ピクシブ百科事典

ハピネスチャージプリキュア!

はぴねすちゃーじぷりきゅあ

東映アニメーション製作のプリキュアシリーズ第11作目および9代目。
目次[非表示]

ハピネス注入! 幸せチャージ! ハピネスチャージプリキュア!

概要

2014年2月2日から2015年1月25日まで放送された「プリキュアシリーズ」。 略称は「ハピプリ」(一部、「ハピチャ」「ハチャプリ」と略す人もいる)。
東映アニメーションの担当プロデューサーが柴田宏明に交代しての第2作となる。

2013年11月28日に番組ロゴが公表、2013年12月26日に公式サイトが開設され、メインヴィジュアルポスター、大まかなストーリー、メインキャラの名前が公開された。
同時に『おともだち』など幼児雑誌でもメインキャラクターのヴィジュアル、名称、設定の概要が、Web誌『オリコンスタイル』でシリーズディレクターとシリーズ構成がそれぞれ公開。
12月27日にはOPEDの担当歌手が公式サイトで公表され、翌年1月4日(新聞は同日付朝刊)、メインキャスト5人中、キュアハニー役を除く4人の配役が報道解禁された。
※毎度のことであるが、公式サイトでの発表に先駆け、同年10月24日に商標公開(文献番号4、2013-076699)でタイトルのみが先行して判明しており、ロゴ発表日に一部通販サイトの画像フライング掲載により一部キャラデザインが流出したためそれらを元にした予想イラストが投稿されていた。
よって投稿日時が早いものは本編と色々異なる場合があるため留意されたい。

シリーズディレクター(監督)は長峯達也が『ハートキャッチプリキュア!』以来4年ぶりの登板。
シリーズ構成は「プリキュア5」2作を手がけ、単話の脚本担当としてもプリキュアシリーズ全作品に携わっている成田良美が5年ぶりに担当。
「10th anniversery」のシンボルマークを冠した作品らしく、過去シリーズ経験者の再登板という手堅い体制となった。
なお、このコンビは『聖闘士星矢Ω』2期および『冒険王ビィト』とあわせて3作目となる。
一方、キャラクターデザインは、『ONE PIECE FILM Strong World』『ONE PEACE FILM Z』で作画監督を務めた佐藤雅将がシリーズ初起用となった。
佐藤は原画として『スイートプリキュア』21話のキュアビート初変身シーンを手がけた事でプリキュアファンには知られていた(同作シリーズディレクターの境宗久Twitterで公表していた)が、先述の『ONE PIECE』劇場版2作など少年向け作品での原画担当が多く、キーヴィジュアル公開時、その絵柄から香川久の再登板や上野ケン、あるいは漫画家の吉崎観音の起用などを予想していたネット上のファンの意表を突いた人事となった。
音楽は高木洋、EDのダンスの振り付けはMIKIKOが前作『ドキドキ!プリキュア』に引き続いて担当。

OPは元AKB48仲谷明香が初担当。EDは前前作前作に引き続き吉田仁美が担当。

映画

2014年3月15日公開の『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』でスクリーン初登場(ただしテレビ版に登場していたキュアフォーチュンは登場せず、キュアハニーは先行登場という形でセリフなし)。
2014年10月11日には『映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』が公開された(キュアフォーチュン映画初登場、キュアハニー映画初セリフ)。
2015年3月14日に公開された『映画プリキュアオールスターズ春のカーニバル♪』ではキュアフォーチュンがオールスターズ映画に初参加した。

漫画

上北ふたごによるコミカライズ版が「なかよし」に連載された(2014年3月号~2015年2月号)。
プリキュアコレクションとして刊行された単行本に収録されている描き下ろし最終回はダーク誠司との戦いが中心となり、レッドとの戦いは描かれていない。また戦意を喪失したプリキュアを叱咤激励する役割をキュアミラージュが担っているのもアニメと違うところである。

10周年記念作品

放映年がプリキュアシリーズ10周年という節目であり(放送開始前日の2014年2月1日は『ふたりはプリキュア』放送開始満10年)、宣伝戦略にもその点が押し出された。
「プリキュア 10th anniversery」の専用ロゴが作られ、公式サイトにも組み込まれている。
また、本作第14話(2014年5月4日放送)でプリキュアシリーズ通算500話の節目を迎えた。

キー局である朝日放送の土肥繁葉樹プロデューサーは、報道機関向けプレスリリースの中で、

かつてプリキュアに熱狂した子どもたちも主人公と同じ中学生に、いや高校生・大学生、社会人になっているかもしれません。
毎日の生活を送るなかで、人は大なり小なり壁にぶつかり、もがきながら乗り越えようとしているはず。
ときに気持ちが折れそうになったとき、自分を鼓舞し、心の支えとなってくれるのは何か——。
プリキュア』が今でもそうした存在になりうること、自信を持って訴えたい

とアピールしている。

10周年記念企画として、歴代プリキュア33人からの「プリキュア10周年おめでとうメッセージ」を番組中に流すという試みも行われる。第1話放送回からはじまり第34回にわたって1人ずつ番組冒頭に登場し、それぞれ個性あふれるメッセージを届けている(なお第14話は500回記念としてハピネスチャージプリキュアメンバー4人がメッセージを担当した)。

