ピクシブ百科事典

カゲロウプロジェクト

かげろうぷろじぇくと

じん(自然の敵P)氏の楽曲作品群。実に突飛な少年少女の話。
目次[非表示]

「私はきっと、明日も忘れない」

概要

じん(自然の敵P)の楽曲には、カゲロウプロジェクトと題して世界観を共有し合い、ストーリーに繋がりを持った作品群がある。
またこのプロジェクトの舞台は千葉県柏市

ニコニコ動画にて2011年より公開が始まり、
2012年5月30日にDVD付きフルアルバムメカクシティデイズが発売。
2012年8月15日にシングルチルドレンレコードが発売。
2013年5月29日にはDVD付きフルアルバムメカクシティレコーズが発売。
2014年1月1日には今までのMVを集めたDVD、MEKAKUCITY_V’sが発売された。
また、2014年6月にはアニメの主題歌が収録されるシングルが発売される予定だ。

そして、2013年8月15日に行われたライブ・イン・メカクシティのライブ映像、ライブインメカクシティSUMMER'13が2013年12月18日に発売した。

曲・作品

カゲロウプロジェクトの作品一覧カゲロウプロジェクトの関連楽曲一覧を参照。

メディアミックス

小説

楽曲を手掛けるじん氏本人による小説。イラストはしづ
カゲロウプロジェクトの楽曲を繋ぐストーリーが明らかにされている。

  1. カゲロウデイズ-in_a_daze-(2012年5月30日発売)
  2. カゲロウデイズⅡ-a_headphone_actor-(2012年9月29日発売)
  3. カゲロウデイズⅢ-the_children_reason-(2013年5月30日発売)
  4. カゲロウデイズⅣ-the_missing_children-(2013年8月30日発売)
  5. カゲロウデイズⅤ-the_deceiving-(2014年3月29日発売)

漫画版

題名は『カゲロウデイズ』。コミックジーンメディアファクトリー)にて2012年7月号より連載中。作者は佐藤まひろ。
pixivコミックで一部、試し読みができる。
ストーリーは上述の小説版が元となっている。2013年11月号から、じん氏による書き下ろしアナザーストーリーが始まった。

テレビアニメ

アニメプロジェクトの始動も告知されており、『メカクシティアクターズ』が題名。
制作会社はシャフトで、総監督が新房昭之
毎週日曜日0時から放送されている。

世界観

登場人物

カゲロウプロジェクトの登場人物一覧を参照。

カゲロウデイズ

カゲロウデイズとは、10の蛇の能力によって創り上げられた、「終わらないセカイ」のことである。
カゲロウデイズには、以下の2種類が存在すると考えられている。

アザミのカゲロウデイズ
メデューサであるアザミが人間の夫ツキヒコとの死別を恐れ、悲しみに暮れていたアザミに、アザミが作り出した能力(蛇)のひとつである目が冴える蛇が「終わらない世界を創り家族と過ごせばいい」とそそのかし、生み出された。
いわば、平行世界のようなもの。元は、8月15日に死んだ二つの魂を引き込むという特性はなかったが、アザミが8月15日に死亡した娘のシオンと孫のマリーをカゲロウデイズに飲み込んだ時に、アザミがマリーを蘇らせるために蛇を統括する『目を合体させる能力』をマリーに譲渡した事で、以来その指示を撤回できなくなってしまった。
基本的には、8月15日に死んだ一つの魂のみ、接触することが可能であり、8月15日を繰り返す中で現実世界に戻るかとどまるか選択することができる。何もない真っ暗な世界で、8月15日を永遠と繰り返している。

マリーのカゲロウデイズ
アウターサイエンスでメデューサの末裔であるマリーメカクシ団(主にセト)との死別を恐れ、黒コノハがそそのかし、生み出された。
基本的には8月15日に共に死んだ二つの魂が接触することが可能で、8月15日を繰り返す中で選ばれた方が現実世界に戻るが、カゲロウデイズ内での記憶は失われる(一部例外あり)。選ばれなかった方はそのまま遺体すら残さずに現実世界で行方不明のままになる。 いわば、現実の改変世界のようなもの。赤・白・青で構成され、8月15日を永遠と繰り返している。

