ピクシブ百科事典

ドズル・ザビ

どずるざび

ドズル・ザビは「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

所属ジオン公国
役職宇宙攻撃軍総司令官
階級中将
年齢28(TV・劇場版)/39(THE ORIGIN)
CV郷里大輔(TV版・劇場版Ⅰ)/玄田哲章(劇場版Ⅲ・特別版等)三宅健太(THE ORIGIIN)/


概要

デギン公王の三男。身長210cmの大柄な体格と顔の傷跡が特徴(これはジオン・ダイクンの国葬に参列後、兄サスロと共に爆弾テロに巻き込まれた時にできたもので、戒めとしてわざと残してある)。

妻のゼナとの間に娘ミネバがおり、ザビ家の直系として一年戦争後も彼の血脈だけは続いた。

母ナルスの面影を強く残す弟ガルマ溺愛しており、彼の能力を高く評価し、その成長を楽しみにしていた。そのため、ガルマ戦死後には彼を守りきれなかったとしてシャア左遷した。(彼自身は処刑を主張していたが、最終的にデギンの裁定で左遷に落ち着いた)またガルマの仇討ち部隊としてランバ・ラル隊を地球に派遣している。

左遷の後キシリアに登用されたシャアを牽制するために、サイド6に寄港したホワイトベースに対してコンスコン少将指揮下の機動部隊を派遣している。

宇宙世紀0079年12月24日、連邦軍によるソロモン攻略戦で地球連邦軍の量産MSジムによる熾烈な攻撃や、新兵器ソーラ・システムにより甚大な被害を受け、劣勢に追い込まれる。ソロモンを支えきれないと判断したドズルは、妻子を脱出させた後にソロモンの放棄を命令し、自らはMAビグ・ザムに搭乗して出撃。残存兵力が撤退する時間を稼ぐため、連邦艦隊の中心部へ特攻をかけた。ドズルの操るビグ・ザムは強力な磁界(後のIフィールド)を張り巡らせて長距離ビーム砲を無効化し、大型メガ粒子砲でティアンム提督の旗艦「タイタン」を撃沈、さらに拡散ビーム砲の斉射によって連邦軍のサラミス級巡洋艦やモビルスーツを多数撃破した。この圧倒的戦果に自信を得たドズルの「ビグ・ザムが量産化できれば連邦に勝てる」という意味のセリフは印象的であり、現在でも引用されることが多い。

しかし、Iフィールドジェネレーターによるバリアシステムの弱点を見抜いたスレッガー・ロウは、自らが操縦するGファイター(劇場版ではコア・ブースター)とアムロ・レイの操縦するガンダムを合体させ、攻撃が有効となるギリギリの距離まで接近しての攻撃をかける。
この捨て身の攻撃でスレッガーは戦死したが、ビグ・ザムはガンダムのビームサーベルで撃破され、ドズルは戦死した。

その直前、ドズルは断末魔にも似た執念の言葉(「やらせはせん、やらせはせんぞ!」)を叫びながら単身ノーマルスーツ姿で無反動ライフルをガンダムに向けて発砲しているが、アムロはドズルの背後に立ち昇る悪鬼のような人間の情念を目の当たりにして戦慄している劇場版ではもっと抽象的な黒い霧のような存在に描き直されている)。

搭乗機

ザクⅡF型ドズル・ザビ専用機

彼専用のザクⅡ。コクピットが彼の巨体に合わせて拡大され、両肩に4本・手甲に3本のスパイクが装備されている。カラーリングは、カーキベースの金縁模様。武装は専用の大型ヒートホークと推進バーニアを内臓したジャイアントウォーハンマー等、近接戦闘用の装備のみ。本来は式典用に作られた機体なのだが、武闘派である彼は前線視察を口実に本機を駆り実戦に参加していた。本機はチェンバロ作戦時にソーラ・システムによって格納庫で焼失したとされるが、漫画「MSV-R 宇宙世紀英雄伝説~虹霓のシン・マツナガ~」ではプロトタイプGファイターとの交戦の末、大破爆散している。

リック・ドムドズル・ザビ専用機

本機は、初期生産型通算100号機をカスタムしたもの。ザクⅡと同様コクピットが拡大され、胸部上部と手甲に3本のスパイクが装備されている。カラーリング・武装もザクⅡと同様。