テーマ・特徴

東映アニメーションの柴田宏明プロデューサーによると、メインテーマはタイトル通り、ズバリ「幸せ」。
『ハピネスチャージ』のタイトルは「自分の物の見方しだい、自分のありようで幸せをつかみとる!」というコンセプトを表したもので、長峯SDの強い要望で決まったものということ。
「幸せ探し」がテーマとなっているため、ほぼ全ての登場人物たちが自分の「幸せ」をまだ見つけておらず、悩んでいる状況にある。
そのため、プリキュアに変身する少女たちも等身大の中学生らしい心の弱さや醜さを持つことが重要な要素として描かれた。恋愛絡みの懊悩や嫉妬、嫌われたくないための嘘や隠し事、価値観が違う相手への軽蔑や見下し、他人を守るために戦うことへの疑問などが赤裸々に描写されており、過去作のプリキュアたちの平均からするとかなりネガティブな描かれ方をしている。
また、プリキュアを支える仲間たちの精神性も完璧にはほど遠く、悩み苦しみながら必死に生きているという感じになっている。その結果、大人の責任感取り返しのつかない誤解を生み出し、子供の満たされない恋慕憎しみに転化するというかなりえげつない展開が平気で展開された。従来の協力者ポジションのキャラは戦闘力はない代わりに精神面では完璧すぎるくらいに成熟しておりプリキュアたちを導くメンターという役割を担っていたのとは正反対であるが、「誰だって人には知られたくないような弱い部分を持つ」はこの作品では決して避けてはならないテーマであり、例外とされるキャラはただ一人を除いていない。
特にメイン主人公の愛乃めぐみは負の側面の設定がかなり凝っており、「他人を幸せにすることでしか、自分の幸せを感じられない」というメサイアコンプレックスの持ち主になっている。プリキュアに求められる主人公像の影の側面を描いたかのような複雑なキャラ付けがされた。
メインとなるストーリープロットも勧善懲悪ではなく愛憎劇に近く、プリキュアシリーズの中では重めのドラマが描かれた作品である。
後述する世界観のシビアさも特筆すべき部分であり、設定だけこうして文章にするとかなりシリアス系に寄った作品のように思えるかもしれないが、暗い雰囲気にならないように、キャラクターたちの描写はかなりコミカルに描かれているのも特徴。
キャラクターたちは世界が侵略されている理不尽や自らの苦悩を「目の前にある現実」として受け入れ、笑顔で過ごそうとしている。表面的な部分では明るく快活なプリキュアらしいノリが前面に出されており、作品全体の硬軟のバランスが取られている。

「自分にとっての幸せ」をみんなが見つけることが重要なテーマになっていることから、相手が我儘なエゴイズムを持っていても相手を否定せずに認める努力をする代わりに、自分の中にある我儘なエゴイズムも否定せずに相手に押し付けることも時には必要だという、「エゴのぶつけあい」を肯定する展開がしばしばある。
このあたりはジコチューな心を少し否定的に捉えていた前作とちょうど真逆のようになっており、興味深い。
ただし前作も本作も、自分の幸せと他人の幸せを共に求めることが一番の理想と説いているのは変わらない。

物語の世界観には過去シリーズとは大きく違う挑戦的な要素が多数組み込まれた。
本作においては主人公達のみならず、「各大陸にプリキュアチームが存在」しており、その活躍の情報がワールドニュースに流れて、正義のスーパーヒロインとして世界規模で認知されているなど、今までに無い大規模な設定になっている。
前作『ドキドキ!プリキュア』のラストの展開が最初から本編に組み込まれる形になったと言える。もっとも「プリキュアの正体が誰か」までは一般人に知られてはいけない風潮はこれまでと変わっていない。
プリキュアが戦う敵組織「幻影帝国」の活動も大規模で、地球規模の侵略を物語当初から行っている
主人公の住んでいる町も第1話以前から帝国の攻撃を受けていて、破壊と混乱の爪痕が生々しく残されている。
当然、幻影帝国も「人類の敵」として世界規模で認知されている。
また、本作のプリキュアは「力の根源が異世界に由来し、妖精界の危機を救う、ないし異世界の地球への侵攻を阻止する代理戦士」ではなく、「地球を守るために戦う、地球発祥の戦士」である。そのためか、妖精界などは登場しない。幻影帝国が本拠地として占領しているのも地球上の国家、ブルースカイ王国の城である。

過去作での類例としては、「プリキュアの存在が周知のものとなっている」点は『ドキプリ』終盤の他には『フレッシュプリキュア!』、『ハートキャッチプリキュア!』がある。
しかし、いずれも主人公たるプリキュアたちの活躍が世間に広まった結果だった。
第1話以前からプリキュアの存在が世界の常識になっていると言うのは本作が初の試みとなる。
そのため「プリキュアになることを夢見ていた主人公」が初めて実現することになった。
「地球由来のプリキュア」は『ハートキャッチプリキュア!』、プリキュアに選ばれるキャラクターの恋愛感情を全体のストーリーの流れに組み込むのは『Yes!プリキュア5』、いわゆる「スーパープリキュア」以外での複数のフォームを持つプリキュアは『ふたりはプリキュアSplash☆Star』後半以来となる。

「地球規模の侵略を行っている悪の帝国」や「正義の味方に憧れる主人公」などはヒーローもののアニメや特撮作品ではむしろ定番なので、世界観としては従来作以上にそちらの方向性に大きく舵を切った事となる。
その一方で、ヒロインものとしての定番要素も積極的に取り入れられており、ファッションをテーマにしたお着替えギミックや、プリキュアをサポートする男性キャラたちとの淡い恋愛模様も描かれている。

恋愛要素の取り込みに関しては今までのシリーズと比べるとかなり積極的で、レギュラーのプリキュア全員に恋愛絡みの設定やエピソードがある(これはシリーズでは史上初)。
また、失恋の痛みや恋敵への嫉妬などの生々しい感情も避けずに描いており、このあたりは恋愛を徹底して「綺麗で美しいもの」として描いていた過去シリーズとは趣きがかなり異なる。
『ハピネスチャージプリキュア オフィシャルコンプリートブック』の成田良美へのインタビューによると、近年のプリキュアシリーズが「当たり前のように自分を犠牲にして地球を救おうとする話が多い」と疑問を感じており、「利己的な思い」を否定しない作品にすることを主要スタッフたちは強く意識していたということ。そこで、等身大の中学生が願う自分だけの幸せの最もわかりやすいものとして、恋愛をクローズアップしたということである(恋愛感情とは思い人を独占したい思いであり、「みんなの幸せは私の幸せ」という博愛精神の真逆の感情であるという位置付け)。
いわば本作の恋愛要素は「地球のため、みんなのため それもいいけど忘れちゃいけないこと あるんじゃない?」という問いかけのためのギミックと言える。
初期のプリキュアシリーズでは恋愛要素を控えめにすることが女児アニメとしては珍しかったとして個性につながったが、シリーズが続くにつれていつしか恋愛がタブー的に扱われるようになってしまったことも成田氏は指摘しており、今回は柴田Pや長峯SDなどのメインスタッフがそういうプリキュアシリーズがいつしか積み上げていたタブーを打破していくことにも理解を示してくれたがゆえに挑戦できたとしている。