ヘッドフォンアクター

カゲロウデイズⅡ-a_headphone_actor-に登場する2P式のポイント制シューティングゲーム。
榎本貴音(後のエネ)が養護学級の担任ケンジロウのせいで予算なしの一週間で学園祭の出し物を準備しなくてはならなくなった時、唯一のクラスメイトである九ノ瀬遥(後のコノハ)の「射的をやりたい」という要望を叶えようとして思い付いたもの。プログラミングはケンジロウが、イラストや背景画は遥が担当し、徹夜の末の一週間で完成させた。景品がケンジロウが学園祭の予算を使って買った高価な標本ひとつだけだった為、オンラインシューティングゲーム「DEAD BULLET -1989-」の全国2位の貴音が最後の客まで景品を取られないように調整するため、2P式の射的ゲームになった。
ゲームの内容としては、ボス(貴音をモデルにした「貴音2号」)が操る人形たちを倒していくもの。貴音たちの住む町をそのまま模写したようなステージで、敵の人形は可愛らしいが、血のエフェクトはかなりリアル。カノ曰く変な射的。
または楽曲名

メカクシ団

カゲロウプロジェクトの世界で暗躍する謎の組織。11歳〜19歳の少年少女(一人のみ実年齢が飛び抜けているが)たちで構成され、ほぼ全員が目に関する能力を持つ。
詳細はメカクシ団へ。

能力

カゲロウプロジェクトにおける重要な要素の一つ。アザミによって生み出された蛇に宿る「目にまつわる力」であり、その全てが終わらないセカイ=カゲロウデイズを創造した。能力を使用すると瞳が赤くなる。
基本的には8月15日に、片方がもう片方を助けようとしてほぼ同時に死んだ時、カゲロウデイズに接触することができる(これはアザミがはじめてカゲロウデイズに取り込んだシオンマリーが、そのような状況であった為)。カゲロウデイズの中で8月15日を繰り返す中、選ばれた片方が能力のひとつを得て現実世界に戻ることができる。ただしエネコノハはこの条件を満たしておらず、この二人のみ干渉という表現が使われている。能力の持ち主たちは蛇によって生かされているため、蛇を抜かれると死んでしまう。
アザミが作り出した能力は全部で10種類存在する。なお、メデューサが生来から持つ「目を合わせる能力」はその中にカウントされていない。

