ピクシブ百科事典

たまごっち

たまごっち

たまごっちとは、1996年11月23日にバンダイから発売されたキ-チェーン型育成ゲームである。また、ゲームやアニメに登場するキャラクター全体の事も指す。
目次[非表示]

キャラの一覧はこちらへ→たまごっち図鑑

概要

名称は、「たまご」+「ウォッチ(時計)」の造語。
1997年に社会現象にまでなり、全世界で累計7500万人が遊んだというキーチェーン型育成ゲーム玩具。
お世話の仕方によって成長するキャラクターが変わる。
マスコミに取り上げられ、流行語大賞のトップテン入りした後は、ブームは沈静化していたが、2004年3月20日に発売された「かえってきた!たまごっち+(プラス)」を皮切りに、新シリーズが開始された。
2011年で初代の発売から15年を迎えた。

ちなみに、初代の増産タイミングミスが原因で250万個もの不良在庫を抱えてしまい、結果的に45億円もの赤字を出しバンダイは一度つぶれかけている。
品薄が常態化し、ネットオークションでプレ値取引されているオーメダルアストロスイッチなどの平成ライダー関連グッズで頻繁な「増産」をしないのは、この苦い経験があるためだと言われている。

デジモン」こと「デジタルモンスター」は元来この「たまごっち」に対戦要素を付与し男性向けに調整が行われた一種の派生シリーズであり、初代シリーズ(デジタルモンスター ver.*)の基本的な部分での仕様や操作方法などはたまごっちとほぼ全く同じである。
このデジタルモンスターシリーズが完成に男性向けとなったため、どっちつかずであったたまごっちは女性(女児)向けへとシフトしていく事になった(※元々たまごっちはボーイズトイ事業部で開発されており、後期には「オスっちメスっち」という男女双方、カップルをターゲットにした商品まで出ていた)。

その関係か、ボタモンとナニモンには妙な裏設定があり、ボタモンは世界観上で重要な「最初の三匹」の一匹としてばんぞー博士に会った経緯があり、ナニモンは「デジモンの世界に迷い込んだおやじっち」(故に武器を持たず、攻撃方法がアレしかない)という裏設定が存在する今現在ではボタモンの項を当時の公式コミカライズである「半熟たまごっち」(渡辺けんじ)第1話、ナニモンの項を当時の攻略本やデジモンウェブなどで確認する事ができる。

略歴

模写56


1996年

11月23日 初代「たまごっち」発売(有名なキャラは、まめっちくちぱっちおやじっちなど)。

1997年

2月1日 「新種発見!!たまごっち」発売(アダルトっちが総変更。みみっちが初登場)。
5月 海外で「TAMAGOTCHI」の発売が開始。
(※海外では当時から「TAMAGOTCHI」と最後に「I」がついていた。)
8月 「てんしっちのたまごっち」発売
(※キディランドにて「オスっち・メスっち」のテストセールス版も発売されていた。正式版とは「トンカチで殴ってしつける」「おじっちとおトキっち管理と思われるラブホテル(セックス)描写」の2種の違いがあり、その内容の際どさからたくさんの団体の糾弾を受け販売中止。
筐体が正式版と完全に同じであり上記ソフトウェア内容の違いかパッケージでしか判別できない事から確実な入手は困難を極め、プレミアとなっている。)
12月 「オスっちメスっち」正式発売(性別ができ、通信によるブリードが可能)。
(※上記2点が省かれ、おじっちおトキっちが育成キャラとして初登場。)

1998年

2月 「森で発見!!たまごっち」発売(むしっちが登場)。
3月 「海で発見!!たまごっち」発売(さかなっちが登場)。
9月 「デビルっちのたまごっち」発売。
10月 「やさしいたまごっち」発売(本体やボタンが大きく、各お世話もボタン1回の簡単操作に)。
(※さらに逐次必要なお世話のボタンが赤く発光する親切仕様であった。)
11月 「サンタクロっちのたまごっち」発売。

2004年

03月20日 「かえってきた!たまごっち+(プラス)」発売(赤外線通信を搭載)。
多くの未使用キャラがいる事が判明している。
海外版「V2」で採用されたもののイラストや名前がないキャラや、イラストは存在するが名前が存在せず海外や日本でもその全てが現在まで使用されていないキャラ、店舗連動展開に失敗したであろうでかたま用の予備キャラ、そして後にふらわっちとしてメインキャラへ返り咲くころっちなどなど、その後の扱いは多岐に渡る。
11月23日 「祝ケータイかいツー!たまごっち+(プラス)」発売(買い物ができるようになる)。
(※初の携帯電話連動商品で、以降の商品では外部との「連動」が標準の機能となった。)
(この製品の海外版「V3」のみふらわっちがりーふっちに変更されている。詳しくはふらわっちの項を参照。)

