ピクシブ百科事典

スイートプリキュア

すいーとぷりきゅあ

東映アニメーション製作のプリキュアシリーズ6代目第8作。 略称は『スイプリ』。
目次[非表示]

正式なタイトル表記は『スイートプリキュア♪』だが、pixivタグとしては「」を省略したこちらのほうが多い。

届け! みんなの組曲! スイートプリキュア!

概要

英語タイトル名は、「SUITE PRECURE」。

2011年2月6日~2012年1月29日に、朝日放送(ABC)・テレビ朝日フルネット系列で放送された。全48話。

モチーフは「音楽」。
世界観やストーリー全体に音楽の要素がちりばめられているだけでなく、プリキュアたちのコスチュームや戦闘アイテムのデザインも音楽記号や楽器を元にしている。
タイトルの「スイート」は、「組曲」「ひとそろい」を意味する"Suite"であり、甘いといった意味を持つ"Sweet"ではない。のちに実現したが

スイーツ(笑)


なお、主人公の一人である南野奏パティシエールを目指す女の子なので、お菓子の方の「スイーツ」も作中には頻繁に登場する。そういう意味ではダブルミーニング。

前作『ハートキャッチプリキュア!』では馬越嘉彦によるデフォルメの利いたキャラクターデザインが特徴的だったが、今作では従来作のような少女漫画調の絵柄に戻る。あまりのギャップとインパクトに前作以上の評価と感銘を受けた人間も多い。担当者は高橋晃

心にハーモニー、響かせよう!

あらすじ

メイジャーランドは、幸せな音楽をつかさどる国。
歌の妖精・ハミィは、そこで「伝説の楽譜」を奏でようとしていた。
だがそこへ、悲しい音楽の国・マイナーランドの王であるメフィストが、楽譜を書き換えようと乱入する。
メイジャーランドの女王アフロディテは、「伝説の楽譜」に書かれていた音符たちを人間界へばら撒くという奇策によって、楽譜の書き換えを防いだ。
しかし楽譜が真っ白になったおかげで、メイジャーランドも幸せな音楽を奏でることができなくなる。
そのため、メイジャーランドは音符を集めなおすために妖精ハミィを人間界に派遣。一方、マイナーランドも音符を集めるために妖精セイレーンを派遣した。こうして、善悪二大勢力による音符争奪戦がはじまった。

一方、人間界は加音町の私立アリア学園中学校。
北条響は、親友だった南野奏と入学式の日に行き違って以来、仲直りができないでいた。
そんな折、人間界にやってきたハミィとセイレーンに出くわす響。
「伝説の楽譜」の音符の一つは偶然にも、奏の思い出のレコードに隠れていた。しかしセイレーンは音符をレコードごと怪物ネガトーンに変えてしまう。ネガトーンと戦えるのは、伝説の戦士プリキュアのみ。
そのときハミィは響と奏に伝説の戦士プリキュアとしての資質を見出した。響と奏はプリキュアに変身すると、息の合わなさを乗り越えてネガトーンを浄化しレコードを取り返す。
それが元で2人の交流が始まり、誤解が解け仲直りを果たした後些細な言い合いはするものの喧嘩するほど仲のいい関係になる。それ以来、音楽嫌いになっていた響は父の真意を知り次第に音楽系の一家の娘としての自覚を取り戻していく。

そんな2人にキュアミューズという名前の黒衣のプリキュアが現れて、2人は彼女の正体を掴もうと情報収集を始める。しかし一行に手掛かりがない状態だった。

そんな時、セイレーンがハミィに仲直りを申し込み響と奏に内密で自分の持っている音符とハミィの持っている音符を合わせて2人で幸福のメロディを歌おうと誘う。
しかしハミィの行動を不審がった2人が後を追うと、なんとセイレーンはハミィを騙して響たちが集めた音符を横取りしようとしていたのだった。そのことに気付いた2人はハミィは騙されていると説き伏せるが、ハミィはセイレーンを信じて音符をいつも収納しているフェアリートーンごと渡してしまい、案の定ハミィとフェアリートーンはセイレーンとトリオ・ザ・マイナーに捕らえられてしまう。
音符はメフィストの持つ楽譜に収まり、セイレーンは不幸のメロディを歌おうとする。2人はそんなセイレーンを止めようとするが、フェアリートーンもハミィも人質に取られているため変身や戦うことはできない。それでもハミィはセイレーンを信じ、セイレーンもハミィの説得に心を動かされプリキュアに覚醒。フェアリートーンもハミィもメフィストたちの手から解放されて、2人は彼の召喚したネガトーンを浄化しメフィストとトリオ・ザ・マイナーは退散する。セイレーンは過去の行いからの迷いの末、黒川エレンという人間の少女として生き、キュアビートとして戦っていくことを決意するのだった。