初期メンバーはキュアラブリーキュアプリンセスの2人だが、キュアハニーキュアフォーチュンの2名が「謎のプリキュア」として登場することが放映前から告知され、前者は第9話から、後者は第1話で初登場した。彼女らが何者なのかについては本編を通じて明らかになる(OPに変身前と思しき人物は登場している)。特にキュアハニーは第10話放送まで配役が公表されていなかった。

プリキュアの戦闘演出については、SDの前担当作である『ハートキャッチ』から継承されたところも目立つ。
「名前のある特殊技」がとても多く、格闘アクションと同時に異能力バトルの方向性が強く示唆されているのは『ハートキャッチ』の系譜そのものである。本作ではフォームチェンジの固有技もあるため技数としては『ハートキャッチ』よりもさらに多い。
しかも、技数で言うならば、本作のプリキュアたちはアームバンド型アイテム「ラブプリブレス」を通じて、自分が考えたイメージを具現化できるため、実質的にそのバリエーションには上限が無い。
また、大ダメージを受けるとアーマーブレイクして変身解除状態になるという敗北演出も『ハートキャッチ』以来の復活となった。
本作ではさらに進んで、変身解除状態になったプリキュアを、棺桶状のに封印して墓標として突きたてるという演出がある。そして封印されたプリキュアたちはプリキュア墓場と呼ばれる異空間に閉じ込められる。彼女たちを解放する手段はプリキュア側にはない。
変身解除演出は「プリキュアが戦闘不能にまで追い詰められた」という状況を流血や怪我のような痛々しい絵面を使わずに描くための手法であるが、プリキュア封印敗北したプリキュアの「戦死」の比喩表現であることは明らかであり、プリキュアという存在が絶対的なものではないという過去シリーズとは異なる世界観を如実にあらわしている。

tender



モチーフ

今作のプリキュアの変身のモチーフとして選ばれたキーワードは「オシャレ」。
プリチェンミラープリカードというアイテムを使用し、通常のプリキュアコスチュームからフラメンコダンサー、バレリーナなどの別の衣装に「お着替え」するようにフォームチェンジができる。フォームチェンジすることで戦闘スタイルや攻撃属性がガラリと変化する。
このフォームチェンジのギミックは強化フォームイノセントフォーム)への二段変身とは別に存在するものである。
本作より過去のプリキュアシリーズで強化フォームではないフォームチェンジが存在するのは『ふたりはプリキュアSplash☆Star』のみであり、8作ぶりの復活となる。最初の時点からフォームチェンジが組み込まれているというのは本作が初めて。
強化フォームではないフォームチェンジの要素は本作以降も引き継がれ、プリキュアシリーズにおける新しい流れとなった。
強化フォームや最終フォームも含めれば、登場するフォームの種類はシリーズ最多となる。

さらに、職業に応じた服装に「お着替え」すれば日常生活の中で様々な職業スキルを使えるようになるという、バトルシーン以外での変身要素を取り入れている(探偵なら人探しができるようになり、忍者なら姿を消すことができるなど)。この変装能力で人助けなども行うので、古典的な「魔女っ子もの」の要素を取り入れているともいえる。
変身能力を戦い以外で利用するのは今までの過去作では半ばタブーとされていたので、ここは地味ながらもかなりの新機軸でもある。
ただ、本作では「プリキュアはみんなの憧れの存在」という位置付けになっているので、プリキュアとは少女を戦闘に駆り立てるものではなく、女の子が楽しめる日常的な体験を提供するものでもあるんだという視点を提供するのは必然だったろう。

複数のコスチュームを頻繁に描き分けるのには従来の作画手法では手間がかかりすぎることがあり、東映アニメーションの作画枚数制限という枷もあってか、本作では戦闘シーンにフル3DCGが本格的に導入されることになった。
今までもプリキュアシリーズではエンディングアニメーションにフル3DCGのダンスシーンが使われるのが恒例だったが、そのノウハウを存分に生かすべく戦闘にはダンスアクションの要素が盛り込まれる。
なお、3DCGによる戦闘シーンの採用はTVシリーズでは本作が初となるが、映画作品では「プリキュアオールスターズDX2」を皮切りにすでに何作品かで試みられている。
なお、固有技使用時にCGを使ったフォームチェンジをするという演出方針は翌年作『GO!プリンセスプリキュア』にも引き継がれている。

フォームチェンジがある一方で、基本のコスチュームではすべてのプリキュアは共通デザインの濃紺のベストとネクタイをつける。ブレザー学生服のようにも見えるデザインで、全員に暗色系のデザインを施すというのはシリーズでは初。

ストーリー

ある日、幻影帝国なる悪の組織が現れ、人類全体に宣戦布告。世界中の都市に侵略をはじめた。

まさに地球の大ピンチだったが、そこに現れたのが正義のスーパーヒロインプリキュア」たちであった。
プリキュアはその正体は不明だが、世界中の各都市にプリキュアチームが存在し、幻影帝国の侵略から人々を守り続けている。彼女たちはほどなく人類の希望として讃えられることとなった。
しかし、世界中のすべてのプリキュアたちが頼れる存在というわけではない。中には落ちこぼれといえるような弱いプリキュアもいる。更にはプリキュアを捕獲しようとするプリキュアハンターが存在して、数多くのプリキュアはプリキュア墓場に捕らえられてしまう。
日本の「ぴかりが丘」という町を担当する連戦連敗の一人ぼっちのプリキュアも、そんな落ちこぼれのプリキュアであった。
そのプリキュア、キュアプリンセスこと白雪ひめは不甲斐ない状況を打破すべく、神様のブルーの助言で一緒に戦ってくれる「友達」を探そうとする。
変身アイテムを放り投げてぶつかった女の子を友達にすると言う、運任せの手法でたまたま選ばれた愛乃めぐみは、元々プリキュアに憧れていた事もあって、ひめの願いを快諾。
こうして、少々ドジだが何事にも常に全力で頑張るポジティブな性格の愛乃めぐみキュアラブリーと、我儘で怖がりで人見知りの激しいネガティブな性格の白雪ひめキュアプリンセスという、凸凹コンビが新たなプリキュアチームとして活動していく事になる。

