ピクシブ百科事典

コマンドー

こまんどー

このタグは一体なんなのよ!車は盗む!シートは引っぺがす!あたしはさらう!娘を探すのを手伝えなんて突然メチャクチャは言い出す!かと思ったら人を撃ちあいに巻き込んで大勢死人は出す!挙句は電話ボックスを持ち上げる!あんた人間なの!?お次はターザンときたわ!警官があんたを撃とうとしたんで助けたわ!そしたらあたしまで追われる身よ!一体コマンドーって何なのか教えて頂戴!→駄目だ
目次[非表示]

概要

コマンドーとは、1985年にアメリカ合衆国で製作された超A級アクション映画である。
主演は元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガー
マーク・L・レスター監督。20世紀フォックス配給。日本公開は1986年の2月。

日本国内では日曜洋画劇場木曜洋画劇場(後の水曜シアター9)など、テレビの映画番組で度々放送している。
放送枠の都合で「メイトリクスのパーフェクト自動車教習教室」のシーンやその他細かい部分がカットされているが、DVDにはノーカットでオリジナル音声(英語日本語字幕付き)が収録されている。また最近になって吹き替え未収録の部分を新録で補った完全盤が発売、良い時代になったものである。
最近の放送では「カカシ」などの一部の揶揄や暴言が言語条例に反するため、そういった部分をカットして放送したりもしたようだ。どうやらディレクターは貝殻の使い方を知っているらしい。

ストーリー

山荘で静かな生活を送っていた特殊部隊コマンドーの元隊長ジョン・メイトリックス(アーノルド・シュワルツェネッガー)は娘のジェニー(アリッサ・ミラノ)を、彼を逆恨みする元部下のベネットと、過去にメイトリックス率いるコマンドーによって失脚した元バル・ベルデ共和国の独裁者アリアスの一味に誘拐される。娘の命と引き換えに現バル・ベルデ大統領の暗殺を強要され、旅客機に乗せられたメイトリックスだが、監視役を一瞬の隙を突いて始末し、脱出に成功。娘の命を救うため、敵の本拠地に乗り込んでいく。

登場人物

メイトリックスと仲間達

ジョン・メイトリックス

「また会おうメイトリクス。」


「島がドンパチ、賑やかになったらだ」
本作の主人公。元コマンドー部隊の隊長で、階級は大佐だった(そのため劇中ではアリアス一派から大佐と呼ばれている)。
退役して娘のジェニーと共に静かに暮らしていたが、アリアスの部下の強襲によりジェニーがさらわれ、バル・ベルデ共和国のベラスケス現大統領の暗殺を強いられる。
しかし見張りを倒して密かに旅客機を脱出、敵を次々となぎ倒し、完全武装して娘が囚われているサンタ・バーバラ沖の孤島へ向かう。
尚、玄田版吹替ではメイトリックスだが、屋良版吹替ではメイトリクスと呼ばれている。
演:アーノルド・シュワルツェネッガー
声:玄田哲章 / 屋良有作 ※玄田版 / 屋良版。以下同じ


ジェニー

例の映画@地方局


「もう、パパったら古いんだ」
メイトリックスの一人娘。アリアスの部下に人質に取られてしまうも、アリアス死亡後もベネットに人質にされ、メイトリックスとベネットとの一騎打ちを見守ることになる。
カービーの訪問に「令状は?」と言ったり、メイトリックスにサンドイッチの具を尋ねられ「知らないほうがいい」と返すなど、ジョークのセンスは父譲り。
オープニングにてメイトリックスから格闘技を習っているシーンがあり、自衛手段はそれなりに身につけている模様。機転も利くようで、監禁場所の部屋から自力で脱出している。
演:アリッサ・ミラノ
声:岡本麻弥 / 冨永みーな/ 中司ゆう花(完全版)

シンディ

「今日は厄日だわ!」
キャビンアテンダントの女性。偶然出会ったメイトリックスにより半ば強引にジェニー救出に協力させられる。彼の隙を突いて警備員に通報してしまうが、そのうちの一人がメイトリックスを撃とうとしたのを助けた事で追われる身に。その上サリーとのカーチェイスで車まで失ってしまう。
事情を聞いた後はメイトリックスの協力者となり、彼女曰く羽根のついたカヌーの操縦を務め、ラストシーンで彼とジェニーを迎えに来た。
空手の稽古を受けていたり、厄日の概念を持っていたりと日本に造旨が深い模様。
メイトリックスの行いを並べてまくし立てたり、ロケットランチャーをぶっ放した上に、メイトリックスの「どこで使い方を習った?」という問いに説明書を読んだのよと返すなど中々ジョークのセンスがある。
ちなみに説明書はその前のシーンにちゃんと映っている。ランチャーの前後を間違えたせいで初弾をあらぬ方向に撃ってしまったのはご愛嬌。
演:レイ・ドーン・チョン
声:土井美加 / 小山茉美

メイトリックスの協力者

フランクリン・カービー将軍

カービー将軍。


第三次大戦だ!」
メイトリックスの元上官で、彼に「静かに素早く」を教えた人物。メイトリックスには及ばないが優秀と評したジャクソンとハリスを彼の家の警護に当たらせるも、奇襲によって二人共倒されてしまう。
その後、部下に警察沿岸警備隊の無線を残らず傍受させ、メイトリックスの居場所を探っていた所にシンディからの連絡が入り、サンタ・バーバラ沖の孤島に到着。ラストシーンで彼をコマンドー部隊に再度誘うも、「もう会う事はないでしょう」と断られ、彼を笑顔で見送った。
未公開シーンではショッピングモールでのメイトリックスの乱闘を捜査の手が及ばないようにフォローしていたことが判明したが、さすがに軍放出品店での武器強奪についてはフォローできなかったようだ。
演:ジェームス・オルソン
声:阪脩 / 大木民夫

