩の組織ではなく、あくまでも互いの利害が拮抗しているだけの人間集団に過ぎないものとし、宿敵シャア・アズナブルの復讐劇の要素も交えた奥行きのある複雑な人間ドラマを、単調な勧善懲悪という図式を廃したリアリズム溢れる演出で描き出し、豊かな作品世界を展開した。

さらに「宇宙に進出したことで進化した新人類」であるニュータイプの概念を設定することで、「人類の革新とは何なのか」という抽象的で哲学的なテーマをも問いかける内容となり、結果、本作はリアルな物語や設定によって、ロボットアニメでもその枠組を破綻させることなく高年齢層の視聴に堪えうる哲学的で重厚な作品を成立させることが可能であることを実証してみせ、『リアルロボット』という作品ジャンルを確立させることになる。

あらすじ

人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって既に半世紀以上が過ぎた。
地球の周りには数百基の巨大なスペースコロニーが浮かべられていた。
人々はその円筒の内壁にあたる人工の大地に住み、そこを第二の故郷とした。
数億の宇宙移民者たちはそこで暮らし、子を産み、そして、死んでいった…。

宇宙世紀0079。
地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。
この一ヶ月あまりの闘いでジオン公国と連邦は総人口の約半数を死に至らしめた。
人々は、自らの行為に恐怖した。

戦争は膠着状態に入り 八ヶ月あまりが過ぎた……。

宇宙都市サイド7に住む少年アムロ・レイは、コロニーに侵入したジオン軍のMSザクの攻撃に巻き込まれ、偶然が重なって連邦軍の開発したMSガンダムのパイロットになってしまう。
ガンダムの母艦であるホワイトベースは正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは、生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出。
アムロ達は、宇宙や地球の激戦地帯を転戦しながら、さまざまな人々との出会いや戦い、そして別れを経て悩み傷つきながらも成長していく事になる。


主な登場キャラクター

地球連邦軍

アムロ・レイ
カイ・シデン
ハヤト・コバヤシ
リュウ・ホセイ
セイラ・マス
ブライト・ノア
ミライ・ヤシマ
フラウ・ボゥ
ハロ
カツ・ハウィン
レツ・コ・ファン
キッカ・キタモト
ジョブ・ジョン
スレッガー・ロウ

テム・レイ
ヨハン・イブラヒム・レビル
ヴォルフガング・ワッケイン
ウッディ・マルデン
エルラン
オスカ・ダブリン
オムル・ハング
ゴップ
マチルダ・アジャン

ジオン公国軍

シャア・アズナブル
シャリア・ブル
マ・クベ
ランバ・ラル
クラウレ・ハモン
サスロ・ザビ
ゼナ・ザビ
デギン・ソド・ザビ
ドズル・ザビ
ナルス・ザビ
ミネバ・ラオ・ザビ
オルテガ
ガイア
マッシュ

ガルマ・ザビ
ララァ・スン
キシリア・ザビ
ギレン・ザビ
カラハ
キャリオカ
コーカ・ラサ
ゴダール
コノリー
フラナガン・ブーン
ボラスキニフ
マーシー

アカハナ
ククルス・ドアン
セシリア・アイリーン
デニム
デミトリー
マリガン
ドレン

民間人

イセリナ・エッシェンバッハ
エッシェンバッハ

カマリア・レイ
カムラン・ブルーム
ミハル・ラトキエ

ジル・ラトキエ
ミリー・ラトキエ

登場メカニック

地球連邦軍

MS・その他

RX-78ガンダム
ガンキャノン
ガンタンク
ジムGM
GファイターGアーマー
コア・ファイター
コア・ブースター
ボール
フライマンタ
ドン・エスカルゴ
ドラゴン・フライ
パブリク
61式戦車

艦艇

ホワイトベース
サラミス
マゼラン
コロンブス
ビッグトレー
ミデア

兵器

ソーラ・システム

ジオン公国軍

MS・その他

マゼラアタック
ドップ
ガトル
ジッコ
ドダイYS
ルッグン
ワッパ
ザクⅠ旧ザク
ザクⅡザク
グフ
ドム
リック・ドム
ゲルググ
ギャン
ゴッグ
アッガイ
ズゴック
ゾック
ジオング
アッザム
ザクレロ
ビグロ
ビグ・ザム
グラブロ
ブラウ・ブロ
エルメス

艦艇

ムサイ(コムサイ)
ザンジバル
チベ
グワジン
ドロス
パプア
パゾク
ガウ
ギャロップ
ダブデ
ユーコン
マッドアングラー

兵器

ソーラレイ
衛星ミサイル
コロニー落とし

専門用語

  • 一年戦争

宇宙世紀0079年にジオン公国と地球連邦との間で勃発した宇宙戦争。
詳細は一年戦争を参照。

  • 地球連邦
急速な人口増加や環境破壊解決の為、宇宙世紀以前の国連が中心となって設立された統一政府。
スペースコロニーの建造と宇宙移民を推進し、強大な権力でそれを実現させたが、宇宙移民者の大半は貧困層を中心に半ば強制的に移住させられた人々であり、また連邦の上層部などの特権階級が宇宙への移住を拒んでいる為、宇宙移民者達との軋轢を生み、それが一年戦争の勃発の遠因となった。
軍事部門として地球連邦軍を抱えているが、旧来の兵器体系にしがみついた戦術が仇となってミノフスキー粒子やモビルスーツなどの新機軸の技術や兵器に遅れを取る事になる。