一方マイナーランドに逃げ帰ったメフィストはそのことに腹を立てて、トリオ・ザ・マイナーをパワーアップさせて、大量の音符を奪っていった。
絶対絶命のプリキュア3人は妖精・クレッシェンドトーンの導きで、ハミィ達と共にメイジャーランドに赴き『魔響の森』に封印されているヒーリングチェストを得る。
3人の戦いはより有利になったが、あるバザーでそのヒーリングチェストを謎の人物に奪われる。奪ったのはトリオ・ザ・マイナーではなくキュアミューズであり、そのヒーリングチェストはどういうわけか奏の弟・奏太の同級生アコの手に渡っていた。拾ったと言って返却した彼女だが、実はアコこそキュアミューズでありアフロディテの実の娘でメイジャーランドの王女だったのだ。
その上アフロディテの父にしてアコの祖父は調べの館の老人・音吉であり、更にメフィストの正体はアコの父・アフロディテの夫にあたるメイジャーランドの王だった。
メフィストはヒーリングチェストを取りに魔響の森に行ったのだが、そこで何者かに悪のノイズを吹き込まれ、メイジャーランドの三銃士とセイレーンに同様のノイズを浴びせ陣営を築いていたのである。アコはアフロディテによって人間界に逃げ込み、音吉の元で身を寄せていたが両親の争いを止めるためにプリキュアになることを決意。しかし両親に心配がかからないように別の衣類で変装し、謎のプリキュアとして動いていたのだった。
しかし響たちの説得を受け仲間に入ることを決意して、人間界に進行してきたメフィストを取り返すことに成功。そんな中トリオ・ザ・マイナーの内の1人・ファルセットが傲慢なリーダーとして豹変し、他の2人・バスドラバリトンを巨大な生物にパワーアップさせメフィストの前から姿を消した。

そんななかアコは1羽の小鳥を拾う。『ピーちゃん』と名付けて飼うのだが、その日から響たちの集めた音符が一気に消えてしまう。
そして雨の日、初めてピーちゃんを見た音吉は険しい顔をする。音吉はかつてメイジャーランドの戦士でクレッシェンドトーンと共にノイズという怪物と戦い、ノイズの力を弱めることに成功した。しかしその代償にクレッシェンドトーンは魔響の森に封印されてしまい、残った音吉は使えるだけの力を振り絞り、彼を封印していたのだ。そのノイズが鳥のような姿をしている事からピーちゃんがノイズと疑うも、クレッシェンドトーンは「心が読めない」とピーちゃんを判定できなかった。ところがピーちゃんの異変に気付いた響が完成間近のパイプオルガンを弾くと、ピーちゃんの正体がノイズと発覚する。
ノイズはファルセットの完成間近の不幸のメロディの披露で復活するも、まだ不完全だった事から小鳥の姿をしていたのだった。
本性を表したノイズは最後の音符を奪うと、トリオ・ザ・マイナーと共に逃走。

最後の音符を楽譜に入れてこれで全ての音符が揃ったと思いきや、4つのト音記号が突然消えてしまった。実はその4つのト音記号は音吉が作った偽物で、本物は響たちのキュアモジューレに潜んでいるのだった。しかもそのト音記号には悪の心を浄化する能力があり3人は触ることができない。3人はアフロディテを人質に取り、そのト音記号を楽譜に入れるよう取引する。プリキュア達は不幸のメロディの完成及び変身能力喪失という苦渋の決断を下すが、メフィストの決死の努力でバスドラとバリトンは奪還された。