ジャクソン&ハリス

「どうやって?匂いを嗅げとでも?」
カービー将軍の優秀()な部下。メイトリックスの護衛を任されるが、ハリスはディアズの銃撃で5分と経たない内に殺され、ジャクソンもしばらくは生きていたが匂いで敵の気配が探れなかったためにやはり5分と持たず死亡する。
声(ジャクソン):幹本雄之 / 喜多川拓郎

アリアス一味

ベネット

ベネット!?殺されたんじゃ・・・


「残念だったな、トリックだよ」
かつてメイトリックスの部下だった元コマンドー部隊員。任務と関係なく趣味で人殺しをしていたことが発覚して部隊を追放された為、メイトリックスを逆恨みし、復讐すべくアリアス一派に加担する。
なお近年、完声版DVDのレスター監督によるオーディオコメンタリーにて、過去のある任務の際メイトリックスに置き去りにされ、見捨てられたと恨むようになったという裏設定が判明している。
彼の素敵なセリフや顔芸についてはベネットの項目に詳しく記載してあるので、そちらを参照の事。
演:ヴァーノン・ヴェルズ
声:石田太郎 / 青野武/若本規夫(完全版)
余談だが、完全版でベネットの声を演じた若本は、『マッドマックス2』のブルーレイにも収録されているテレビ朝日・日曜洋画劇場版でヒューマンガス様にスリーパーホールドでKOされた事で有名なヴァーノン・ヴェルズ演ずるモヒカン頭のウェズの声を演じていました。

アリアス

アリアス元大統領


「もし裏切っておかしなマネをすれば、娘のバラバラ死体が届くぞ」
独裁政権で拷問を繰り返していたが、アメリカが送り込んだコマンドー部隊の活躍により、その座を追われたバル・ベルデの元大統領。
復権を目論み、メイトリックスがベラスケス現大統領に信用されている事を利用し、娘のジェニーを人質に現大統領の暗殺を迫る。しかしメイトリックスの思わぬ逆襲に遭い、自身もステアーAUGコソコソ隠れながら戦ったが、最後はメイトリックスのショットガンによる銃撃に倒れた。
演:ダン・ヘダヤ
声:小林勝彦 / 千葉耕市 / 大塚芳忠(完全版)

サリー

ドクペでも飲んでリラックスしな


「娘の面倒は俺がしっかり見ててやるよ」
アリアス一派の一人。女好き。
旅客機で飛び立つメイトリックスに「娘の相手は俺がしといてやるよ」と小馬鹿にした為、「面白い奴だな、気に入った。殺すのは最後にしてやる」と約束される。
その後、シンディを二度にわたってナンパするもメイトリックスに発見され、カーチェイスの末に捕まり、崖っぷちで宙吊りにされ拷問される。意外に口が堅くメイトリックスも手を焼いたが、車がクラッシュしたときに見つけていた手がかり(クックの居場所であるモーテルの鍵)を見せると態度を一変して命乞いを始める。しかし「最後に殺すと約束したな、あれは嘘だ」の一言で手を放され、地獄へ真っ逆さま。
声:田中亮一 / 鈴置洋孝
余談だが、この「あれは嘘だ」という台詞が後に某アーケードゲームの通り名として採用されたが、その条件と合っていないとしてユーザーからの評判は悪い。

クック

恐いかクソッタレ!


「一番気に入ってるのは、値段だ」
アリアス一派のグリーンベレー隊員で、冒頭で立て続けにローソン、フォレスタル(ホレッサ)、ベネット(彼のはトリック)の3人の元コマンドーを始末する。
実は車が好きだったりする。
メイトリクスを拘束し送り出した後は連絡員として残っていたが、飛行機から抜け出しサリーを尋問したメイトリックスによる奇襲を受け、モーテルの一室で一騎討ちになる。二人ともやりすぎてしまったため娘の居場所を吐く前に死亡。
しかしながら、冒頭で元コマンドーを二人も始末したり、作中でメイトリックスに一対一でダメージを与えられたのは彼とベネットの二人だけである事から彼も決して弱くない事が伺える。また、口だけは達者なトーシローばかりのアリアス一味の中ではかなり寡黙な方である。
余談だが、このクックを演じたビル・デュークは後にプレデターマック役でシュワルツェネッガーと再度共演している。
声:坂口芳貞 / 渡部猛

エンリケス

今度余計なイラストを描くと指を縫い合わすぞ


「今度余計な事を言うと口を縫い合わすぞ」
アリアス一派で、バル・ベルデまでのメイトリックスの監視役。メイトリックスを上回る193センチの巨漢。
メイトリックスにコケにされて「口を縫い合わす」と返したまでは良かったが、離陸直前に一瞬の隙を突かれ首をへし折られる。彼に優しく毛布と枕、帽子を掛けたメイトリックスはCAに「連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れている」と言い残し飛行機から脱出
当然の事ながら、バル・ベルデに到着してもエンリケスが目覚めることは二度となかった。
声:田原アルノ / 池田勝

ディアズ

おk?


