ピクシブ百科事典

ドラえもん

どらえもん

「ドラえもん」は、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品、及びその作品の主人公の名前。
目次[非表示]

本項では作品全般について記述する。キャラクターのドラえもんはドラえもん(キャラクター)を、同名のアクションゲームに関してはドラえもん(FC)を参照。

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画及びアニメ

天までとどけ


国民的な漫画で、日本でドラえもんを知らない人はまずいないだろう。
世界的にも人気が高く、pixivにも多くのイラストが投稿されている。
pixiv内外を問わず、ネット上ではネタ絵も多いが、それだけ身近な存在だからであろう。
そして当然のことではあるが、ドラえもんという漫画の作品の神髄をついた名作も数多く存在する。

なお新人の作品/表現/絵に関し「これなら僕にも描ける!」とライバル心を燃やしていた手塚治虫は、この作品に関し、「これは描けない」と言っていたという。

海外展開は翻訳された原作漫画と吹き替えアニメ版がこれまでアジア圏、中南米、アラビア語圏、ロシアやイスラエルなど出版・放送されていた。
アメリカ・カナダは翻訳された原作漫画が電子書籍が流通していたが。アニメはディズニーがテレビ朝日から放送権を取得し2014年夏に全米デビューが決まった。

あらすじ

勉強も運動もおちこぼれでドジばかり踏む小学生野比のび太のもとに、ある日机の引き出しから、未来から来たのび太の孫だと名乗る少年セワシと青いネコ型ロボット・ドラえもんが登場する。
セワシは「このままじゃお祖父ちゃんは駄目な人生を送ることになる」という忠告とともに、ドラえもんをのび太の教育係として置いていった。
はじめは混乱するのび太だったが、ドラえもんの道具の力を知り「カッコいい大人になってしずかちゃんと結婚できるなら……」という考えに至って、ドラえもんを迎え入れることになる。

かくして、ネコ型ロボットと少年の2人の友情物語は幕を開けるのであった。

歴史

ドラえもんは小学館の学年誌「小学四年生」「小学三年生」「小学二年生」「小学一年生」「よいこ」「幼稚園」の6誌で1970年1月号から連載を開始したのがはじまりである。1973年になると、「よいこ」「幼稚園」に代わり、高学年向けの「小学五年生」「小学六年生」で連載を開始した。ちなみに、「小学四年生」1971年3月号と1972年3月号には、ドラえもんがのび太と別れて未来に帰る内容の最終回が掲載されている。
後には「てれびくん」でも連載を行い、「少年サンデー」の増刊号にも読切が掲載されたことがある。1979年からは映画の原作となる長編も「コロコロコミック」で掲載されたが、1986年から作者の健康が悪化し一時休載(雑誌には過去の作品を再掲)を余儀なくされる。1988年から学年誌での連載を再開したものの再び作者の健康が悪化し、1991年4月に発表された「こわ~い!『百鬼線香』と『説明絵巻』」が事実上の短編最終作となった。
以後長編に絞って創作が続けられ、1994年には中編「ガラパ星から来た男」が学年誌に掲載されたが、1996年9月に作者が長編「のび太のねじ巻き都市冒険記」連載中に永眠した。しかし1996年1月に作者は「ぼくは『ドラえもん』をまだ描き尽くしたとは思っていない。徹底的に、あと一滴も絞れないというところまで絞って描いてみたいんです」とインタビューで語っており、まさにドラえもんは藤子・F・不二雄のライフワークであったといえる。

登場キャラクター

詳しくはドラえもんの登場人物一覧を参照。

劇中劇

建設巨神イエオン ライオン仮面/オシシ仮面

雑学として

名古屋テレビとタイアップしたグリーンキャンペーンのマスコット版ドラえもん。青の部分が緑に変更されておりのび太の魔界大冒険公開時に缶バッジが配られた。

原作では確認されていない。シンエイ動画、大山のぶ代版アニメでも初期に放送されたエピソード。ドラえもんと同じ形だが黄色地にトラ縞が入っていて性格が悪い。

関連タグ

藤子・F・不二雄 藤子不二雄 コロコロコミック ドラえもん1000users入り ドラズ100users入り
パーマン エスパー魔美 
ドラえもんのエピソード一覧 ドラえもんのカップリング一覧

道具など

タイムマシン タケコプター どこでもドア もしもボックス スモールライト/ビッグライト 四次元ポケット
地球破壊爆弾

派生作品

ザ・ドラえもんズ ドラベース ドラれおん

ゲーム版ドラえもんシリーズ

ここでゲームならではのこわーい展開やステージ、てごわい敵キャラクターについて紹介
ハドソン製FCドラえもん - 「ダイヤを取りすぎると地獄行き」という展開がある。
ドラえもんギガゾンビの逆襲 - 魔王デマオン/ツチダママスター
ドラえもん2のび太のトイズランド大冒険 - 4-2/13-3/ケンダマン/キットラ
ドラえもん3のび太と時の宝玉 - アトランティスの中ボス/ポセイドン/改変された未来/ジェロの末路
N64 ドラえもん2のび太と光の神殿 - 光のクリスタルの力が無くなってゲームオーバー
N64 ドラえもん3のび太の町SOS! - スライムに飲み込まれたのび太の町の人々/バグル帝王爆誕シーン

映画タイトル

劇場版一覧は映画ドラえもん記事にて。

ドラえもん誕生日スペシャル

  • 2007『ドラえもんが生まれかわる日』
  • 2008『ドラえもんの青い涙』
  • 2009『ドラえもんの長い一日』
  • 2010『決戦!ネコ型ロボットVSイヌ型ロボット』
  • 2011『走れドラえもん!銀河グランプリ』
  • 2012『アリガトデスからの大脱走』
  • 2013『真夜中の巨大ドラたぬき』
  • 2014『地底100マイルちょっとの大作戦』
  • 2015『のび太特急と謎のトレインハンター』
  • 2016『天才のび太の飛行船ゆうえんち』


「日本一のアニメ祭り」で共演したキャラクター

チンプイ 春日エリチンプイ
夢野サリー カブ ポロン魔法使いサリー
わぴこ ぎょぴ 藤ノ宮千歳きんぎょ注意報!
月野うさぎ ルナ美少女戦士セーラームーン
21エモン モンガー21エモン
御坊茶魔 御坊亀光 貧保耐三おぼっちゃまくん
タルるートまじかる☆タルるートくん
坂本あっこハーイあっこです
野原しんのすけ 野原みさえクレヨンしんちゃん
フェニックススーパービックリマン
パプワ南国少年パプワくん
荒岩一味クッキングパパ

コラボタグ

ホムえもん 東方機械猫 ドラライブ! ドラえもんズ×ヘタリア

関連外部リンク

ドラえもんチャンネル - 藤子プロ公式
ドラえもん - テレビ朝日公式
ドラえもん - Wikipedia
ドラえもんとは - ニコニコ大百科
ドラえもん - アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラえもん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51413277

コメント