めぐみとの出会いで、ひめは勝利を重ねていく中。めぐみの幼馴染相楽誠司にプリキュアのことがばれてしまい、更にはキュアフォーチュンに『キュアプリンセスといると関わった人物に不幸が訪れる』とキュアラブリーは予言されてしまう。

実は全ての戦いの原因は、嘗て恋人同士だったブルーとクイーンミラージュが戦って、戦いはブルーの勝利に終わり、幻影帝国はアクシアという箱に封印されて、ブルースカイ王国の城内に管理されていたがクイーンミラージュは、王女であるヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイを唆して封印を解かせたことからだった。そのせいでブルースカイ王国は占領されてしまい、ヒメルダ王女は『白雪ひめ』と名前を変えて、お供の妖精・リボンと共にぴかりヶ丘に避難してきた。両親と故郷を救いたいと思ったときに、プリキュアに覚醒するものの、臆病な彼女はプリキュアになる気はなく、連戦連敗の日々を送るばかりだった。その上、ぴかりヶ丘で戦っていたキュアテンダープリキュアハンター・ファントムに捕まってしまい、ことの秘密を知った実妹のキュアフォーチュンは彼女に対する恨みを露わにする。万が一彼女と組んで、鍛え上げようとしたところで絶対に拒否すると思い、キュアプリンセスと組むことを拒否する。

そのことを知らないめぐみと未だ自分を責めているひめのまえに、キュアハニーが現れる。その正体はめぐみのもう1りの幼馴染の大森ゆうこだった。ゆうこはめぐみより前にプリキュアに覚醒したのだが、恥ずかしくて黙っていた。
キュアハニーも加わり、チームは3人に増えた。

ところがそれを快く思わないキュアフォーチュンは、めぐみとゆうこの2人をチームに引き入れようとする。実はキュアフォーチュンの正体はめぐみの隣のクラスの氷川いおなで、いおなの姉の氷川まりあこそがキュアテンダーの正体だった。
キュアテンダーはファントムとの戦闘中に、いおなをかばった上で彼に連れ去られて、いおなは姉の正体を知ってしまう。いおなは姉を救うためにプリキュアとなって幻影帝国と戦おうとする。
そして、めぐみとゆうこはアクシアを開けた人物がひめと知るが、ひめに悪意はないとかんじて、キュアフォーチュンのパートナーの妖精ぐらさんと共にいおなを説得して、いおなはひめと会話して和解して、ハピネスチャージプリキュアは4人となり、『イノセントフォーム』の力で、キュアテンダーを奪還する。

そしていよいよ幻影帝国との最終決戦が幕を開け、ファントムはプリキュアによって浄化されると、キュアミラージュの嘗ての妖精・ファンファンになり、他の三幹部もプリキュアによって浄化される。
いよいよクイーンミラージュとの最終決戦が幕を開けて、彼女はこれまでの負の感情をブルーにぶつけるも、プリキュアの決死の努力で浄化され、ブルーと和解して、これまで囚われていたプリキュア及びブルースカイ王国の住民を救い出され、ブルースカイ王国は元の美しい姿を取り戻す。

こうして、幻影帝国との戦いに終止符が打たれたと思われたが…。その裏には何か黒い影が動き出すのだった。

キャラクター

プリキュア

ハピネスチャージプリキュア!


ハピネスチャージプリキュア


その他のプリキュア

Full Charge!!


※これらの他にも数多くのプリキュアがモブキャラとして登場している⇒モブキュア

妖精

プリキュアの協力者

見守る人悩める人


プリキュアの敵

幻影帝国

幻影帝国!


レッドの一味

絶望の…


プリキュアの家族

協力者の家族

ぴかりが丘中学校

スペシャルゲスト

その他


主題歌

オープニング

エンディング

  • 曲名:『プリキュア・メモリ』(1~26話)
    • 作詞:只野菜摘
    • 作曲:小杉保夫
    • 編曲:Dr.Usui
    • 歌:吉田仁美
  • 曲名:『パーティ ハズカム』(27話~)
    • 作詞:只野菜摘
    • 作曲:ヒザシ
    • 編曲:古川貴浩
    • 歌:吉田仁美