ビグ・ザム

該当項目参照。テレビアニメでは当機のみが彼の搭乗機として登場したため、派生作品においても「ドズル=ビグ・ザム」という認識は強い。

人物像

ドズルは策略家だったギレンやキシリアとは異なる武人肌の人物であり、ザビ家の中ではもっぱら現場第一主義だった。

戦略的視野に欠けた司令官として批判されることもあるが、基本的に有能な指揮官であり、前線の兵士の事もきちんと考えていたため、部下にも敬愛されている。また、「俺は軍人だ。ザビ家の伝統を作る軍人だ」との言葉通り、基本的に軍事レベルでの立場に終始していたが、戦略と戦術の区別がついていた数少ない人間でもあり、連邦軍の戦力や兵器を過小評価したことはない。元士官学校校長という肩書きも持ち、「戦いは数だよ兄貴!」という発言等にその一端がうかがえる。

更に連邦側の反攻作戦である「V作戦」の危険性にいち早く気づき、地球降下作戦従事のためマ・クベに引き抜かれるところだったシャアに独立部隊を与えて調査に当たらせるなど先見の明に長ける。ソロモンが連邦軍のソーラ・システムにより危機に陥った際も、二射目を阻止するために早々に手を打ち、指揮官のティアンムを戦死させている。

だが、終生一軍人に徹したが故にそれぞれの派閥を作る親兄妹から孤立してしまい、ソロモンの危機に際しても、援軍を出したのはギレン一人で(それも未完成の試作モビルアーマー1機)、キシリアの援軍は到着せず、デギンもソーラ・レイの開発を政治家として嫌がり「父上はソロモンに落ちろと言うのか」と言われている。(それ以外の部分を見ても、どうも父デギンからはいささか疎まれているような描写が散見される)

陥落を予見し妻子を逃がしたのみならず、早々に放棄を決定し多くの将兵を逃がした。『THE ORIGIN』では兵の決死の労を称えつつ、これに「ギレン、キシリアが政治の対立で万余の将兵を見殺しにした」と激怒し、「あの政治被れ共は、いずれジオンを滅ぼす」と自身の死後を予言したかのような言葉を残している。

彼の指揮する宇宙攻撃軍の元にはシャア・アズナブルシン・マツナガアナベル・ガトーランバ・ラルなど多くのエースパイロットが集まった。ザビ家においてはギレンやキシリアのように肉親をも手駒となす非情さを持たず、それ故にやがて孤立して戦いの中に散った悲劇の人とも言える。

『THE ORIGIN』では人間味のある部分が強調されており、サスロから「顔に似合わぬ人の良さが欠点」と指摘され、直後にサスロが爆殺されると叱られてばかりであった兄の死に激昂する、ルウム戦役では殿を務めた僚艦の撃沈に涙したり、戦役の終結時には全軍に「すべての戦死者への敬礼」を命じる描写がある。我が子の寝顔を見て「何億人ものミネバを殺した」と号泣したり、家族皆揃って過ごした昔を懐かしむなど、ザビ家では最も家族想いである。
ソロモン放棄時に非戦闘員を逃がす際もまずゼナと侍女たち女性をシャトルに移し、サスロがキシリアを叱責したときには取り成そうとしたり、概して女性には優しい。
また、ゲーム『ギレンの野望』では、ルウム戦役で捕虜になった敵将レビルに敬礼するシーンもあり、武人としての礼節を重んじる一面もあったようである。

MSV-Rでの活躍

『虹霓のシン・マツナガ』では、シンとは幼少時代からの仲であり、ルウム戦役においては2人で連携して戦った描写も残されている。
また、シンがルウムのコロニーから保護したバイオリニストの少女、オーレリアの音楽学校への編入も快諾しており、自ら推薦状を書いている(シンがゼナと出会ったのはこの日が初めてで、第一子を身籠っている事もドズル自身の口から明かされた)。

また、現場主義ではあるが功労者には寛大な一面もあり、レビルが奪還された際も原因の一端となったシンを厳罰にせよというギレンに対して、オーレリアがこの時人質にされていたことを鑑みてシンを弁護している(此の一件は、父デギンの進言で収まり、シンは減刑された)。

RPGマガジン掲載の漫画ではガルマをいじめるシンと度々喧嘩をして守役のキリング中佐を困らせていた過去が描写されている。中佐時代には暴発を起こしシンの父親を射殺した青年将校を体を張って説得している。同作では彼の戦死にはギレンによる謀殺の側面があったことも描写された。


関連タグ

ザビ家
デギン・ソド・ザビ
ギレン・ザビ
キシリア・ザビ
サスロ・ザビ
ガルマ・ザビ
ミネバ・ラオ・ザビ
シン・マツナガ
アナベル・ガトー
ゼナ・ザビ
ビグ・ザム

pixivに投稿された作品 pixivで「ドズル・ザビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193208

コメント