「無事取り戻したければ、俺達に協力しろ。OK?」
アリアス一派で、メイトリックスとの交渉係。一人で優秀(笑)なジャクソンとハリスを倒しており戦闘能力もそれなりに高いらしい。一味がジェニーをさらっていった後、別荘に一人残って、メイトリックスを従わせて連れてゆく役目を担っていたが、彼に協力を求めるよう「OK?」と問いかけた後、「OK!」と返され、一発で射殺された。
なお、原語とTBS版では「Wrong!」(嫌だ!)と言っている。
普通のケースならよかったのだろうが……相手が悪過ぎた。
声:西村知道 / 小島敏彦

愛国者の皆さん

アリアスが擁する優秀()な兵士たち。ベネットに言わせれば「口ばかり達者なトーシロ」。
そしてベネットの予想通りメイトリックスに瞬く間に倒された。やはりただのカカシだったようだ。
志村けん江頭2:50がいるとネットで話題になったので、見てこいカルロ。

カルロ

見て来いカルロ。


「見てこいカルロ!」
愛国者で優秀()な兵士の一人。上官にひとりでメイトリックスの生死確認に向かわされ、小屋の中に入って行ったのが、生きている彼の最後の姿だった。
声:田原アルノ / ?

その他

ローソン

「行ったかと思ったよ」
元コマンドー部隊員の愛妻家。
妻の代わりに毎朝ゴミ出しをするが、ある朝寝過ごして慌てて出てきたところを「待っていた」クックとディアズに撃ち殺される。
声:千田光男 / 池田勝

ホレッサ(フォレスタル)

ホレッサ


「良い音でしょう、余裕の音だ、馬力が違いますよ。」
元コマンドー部隊員のセールスマン。クックをキャディに乗せて、馬力の良さと快適な乗り心地をアピールするが、クックに「一番気に入ってるのは値段だ(直訳では:驚くよな、それにタダなんだから)」と乗り逃げした車に轢き殺される。
声:秋元羊介 / 朝戸鉄也

ビッグスとゆかいな仲間たち

ビッグス


「容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態だ 」
ショッピングモールの警備員たち。
ビッグスはお姉さん達に「カッコいいトコ」を見せようとして全警備員を招集した黒人系の男。しかしメイトリックスを取り押さえるどころか、ほぼ一方的にボコられるというカッコ悪いトコを見せる羽目になってしまった可哀想な人でもある。
ビッグスと同じく、最初にシンディが助けを求めた白人の警備員はメイトリックスを「頭のいかれた大男」呼ばわりしており、少々大げさな表現が好きな連中らしい。
しかし、サリーが入っている電話ボックスごと投げ飛ばすメイトリックスの怪力の前では相手にならず、10人がかりで抑え込もうとするが、逆にまとめて跳ね除けられる始末で、全員KOされてしまった。

なお玄田版のビックス役の声優は当時無名で後に某ポケモン博士となった人。
声:石塚運昇 / 山口健

お巡りさんの皆さん

「動くな!武器を静かに降ろせ。」
メイトリックスがダイナミックお買い物をした際に、財布を忘れていたため万引きの容疑で連行した警官たち。
特にメイトリックスの護送任務にあたったダリルとフレッドの2名のゲスい発言が有名。
声:フレッド 大滝進矢 / 鈴置洋孝
ダリル 西村知道 / 小島敏彦


その影響

全盛期のシュワちゃん主演の、見事にビルドアップされた肉体を存分に活かした痛快アクション大作であるが、この映画最大の魅力は随所にちりばめられたセンスのいいジョークと絶妙な日本語吹き替え訳である。
その人気により、2ちゃんねるでは木曜洋画劇場・金曜ロードショー・土曜プレミアム・日曜洋画劇場の時間になると、放送の有無に関わらず、毎回「コマンドー」スレが立つことがお約束となっている。

2008年ではロシアのある映画監督がこのコマンドーをリメイクした「コマンドーR」を制作した。

日本語音声について

この作品には、ロードショーで放映される玄田哲章版と、それより以前に収録されTBSなどでの放送時に使用された屋良有作版の2種類の日本語吹き替えが存在する。巷で有名なのは玄田版コマンドーであるが、現在レンタルショップなどでレンタルできるDVD及びBlu-rayには吹き替えは収録されていない。
そのため、下記のようなコマンディックな台詞を堪能するには2年に一度ほど放映されるロードショーを待つか、2009年5月22日に発売されたDVD『コマンドー<ディレクターズ・カット>』を購入する必要がある。ドルビーサラウンドであったオリジナル音声が5.1chになっており、一層だったディスクも二層に変更、パッケージもリニューアルされて価格は驚きの1000円程度と非常にオススメの一枚である。なお、ロードショーではカットされているシーンには日本語音声はない。


20世紀フォックスの日本語吹替サイト「吹替の帝王」は、吹替洋画ファン待望のレーベルを立ち上げ、第1弾として、独特の名台詞を生み出した吹替洋画の最高傑作「コマンドー」のコレクターズBOXを2013年4月18日に発売する。Blu-ray&DVD3枚組で、価格は6,490円(税込み)。当初5,000セットの限定販売だったが予約が殺到したため静かに素早く10,000セットに増産された。
今回登場する「コマンドー 日本語吹替完全版」コレクターズBOXは、「日曜洋画劇場」(テレビ朝日系)初回放送版(1989年)に加え、「ザ・ロードショー」(TBS系)初回放映版(1987年)の2種類の吹替音声を収録。アーノルド・シュワルツェネッガーを演じるのは、それぞれ玄田哲章・屋良有作氏だ。
また、ディレクターズ・カット版DVDには、日本語音声が欠落していたシーンを復元させるため、玄田&屋良両氏をはじめとする当時のオリジナルキャストでアフレコを実施。まさにファンが待ち望んだ“完声版”として収録されていることにも注目だ。