各放送回

メッセージの35話以降はネタとして入れているので、()つき。実際には放送されていないので注意。

話数サブタイトル備考・関連タグメッセージ本編との絡み
1愛が大好き!キュアラブリー誕生!キュアラブリー誕生/キュアプリンセス変身シーン初披露 /キュアフォーチュンブルー大森ゆうこ相楽誠司相楽真央愛乃かおりクイーン・ミラージュナマケルダ等が初登場キュアブラック初代プリキュア。やはり始まりはこの人でないと。
2ひめとめぐみの友情!ハピネスチャージプリキュア結成!!ディープミラーが初登場/ニゲルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ/チーム「ハピネスチャージプリキュア」結成/「プリカード」初使用/キュアドリーム
3秘密がばれちゃった!?プリキュアの正体は絶対秘密!!ホッシーワが初登場/「キュアライン」初使用/チェリーフラメンコ初披露/相楽誠司がプリキュアの協力者に/プリキュア恋愛禁止令/キュアパッションパッションダイナマイトが使われたためか。
4転校生はお姫様!!ひめの友達ゲット大作戦!!和泉先生が初登場/白雪ひめ初名乗り/シャーベットバレエ初披露/キュ荒ブリーキュアムーンライト
5めぐみとひめ!仲良しおたすけ大作戦!!ロリポップヒップホップ初披露/ラブリービームキュアハッピー
6リボンの優しさ!!料理って愛情なんです!!大森家初登場/マカダミアフラダンス初披露/あ~え~キュアイーグレット
7友情全開!!二人の新たなる力!!ラブリーパンチングパンチ/ラブリーライジングソード/合体技ツインミラクルパワーシュート初披露/めぐみとひめが出会って100日経過キュアアクア
8友情の危機!!ミスフォーチュンの不吉な予言!!氷川いおなオレスキー増子美代、-石神りん高野れい古田かな椎名えれな等が初登場/海外のプリキュアチーム/ミスフォーチュン/キュアフォーチュンとキュアラブリーが初対面/ハピネスチャージプリキュア初の敗北キュアパイン
9空手でオッス!!プリキュアパワーアップ!?キュアハニー初登場/ごはんの歌キュアリズム
10歌うプリキュア!キュアハニー登場!!新学期初の放送/ブルー海外出張/ホッシーワの歌/アイドルホッシーワ/キュアハニーの正体判明/そうです!私がキュアハニーなのです!のポーズキュアブロッサム
11謎のメッセージ!キュアハニーの秘密!!大森米蔵大森イネ初登場/キュアハニー誕生の経緯と正体を隠していた理由が判明/たたた田植え/ダメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ/キュアハニー初変身バンク/キュアハニー、ハピネスチャージプリキュアの3人目のメンバーになる/ポップコーンチア初披露/スパークリングバトンアタックキュアマーチ農業回ということで、食いしん坊のなおちゃんか。
12めぐみピンチ!プリキュア失格の危機!!山崎健太が初登場/愛乃だめぐみ/ヒメルダ先生/ラブリーライジングバット/3人変身バンク/ラブリーとサイアークの一騎打ち/仕事するポップコーンチア/潔いナマケルダキュアハート勉強回ということでキュアハート。いや、皮肉ですな。
13強敵登場!キュアフォーチュンVSプリキュアハンター!ファントムが第1話以来の登場/アクシアの箱、クロスミラールーム初登場/めぐみとブルーのデート/ラブリーとフォーチュンの共闘/プリンセス、ハニー出番なしキュアミント緑キュアコンプリート】
14ヒーロー登場!あいつはいかしたすごいやつ!!プリキュアシリーズ通算500話/仮面タクマー/めぐみマン、ゆうこマン、ヒメルダー/オレスキートリオ500話記念特別メッセージ(現レギュラー4人=ラブリー、プリンセス、ハニー、フォーチュン)
15お母さんに逢いたい!ひめブルースカイ王国に帰る!めぐみ、ひめ、ゆうこの3人がブルースカイ王国へ/フォームチェンジ三連発キュアメロディスイートプリキュア初期メンバーコンプリート】
16私はマスコミよ!!プリキュアの秘密全部見せます!!驚き顔誠司/先生の鼻が高い発言/増子美代の過去/国家テロ/ココナッツサンバ初披露/キュアハニーが初めて攻撃を受ける/増子美代がプリキュアの協力者になるキュアベリー
17努力と根性!!めぐみと誠司の絆!!誠司vsいおな/火事場のクソ力なひめ/ジョジョネタとキョウリュウジャーネタ、まさかの公式化/誠司の過去/ウルトラハッピー幸せゲットだよな幼いめぐみ/にわとりのぬいぐるみキュアルージュ
18みんなで幸せ全力応援!ぴかりが丘の結婚式!!キャラクターの服装が夏服になる/サムシングフォー/唐揚げタワー/失踪理由が意味深な氷川まりあ/キュアハニーがキュアフォーチュンと初対面キュアピーチフレッシュプリキュアコンプリート】サムシングフォーということでピーチ繋がりで?
19サッカー対決!チームプリキュア結成!サッカー日本代表中山雅史がゲスト出演/氷川いおなとキュアフォーチュンが同一人物だと判明キュアエース
20悲しい過去!!キュアフォーチュンの涙めぐみ達がぐらさんと初対話/氷川まりあとキュアテンダーが同一人物だと判明/いおながめぐみ達にすべての真相を語る/サイアーク同士の戦い/ラブリーとフォーチュンのWこちょこちょ/エクリップスプリキュア結成?/ひめ解雇?/誠司スルーキュアサンシャイン
21ひめの過去の過ち!怒りのキュアフォーチュン!わんわんワンコ/めぐみが初めて号泣/ファントム、ぴかりが丘に本格侵攻/サイアーク軍団出現/キュアハニーがスパークリングバトンアタックで一網打尽/プリキュア墓場に誘い込まれたキュアフォーチュンが窮地に陥るシャイニールミナス
22新たな変身!?フォーチュンの大いなる願い!ラブリー・ハニー・フォーチュンが初めて変身解除される/キュアフォーチュン初変身バンク披露/フォーチュンピアノフォーチュンタンバリン初登場/新・キュアフォーチュン誕生/クイーンミラージュが初めてめぐみ達の前に姿を現すキュアビューティ
23超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!クイーン・ミラージュの襲撃/制裁を受けるファントム/倹約家いおな/プリキュアスナックなっとうぎょうざ味/アクシアの真実/親子サイアーク/パインアラビアン初披露/ラブリー、ハニー出オチ/キュアフォーチュン、ハピネスチャージプリキュアの4人目のメンバーになる/ハピネスチャージプリキュア、メンバーコンプリートキュアブルームSplash☆Star及びピンクチームコンプリート】
24いおなコーチのプリキュアパワーアップ大作戦!合宿回/ハピネスチャージプリキュアの謎特訓/オレスキー達の特訓/水着ホッシーワ/あんみつこまち初披露/無理な戦闘が祟って倒れるめぐみ/複雑な誠司キュアレモネードYes!プリキュア5コンプリート】
25恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!めぐみが初めてブルーを呼び捨て/人魚ひめ/りんがまたサイアークにされてしまうキュアダイヤモンド
26迷子のふたり!ひめと誠司の大冒険!ローカル線無人駅の自販機がフィーバー状態/キュアプリンセス、おでこパンチを披露キュアビート