そしてクリスマスの夜。ファルセットはその不幸のメロディでノイズを完全復活させ、加音町の住民を石に変え音符のない楽譜をネガトーンに変えメイジャーランドへと旅立つ。しかし4人の諦めない気持ちで新たなト音記号が生み出され、プリキュア達は変身能力を取り戻しネガトーンを浄化しメイジャーランドへと向かう。

メイジャーランドではノイズやファルセットの襲撃が起こり、事態は大混乱。そこへプリキュアと音吉が現れて最終決戦になるが、音吉とクレッシャンドトーンはノイズによって石板に封印され、最後に残った部下のファルセット、メフィストに救われたバスドラとバリトン、そしてハミィを吸収してノイズは更なる変形を遂げ、メイジャーランドの住人たちを石に変えてしまう。
それでも諦めないプリキュアは、吸収されても彼の体内で歌い続けるハミィの協力、8体のフェアリートーンが合体したクレッシェンドトーンでノイズを倒す。
しかしその直後に三銃士の姿に戻ったバスドラ達は石にされ、ハミィは眠りについてしまう。響たちの力でハミィは目覚め、幸せのメロディで音吉とクレッシェンドトーンの封印を解きメイジャーランドや加音町の住民を元の姿に戻すのだった。

戦いの後で加音町に帰還した響たちの前に、一羽の白い鳥が現れる。その鳥はなんと倒される間際に優しい心に触れたノイズが転生したピーちゃんだった。こうしてピーちゃんは改めてアコのペットとして受け入れられ、人間界で暮らして行く事になったのだった。
そして4人のプリキュアもまた自分たちの夢に向かってそれぞれの道を歩んでいく…。

テーマ・特徴

本作のストーリー上のテーマになっているのは「音楽と友情」。
友情というテーマは本作に限らずプリキュアシリーズそのもののメインテーマのようなものでもあるが、本作は今まで以上に友情の大切さを強調するため、メインキャラクターたちの人間関係の描写がかなり複雑なものになっている。
登場する主要キャラクターは一人残らず、自分の大切な誰かと健全な人間関係が形成されていないという悩みが発生している。喧嘩や裏切りなどの鬱展開も従来のシリーズよりも色濃く強調して演出された。

主人公であるの関係でさえ例外ではなく、二人はわかりやすい親友同士ではない。むしろ第一話の時点では相互不信による絶交状態にあった。そんな状態で二人ともが強引にプリキュアにされて一緒に戦うことを強いられてしまう。
物語序盤はしょっちゅう喧嘩もしていたため、従来のファン層の中からはプリキュアらしくないと敬遠する声も少なからずあった。
但し人間関係がギスギスしている描写が多いのは悲劇を描きたいからではなく、どんな相手とも真正面から向き合えば友達同士になれるんだというテーマを徹底させるためである。
事実、本作は主人公同士に限らず、敵味方含めた全てのキャラクターが最終的に分かりあうことができた。

みんなに優しいプリキュア

プリキュアシリーズにおいて、敵味方問わず本編における殉職者ゼロである(映画版ではそれとは逆に敵役を全員撃破している(プリキュア映画で複数の敵キャラを撃破したのは5GoGo映画版以来)。)最初の作品であり、2014年まではスイートのみであった(敵組織の上層部の殉職者ゼロは3作後のハピネスチャージプリキュアも2015年で成就している(ただし劇場版に登場した幹部を除く))。これは音楽でみんなを癒すのが目的で、実際に敵であったキャラクターを救っている。基本的にプリキュアは優しい人間がなるのだが、とりわけスイートのメンバーは敵味方関係なく優しさにあふれているプリキュアである。
但し本作では「優しさを貫くには痛みが伴われる」ということが徹底的に強調されており、相手を許せば自分だけでなく他人に犠牲が出ることが分かっている状態で、その相手を倒そうとしないのはプリキュアという「正義の味方」にふさわしいのかという重い展開が節目節目で繰り返された。
最終回ではラスボスさえ倒せば全ての不幸は断ち切られてハッピーエンドという児童向けアニメの定番の構造を否定し、プリキュアたちは善も悪も全てを慈悲の心で受け入れる。「不幸を否定するのではなく、痛々しくても現実を受け入れる」という本作の究極なテーマをあれからまだ一年たたないうちに児童アニメでやりきった。これは、物語作劇に関して、"他人に優しく"をコンセプトに、"身近な人達への愛と思いやり"を大切にして欲しいと云うスタッフの願いが込められた為である。寧ろ、あの悲劇があったからこそのテーマでもあった(実は開始当初からテーマは"愛"する事(シリーズ共通のテーマ)と"漠然と"決まっていたが"身近な人への愛と思いやり"に明確に決定したのは3月11日以降である。)。