更に、テレビ放映で使用された当時の吹替台本(テレビ朝日「日曜洋画劇場」版[136ページ]、TBS「ザ・ロードショー」版[148ページ])を縮刷にて完全復刻封入。新たに収録した欠落シーンの台本も封入し、吹替愛好家とり・みきによる、玄田氏や翻訳家の平田勝茂氏のインタビューを掲載した『コマンドー』解説書も付くなど、“最強無敵”な仕様となっている。

吹替の帝王第8弾では、何と前述の日本語吹替完声版の他に製作30周年記念の新録吹替を収録したディレクターズカット版が初Blu-rayとして発売、キャストなどは日曜洋画劇場版を元にしているが、予定がつかなかった人やアリアスとベネットの吹替を担当していた小林勝彦氏と石田太郎氏が既に故人であるため大塚芳忠氏がアリアス、若本規夫氏がベネットを担当したほか出来る限り代役にしている。

コマンドー語録

玄田版

  • 「おーい待ってくれ!」→「行ったかと思ったよ」→「とんでもねえ、待ってたんだ(ババババ」
  • 「車はアメリカで生まれました。日本の発明品じゃありません。我が国のオリジナルです。しばし遅れを取りましたが、今や巻き返しの時です」→「キャデラックは好きだ」→「キャディがお好き?結構。ではますます好きになりますよ。さあさどうぞ(ガチャ キャディのニューモデルです(バタン 快適でしょう?んああ仰らないで。シートがビニール、でもレザーなんて見かけだけで夏は熱いし、よく滑るわ、すぐひび割れるわ、ろくな事はない。天井もたっぷりありますよ、どんな長身の方でも大丈夫。どうぞ回してみて下さい、いい音でしょう。余裕の音だ、馬力が違いますよ」
  • 「一番気に入ってるのは…」→「何です?」→「値段だ」→「ああ、何を!ああっ待って!ここで動かしちゃ駄目ですよ!待て!止まれ!うぁあああ」(ガシャーン
  • 「なんでボーイ・ジョージなんだ?ガール・ジョージにすればいいのに」→「もう、パパったら古いんだ」
  • 「パパが子供の頃、西ドイツにロックが入ってきたけど、破壊的だって評判悪かったぞ。その通りかもな」
  • 「中身はなんだこれ?」→「知らないほうがいいわ」
  • 「メイトリックス、中に居るんだろう。大佐出てこい!カービーだ」→「分かってます」→「ハッ!…静かに素早くか、変わらんな」→「あなたに教わったんですよ」
  • 「ジェニー、お父さんと大事な話があるんだ」→「令状はあるの?」→「キツいジョークだ」
  • 「それまで、あのジャクソンとハリスを警護に付けといてやる」→「優秀ですか?」→「優秀だ、君には及ばないが」
  • 「いいか、こっちが風下だ。近づけば分かる」→「どうやってです?匂いを嗅げとでも?」→「ああそうだ!」
  • 「まぁ落ち付け。銃を突き付けられてはビビって話もできやしねぇ。娘は無事だ大佐、少なくとも今の所はな、この先どうなるかはあんた次第だ。無事取り戻したければ…俺たちに協力しろ、OK?」→「OK!」(ズドン
  • 「追ってくるぞあの馬鹿」
  • 「ベネット!殺されたんじゃ?」→「残念だったなぁ、トリックだよ」
  • 「私を覚えているかね大佐?」→「誰が忘れるものか、このゲス野郎!拷問でどれだけの人が殺されたか…」
  • 「一方、ベネット大尉は国外追放を受けた身だ」→「ああ、楽しんで人を殺したからな」→「殺しを教えたのァ、おめえだぜ」
  • 「アリアスにいくら貰った?」→「10万ドルポンとくれたぜ。だけどな大佐、お前をぶち殺せと言われたら、タダでも喜んでやるぜ」
  • 必ず戻ってくるぞ(I'll be back.)」→「メイトリックス、楽しみに待ってるぜ」
  • 「メイトリックスはまだ見つからんか?」→「いいえ!三人の死体だけです。まだ他にもあると?」→「奴が生きてればまだ死体は増えるはずだ」
  • 「ビールでも飲んでリラックスしな。娘の面倒は俺がしっかり見ててやるよw」→「ぬふふふ…」→「面白い奴だな、気に入った。殺すのは最後にしてやる」
  • 「手荷物はございますか?」→「いや、これだけだ」(メイトリックス エンリケスを指で示す)→「今度余計なこと言うと、口を縫い合わすぞ」
  • 「オウフッ!」(ゴキッ(エンリケス 首をへし折られる)
  • 「失礼。どのくらいかかるかな。」「飛行時間は11時間を予定しております。」「どうも……。頼みがあるんだが、連れを起こさないでくれ。死ぬほど疲れてる。」
  • 「事は予定通り運んでいる。明日の今頃は、私はバルベルデに帰ってる。大統領として」
  • 「お前の父親は協力的だ。すぐにまた一緒になれるさ。…嬉しいかね?」→「見てらっしゃい、アンタなんてパパにひねりつぶされるから!」
  • 「わ・た・し!シンディよ。バンクーバー行きがキャンセルになっちゃって。それで…食事でもどう?…えぇ、すぐにも行けるけど? んふふっ。そう。じゃあまたにしましょう」→「駄目だったようだなぁ」
  • 「……オッケー。えぇ、私も大好き。それじゃね。また近いうち。バァイ」→「仕事と恋愛の両立はきついよなぁ。俺なら空いてるぜ?」→「いいえ、結構」
  • 「大声出すわよ!」→「けっ、アバズレが」
  • 「だめよ、7時半にカラテの稽古があるの!」→「今日は休め」
  • 「一口では言えん、とにかく俺を信じろ」→「無理よそんなの、知り合ってまだ5分と経ってないのよ」
  • 「返事を聞くのが怖いんだけど、後で私を殺すつもり?」→「いや」
  • 「殺すって言うわけないわよね」→「何もしない!」
  • 「すいません、むこうにグリーンのTシャツを着た大男が居るんだけど、彼まともじゃないの。誘拐されかけたわ、助けてください!」→「ビックスいるか。ビックス、頭のイカれた大男がいる。ひとりでは手に負えん」→「よぉしすぐ行く。カッコイイとこ見せましょ」