27悩めるひめ!プリキュアチーム解散の危機!?アイキャッチ、エンディングがリニューアル/いおな先生/ゆうこに恋愛経験があることが判明/ブルーに恋愛経験があることが判明/誠司サイアーク/ひめの初恋と終焉/【L字型に台風11号情報。警報・注意報随時。】キュアロゼッタ
28ハワイ上陸!アロ~ハプリキュア登場!プリキュア海外派遣/アロ~ハプリキュアマダム・モメール初登場/世界のキュアハニー/【関西地区、高校野球のため1週遅れで放送キュアマリンハートキャッチプリキュア及び青キュア水キュアコンプリート】作画崩壊と思える顔芸は必見
29アクシアの真の姿!シャイニングメイクドレッサー!!シャイニングメイクドレッサー出現/オレスキートリオが浄化されかける/ディープミラーの本性発覚/ファントムにブルー討伐命令が下る/【関西地区、高校野球のため1日と2時間遅れで放送キュアピース日曜ジャンケン戦争エキジビジョン開催】
30ファントムの秘策! もう一人のキュアラブリー!クイーン・ミラージュの正体/アンラブリー登場により悪乃めぐみ変態ファントムさんまさかの公式化/新合体必殺技「プリキュア・ハピネスビックバーン」登場ミルキィローズ氷キュア、プリキュア5GoGo!コンプリート、シリーズ全作品一巡】
31まさかの急接近?!キュアハニーとファントム!ゆうこがファントムを看病/そのゆうこにファントムが犬扱い/ファントム救出の命を受けたオレスキーがほっちゃれ状態キュアサニースマイルプリキュア赤キュア炎キュア川村敏江デザインのプリキュアコンプリート】
32いおなの初恋!?イノセントフォーム発動!いおなのイノセント回。いおなの恋愛観の成長を描く/海藤裕哉がいおなに告白/いおなの初デート/ソフトクリームは飲み物/ナマケルダが「恋の狩人」を名乗って珍しく本気を出す/キュアフォーチュンがイノセントフォームに覚醒キュアソードドキドキ!プリキュア紫キュア歌キュアコンプリート】
33わたしもなりたい!めぐみのイノセントさがし!めぐみのイノセント回。ドジな主人公が人助けを頑張るプリキュア王道路線の集大成展開/深大寺まみが初登場/キュアラブリーがイノセントフォーム覚醒目指して、悪戦苦闘/ロケットクッキー/イノセントフォームが覚醒しない/めぐみに「自分のため」に何かを頑張りたいというフラグが立つキュアミューズスイートプリキュア全メンバー、黄キュアイエローチーム、全追加戦士高橋晃デザインのプリキュアコンプリート】
34ひめ大活躍!?盛り上げよう!はじめての文化祭ひめのイノセント回。ひめの精神的成長の総決算/文化祭/假屋崎会長が初登場/キュアプリンセスがイノセントフォームに覚醒/【劇場版仕様OP】/【本編のセリフ~劇場版CMにつながるメタ展開】キュアホワイト【シリーズレギュラーの全プリキュアコンプリート(最終的内訳=無印及びMaxHeart白キュアブルーチーム)】ラストを飾るのはやはりこの人、キュアホワイト。
35みんなでおいしく!ゆうこのハピネスデリバリー!ゆうこのイノセント回。ゆうこの完成されたブレない信念を描く/ハニーキャンディの作り方公開/三ツ谷のぶこが初登場/キュアハニーがイノセントフォームに覚醒/【フルタ製菓のCMにフォーチュンの中の人登場】/
36愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!めぐみのイノセント回その2。自分の無力さへの苦悩を乗り越える試練/めぐみの誕生日パーティー/愛乃勝初登場/めぐみが母の思いを理解できていなかったことが判明/誠司とブルーが悩むめぐみをそれぞれ励ます/めぐみとオレスキーの誕生日が同じ日/キュアラブリーがイノセントフォームに覚醒
37 やぶられたビッグバーン!まさかの強敵登場!ハロウィンまつり/ディープミラーが三幹部に愛想が尽きる/コスプレブルー/モテモテブルー/キュアテンダー・闇
38響け4人の歌声!イノセントプリフィケーション!プリキュア同士の戦い再び/イノセントプリフィケーション初披露/キュアテンダーこと氷川まりあの帰還/ディープミラーに初めて意見するミラージュ
39いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!いおなとまりあが空手対決/稽古後のマッサージ/まりあの渡米/鬼コーチいおな
40そこにある幸せ!プリキュアの休日!幻影帝国との決戦前夜/ファントム、厭戦フラグ/オレスキートリオへ最終通告/おしゃれ番長なひめ/人魚ひめ再び/負ける気がしないハピネスチャージプリキュア/ミラージュ、ついに奥の手を使用へ
41ミラージュのために!ファントム最後の戦い!クイーンミラージュが全世界の人々をサイアーク化/ハピネスチャージプリキュア&ブルーが幻影帝国へ/キュアハニーVSファントム/お前が言うな/ファントムの正体発覚
42幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部プリキュア&ブルーが幻影城に突入/キュアプリンセスVSナマケルダ/キュアハニーVSホッシーワ/キュアフォーチュンVSオレスキー/三幹部浄化/キュアラブリーとクイーンミラージュが3度目の対面
43ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!キュアラブリーVSクイーンミラージュ/めぐみがブルーに大告白/暴走するクイーンミラージュ/ハピネスチャージプリキュアがクイーンミラージュを浄化/サイアークにされていた世界中の人たちおよび封印されていたプリキュアが開放/ブルーがミラージュに300年越しの告白、めぐみの初恋の終わり
44新たなる脅威!?赤いサイアーク!!レッド赤いサイアークが初登場/ブルースカイ王国解放/傷心のめぐみを励ますためひめたちがパジャマパーティを企画/めぐみ2回目の号泣/レッドがキュアラブリーと初顔合わせ/レッドがキュアラブリーを悪堕ちさせようするも失敗
45敵は神様!?衝撃のクリスマス!クリスマス回/みんなでプレゼント交換/微笑ましい誠めぐカップル/男運がないひめがついに百合宣言/レッドがラブリー以外のハピネスチャージプリキュアと初顔合わせ/ダーク誠司初登場
46愛と憎しみのバトル!誠司VSプリキュア!ダーク誠司とプリキュアとの初戦闘/ハピネスチャージプリキュアが全員変身解除される/地球に向けて赤い星がやってくる/キュアテンダーやアロ~ハプリキュアら世界中のプリキュアがハピネスチャージプリキュアの救援に駆けつける/ハピネスチャージプリキュアが宇宙へ
47ありがとう誠司!愛から生まれる力!ダーク誠司とキュアラブリーの一騎打ち/ハピネスチャージプリキュアが誠司を浄化
48憎しみをこえて!誕生!フォーエバーラブリー!レッドVSプリキュア/ラブリー以外のハピネスチャージプリキュア及び妖精2人と誠司がレッドによって封印される/レッドの真実と自殺願望/キュアミラージュの参戦/全ての人々の愛によりフォーエバーラブリー誕生
49愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!最終回/レッドVSフォーエバーラブリー/ブルーとミラージュ、地球を去り始まりの男女に/人間に戻った三幹部/ラブリーからキュアフローラへのバトンタッチ