登場人物

主要人物

プリキュア

北条響/キュアメロディ(声優:小清水亜美)
南野奏/キュアリズム(声優:折笠富美子)
黒川エレン/セイレーン/キュアビート(声優:豊口めぐみ)
調辺アコ/キュアミューズ(声優:大久保瑠美)

妖精

ハミィ(声優:三石琴乃)
フェアリートーン(声優:工藤真由)
セイレーン/エレン(声優:豊口めぐみ)

クレッシェンドトーン(声優:西原久美子)

メイジャーランド

アフロディテ(声優:日高のり子)
メフィスト(声優:堀内賢雄)
【劇場版】
スズ(プリキュア)(声優:南央美)

マイナーランド

黒幕
ノイズ(声優:中尾隆聖)
トリオ・ザ・マイナー
バスドラ(声優:斧アツシ)
バリトン(声優:大林洋平)
ファルセット(声優:奈良徹)
モンスター
ネガトーン(声優:大林洋平)
【劇場版】
ハウリング(声優:玄田哲章)
メイジャー3
シャープ(声優:遠近孝一)
フラット(声優:真殿光昭)
ナチュラル(声優:金丸淳一)
離脱した人達
メフィスト(第1話~第36話)
セイレーン/エレン(第1話~第21話)

プリキュアの家族

北条家
(父)北条団(声優:檀臣幸)
(母)北条まりあ(声優:雪野五月)
南野家
(父)南野奏介(声優:大川透)
(母)南野美空(声優:今井由香)
(弟)南野奏太(声優:小林由美子)
調辺家(メイジャーランド王家)
(祖父)調辺音吉(声優:園部啓一)
(父)メフィスト(声優:堀内賢雄)
(母)アフロディテ(声優:日高のり子)

アリア学園中学校

王子正宗(声優:小田久史)
西島和音(声優:儀武ゆう子)
東山聖歌(声優:西野陽子)
北条サクラ(声優:豊口めぐみ)
音楽王子隊
博尺(はくしゃく) (声優:小池謙一)
馬論(ばろん) (声優:宮坂俊蔵)
無戸(ないと)
貴志(きし)

その他の人物

ありさ(声優:中村知子) - 第2話に登場した桃園ラブに似た幼女
レナ(声優:ゆりん) - 第2話に登場した来海えりかに似た幼女
マモル(声優:折笠愛)
ディーバ(声優:渡辺久美子)
ゴーレム(声優:乃村健次)
ピーちゃん(声優:中尾隆聖)

アイテム

変身

キュアモジューレ
変身アイテム。
ドリーやレリー(ラリー・ドドリー)を差し込み、変身キーを押すと、中央のディスクが回転する。
ドリーの力でキュアメロディに、レリー(ラリー・ドドリー)の力でキュアリズム(キュアビート・キュアミューズ)に変身。
変身時の掛け声は「レッツ・プレイ・プリキュア・モジュレーション!」と叫ぶ。
変身後は「とどけ!○人の組曲!スイートプリキュア!」とかっこよく決める。

武器

ミラクルベルティエ(キュアメロディ専用)
ファンタスティックベルティエ(キュアリズム専用)
この2つはフェアリートーンを使う攻撃用の武器。
ミラクルベルティエとファンタスティックベルティエを合体させると、合体武器・クロスロッドに変化する。
ラブギターロッド(キュアビート専用)
物理タイプラブギターロッドはこちら
ヒーリングチェスト
※キュアミューズの個人技による攻撃はキュアモジューレを使用。

主題歌

OP

ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪」(第1~23話) 3:25
作詞:六ツ見純代/作曲:marhy/編曲:久保田光太郎/歌:工藤真由(キュア・カルテット)
◇24話~48話は、「UNLIMITEDVer.」に変更。