  • 「容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」
  • 「小銭だ!小銭を出せ!」
  • 「あんた一体なんなのよ!車は盗む!シートは引っぺがす!あたしはさらう!娘を探すのを手伝えなんて突然メチャクチャは言い出す!かと思ったら人を撃ちあいに巻き込んで大勢死人はだす!挙句は電話ボックスを持ち上げる!あんた人間なの!?お次はターザンときたわ!警官があんたを撃とうとしたんで助けたわ!そしたらあたしまで追われる身よ!一体なにがあったのか教えて頂戴!」→「駄目だ」
  • 「今日は厄日だわ!」
  • 「大丈夫か?」→「死んでんじゃない?」→「生きてるよ」
  • 「見上げた忠誠心だサリー、だがな!てめぇの命を張るほど値打ちのある相手か!さぁ頭を冷やしてよく考えてみろ!支えてんのは左手だ、利き腕じゃないんだぜ」
  • 「お前は最後に殺すと約束したな」→「そうだ大佐、た、助けて…」→「あれは嘘だ」→ウワァァァァァァァァァ…
  • 「車がなくなっちゃったわ」→ガシャッ(横転した車をひっくり返す)→「これでできた」
  • 「アイツはどうしたの?」→「離してやった」
  • 「お前は?」→「ルームサービス」
  • 「怖いかクソッタレ!当然だぜ、元グリーンベレーの俺に勝てるもんか」→「試してみるか?俺だって元コマンドーだ」
  • 「もうやだ、夢なら覚めて」
  • 「くたばれクソッタレが!(カチッ)ハッ!」→「くたばんのはお前だ!」
  • 「2人共やり過ぎだわ」
  • 「こいつを使おう、奴にはもういらん」
  • 「それは何?」→「ロケットランチャーだ」
  • 「動くな!武器を静かに降ろせ」
  • 「カービー将軍に連絡をとってくれ。メイトリックスと言えばわかる」→「将軍だぁ?寝言いってんじゃねぇよ」「ぬへへ」
  • 「ヘイヘーイ…女だ、悪かねえぜ」
  • 「ん?何する気だ?」→「俺たちに何か見せてえんだろ」→「ストリップかな」
  • (ロケラン後ろに発射)→「やだぁ!」
  • 「な、何だあれは!?」→「おい何なんだよ!?」→「こっちを狙ってるぜ」→「お、おい!」
  • 「どこで使い方を習った?」→「説明書を読んだのよ
  • 「あなたは誰かに野蛮だって言われたことない?」→「行くぞ、急げ!」
  • 「こんなの飛行機じゃないわ!羽のついたカヌーよ!!」→「だったら漕げばいいだろ!!!」
  • 「動けこのポンコツが!動けってんだよ!(ドカッ)」→「この手に限る」
  • 「メイトリックスですか?」→「通信隊に連絡して警察と沿岸警備隊の無線を残らず傍受させろ」→「何が始まるんです?」→「第三次大戦だ
  • 「小娘の喉を切るのは温かいバターを切るようだぜぇ…?」→「ナイフはしまってろ。その口も閉じとけ」→「口だけは達者なトーシロばかり、よく揃えたもんですなぁ。まったくお笑いだ。メイトリックスがいたら奴も笑うでしょう」
  • 「ベネット君、私の兵士は皆、愛国者だ」→「ただのカカシですな。俺達ならまばたきする間に皆殺しにできる、忘れないことだ」
  • 「ベネット、君は私を…脅しているのか?」→「事実を言っているだけです。仕事を終えたらメイトリックスは娘を取り返しに来ます。娘が生きていようがいまいがそいつは…関係ない。奴はアンタを追いかける。あんたをメイトリックスから守ることができるのは…俺だけです」→「怖がっているのは…私ではなく君じゃないのか、ベネット?君こそメイトリックスを恐れているんだ」→「もちろんです、プロですから」
  • 「メッセージは覚えたな?」→「コマンドー、カービー、コードレッド、座標ね。OKよ」
  • 「奴らが俺を見つけるまでは無線を使うな」→「どうしてそれが分かる?」→「島がドンパチ賑やかになったらだ」
  • 「はい…アリアス大統領だ」→「飛行機には乗っていなかった…娘を殺れ」
  • 「やっぱりやって来たか。さすがだメイトリックス」
  • 「小娘め!」→「クソ、逃げたか」
  • 「コマンドー、繰り返します、コマンドー」
  • 「見てこいカルロ!」
  • 「大佐ぁ!腕はどんなだ?」→「こっちへ来て確かめろ!」→「いや結構。遠慮させてもらうぜ」
  • 「大佐!顔出してみろぉ!一発で、眉間をブチ抜いてやる。古い付き合いだ。苦しませたかねぇ」→「ベネット!その子は関係ない!放してやれ!目的は俺だろう!」→「フハハハハハ!」→「右手をやられた!お前でも勝てる!」
  • 「こいよベネット!銃なんか捨ててかかって来い!…楽に殺しちゃつまらんだろう。ナイフを突き立て、俺が苦しみもがいて死んでいく様を見るのが望みだったんだろう。そうじゃないのかベネット?」→「テメェを殺してやる…」→「さぁ子供を放せ、一対一だ!楽しみをフイにしたくはないだろう?」
  • 「来いよベネット!怖いのか?」→「ブッ殺してやる!ガキなんて知らねぇ!イッヒッヒッヒ。ガキにはもう用はねぇ!アハハハハ…ハジキも必要ねぇやぁハハハ…誰がテメェなんか!テメェなんかこわかネェェェ!野郎ぶっ殺してやああぁぁる!
  • 「年を取ったな大佐、ハハッ、てめぇは老いぼれだぁ」
  • 「気分いいぜぇ!昔を思い出さぁハハハ!これから死ぬ気分はどうだ大佐ぁ!?てめえはもう終りだぁ!」→「ふざけやがってぇぇ!!」
  • 「畜生ぉ!眉間なんか撃ってやるものかい!ボールをフッ飛ばしてやる!」
  • 「地獄に堕ちろ、ベネット!」
  • 「まだ誰か残っているか?」→「死体だけです」
  • 「もう一度コマンドー部隊を編成したい、君さえ戻ってくれれば」→「今日で最後です」
  • 「また会おうメイトリックス」→「もう会うことはないでしょう」