余談

平成世代声優の進出

スイートプリキュア♪』において、大久保瑠美が平成生まれの声優として初めてプリキュア(キュアミューズ)を演じた事が話題となった。
一作置いて『ドキドキ』では寿美菜子宮本佳那子の二人、そして今作においては中島、潘、戸松の三人が平成生まれ(学年的にも同級生)となっている。
1月4日のメイン配役発表の時点で明かされなかったキュアハニー役に、全く無名の新人である北川里奈が抜擢されたのも注目点と言えよう。(センターポジションのピンクではないとはいえ)主人公格たるプリキュアに新人が起用されるのは史上初。同時間枠の前身番組を含めても『明日のナージャ』の小清水亜美以来となる。

その他

  • メイン主人公の名前が「めぐみ」だが、プリキュアを演じる声優2人(中島、潘)の名前もまた「めぐみ」である。下の名が被る声優がチームメイトを演じるのは、『Yes!プリキュア5』シリーズの永野愛秋元こまち)&前田愛水無月かれん)に次いで2例目。
  • 先述の通りプリキュアチームが世界各地に存在する、という設定であるが、中の人的な意味でも中島愛がフィリピンとのハーフ、潘めぐみが台湾系の家系、と何気にインターナショナル。もしかすると、旧作劇場版敵ボス、TV版で妖精を演じたあの人の久々の再登場や、中島とも縁のあるあの人の初登場…という可能性もあったのかも知れない。
  • 潘めぐみは、前年に「ジュエルペットハッピネス」にて主人公の月影ちあり役で出演しており、2年連続でタイトルと作品テーマが『ハピネス』つながりの作品に出演することになった。⇒ジュエルペットハッピネスチャージプリキュア!
  • 「略号表記すると共に『HCP』」「ハードは高性能なのにOSが残念な青キュア」「メンバーのカラーリング配分が同じ、且つ3・4番目は途中加入」「退場とその後の救済への流れ」…等、『ハートキャッチプリキュア』との共通点が見られる他、メインキャラクターたちの心理面や人間関係に関して、視聴者が不快になりかねないネガティブな部分も避けずに描いた点は『スイートプリキュア』と共通点が強い。『スイート』を意識していると思われる描写は他にもいくつかある。当初は主にいおなのひめに対する発言がネタにされていたが、主人公プリキュアが誕生する以前から一国の姫がプリキュアとして戦っていた最初から顔見せしていた敵王が実は黒幕が別にいてそれに操られた存在であり年明け前に決着がつく、その後黒幕が組織の首領格を据え置く、などストーリー部分に共通項が見られる。また、黒幕含めた敵組織の上層部が全員救済されたパターンは、現時点のプリキュアシリーズでスイートとハピネスチャージの二つしかない(逆に劇場版のラスボスはプリキュアに撃破されている)。さらに、スイートもハピネスチャージも後半のストーリーが『幸せ』とは何かということを問う似通った展開になっており、プリキュアがいくら頑張っても、世の中から不幸を完全になくすことはできないという現実をごまかさずに描いたことも共通している。(そのことについて終盤で幸せと不幸は紙一重であることを強調する描写がある。但しスイートがノイズ、ハピネスチャージがブルーが説明するため、前者は否定的、後者は肯定的である。) 
  • ミッションの一つにカード収集がある、という事から『カードキャプターさくら』を思い出す、という声も。主人公を含めて複雑に交錯する恋愛模様、同級生男子が後々にヒロインに好意を持ち、そのヒロインは最初は年上の男性キャラクターに憧れを抱いている…等の共通性があるが、『ハピプリ』ではサポーターに留まる同級生男子が『CCさくら』では戦闘要員であったり、『CCさくら』チーム全員に縁故関係がある(知世が再従姉妹、小狼と苺鈴が従兄妹、且つ木之本・李両家が遠縁の間柄)のに対し『ハピプリ』チームにはそれが無い、等相違点と表裏一体でもある。
  • 本作品に登場する『プリカード』はデータカードダスの1シリーズとしての商品展開がされており、対応機種である「DCD」表記もある。カードのベースカラーがマゼンタなのはDCDシリーズが『仮面ライダーディケイド編』の『ガンバライド』をベースに開発されたことにも由来する。そのためか初期ヒロイン2人の配色(マゼンタ・シアン)はディケイドの主役ライダー2を意識したような同配色である。両作品には『記念シリーズ作』『歴代の力をカードで使うことが出来る』と言う共通点もあるが『海賊戦隊ゴーカイジャー』と被ることを忌避してか作中では『歴代の力』は強調されていなかった。(アイテムには音声が収録されている)


関連イラスト

ひめぐみ!
ハピネスチャージプリキュア!
♡♡♡
皆に幸せフルフルチャージ!
ハピネスチャージプリキュア!
ハピネスチャージ!!