10の能力

目を隠す
キドの能力。自分や一定の範囲内にいる対象者の存在感を極限まで薄くし、周囲から認識されないようにする事ができる。能力を緩めると、顔も覚えていない他人くらいの認識で認知される。ただし能力の範囲外の人間と接触すると能力が解除され、能力を使う時に相手が目を離していないと、能力を使ってもその相手には姿が見えたままになる。また長い時を一緒に過ごした家族などには、能力を緩めてしまうと存在を認知されてしまう事がある。
目を欺く
カノの能力。他人に自分の姿を違った姿に見せる事ができる。モモ曰く「騙し絵みたいな能力」。範囲が小さく自分自身にしか反映されないが、相手によって見せる姿を調整する事ができ、また自分自身ではなく完全に別の人物や生き物の姿を見せる事もできる。ただし、実際に対面したことがあり、尚かつ鮮明にイメージ出来る有機物のみに限られている。アザミは不明だが、カノは痛みを感じると能力が解除される。
目を盗む
セトの能力。対象者の情報を読み取る事ができる。これによって動物との会話も可能で、対象者の心を読む事もできる。能力が僅かに発動している時は相手の考えていることを読み取るが、強く発動していると相手の記憶や過去まで読み取ることができる。ただし自分が読み取りたい情報だけを読む事はできないようで、知りたくもない人の心も分かってしまうため、セトもアザミもこの能力を好んで使いたがらない。
目を奪う
モモの能力。「何を」「どうしたら」周りの視線を集められるのかが分かり、また相手の趣味や興味を全て無視して、強制的に視線や注目を集める事ができる。自分自身だけでなく自分が作ったもの等にも反映される。モモは上手く制御できておらず、能力が強くなるにつれ歩くだけでも目立ってしまっていたが、後に制御出来るようになった。「目を隠す能力」を使うと能力が打ち消される。アザミは逆に人の注目が一番集まらない場所を探すために使っていた。
目を凝らす
ヒビヤの能力。千里眼に似た能力で、対象者を見る事で対象者の所持品を、所持品を見る事で持ち主の居場所を探る事ができる。ちなみに能力に目覚めた直後のヒビヤはまだ上手く使いこなせていない。アザミは「この世で一番人に注目されない場所」と指定してその場所を探し当てる事に成功している。
目を覚ます
エネの能力。不老不死の精神を得る事ができる。この能力によって肉体を失い消滅しかけたエネは、精神だけが電子化して残る事ができ、人並み以上の睡眠欲も消失している。アザミが寝ずともも良かったのはこの能力があったからだと思われる。アザミの日記に詳細が語られていなかった能力の一つ。
目を醒ます
コノハの能力。自分の身体を自分の理想とする身体に造り変える事ができる。コノハこと遥の場合は自分が作ったアバターの姿になり、常人離れした身体能力を得る事ができた。また致命傷を負っても自動的に「造り直す」ことができる。アザミがまだメデューサではない頃、人間の襲撃と蛇に逢った際メデューサに変貌したのはこの能力があったからだと思われる。アザミの日記に詳細が語られていなかった能力の一つ。
目が冴える
ケンジロウの能力。現時点では詳細は不明だが、「10の能力」の中でも明らかに異質なものらしく、使用するというものではないらしい。能力と呼べるのかすら疑問視されており、生み出したアザミでさえ名称こそ日記に記載していたものの、他の蛇のように能力として認識はしていなかった様子。また、エネは「『冴える』って奴を倒したら...」とアヤノから知らされていたように、あまり良い存在ではないようだ。アザミにカゲロウデイズの創造をそそのかした張本人で、他のどの能力よりも創世に深く関わっており、この能力の持ち主はカゲロウデイズについて詳しいことを知っているとされている。
目をかける
アヤノの能力。シオンが誕生した時にアザミが抱いた家族への愛情から生まれた能力だが、詳細は不明。
???
まだ登場していない最後の能力。アザミの日記には、他の能力と共に名前と詳細が記載されているらしい。恐らく、シンタローの能力。

番外編
目を合わせる
アザミ、シオン、マリーが持つ、メデューサが生まれながらに持っている能力。目を合わせた相手を石に変える事ができる。メデューサの血が薄まるごとに力が弱くなっていき、ハーフであるシオンは相手を石にできるが、反動で命を落としてしまい、クォーターのマリーは一定時間経つと石化が解けてしまう。アザミが生み出した「10の能力」にはカウントされていない。
目を合体させる
最初からアザミが持っていた能力であり、全ての「蛇」を統括できるメデューサ本来の能力。現在はマリーが受け継いでいる。アザミはこの能力を失ったため、「8月15日に死んだ命を引き込め」という指示を止められなくなってしまった。

ルート分岐

本作は所謂ループものであるため、様々なルート分岐が存在する。
現在確認されているルートは以下の通り。

楽曲ルート

メカクシティデイズメカクシティレコーズに収録されている楽曲から成り立つルート。
ほとんどの曲は第1話、第2話などとナンバリングされているが、時系列通りではないらしい。
某雑誌にて、じん氏より「バッドエンド」だと明言されている。

小説ルート

カゲロウデイズ-in_a_daze-」を始めとする、じん氏執筆の小説から成り立つルート。
各章には楽曲のタイトルが付けられており、その曲を主軸とした内容になっている。
主人公は如月シンタローであるが、章によってスポットを当てられる人物が変わり、その章の主役の視点で描かれている。
小説は現在進行形で続行中であり、どういった結末になるのかは不明。

漫画ルート

コミックジーンより連載中の、じん氏原作の漫画から成り立つルート。
第2巻の「カゲロウデイズⅡ-a_headphone_actor-」までは小説とほとんど同じ内容のストーリーを辿っていたが、第3巻の「カゲロウデイズⅢ-the_children_reason-」には入らず異なったストーリーとなった。
漫画も現在進行形で続行中であり、どういった結末になるかは不明。