屋良版

  • 「おーいちょっと、待ってくれ!ちょっと待ってくれ!すまん、これも頼むよ!・・・置いてかれるとこだった」→「心配するな、片付ける」(バババババババ
  • 「これこそアメリカの技術の粋。車を作ったのは日本人ですか?冗談じゃない、我々です。ま、一時は日本車に押されましたがね、本家ですよ」→「俺はキャデラックがいい」→「キャデラック?でしたらどうぞこちらのこのキャデラックに乗ってみてください。これならもう最高ですよ(ガチャ 第一風格がありますからね(バタン 座り心地は?ああ、わかってますよ。確かにビニールです。でもお客さんこのほうがいいですよ。皮は熱いし、汚れるし、ひび割れはするし、いいことありません。天井もゆったりしてます、頭がつかえる感じがないでしょう。アクセル踏んでみてください。ほーらこの音。パワーがあるでしょう?バッチリですよ」
  • 「俺が気に入ったのは…」→「何です?」→「値段だ」→「ちょっと!待ってください!ここで運転は出来ませんよ!ちょっと!だめだめだめああああーーーー!!」
  • 「よう、精が出るな」→「おはようベネットさん」→「貧乏ヒマなしでね」
  • 「ボーイ-ジョージなんて言うから紛らわしいんだ。いっそガール-ジョージにしちまえばいい」→「そういうこと言うのはオジンの証拠」
  • 「そういやぁパパが小さい頃、東ドイツじゃロックは国を滅ぼす音楽と言われてた、そうかもしれん」
  • 「何をはさんだ?」→「聞かないほうがいいんじゃない?」
  • 「ジョン!…ジョン・メイトリクス!…居るだろう、出て来い!カービーだ!」→「居ますよ将軍」→「流石だ、腕はにぶっちゃいないな」→「教官が優秀でしたからね」→「こっちはもう錆びついたよ」
  • 「…ジェニー、パパにちょっと用があるんだ」→「令状はあるの?」→「怖いんだねぇ」
  • 「とりあえずジャクソンとハリスをここに置いておく」→「腕のほうは?→優秀だよ、君にはかなわんが」
  • 「こっちは風下にいる。空気の流れでわかるからな」→「風下?匂いでわかるんですか?」→「ああわかる!」
  • 「ジェニーはどこだ?」→「まぁ落ち付け。目の前で銃振り回されたんじゃ話もできねぇだろ。娘は無事だよ大佐、あとはそっちの出方次第だ。俺の仲間があんたに用がある。娘を助けたかったら・・・言うとおりにするしかねえ、いいな?」→「嫌だ!」(ズドン
  • 「ほっとけ、ブレーキは効かん」
  • 「ベネット!お前は死んだ…」→「はずか?生憎だったな」
  • 「麻酔弾だよ…本当は実弾をぶちこんでやりてぇんだ!」
  • 「私を覚えてるか大佐?」→「忘れるもんか、独裁者の暴君め!拷問で一体何人の人間を殺した!」
  • 「彼は君を革命の英雄と称える一方、ベネット大尉には国外退去を命じたんだからな」→「当然だ、ベネットは人を殺すしか能がない」→「おめぇに仕込まれたんだ、メイトリクス」
  • 「メイトリクス親子は?」→「いえ、死体は三人だけです。まだあるんでしょうか?」→「メイトリクスが生きていればまだまだ増えるぞ」
  • 「いくら貰うんだベネット?」→「10万ドルってとこだが…教えといてやる。相手がおめぇだとわかった時、タダでいいと答えたさ」
  • 「必ず戻るぞベネット」→「メイトリクス、いつでも相手になるぜ」
  • 「向こうでビールでも飲んでくれ。安心しな、娘はみんなでかわいがってやるよ。」→「面白い奴だサリー、気に入った。だから一番最後に殺す」
  • 「お荷物ございます?」→「こいつだけだ」(メイトリックス エンリケスを指で示す)→「今度ふざけた口聞きやがったらブチのめすぞ」
  • 「すみません、飛行時間は?」→「バルベルデまで11時間ですわ」→「頼みがあるんだけど・・・彼を起こさないでほしい、疲れてるんだ」
  • 「万事予定通りに運んでおる。このままいけば、明日からは再びこの私が…大統領だ…!」
  • 「パパは協力してくれている、だからじきにまた一緒になれる。うれしいだろう?」→「あんたがパパにやっつけられることのほうが嬉しいわよ」
  • 「仕事と恋は両立しないのさ。デートのお相手をしようか?」→「いえ結構」→「そりゃまぁ美人スチュワーデスなら引く手あまただろうけどさ」→「ちょっと!しつこくつきまとわないで」
  • 「あたしにつきまとわないで頂戴」→「もったいぶりやがって」
  • 「いいか言うとおりにするんだ」→「7時半から空手教室があるの。悪いけど」→「今夜は諦めろ!」
  • 「俺を殺したがってる奴がいる」→「わかるわ、会ったばかりの私でさえ死ねばいいと思うもの」
  • 「お願い、Tシャツを着た大男がいるでしょあそこ?、変質者だと思うの。つきまとって離れないから、何とかして!」→「おいビックス、頼む。変質者らしい男がいるが、一人じゃ手に負えそうにない。」→「わかったすぐ行く。立ち回り見せてやるよ」
  • 「全員に連絡、三階で緊急事態発生。容疑者は190cm、茶色い髪、筋肉隆々のそりゃものすごい大男だ」
  • 「コインを貸せ!コインを貸せってんだよ!」