  • ジオン公国
地球から最も遠い月の裏側に位置する宇宙都市「サイド3」を前身とする宇宙都市国家。
宇宙移民の自治権確立を名目に地球連邦軍に対して宣戦布告する。
詳細はジオン公国を参照。

  • ザビ家
ジオン公国の実権を握るデギン・ソド・ザビを長とする一族。
詳細はザビ家を参照。

  • ミノフスキー粒子
T・Y・ミノフスキーによって発見された、レーダーなどの電子機器を無力化する微粒子。
詳細はミノフスキー粒子を参照。

  • モビルスーツ
ジオン公国が実戦に投入した人型機動兵器。
AMBACによる高い運動性、核融合炉を動力に使用した高出力など、従来の兵器体系の根底を揺るがす存在となった。
このモビルスーツの登場は連邦軍にも大きな衝撃を与えており、ジオンに遅れる形でモビルスーツ開発を進める事になる。

  • V作戦
ジオンに遅れる形で連邦軍が実行したモビルスーツ開発計画。ガンタンク、ガンキャノン、ガンダム等はこの成果物である。
詳細はV作戦を参照。

  • ニュータイプ
ジオン公国の前身となるジオン共和国の指導者ジオン・ズム・ダイクンが提唱した宇宙に適応した新人類。
これと目される人物は戦争中に能力を覚醒させ高い戦果を上げており、必然的に兵士として最前線で戦う事になった。
詳細はニュータイプを参照。

  • サイコミュ
ジオン軍が開発したニュータイプが持つ感応波と呼ばれる脳波を用いた思考操作用インターフェース。
詳細はサイコミュの項目を参照。

  • マグネットコーティング
地球連邦軍のモスク・ハンが開発したモビルスーツ用の機動性を向上させる技術。
詳細はマグネットコーティングを参照。

  • ジャブロー
南米の地下に建造された地球連邦軍総司令部。その全容は公表されておらず、ジオン側も正確な位置をキャッチ出来ないでいた。
詳細はジャブローを参照。

  • オデッサ
ウクライナ南部に位置する鉱山都市。一年戦争初期にジオンによって占領され、戦争継続に必要な鉱物資源の供給を支える重要拠点となった。

  • サイド7
ラグランジュポイント3に位置する地球圏で最も新しい宇宙都市。
アムロ・レイらが居住していたが、その一方で連邦軍によりV作戦で開発された機体群のテストが極秘裏に行われており、これをキャッチしたシャア・アズナブルがサイド7に偵察部隊を送った事から物語が始まる。

  • サイド6
ラグランジュ4に位置する宇宙都市。
ジオン・連邦双方に与さない中立を謳っており、完全にではないが戦争と無縁な状態を保っている数少ない場所。

  • ルナツー
小惑星帯から運ばれてきた資源採掘用の小惑星を軍事基地に転用した、地球連邦軍の宇宙拠点。
ルナツーの名称は月と地球を挟んで正反対の軌道に置かれている事に由来する。
緒戦で劣勢に立たされた連邦軍にとって唯一の拠点とも呼べる存在。

  • ソロモン
ドズル・ザビ傘下のジオン宇宙攻撃軍の総司令部が置かれている宇宙要塞。
ジオン公国本土であるサイド3を護る重要拠点の一つであり、ルナツーと同じくアステロイドベルトから運ばれた小惑星を軍事基地として転用した物である。

  • グラナダ
ジオン勢力下にある月面都市。月の裏側にある為距離的にジオン本国に近く、キシリア・ザビ率いる突撃機動軍の本部、そして本土防衛のための拠点として機能した。
その前進はサイド3建造の為の物資を打ち上げる為の月面基地であり、それが拡張・発展を遂げた事で行政都市となった。

  • ア・バオア・クー
ソロモン、グラナダに並ぶジオン公国防衛の為の最重要拠点の一つ。二つの小惑星を結合する形で構成されている宇宙要塞。
詳細はア・バオア・クーを参照。


主題歌



派生作品

MSV
機動戦士ガンダムTHEORIGIN

機動戦士ガンダム外伝
機動戦士ガンダム0080
機動戦士ガンダム第08MS小隊
機動戦士ガンダム_MS_IGLOO
機動戦士ガンダムサンダーボルト

関連サイト

機動戦士ガンダム公式Web

関連項目

ガンダム 富野由悠季
宇宙世紀 一年戦争 モビルスーツ

ガンダムシリーズ

機動戦士Ζガンダム

宇宙世紀

機動戦士ガンダム0083

テレビ朝日系土曜17:30アニメ

無敵鋼人ダイターン3←  →無敵ロボトライダーG7

pixivに投稿された作品 pixivで「機動戦士ガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8770919

コメント