アニメルート

アニメメカクシティアクターズから成り立つルート。
最初の方は基本的に同じだが、若干違うところもある。(テロリストの姿、セトの登場など)今後の展開は不明。

ROUTE 1

楽曲ロスタイムメモリーに登場するルートの一つ。
小説ルートと類似しているが、同じなのかどうかは不明。
ROUTE XXとは違うということが、シンタローやエネ達の服装、考え方に現れている。

ROUTE XX

楽曲ロスタイムメモリーに登場するルートの一つ。
ROUTE 1とは違うということが、シンタローやエネ達の服装、考え方に現れている。

ROUTE BADEND

楽曲アウターサイエンスに登場するルート。
黒コノハがメカクシ団員を虐殺していく場面が印象的。
また楽曲ルートと似ているが、詳細は不明。


この他にも、幾多のルートが存在していると考えられる。

動画

各リンクはニコニコ動画の本家動画に繋がっています。

  1. 【初音ミク】人造エネミー【オリジナル曲】
  2. 【初音ミク】メカクシコード【オリジナル】
  3. 【初音ミク】カゲロウデイズ【オリジナルPV】
  4. 【IA】ヘッドフォンアクター【オリジナルPV】
  5. 【IA】想像フォレスト【オリジナルPV】
  6. 【初音ミク+IA】コノハの世界事情【オリジナルPV】
  7. 【IA】如月アテンション【オリジナルPV】
  8. 【IA】チルドレンレコード【オリジナルPV】
  9. 【IA】夜咄ディセイブ 【オリジナルMV】
  10. 【IA】ロスタイムメモリー 【オリジナルMV】
  11. 【IA】アヤノの幸福理論 【オリジナルMV】
  12. 【IA】オツキミリサイタル【オリジナルMV】
  13. 【IA】夕景イエスタデイ【オリジナルMV】
  14. 【IA】アウターサイエンス【オリジナルMV】
  15. 【IA】サマータイムレコード【オリジナルMV】

アルバムクロスフェード


公式MV

  1. 【MV】じん「カゲロウデイズ」
  2. 【MV】じん「ヘッドフォンアクター」
  3. 【MV】じん「空想フォレスト」


関連イラスト

チルドレンレコード人造エネミー
チルドレンレコード
人造エネミー
メカクシコードカゲロウデイズ
メカクシコード
カゲロウデイズ
ヘッドフォンアクター想像フォレスト
ヘッドフォンアクター
『フォレスト1周年まであと9日!』
コノハの世界事情如月アテンション
コノハの世界事情
目を奪う話
群青レイン夜咄ディセイブ
そんな日記を読んでた
夜咄ディセイブ
ロスタイムメモリーアヤノの幸福理論
【Track8】ロスタイムメモリー
今日も家族でいよう
オツキミリサイタル夕景イエスタデイ
『★』
もうお前ら結婚しろよ!!!
アウターサイエンスサマータイムレコード
ようこそ、我が胎内へ
*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。


関連タグ

一般タグ

作者じん(自然の敵P)
絵師しづ わんにゃんぷー
カテゴリーボカロ曲
歌唱ボカロ初音ミク IA
アルバムメカクシティデイズ メカクシティレコーズ
小説カゲロウデイズ-in_a_daze- →カゲロウデイズⅡ-a_headphone_actor-カゲロウデイズⅢ-the_children_reason-カゲロウデイズⅣ-the_missing_children-カゲロウデイズⅤ-the_deceiving-
アニメメカクシティアクターズ
腐向けタグカゲ腐ロ
百合タグカゲ百合


一覧タグ


関連リンク


注意

最近では、他のアニメや漫画でパーカーやフードが確認されると「パクリだ」と囃し立てるなど、一部マナーの悪いファンも多く確認されている

この騒動に対し、じん氏本人も不快に思っている
本当に作品が好きなら、本来のファンのあるべき姿をよく考えて行動するべきである。

「メカクシ完了って一斉につぶやこうぜ」
ニコニコ大百科
パーカー着た女の子の絵を描いたら「カゲプロのパクリやめろ」と罵声を浴びる事件が発生

「○○プロジェクト」=「カゲプロのパクリ」ではない。

他の記事言語

Kagerou Project

pixivに投稿された作品 pixivで「カゲロウプロジェクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116213058

コメント