ED

ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!」(第23話まで) 3:42
作詞:六ツ見純代/作曲:高取ヒデアキ/編曲:籠島裕昌/歌:池田彩
#キボウレインボウ#」(第24話から) 4:09
作詞:六ツ見純代/作曲:山崎燿/編曲:Mine-Chang/歌:池田彩

スタッフ

企画:西出将之(ABC)/三宅将典(ADK)/関弘美(東映アニメーション)
プロデューサー:松下洋幸(ABC)/佐々木礼子(ADK)/梅澤淳稔(東映アニメーション)
シリーズディレクター:境宗久
シリーズ構成:大野敏哉
音楽:高梨康治
製作担当:額賀康彦
美術デザイン:増田竜太郎
色彩設計:佐久間ヨシ子
キャラクターデザイン:高橋晃
連載:なかよし/たのしい幼稚園/ひめぐみ/おともだち/おともだちピンク
製作・著作:東映アニメーション/朝日放送株式会社/アサツー ディー・ケイ(ADK)

放送リスト

関連タグの編集は皆様にお任せします。

話数サブタイトル備考・関連タグなど
1ニャプニャプ~!スイートプリキュア誕生ニャ♪北条響・南野奏・ハミィ・フェアリートーン・セイレーン(エレン)・アフロディテ・メフィスト・トリオ・ザ・マイナー初登場/響・奏初変身
2ガガ~ン!早くもプリキュア解散の危機ニャ!響と奏の仲違いの理由判明/メロディ・リズム初戦敗北→次戦初勝利
3ジャジャ~ン!響は音楽嫌いニャ?北条団初登場/響の音楽嫌いの理由判明
4モグモグ! 奏が見せる気合のレシピニャ♪南野夫妻初登場
5ドタバタ!テレビレポーターに挑戦だニャ♪パッショナートハーモニー失敗バンク/北条まりあ初登場/エレンのサンバコスチューム
6ガミガミ! お説教が生んだミラクルベルティエニャ♪調辺アコ・南野奏太初登場/ミラクルベルティエ出現
7テッテケテ~! 音吉さんの秘密に迫るニャ♪調辺音吉初登場/怪しい外人に扮する響と奏
8チャララ~ン!セイレーンのニセ親友大作戦ニャ!北条サクラ登場
9ハニャニャ? 奏に足りないものって何ニャ?ファンタスティックベルティエ出現
10ウッホッホー! 響先生、幼稚園で大奮闘ニャ♪ゴリラ響
11ギョギョギョ!謎のプリキュア現るニャ!キュアミューズ(黒ミューズ)初登場
12リンリーン♪キュアミューズのこと教えてニャ!フェアリートーンにいじられるハミィ/ミューズの指導によりメロディとリズムがセパレーションを会得する
13ムムム~ン! セイレーンとハミィの秘密ニャ♪ハミィとセイレーンの過去判明/再洗脳されたセイレーンがエレンとなってプリキュアに襲う
14アワワワ~!ミューズ対ミューズ、本物はどっちニャ?ミューズ同士の戦い/ひびかな百面相
15メロメロ~! 奏のラッキースプーンニャ♪奏とエレンが痴話喧嘩?/アンラッキースプーン
16ピンポーン! 交換ステイでベストフレンドニャ♪スーパーカルテット
17ウルルン! ママはいつでも子供の味方なのニャ♪平和の敵北条響
18フワワ~ン!音符集めも楽じゃないニャ♪音符集めをする響と奏/集めた音符を逃がすミューズ
19グニャグニャ~!プリキュアに変身できないニャ!響と奏がセイレーンの作戦で分断される
20アアアアア~♪セイレーン、最後の作戦ニャ!セイレーンがフェアリートーンを強奪
21ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!セイレーンがキュアビートになる
22ララ~♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!エレン初変身/ラブギターロッド出現
23ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!ヘアギター
24サンサン!お砂のハミィで友情の完成ニャ!オープニング・エンディング・アイキャッチがリニューアル/海回(水着なし)/変身バンク3人バージョン初登場
25ヒュ~ドロ~!エレンの弱点見~つけたニャ!夏祭り回/エレンのお化け嫌い発覚
26ピポパポ♪フェアリートーンの大冒険ニャ♪トリオ・ザ・マイナーがパワーアップ
27カチッカチッ!30分で世界を救うニャ!ハイキングに行くのに重装備をするエレン/トロイの木馬作戦
28ドキドキ!エレン初めての学校生活ニャ!エレン初登校/フェアリートーン倒れる
29ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪プリキュアがメジャーランドへ/魔響の森/モアイゴーレム/クレッシェンドトーン登場/ヒーリングチェスト出現
30ワオーン!ヒーリングチェストの不思議ニャ!クイズ回/和音ファンにとっての神回
31ワンツー!プリキュアキャンプでパワーアップニャ!響・奏・エレンがパワーアップの為にキャプを行う/トリオがパワーアップのためと称していろいろ大食い/プリキュア・スイートセッション・アンサンブル
32オロオロ~! ヒーリングチェストが盗まれたニャ!トリオ・ザ・マイナーの女装/ヒーリングチェストがトリオに強奪された上にミューズに横取りされる
33ホワワ~ン!みんなの夢はプリキュアの力ニャ変装する響/響・奏・エレンが自分の夢に悩む
34ズドド~ン!メフィストがやって来ちゃったニャ!メフィストが再び加音町に来襲する/ミューズがメフィストをかばう
35ジャキーン!遂にミューズが仮面をとったニャ!メフィストがネガトーン化/ミューズが正体を明かす
36キラキラーン!心に届け、ミューズの想いニャ!メフィストが再びネガトーン化し加音町に3度目の来襲/アフロディテ降臨/アコ初変身/メフィスト浄化/ファルセットショック
37ワクワク!ハロウィンでみんな変身ニャ!ハロウィン回/キャプテン・ヒビキ(ゴーカイメロディ)/変身バンク4人バージョン初登場
38パチパチパチ♪不思議な出会いが新たな始まりニャ!オープニング・エンディング・アイキャッチが一部変更/ピーちゃん初登場
39フギャー!音符がぜーんぶ消えちゃったニャ!プリキュアとトリオの音符争奪戦
40ルルル~!雨音は女神の調べニャ!ピーちゃんの正体発覚
41ファファ~♪最後の音符はぜったい渡さないニャ!最後の音符争奪戦
42ピコンピコン!狙われたキュアモジューレニャ!和音&聖歌先輩が操られる
43シクシク……不幸のメロディが完成しちゃったニャ!アフロディテが捕らわれる/不幸のメロディ完成/プリキュア変身不可能
44ドレラド~♪聖なる夜に生まれた奇跡ニャ!ハートのト音記号出現でプリキュア変身再可能/調べの館空中要塞化/プリキュア再びメイジャーランドへ
45ブォーン♪ノイズの好きにはさせないニャ!音吉&クレッシェンドトーン封印される/次回作とのコラボエンドカードその1
46ズゴーン!プリキュア最後の戦いニャ!メイジャーランドから音が消える/次回作とのコラボエンドカードその2
47ピカーン!みんなで奏でる希望の組曲ニャ!クレッシェンドプリキュア/ノイズ浄化/次回作とのコラボエンドカードその3
48ラララ~♪世界に響け、幸福のメロディニャ!最終回/幸福のメロディが歌われ世界が浄化される/戦闘シーンなし(変身シーンあり)