関連タグ

カテゴリータグ名
作品関連プリキュア/プリキュア10周年おめでとうメッセージ
表記ゆれハピネスチャージプリキュア
プリキュアチームハピネスチャージプリキュア/ボンバーガールズプリキュア/メルシィプリキュア/ワンダフルネットプリキュア/モブキュア
用語幻影帝国/ブルースカイ王国/ぴかりが丘/ハピネス注入/おおもりご飯/クロスミラールーム/プリキュア封印/プリキュア墓場/プリキュア恋愛禁止令/プリキュア赤点禁止令/プリキュアウィークリー
食べ物ネタハニーキャンディ/ごはんの歌/おかしの歌/唐揚げタワー/プリキュアスナック/おしるこソーダ/ロケットクッキー
アイテムプリチェンミラー/プリカード/キュアライン/ラブプリブレス/トリプルダンスハニーバトン/フォーチュンピアノ/フォーチュンタンバリン/アクシア/シャイニングメイクドレッサー/イノセントハーモニーマイク
必殺技ラブリービーム/ラブリーパンチングパンチ/ラブリーライジングソード/ツインミラクルパワーシュート/スパークリングバトンアタック/フォーチュンシェイキングスター/イノセントプリフィケーション/ラブリーハートスタンプ
フォームチェンジチェリーフラメンコ/シャーベットバレエ/ロリポップヒップホップ/マカダミアフラダンス/ポップコーンチア/ココナッツサンバ/パインアラビアン/あんみつこまち/イノセントフォーム/スーパーハピネスラブリー/フォーエバーラブリー/キュアミルキィ/キュアジュンサー/わんわんワンコ/ヒメルダ先生/いおな先生/人魚ひめ
カップリングハピネスチャージプリキュア!カップリング
集合絵タグハピプリオールスターズ/ハピネスチャージプリキュア
パロディジュエルペットハッピネスチャージプリキュア!/プリキュアフィーバーJ/変なプリキュア/超時空要塞プリキュア/キュアフォーチュンX
中の人ネタキュアランカ/キュアイムヤ/キュアメロエッタ/キュアメラグ/キュアナギ様/キュアキャンデリラ/キュアララ/キュアアスナ/仮面ライダーブルーキバ/キュアモルジアナ/キュアちあり/エクリップスプリキュア/キュアべる様/キュア九衛門
ノワールプリキュアダークネスチャージプリキュア!/マッドネスチャージプリキュア!/悪乃めぐみ/クイーンラブリー/黒雪ひめ/毒盛ゆうこ/キュアホーネット/卑川いおな/いおなのひめいぢめ/卑川まりあ
変態化変態ゆうゆう/変態ブルーさん/変態ファントムさん
評価タグハピプリ100users入りハピプリ500users入りハピプリ1000users入りハピプリ5000users入りハピプリ10000users入りハピプリ50000users入り


キャラ別タグ

愛乃めぐみキュ荒ブリー/キュアラブリーは本当に無敵なんだね!/世界に広がるビッグな愛!(物理)/ラブリーさんまじラブリー/髪下ろしめぐみ/愛乃だめぐみ/尻のめぐみ/ぱいのめぐみ/わんわんワンコ/レジェンドオブ愛乃めぐみ
白雪ひめヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ/ニゲルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ/ダメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ/ヒメルダ先生/キュアマリンセス/たたた田植え/イカプリンセス/ひめさん/安定のヒメルダ/白雪ひめ終了のお知らせ/キュアプリンセスは本当に最強なんだね!/人魚ひめ/おはぎみたいな目しやがって
大森ゆうこハニーキャンディ/ごはんの歌/ゆうこれかわいい/はにこれかわいい/胸が大盛りゆうこ/尻も大盛りゆうこ/フトモモも大盛りゆうこ/特盛ゆうこ/そうです!私がキュアハニーなのです!のポーズ/命よ天に帰れ(意味深/世界のキュアハニー/ハニー教/ハニーキッス
氷川いおな一人スイプリ/ミスフォーチュン(プリキュア)/いおなは不憫/安定のいおな/お姉ちゃんっ子いおな/ツンデレいおなさん/かわいいおな/いおなちゃんをいぢめ隊/キュアフォーチュン改二/キュアフォーチュン・真/いおな先生/運命拳(フォーチュン拳)/フォーチュンチョコCM
相楽誠司誠司ハーレム/キュアオッス/なんだ誠司か/悪堕ち誠司/ダーク誠司/誠司ファントム
幻影帝国オレスキートリオ/今週の星岩さん/アイドルホッシーワ/おかしの歌/水着ホッシーワ/わんトム/アンラブリー
その他ブルー終了のお知らせ/テレビ王子/マスゴ美代/ミラージュ(プリキュア)
オールスターズハピネスチャージなおちゃん/ハピネスチャージあかねちゃん/ハピネスチャージ亜久里ちゃん/ハピネスチャージマナちゃん/ハピネスチャージつぼみさん/偽エコー/ハピネスチャージえりか/ハピネスチャージまこぴー/ハピネスチャージれいかさん

※オールスターズでの太字キャラハチャプリチームメンバー全員との繋がりがある。

外部リンク

公式サイト(東映アニメーション)

プリキュアシリーズ」タグ

←10.ドキドキ!プリキュア11.ハピネスチャージプリキュア!12.→Go!プリンセスプリキュア

pixivに投稿された作品 pixivで「ハピネスチャージプリキュア!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36789922

コメント