  • 「あんた一体誰なのよ!えっ!人の車を盗んだ挙句!シートをぶっ壊しあたしを誘拐して!娘を助けるためだから協力してくれとかなんとか言って!あたしをあんな何人死んだかわからないような撃ち合いに巻き込んで!電話ボックスひっぺがして振り回したり!ターザンみたいに天井からブランコしたり!おかげであたしはあんたを守るためにお巡りさんぶっ飛ばして追われる羽目になったのよ!どういうことかわけ話してくれるでしょうね!」→「いや」→「いや!?…いやぁーぶつかる怖い!」
  • 「私を殺す気?」
  • 「大丈夫か?」→「死んだわ私」→「大丈夫だね、待ってろ」
  • 「忠義立てするのも結構だがな、そんなものは今となっては何の役にも立ちやしないんだぞ!ここでものをいうのは地球の重力なんだからな!念のために教えてやるがサリー、こっちは弱い方の腕だ!」
  • 「お前は最後に殺すと言ったのを覚えているか?」→「覚えてるとも、そう言ったぞ」→「ありゃ嘘だ」→アァァァァァァァァァ…
  • 「完全にオシャカよ」→ガシャッ(横転した車をひっくり返す)→「これで使える」
  • 「あの男どうしたの?」→「放してやった」
  • 「どうした怖いか?当たり前だ、俺ぁ元グリーンベレーだ。料理してやる」→「グリーンベレーは俺の大好物、晩飯にいいぜ!腹も減ってるしな!」→「何くだらない事言ってるのよ!」
  • 「野郎くたばれ!」(カチッ→「くたばるのはお前だったな!」
  • 「野蛮人よ2人とも!」
  • 「行こう、クックの車を使って。奴にはもう用無しだ」
  • 「何それ?」→「ロケット砲だ」
  • 「カービー将軍に連絡してくれ。将軍が事情を説明してくれる」→「カービーだって?その男先週パクったよな」
  • 「おい、女だぜ。悪くない」
  • 「何やってんだあの女?」→「いいもの見せてくれんのかな」→「へっ、そいつはいいや」
  • (ロケラン後ろに発射)→「チッキショウ」
  • 「どこで使い方習ったんだ?」→「説明書を読んだの!」
  • 「あなたって本当に闘争本能にあふれてるのね」→「能書きはいいから、早く!」
  • 「飛行機なんてもんじゃないわ!これ翼のついたカヌーよ!!」→「何でもいいからとにかく動かせ!」
  • 「このオンボロ飛行機めが!飛ばないとぶっぱなすぞ!(ドカッ)」→「どうぞ、パイロットさん」
  • 「メイトリックスですか?」→「司令部に連絡してこの近辺の海と空の無線を全部傍受させろ」→「何を予想してるんです?」→「第三次大戦」
  • 「あの娘っ子の喉をかっ切るくらいバターを切るより簡単だぜ」→「いいからしまっとけ。ついでにその口もな」→「口だけはいっちょ前なひよっこ兵士には参りますな。ハハッお笑いだぜ。メイトリックスも大笑いするな」
  • 「ベネット君、彼らは…愛国者なんだ」→「だが使い物にならん。メイトリックスと俺で皆殺しに出来る、あっという間にね。覚えとくんですな」
  • 「君はこの私を…脅してるのか?」→「事実を言ってるんだよ。仕事が終わればメイトリックスは…娘を取り戻しに来る。娘が生きてようと死んでようと関係ねぇ。あんたを殺りに来る。奴からあんたを守れるのはただ一人…俺だけです」→「怯えているのは…君の方ではないのかベネット君?君はメイトリックスを恐れている」→「もちろんさ、馬鹿じゃねぇから」
  • 「メッセージはわかったな?」→「コマンドー、カービー、緊急事態、座標。了解よ」
  • 「連絡するのは奴らが俺に気づいてからだ」→「どうやってそれを?」→「大騒ぎになるからすぐわかる」
  • 「何だ?…こちら大統領」→「奴は飛行機に乗ってない…娘を殺れ」
  • 「やっぱり来たな、さすがだぜメイトリクス」
  • 「あの…小娘がぁ!」→「畜生め!」
  • 「中を調べろ!」
  • 「ジョン!腕はどうだ?」→「来て確かめろよ!」→「やめとこう。そいつはパスするぜ」
  • 「ジョン!顔出せ!眉間を、一発でを仕留めてやらぁ。昔のよしみだ。楽に死なせてやるぜ」→「ベネット!娘は関係ないんだ、放してやれ!殺りたいのは俺だろう!」→「フハハハハハ!」→「俺は片腕だ!お前でも殺れるぞ!」
  • 「来いベネット、そんな銃なんておもちゃは捨てて!…引き金引くだけでいいのか。ナイフで殺りたいんだろう!ナイフで肉をえぐり、俺がもがき苦しむのを冷酷に眺める。そうしたいんだ」→「あぁ…殺してやるぜ」→「わかった、その子を放せ。サシで勝負しようぜ!それがお前の望みなんだろ!」
  • 「来いベネット!さぁやろうぜ!」→「俺が勝つんだ!子供なんていらねぇや!ハハハハハ…子供なんているかい!!ヘェハハハハ…銃も必要ねぇぜヘヘヘヘ…俺が勝つんだ!ハハッハハッハハハ…こんな銃なんかいらねえや!!貴様を殺してやるぁぁぁぁぁ!!!」
  • 「老いぼれたなジョン!老いぼれたぜ…」
  • 「最高にいい気分だぜぇ!昔を思い出すぞ!くたばるのはどんな気分だぁ!?これで貴様も最後だ!」→「ふざけるなぁぁ!!」
  • 「ジョォォォン!目の間を狙うのはやめだ!それより股の間を撃ってやらぁ!」
  • 「これで腐ったガスも抜けるだろう」
  • 「まだ何か残っているか?」→「死体だけさ」
  • 「ぜひもう一度君の部隊を編成したいんだ、やっぱり君がいると心強い」→「いや、これが最後です」
  • 「また次があるさ」→「もうお断りだ」


