ピクシブ百科事典

ズゴック

ずごっく

『機動戦士ガンダム』に登場した水陸両用MS。 勘違いしている人が多いが、名前はズゴッ"ク"であり、ズゴッ"グ"ではない。
目次[非表示]

概要

ジオン公国軍の水陸両用モビルスーツであり、モビルアーマー (MA) を多く開発したMIP社の開発による唯一のMSであり、ツィマッド社のゴッグと同時期に開発された。
ジオンの量産型水陸両用機としては最後発の機体だが、その完成度は高くゴッグアッガイなどに代わり水陸両用機の主力となった。
ジェネレーターの冷却を水冷式から水冷・空冷式のハイブリッドに変更したことで搭載する冷却水を減らすことに成功し、ゴッグより20tほど軽量化されている。また、装甲に関してもガンタンクなどの砲撃に耐えるだけの強度を有する。

本機には、ジェネレーターの高出力化、機動性の強化、装甲の軽量化などを施したS型 (MSM-07S) も存在し、初期は指揮官用として生産されていたが、一年戦争末期には一般兵向けの量産機も全てS型に生産が移行されている。初期生産S型の中では、赤く塗装されたシャア・アズナブル専用機が有名で、同機はジャブロー攻略戦で活躍した。
後に戦場が宇宙に移行したため、宇宙では使用できない本機の一部は使い捨て兵器ゼーゴックに改造された他、地上に残された機体をジオン残党軍が運用している。

武装は頭部ミサイル、腕部アイアンネイル、メガ粒子砲。

バリエーション機

ズゴックE

型式番号MSM-07E。
ズゴックを統合整備計画に則り再設計した機体。詳細はズゴックEを参照。

ゼーゴック

型式番号MSM-07Di。
ズゴックを管制ユニットに転用したモビルダイバーシステムにカテゴライズされる機体。詳細はゼーゴックを参照。

シャア専用ズゴック

シャア・アズナブル専用のズゴック。シャアのパーソナルカラーである赤に塗装されたS型。
ジャブロー攻略戦に投入され、二度のジャブロー潜入を果たしているが、その後シャアがホワイトベース追撃の為に宇宙へ上がってからは使用されていない。

ラムズゴック

型式番号MSM-07N。形式番号は終戦間際に与えられたもの。
対艦・対MS戦においてアイアンネイルを使用した際にネイルを引き抜くことが出来ずに腕をパージして対応し、戦線を離脱する例を受けて改良した対艦戦闘用の機体。
両腕のアイアンネイルと頭部のロケットランチャーを廃し、クロー装備シールドと対艦攻撃用のヒート・ラム(大型衝角)を装備する。
クロー・シールドは両腕にマウントされ、着脱は容易なものとなった。また、腕部の武装はメガ粒子砲のみとなり、発射時のネイル開放の必要もなくなった。そして頭部に装着されたヒート・ラムは戦闘時(あるいは砕氷作業時)には屹立し、発熱して敵艦底を切り裂く攻撃を可能としている。
一年戦争時において、主に北ヨーロッパや北米大陸で運用されたとされる。

RFズゴック

火星独立ジオン軍がズゴックをリファインした機体。型式番号OMSM-07RF。
外観こそズゴックそのものだが、性能はオリジナルを大幅に凌駕し、宇宙世紀0120年代の機種に匹敵する。
主に陸上における戦闘能力が強化されており、陸上での機動性の改良に加え、両腕部のクローは、ビームカノンを放つことのできるヒートクローに換装され、攻撃力が向上している。さらに背部のハイドロジェットによって潜水艦並みに長期の水中活動が可能となった。

関連イラスト

ズゴック



関連タグ

機動戦士ガンダム ゾゴック

関連楽曲

【初音ミクオリジナル】水陸両用MSレディー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11351423
勿論非公式だがこちらもチェックしてみるといい。

外部リンク

Wikipedia:ズゴック

pixivに投稿された作品 pixivで「ズゴック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 937685

コメント