ピクシブ百科事典

サイコミュ試験型ザク

さいこみゅしけんがたざく

MS-06Z サイコミュ試験用ザクとは、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション』(MSV)シリーズに登場するジオン公国軍の試作型ニュータイプ専用モビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

概要

ジオン軍が開発した、ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号MS-06Z。「Z」の形式番号が示す通り、MS-06としてはもはや極まった感があり、この機の発展形には「MSN-01」という新たな形式名が与えられている。

一年戦争末期、ニュータイプによる戦果が見込まれるようになったのを受け、既にモビルアーマーに搭載されある程度実績を上げていたサイコミュシステムをモビルスーツに組み込むことを目指す「ビショップ計画」に基づき製造された試験機である。
計画名から「ビショップ」の別名を持ち、現場の人間からは専らそちらの名で呼ばれている。

ザクをベースにしてはいるが、両腕に有線式5連装メガ粒子砲を装備しており、ビーム兵器を運用する都合上ザクとしての意匠は頭部にその印象を残す程度で、メインフレーム以外はザクとはほぼ別物として完成している。
外観や武装などジオングへと通じる要素を持ちあわせており、本機がジオングのプロトタイプとなったとする資料もある。
しかし、当時の技術ではサイコミュシステムやビーム兵器の小型化が困難であったことから有線サイコミュを内蔵した腕部が大型化するという、やや不格好な外観を成している。
また、脚部も着陸脚程度に考えられており、歩行機能は低かったとされる。
全3機が試作され、その内の2号機がサイコミュ高機動試験用ザクへと改修されている。

主なパイロットはヤハギ・フランジバック、アンネローゼ・ローゼンハイン。
なお、アンネローゼ機は上記3機とは違い予備パーツから組み上げられた機体である。

関連イラスト

サイコミュ試験用ザク



関連項目

MSV
ザク サイコミュ高機動試験用ザク ジオング ニュータイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコミュ試験型ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4042

コメント