2005年

07月22日 「祝ケータイかいツー!たまごっち+(プラス)赤いシリーズ」発売(赤い液晶を搭載)。
(※親友度が高まり易く、赤たま同士は比較的すぐに結婚ができる。)

11月23日 「超じんせーエンジョイ!たまごっち+(プラス)」発売(職業ができる)。
(*この海外版「V4」以降どの製品でも基本的にふらわっちは"彼女の双子の姉"の設定を持つばいおれっちに変更されており、日本版でも名前は伏せられているものの「"双子の姉がいる"という設定がふらわっちについている」。詳しくはふらわっちの項を参照。)

2006年

07月22日 「ウラじんせーエンジョイ!たまごっち+(プラス)」発売(青い液晶を搭載)。
(※「エンたま」とはキャラクターやミニゲーム内容が全て異なる。)
11月23日 「こっちこっち!たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」発売 (くろまめっち登場)。

2007年

11月23日 「いぇー!ふぁみりーイロイロ!たまごっち+(プラス)」発売(家族として最大5人まで同時育成可能)。
(※まめっちめめっちくちぱっちふらわっちござるっちの家族が公式に設定された。)

2008年

03月29日 「夢のロイヤルふぁみりーたまごっち+(プラス)」発売。
11月22日 「TAMAGOTCHI+COLOR(たまごっちプラスカラー)」発売(画面がフルカラーになる)。
(※ここから基本的に「たまごっち」の表記が英語表記になり、表記法も海外版に準じ「I」がつき「TAMAGOTCHI」となった。)

2009年

11月23日 「Tamagotchi-iD(たまごっちアイディー)」発売。

2010年

10月16日 「Tamagotchi nano(たまごっちナノ)」発売。
10月30日 「Tamagotchi-iD もっとiD!おうちdeたまごっちステーション+」発売。
11月23日 「Tamagotchi-iD LovelyMelodyver.(たまごっちアイディー ラブリーメロディーバージョン)」発売。
(※ラブリっちラブリンに、うわさっちメロディっちに差し替えられたバージョン)。

2011年

3月19日 「Tamagotchi-iD L」発売。

2012年

11月23日 「Tamagotchi P's(たまごっちピース)」発売。

2014年

9月27日 「TAMAGOTCHI 4U(たまごっちフォーユー)」発売。

アニメ

初代

1997年7月に映画「たまごっちホントのはなし」が公開された。
ストーリーは、生物学者のばんぞー博士と、とある事情で地球に来たたまごっちが出会うまでを描いた。
なんと、たまごっち星とおやじっちには人間語の台詞が割り当てられていたりする(※「東映アニメフェア」同時上映4作品のうちの1作品であるために、放映時間は約9分ととても短い)。
また、フジテレビ系列でも1話1~2分程度のショートアニメ「TVで発見!!たまごっち」を1997年7月8日から1998年3月21まで毎週1話放送していた(全27話)。
そのうち初期の9話分のみ上記映画と共に「ビデオで発見!!たまごっち」(1997年11月25日)としてVHS化されたが、その後に放送したかなりの話数が未収録のままとなっており、残りの18話の復刻は絶望的である。
もはや録画されたテープを入手するしかないだろう。
なお再放送は一切なかったため、当時の録画テープにはニューステロップが入ってしまっている。
ちなみに、各たまごっちの言葉は擬音(たまごっち語)のみであり、人間語での(視聴者に意味の通じる)台詞はなかった。ショートアニメではおやじっちも擬音での登場となる。

この繋がりがあったために、フジテレビは「はねるっち」「はねるっち2」や「恋するたまごっちゅ あいのりバージョン」などの提携商品を実現した。
「ケーたま」の初期版にもフジテレビのロゴである「目玉マーク」の隠しアイテムが存在する(※但し2005年3月以降のROMでは同じく隠しアイテムの「こけし」に置き換えられている)。

2代目

2007年12月15日に、初の長編映画「えいがでとーじょー!たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!?」が公開された。
このとき、たまごっちにはじめて人間語での台詞がついた(翻訳されているという設定)。
また、BS11でも短編アニメ「さぁイコー!たまごっち」(全12話)が放送された(※海外でも「Let`s Go! TAMAGOTCHI」の名で全話英語吹き替えにて配信されている)。
2008年12月20日には、2作目の映画「映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?」が公開。

3代目

2009年10月12日よりアニメ「たまごっち!」がテレビ東京系列にて放送開始。
元々は月曜午後7時-7時30分のゴールデン枠で放送されていた。
その後2013年4月からは木曜午後6時30分-7時に放送日時を移動、さらに2015年4月、「アイカツ!」と放送時間帯の入れ替えが行われた。
これによって、本作は木曜午後6時から、「アイカツ!」が午後6時30分からと言う事になる。

実は1度だけではあるが、その日の局内最高視聴率を獲得した日もある。

だが、3年目で玩具展開に大きく失敗した事や海外同時展開の考慮等の理由から4年目で完全新作レベルでのリニューアルがなされ「たまごっち!ゆめキラドリーム」へ改題、基本の3名(まめっち・めめっち・くちぱっち)以外のキャラと話の中核となるエリアを完全に刷新した。