備考

関連商品について

日本水産は、プリキュアシリーズのソーセージを発売しているが、今作も同様に発売継続。
山崎製パンは、プリキュアパンシリーズ4作目として発売。
バンダイのTPETS(ティーペッツ)は、『ハートキャッチプリキュア!』に続き、2作目となる。

データ放送連動システム

『ハートキャッチプリキュア!』からシステムを引き継ぐカードゲームになっている。
今作はゲーム中に任意の名前を入力できる。
また、関西地区は甲子園で中止されて延期になったその日もデータ放送連動が実施される。

コミカライズ

これまでのプリキュアシリーズ同様、『なかよし』(講談社)では上北ふたごによる、『たのしい幼稚園』(同社)ではにあれいと相棒のひろかねこによるコミカライズ版が連載されている。
なお、『なかよし』連載版には同誌に連載できなかった最終回ストーリーがムック本(『スマイルプリキュア!&スイートプリキュア♪おはなしブック!』)および単行本(プリキュアコレクション)に収録されている。

放送中止・休止

2011年3月に発生した、東日本大震災により、第6話の放送予定が翌週に放送延期。2011年6月19日に全英オープンゴルフで放送中止になった。
関西地区以外は8月7日(第25話)、14日(26話)、21日(27話)を通常通り放送するが、関西地区は8月21日に25話、24日に26・27話の放送となった。
11月6日は、駅伝のため中止。
2012年1月1日(元旦)は放送がお休みになった。

ゲーム

『スイートプリキュアメロディコレクション』
2011年8月25日にバンダイナムコゲームスよりニンテンドーDSソフトとして発売。
アーケードゲーム『データカードダス プリキュアオールスターズ
「Part4 スイートスイーツコレクション」から登場する。

年末年始の放送について

2011年12月25日(第44話)放送でこの日はクリスマス当日である。
第45話は2012年1月8日に放送。

映画

2011年3月19日公開のアニメ映画『プリキュアオールスターズDX3』でスクリーンに初登場(キュアメロディ・キュアリズムがプリキュア映画初登場)。
また、同年10月29日に劇場版が公開された(キュアビート・キュアミューズがプリキュア映画初登場)。


小説

2016年11月22日に小説版が発売される。
シリーズ構成を務めた大野敏哉が執筆、イラストはキャラクターデザイナーの高橋晃が担当する。
小説スイートプリキュア♪

あらすじ

2011年2月から2012年1月まで放映していた、プリキュアシリーズ8作目。音楽がテーマのプリキュアで、幼なじみの2人から始まり、3人目は敵方、4人目は小学生がプリキュアに変身する、プリキュアシリーズのなかでも話題の多い作品です。2016年10月末映画公開中のプリキュアノイズの多いタイミングに合わせて、小説プリキュア文庫第5弾として刊行します。アニメの翌年、中学3年生になった主人公のキュアメロディこと響(ひびき)が、ドイツに音楽留学するための準備に入っているところから物語はスタートします。幼なじみのキュアリズムこと奏(かなで)も、パティシエ学校の受験準備にまい進し、キュアビートことエレン、キュアミューズことアコもそれぞれの道にいそしんで、響は孤独を感じています。ある日、響や奏があこがれている王子先輩が行方不明になり、犯人さがしが始まり、二人が住む加音町に不穏な空気が広がります。同時に黒い雲が立ち込め、その雲が加音町の人々を吸い上げ、町に人がいなくなり、最後に響と奏が取り残されてしまいます。黒い雲の正体は何か、響と奏、エレンとアコはプリキュアになってみんなの救うことができるのか。全編、響の一人語りで綴られる物語は、読みやすく、思春期の女の子の気持ちにぐいぐいと読者を入り込ませる構成です。
(Amazon HP より)

関連イラスト

題名のない音楽k
春スイート
♪DearFriend♪
スイートプリキュア♪



関連タグ

メインカテゴリアニメ
プリキュアシリーズハートキャッチプリキュア(前作) スマイルプリキュア(次回作)
カップリングスイートプリキュア♪カップリングを参照
ネタ北条響鬼 キュアアップル キュアナージャ 戸田山エレン キュアレヴィ
users入りスイプリ100users入り スイプリ500users入り スイプリ1000users入りスイプリ5000users入り
プリキュアオールスターズプリキュアオールスターズDX3 プリキュアオールスターズNewStage プリキュアオールスターズNewStage2 プリキュアオールスターズNewStage3 映画「プリキュアオールスターズ」
類似するプリキュアふたりはプリキュア
類似作品けいおん! 仮面ライダー響鬼 題名のない音楽会
その他加音町 スイートプリキュアの関連項目とまとめ


外部リンク

東映アニメーションスイートプリキュア 公式サイト
ABCスイートプリキュア公式サイト
映画プリキュアオールスターズNewStageみらいのともだち公式サイト
映画スイートプリキュア♪とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪公式サイト
スイートプリキュア♪(Wikipedia)
スイートプリキュア♪とは/ニコニコ大百科
Suite PreCure

プリキュアシリーズ」タグ

←7.ハートキャッチプリキュア!8.スイートプリキュア♪9.スマイルプリキュア!

pixivに投稿された作品 pixivで「スイートプリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55327963

コメント