吹替の帝王にて追録された台詞

※玄田版、屋良版共通

  • 「あたしはシンディ。あなたは?」→「ジョンだ、ジョン・メイトリックス(メイトリクス)」
  • 「そうなの。仕事は何してるの?」→「軍にいたが、退役した」→「それじゃあ…あたしの税金があなたの年金になっているのね?」→「そうだ」→「イヤになっちゃう」
  • 「この子のママは?」→「ジェニーを産んで死んだよ」→「そうだったの…」
  • 「俺はラオスにいたんだ、娘のために帰国した」
  • 「だが留守がちで、娘が3歳の頃はレバノンに行ってた。小学校に入る頃はアンゴラにいた。麻疹にかかった時もパキスタンだった。この誘拐だって俺のせいだ」
  • 「どうして外国にばかり?」→「特殊任務だ」→「軍の仕事ってことね」→「まあな」
  • 「そう、どんな任務だったの?」→「君は知らない方がいい。俺だってできることなら忘れたい。だがもう過去の話だ」*矢印先の台詞は元々吹替が存在する部分である→「俺にとってジェニーは全てなんだ」(玄田版)〔「どんな事してもジェニーを助ける!」(屋良版)〕

余談

ターミネーターの名台詞「I'll be back」は、本作含むいくつかのシュワルツェネッガー主演作で使われている(おそらくファンサービス)。

関連動画

日曜洋画劇場より


木曜洋画劇場より


コマンドー Blu-ray BOX発売CM【公式】


『コマンドー ディレクターズ・カット<製作30周年記念日本語吹替新録版>』より



pixivでのコマンドーイラスト

コマンドー 該当615件

いったい何が始まるんです?


ベネット 該当286件

こいよベネット



関連タグ

映画 洋画 アメリカ映画 アクション映画 戦争映画 映画の一覧
20世紀フォックス

木曜洋画劇場 ☆☆☆プレゼントのお知らせ☆☆☆

ホマンドー暁美ほむら

イレイザー

東方州知事

艦隊コマンドー

外部リンク

コマンドー - Wikipedia
映画 コマンドー - allcinema
コマンドーとは (コマンドーとは) - ニコニコ大百科
コマンドーとは - はてなキーワード
コマンドー暫定まとめ - トップページ

pixivに投稿された作品 pixivで「コマンドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4506472

コメント