しかし今までのキャラクターファンをほとんど全て切り捨てる子供向けアニメにありがちなそのやり方から旧来のファンから敬遠された上に、特殊能力を持ちキーキャラクターとなったメインヒロイン2名(ゆめみっちキラリっち、及びその妖精ゆめキャンっち)への時間配分(変身バンク・妖精バンク含む)が必然的に大きくなる上に変身モノにつきものの「バレてはいけない」を踏襲した事からシリーズの特徴であった「群像劇」が殆ど描けない状態となってしまい、さらにそのキーキャラクター含む新キャラクター各々の評価が今までのキャラやヒロイン達を全く超えられず(特に「ラブリっちメロディっち」の二強。
彼らにより唯一の過去キャラ登場回の視聴率が大きく上がり、公式サイト会員のみ投票できるメインヒロインアンケートですら数倍の差をつけられる事態になった)、テコ入れ・なりきり玩具展開は大失敗に終わった。

4年目に問題の「ラブメロ」を復活させ、さらにメインヒロイン(キーキャラクター)を「バレてよい・誰にでも能力を使える(但し1日1度のみ)」の設定を持つキャラへ交代した上で重めのタイムトラベル系SFストーリーを大筋としながら群像劇をある程度形成する事に成功し一定の評価を得るも、大筋の話がかなりシリアスであり、またストーリーによって掘り下げられたキャラと全く出てこなくなったキャラの扱いの差からファン層の分裂を生んでしまう(他作品を挙げるならば赤ずきんチャチャの原作とアニメ版の様な状態であった)。

3~4年目の失敗から5年目にして「1~3年目と4・5年目の土地が融合する」という超展開にて4・5年目のキャラを踏襲しながら1~3年目と同様の形態に戻され、結果評価は兼ね安定し、悪い物ではなくなっていた。

しかし、「アイカツ!」との枠交換を機にアニメの新作の製作は取り止めとなってしまい、過去の作品の傑作選(+スタジオトーク)の放送となってしまった。
しかも、本作を放送している枠では(2015年)10月から「ヒミツのここたま」がスタートする事が判明。
結局それにあとを託す恰好で、2015年9月いっぱいで終了した。

pixiv内でのたまごっち

pixivにおいては2010年代~現在、1日あたり2~6件程度くらいの投稿数がある。
ゴールデンタイムでアニメが放映されているにも関わらず、決して多い数字とはなっていない。
新シリーズの対象年齢を考慮すると仕方のないところだが、ファン(対象年齢の方はもちろん大きいお友達も)としては物足りない投稿状況であろう(※初代のメインターゲットは小学生~女子高生で、現在は小学生。ただ現行のアニメは小学生…対象…?)。

しかしながら、ファンによる二次創作であるオリジナルたまごっちも投稿されており、ある程度の人気があるといえるだろう。

関連イラスト

たまごっち
たまパフェ。


餃子が食べたい
みんないっしょ いっしょはいいでしょ


たまごクラブひよこクラブ
【コラボ】わんぴっち


15周年!!
ぴーす!!


らくがき
たまともフォーエバー!


【たまごっち!】ドリたまカーチャンズの朝カツ
たまごっち(ネコ)



関連動画

たまごっち情報

CM・宣伝




他の記事言語

Tamagocchi

関連タグ

総合タグ

初代たまごっち たまごっち! たまごっち!ゆめキラドリーム たまごっち!~みらくるフレンズ~ GO-GOたまごっち! それって、くちぱっち
ゲーム バンダイ 育成
ちゃお ぷっちぐみ コロコロコミック コミックボンボン
たまごっち図鑑 たまごっち星 たまごっちタウン ドリームタウン ドリたまタウン たまとも
人外 ケモノ ゆるキャラ たまごっち擬人化
みんなのトラウマ あるある
たまごっち50users入り たまごっち100users入り たまごっち500users入り

キャラクタータグ

まめっち ラブリっち / ラブリン メロディっち もりりっち まきこ めめっち くちぱっち ちゃまめっち ハピハピっち ひめスペっち くろまめっち スペイシーっち うわさっち ござるっち ききっち ふらわっち おやじっち みみっち ラブソラっち かんでんっち たんぽぽ ともみ でかたま主人公

ネタタグ・コラボタグ

たまごっちのこわいはなし オリジナルたまごっち オリたま 絵師たま
二次創作 非公式 たまバスケ!
モブたまごっち たまごっち化 百合っち
たまイレ たまキュア たまカツ! たま魔女どみそ 魔法少女ラブリ☆マギカ 進撃のたまごっち 東方ごっち

バンダイ関係

デジタルモンスター / デジモン
アイカツ! / アイカツ
神羅万象
ヒミツのここたま

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「たまごっち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3366524

コメント