ピクシブ百科事典

鈴置洋孝

すずおきひろたか

日本の男性声優、舞台俳優、演出家(1950年 - 2006年)。
目次[非表示]

概要

1950年3月6日生まれ、愛知県名古屋市出身。生前は、劇団薔薇座⇒俳協(~1998年)⇒賢プロダクション(1998年~死去)所属だった。本名も同じ。

演じたキャラでは初代スタースクリーム、「機動戦士ガンダム」のブライト・ノア、「聖闘士星矢」の紫龍、「ドラゴンボール」の天津飯、「らんま1/2」の九能帯刀、「るろうに剣心」の斎藤一トム・クルーズ(主にセルDVD)の吹き替えなどが有名。

声優活動のみならず舞台活動も盛んに行っていた。1984年からは声優バンド「スラップスティック」に、三ツ矢雄二の後釜として加入。解散するまで音楽活動も行っていた。
1997年には「鈴置洋孝プロデュース」を旗揚げし、自身でも演劇のプロデュースを開始。実父の思い出を切っ掛けに翻案した舞台作品『煙が目にしみる』ほか、幾つかの作品を発表した。

私生活では酒豪としても知られていた。

2006年8月6日、肺ガンにより死去。享年56。

主な出演作品

アニメ

破嵐万丈無敵鋼人ダイターン3ブライト・ノア機動戦士ガンダムシリーズ*1日向小次郎キャプテン翼(1983年版)
かむひあー
無題
明和の猛虎
紫龍聖闘士星矢*2山下社長アイドル天使ようこそようこ助さんまんが水戸黄門
紫龍
山下社長
助さん
天津飯ドラゴンボールシリーズ*3シャチ北斗の拳2*4伊達臣人魁!!男塾*5
天津飯
シャチ
臣人
九能帯刀らんま1/2*6斎藤一るろうに剣心*7サカキ(初代)@ポケットモンスターシリーズ*8
先輩
斎藤一
【企画】目指せロケスペ
チャペル・ザ・エバーグリーン@トライガン耶雲@幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆(映画)ソフトクリームマン(画像中央)@それいけ!アンパンマン*9
チャペル・ザ・エバーグリーン(トライガン)
【劇場版】耶雲御大【オリキャラ】
ひとめぼれ!
カミル・カシミールJr.@超力ロボガラットカミーグ@超力ロボガラット天下一武道会アナウンサードラゴンボールZ*10
カミル・カシミールJr.
タイショー
天下一武道会の司会者


OVA

因幡くんうる星やつら運び屋リ・ガズィ機動戦士SDガンダム 運び屋リ・ガズィの奇跡村上征樹@強殖装甲ガイバー
運命製造管理局員
リ・ガズィさん
試作獣神将 村上征樹
花京院典明ジョジョの奇妙な冒険ハーレム南国少年パプワくん※1
かっこ院
三男と石ころ


イラスト不明
雷帝インドラ@天空戦記ガンダムシュラト
ハインリッヒ・フォン・フリーマン@宇宙の騎士テッカマンブレード
黒の武将@キャッ党忍伝てやんでぇ
ペーキング@NG騎士ラムネ&40

ゲーム

シグナス総監ロックマンX(6、7)トグサ攻殻機動隊(PS版)劉豪軍鬼哭街(ドラマCD版)*11
イレギュラーハンター総司令官
トグサくん
兄弟子


特撮

ユガンデ電磁戦隊メガレンジャー
くやしいのうくやしいのう


海外アニメ・吹き替え

スタースクリーム戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーパワーグライド@戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーデフコン@戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー
スタースクリーム
パワーグライド
おためし。
トム・クルーズ*12メル・ギブソンジョン・トラボルタ
トム・クルーズ
メル・ギブソン
ジョン・トラボルタ
サリー@コマンドー(TBS版)ジェームズ・ボンド007 リビング・デイライツ(テレビ朝日版)チャッキー@チャイルドプレイ(第1作のみ)
ドクペでも飲んでリラックスしな
ティモシー・ダルトン
チャイルド・プレイ面白い


※1 もとは続編のパイロットフィルムとして製作されたもの。

*1 没後にリリースされたOVA『機動戦士ガンダムUC』では成田剣が担当。ただし、スーパーロボット大戦などのゲーム作品では、亡くなった、あるいは引退した他の声優と同じく、基本的に生前の鈴置の声がサンプリングで使われている(ただし、一部のゲーム作品において成田が新規に吹き込んだセリフが使用されることも増えている)。
*2 冥王ハーデス十二宮編まで担当。これ以降のOVAでは櫻井孝宏、『聖闘士星矢Ω』では成田剣が担当。
*3 Z第82・84話では山寺宏一が代役を担当(入院時による)。2008年に発売された格闘ゲームでは真殿光昭が代役を担当。以降のメディアでは緑川光が担当。
*4 没後に発売されたゲーム作品『真・北斗無双』では、神谷浩史が担当。
*5 没後に発売されたゲーム作品『魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜』では、平田広明が担当。
*6 熱闘編第65話~第68話、『高橋留美子展』でのオリジナルアニメでは、辻谷耕史が担当。(前者は入院時、後者は死去後による代役。)
*7 没後にリリースされたOVA『新京都編』以降は、成田剣が担当。
*8 後任は三宅健太(『ダイヤモンド&パール』以降の担当)。
*9 後任は、山寺宏一(映画作品『ブラックノーズと魔法の歌』での担当) -> 堀内賢雄(テレビアニメ版での担当)。
*10 没後に発売された格闘ゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』では大友龍三郎が担当(あの世編に登場する司会者のCVは中尾良平が担当。一部は鈴置の生前の収録音声を流用している)。『ドラゴンボール改』以降のメディアでは西脇保が一貫して全登場エピソードで担当。
*11 没後にリリースされたリメイク版ゲーム作品では、速水奨が担当。
*12 没後に制作された『ミッション・インポッシブル』の続編『Ⅲ』の吹き替え版以降は、主に『ラストサムライ』でトムの役を演じた森川智之がほぼ全ての出演作で担当。

外部リンク

鈴置洋孝プロデュース公式サイト
Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴置洋孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32595

コメント