ピクシブ百科事典

ジオング

じおんぐ

『機動戦士ガンダム』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

概要

サイコミュ試験型ザクをベースにジオン公国軍の開発したニュータイプ専用モビルスーツ
一年戦争においてシャア・アズナブルが最後に搭乗した機体でもある。
五連装メガ粒子砲を搭載した腕部を飛ばし、それを有線式サイコミュで操作することによってオールレンジ攻撃を可能とする他、頭部・腰部にもメガ粒子砲を内蔵する。
胸部・頭部にそれぞれコックピットを有しており、頭部は分離して独立した行動が可能となっている。
ア・バオア・クーにおいて開発が進められていたが、サイコミュの小型化が間に合わず、通常のモビルスーツの二倍のサイズで設計され、更に実戦投入の際には上腕の一部と脚部が無いまま出撃を余儀なくされた(一説には脚部は最初から設計プランになかったともされている)。
出撃の際、シャアの「機体に足が無い」という指摘に対して整備士は「あんなものは飾り」であると発言している。
武装が全てメガ粒子砲であるためか出力が9400kwと非常に高く、これは後のZZガンダムすら凌駕する高出力である。
なお、シャア専用ザク通常の三倍のスピードで移動できた理由は、一説にはザクⅡの推進力に加えて隕石や敵艦などを足場に使い、踏込で推進力をさらに上乗せするというモビルスーツが人型である点、特に「飾り」とも評された足をも最大限に使いこなしていたという説があり、その操縦技術ゆえの指摘とも考えられる。
終戦直前に3機の製造が確認されており、シャアが搭乗したのは1号機であると言われている。
シャアの搭乗した機体以外の2機と開発途中だった脚部ユニットは戦闘の最中消失し、その機体データはサイコガンダムの開発に活かさる事になる。

関連イラスト

足は飾り。
ジオング



バリエーション

パーフェクトジオング

脚部を装着したジオングの完成型。プラモ狂四郎MSV機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像に登場。
詳細はパーフェクトジオングを参照。

グレート・ジオング

SDガンダムGジェネレーションに登場するジオングの発展形。
詳細はグレート・ジオングを参照。

ジオング高機動型

ギレンの野望シリーズに登場するジオングの高機動型バリエーション。
ジオングにスラスター・バーニア類を追加装備した機体であり、追加装備としてプラズマリーダーを有する。
脚部は省略されており、宇宙での使用に特化した機体となっている。

キケロガ

ジオン軍の次期主力機開発プロジェクト「ペズン計画」に於いて開発された試作型モビルスーツ。
ジオングの前進的な機体であり、本土決戦に備えて開発が進められていたが小型の機体に多くの装備を詰め込んだために設計に無理が生じ、開発は試作段階で中止されている。
武装は腕部にジオングと同様の有線制御式メガ粒子砲を装備している他、両肩に大型メガ粒子砲2門を装備している。
元来は機動戦士ガンダムの構想案に於いて名前が挙げられた機体であり、その後ボードゲーム『トワイライト オブ ジオン』にてデザインが起こされた。

ネオ・ジオング

機動戦士ガンダムUCに登場する大型モビルアーマー。
ジオングの名を冠しているが、実際にはシナンジュをコアとした別種の機体である。
詳細はネオ・ジオングを参照。

ジョング

ザンスカール帝国が宇宙世紀150年代の技術でジオングを再現した機体。
詳細はジョングを参照。

グラン・ジオング

松浦まさふみの漫画作品、機動戦士ガンダムムーンクライシスに登場する機体。
テロ組織『ヌーベルエゥーゴ』の首魁であるタウ=リンが搭乗。
脚部を持つモビルスーツではあるが、通常の腕の外側に巨大なサブアームを有する。
独自武装であるアンチ・ファンネル・システムは全てのフィールドを抑え込む作用があり、Iフィールド・ジェネレータを発動させていると身動きが取れなくなる。

関連項目

機動戦士ガンダム ニュータイプ オールレンジ攻撃
ザク シャア専用ザク ズゴック ゲルググ
足なんて飾りです
ラストシューティング

pixivに投稿された作品 pixivで「ジオング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519200

コメント