ピクシブ百科事典

コノハの世界事情

このはのせかいじじょう

じん(自然の敵P)氏によるVOCALOIDオリジナル楽曲。2012年3月30日に投稿された。
目次[非表示]

目が醒めるニンゲンの話。
「例えば、そんな未来なら。」

「何度も繰り返される未来を
       ユラユラと揺れながら僕は 
いつまでも反対車線で見ていた」

概要

目を醒ます話。
終わらない世界の話。
じん(自然の敵P)6作目となるカゲロウプロジェクト曲。
前作の想像フォレストとは打って変わってハイテンポなロックになっている。

また、この動画の説明文でじん氏が1stフルアルバムメカクシティデイズにてメジャーデビューが決定
さらにカゲロウデイズ」が小説化、及び漫画化することが発表された。

また、アニメ「メカクシティアクターズ」の第7話のサブタイトルである。

特徴

さらに今回は以下のように豪華な仕様になっている。

  • ボーカルにはPが愛用してきた初音ミクIA両方を使用
  • 同Pの人気曲カゲロウデイズ」や「ヘッドフォンアクター」の世界観を内包したストーリーで、メロディーの一部にもカゲロウデイズと同じフレーズが用いられている。
  • 動画担当は、しづ氏とわんにゃんぷー氏の強力タッグ
  • じん(自然の敵P)オリジナル曲初の生演奏音源。とくにギター演奏は「弾いてみた」で人気を博している中西氏が担当している。
  • 動画の最後には、これまでじん氏が作曲したオリジナル曲(ニコニコ未投稿のものも含む)のキャラクターが総出演している


間違いなく氏のオリジナル曲の中で最も手の込んだ動画に仕上がっており、まさにこれまでの集大成と呼ぶにふさわしいだろう。

驚異的な伸び方で、投稿から約24時間25分ほどでVOCALOID殿堂入り(10万再生)を記録
さらに、4ヶ月後VOCALOID伝説入り(100万再生)を記録

歌詞

意味と夢と命を集めて
作られてしまった身体は
終わった命を蒸し返す機械らしい

【これは彼の昔のお話】
人一人は涙を流して
また会いたいと呟いた


ハリボテの街の 終末実験は
昨日時点で予想通り グダグダ過ぎて
その時点でもう諦めた方が良いでしょう?
次の二人は 街の隙間で
そんな水色の 夢見てた


期待ハズレの車線の先で
小さな身体はまた飛び散った
泣き叫ぶ少女を 目醒め無い僕は見ていた
秒針は進みだすのを止めて
世界もろとも眩みだそうとする
この夢は終わらない


意味と夢と事態を合わせて
ただただ考えてく頭
「この世界はどうやら少しヤバイらしい」

【これは彼と彼女のお話】
作られてしまった心では
もう言葉も届かない

枯れる太陽の音 蒸せる炎天下の目
夏バテした世間に はじき出された様な
蝉の声がもう鳴り響き始めても
ユラユラ揺れる 透ける身体じゃ
伸ばした手も届かなくて


期待ハズレの視界の先で
秒針はふざけて立ち止まって
踏み潰される未来を 反対車線で見ていた
機械仕掛けの世界を抜けて
木の葉の落ちる未来の風景へと
君の目で


嗤う日差しはどこかに消えて
8月は何度でも過ぎ去って
「また来年だね」と笑いあう そんな未来なら?

期待ハズレの世界の隙間
予報外れの雨が降ってきた
その時に その時に


例え未来が書き換わっていても
あの目は


動画



ニコニコ動画はこちら

関連イラスト

ネバーエンディングサイクル
コノハの世界事情


【「また来年だね」と笑いあう そんな未来なら?】
水色の夢



関連タグ

じん(自然の敵P) しづ わんにゃんぷー
カゲロウプロジェクト
コノハ(カゲロウプロジェクト) ヒビヤ ヒヨリ(カゲロウプロジェクト)
カゲロウデイズ ヘッドフォンアクター

back→第5話想像フォレスト
next→第7話如月アテンション

アニメback→ヘッドフォンアクター
アニメnext→ロスタイムメモリー

他の記事言語

Konoha no Sekai Jijou

pixivに投稿された作品 pixivで「コノハの世界事情」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3111452

コメント