ピクシブ百科事典

アイドル

あいどる

芸能人のうち、その存在そのものの魅力で多方面で活躍する若手タレントのことをいう。
目次[非表示]

概要

英語の「idol(偶像、崇拝の対象となる人物、英雄的存在、熱狂的なファンを有する人物)」が語源。
日本では一般的に芸能人のうち「芸(才能)」よりも、その見た目や存在のかわいらしさ、ルックスのかっこよさで人気を博している若手タレントのことを指す。
特定の分野のアイドルを「○○ドル」「アイドル○○」などと呼ぶこともある。
また広義では「クラスのアイドル」「職場のアイドル」などの人気者全般を指すこともある。

昭和時代まではアイドルといえば20代以下と決まっていたが、近年は30代以上のキャリアの長いアイドルも多くなっている。また、「ローカルアイドル」や「ご当地アイドル」と言われる、町おこしのため学生などの素人を起用したアイドルユニットも増え、アイドルの裾野は広くなっている。

なおこうした「アイドル」の定義は日本独自に発展した概念であり、英語圏ではビートルズスティービー・ワンダーのような世界的なアイコンも「アイドル」と称された。
よって英語の語源本来の意味を知らずに「アイドルって顔かよw」などといった発言をすると、さりげなく恥をかくので注意しよう。
グラミー賞受賞クラスのアーティストを何人も輩出しているアメリカの世界的人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」なども、純粋に才能を競うコンペティションであり、候補者のルックスは一切問われない。

アイドル史(日本)

明治時代

日本のアイドル史は、明治20年代に始まる。
明治20年に娘義太夫の太夫(アイドル歌手)としてデビューした初代竹本綾之助(12歳)は、東京に熱狂的な娘義太夫ブームを一気に作り出し、娘義太夫のセンターとなった。彼女は「歌舞の菩薩」(=ネ申)と評され「あやちゃん」とも呼ばれたが、娘義太夫が東京を席巻する中、彼女が寄席(ライブ)に出演すればどんな天気だろうが不景気だろうが周囲が「八丁飢饉」となり、正月から十二月まで一年間のスケジュールは全て埋まっていたという、伝説の元祖アイドル歌手である。
熱心な学生ファンが中心となって、娘義太夫のパフォーマンス中に曲のさわりでミックスを打ち、ライブ後には太夫(アイドル)の人力車を追いかけた。彼らは推しメン同士でファングループを結成し、大衆的な芸に熱狂したのである。
絶対的なエースであった竹本綾之助は、人気絶頂の明治31年、23歳の時に引退したが、すぐに次世代エースとして頭角を現したのが当時15歳の初代竹本京子であった(デビューは10歳)。童顔でセクシーな竹本京子は『本朝廿四孝(十種香の段)』という曲が十八番で、東京の学生では、首相の名前を知らぬ者はいても、京子の名前を知らぬ者はいないとまで言われた。
その他にも第二の綾之助を目指した少女達が次々と上京してデビューし、竹本愛之助竹本新吉豊澤団登竹本住之助竹本小巴津竹本小土佐豊竹呂昇豊竹昇之助らがアイドル歌手として熱狂的な人気を集めたのである。


実在の女性アイドルタグ

1990年代以降のアイドルを記載。90年代以前のアイドルは、「1970年代アイドル」、「80年代アイドル」を参照。

事務所など


以下イラストが投稿されているもの

あ行:

か行:

さ行:

た行:

な行:

は行:

や行:


実在の男性アイドルタグ

事務所など

た行:

は行

特定の分野のアイドルタグ


関連作品・キャラ等

アイドルがテーマの作品


その他の作品におけるアイドルのキャラクター


その他の関連タグ
データベース 音楽 芸能界
歌手 声優 ユニット ドル売り

pixivに投稿された作品 pixivで「アイドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12691035

コメント