ピクシブ百科事典

男の娘

おとこのこ

男の娘とは「女の子のような」可愛い「男の子」のこと。
目次[非表示]

読み方

声に出されて読まれる機会の少ない言葉ゆえ、読み方はあまり気にされないが、一応「おとこのむすめ」より「おとこのこ」の方が一般的。

概要

男の子でありながら女の子のように可愛らしい人物、あるいはその属性を表す言葉。
何かと誤解や偏見を招きやすいジャンルでもある。

当然の如く「オカマ」とは異なるもの。ただしこの単語ができたのは2000年代であり、それ以前は男性でありながら女性的な要素を持つ者をひっくるめて「オカマ」と呼ばれる例も多かった。
また、オカマと違い、男の娘という言葉が批判的な意味合いで使われることはまずない。

年齢は大半はショタキャラであり、10代後半からそれ以上のキャラは比較的少ない。
男の子と言う単語から派生しただけあり、男の子と言った時に無理なくおさまる程度の年齢が多い様子。

大雑把な定義は上記のとおりだが、明確な発祥のわからない言葉である。
そのため男の娘の詳細な定義は極めて難しく、人によって違うと言ってしまっても過言ではない。
例えばハス太は外見こそ可愛いものの、特別に女性的と言えるほどではないため、男の娘ではなく美少年なショタキャラにすぎないと言われることがある。
対照的に相川歩の魔装少女状態は明確に女装しているものの、一目で「女装をした男子である」とわかるため、こちらも男の娘ではないとされる場合がある。
さらに小鳥遊宗太ことりちゃんのように、ごく普通の男性キャラであるが女装をしたら可愛くなったといった場合もあり、女装した姿のみを指して男の娘と呼ばれる場合もある。
これらに関し、そのキャラが男の娘に該当するか否かで議論になる場合もあるが、価値観の違いから明確な結論は得られず不毛な結果になりやすい。
よくわからない場合は、とりあえず女の子の格好をしていて、なおかつ外見が可愛ければ男の娘と思えば多分間違いないだろう。
なお誰が見ても異論の余地のない「男の娘の中の男の娘」としては大空ひばりが挙げられる。

海外においては「femboy」や「trap」といった言葉が男の娘とほぼ同じ意味で使われている。

他ジャンルとの区別

男の娘の詳細な定義が難しい一方で、明確に男の娘と分けて考えられるジャンルも存在する。

ショタキャラを女装させた女装ショタ女装少年などのジャンルが存在する。
しかし、男の娘と呼ばれるキャラクターの中には女装をしていないキャラクターも多数存在しており、男の娘=女装少年といった図式は明確に間違いであることがわかる。
もちろん女装をしている男の娘もたくさんいるのだが。
逆に言えば、女装をしているからと言って男の娘と呼ばれるわけではない。

また、男の娘の形式美的な展開の一つとして、男性キャラがある男の娘に対して男と知らずに(男だとは信じられずに)恋愛感情を抱いてしまう展開がある。
こういった展開は比較的よく見られるため、同性愛・ホモセクシュアル的な要素との結びつきが強いように思えるが、当然男の娘とは外見に対する萌え要素であって恋愛対象が女性である男の娘も多数存在するためこちらも間違い。
その一方で宮小路瑞穂のように、女性を恋愛対象としながらも、外見が女性のようであることを活かして百合のように演出するというケースもある。

他にも、「男の娘自身が同性愛者である」あるいは「男の娘は内面まで女性的である」などと考えるものもいるが、同様の理由により間違いである。

加えて、どう見ても女の子にしか見えない為、貧乳ふたなり娘との区別は一見つき辛いように見えるが、女性器の有無によって(男なのに女性器があるという特殊なケースを除き)明確に区別する事は可能である。
ただ、その場合キャラ設定をキャプション等で説明でもしなければR-18になってしまう運命にある。
さらには男性でありながらおっぱいがある男姉ちゃんなるものまで存在するが、こちらも女性器の有無で見分けることができる。

そして外見に関しても、単に「女装させただけ」や、一部の「髪が長いだけ」の男キャラをそう呼んでいる物も混じっているが、これらは間違いだという意見が多い。

pixivタグの傾向

女装タグは、普段は女装していないキャラクターを、何らかの事情で女装させる(させられる)場合に使われる傾向が強く、男の娘タグは、常時女装してるか、公式の時点で女装してる傾向が強い。
ただし、両方つけられている場合もある。

R-18関連

おちんちんは「とても小さい」か「途方もない巨根」の両極端な場合が多い。

絡み絵ならおねショタアナル責め単体絵ならメイド服が多く、それらと相性がいいように見える。
あとところてんとかちんちんリボン

三次元での男の娘

実在する人物でも、女の子にしか見えない男に対して「男の娘」の呼称を用いる場合がある。
この場合は「リアル男の娘」などと呼ぶ場合もある。
ただし、当然ながら現実では性別をごまかすことは創作よりもはるかに難しいため、化粧や女装がほぼセットになっており、素顔が中性的な男性を男の娘と呼ぶことはめったにない。
そういう理由もあってか、男の娘はあくまで二次元の中での存在であり、三次元での男の娘は認めないという男の娘好きもいる。

また、仮にそういった男性が半陰陽同性愛者あるいは性同一性障害などを備えている場合、これは極めてデリケートな問題になる。
そのため自ら男の娘と銘打っていない限り、実在する人物に対しては「男の娘」という呼称は用いない方が無難だろう。

ちなみに

男の娘が好きな男性は皆ホモセクシュアルであると考える人がたまにいるが、これはとんでもない間違いである。
「男の娘が好き」といっても、それは例えば小さな少年がウルトラマン仮面ライダーを好きだというのと同じで、あくまで「ファンである」程度のニュアンスの場合が多い。
心当たりのある人は自分の理解に問題がないか、「好き」という言葉に拡大解釈がないか考え直してみた方がいいだろう。

もちろん、男の娘に対して「男性の類型の一つ」とみなしながら欲情の対象にしている場合は、まごうことなきホモセクシュアルである。
だが男の娘を男性とみなしてはいても欲情の対象としてでなく自己投影の対象と見ている場合、つまり自分がその男の娘になった妄想を楽しむというパターン、これは必ずしもホモセクシュアルとは言えない。
欲情しているのは性的なシチュエーションそのものであり、男の娘自体は妄想上の自分を可愛らしく飾り立てるための材料にすぎないのである。
自分が可愛い男の娘になってイケメンとラブラブする妄想を楽しむのは確かにホモセクシュアルだが、前述の宮小路瑞穂のように男の娘と女性というシチュエーションも成り立つし、男の娘が男性に犯されるシチュエーションを好む場合でもマゾヒズムの範疇である場合などもあり、一概に全部がホモセクシュアルとは言い切れないのだ。

また男の娘キャラを「女性の類型の一つ」とみなす、つまり「女性キャラのバリエーションとして『身体は男』という個性をもたせたもの」というとらえ方がされる場合もありうる。これは男と女の「医学的区別」と「その人の主観的区別」とがはっきり分離しているのである。
この場合、その人の主観による男女の区別において男の娘は完全に女の側に入れられていて、肉体的性別は「目が切れ長」や「胸が大きい」などと同程度の「身体的個性の一つ」でしかなくなっている。
現実にもニューハーフを女性と認めて愛する事の出来る異性愛者の男性というのが存在するが、構造的にはそれに近いものがある(全く同じというわけではないが)。

また、男の娘が好きな層は男性が多いのは有名であるが、もちろん女性だっているのである。
BLやおいの題材として男の娘を選ぶ可能性も十分考えられる。

いずれにせよ、相手を短絡的にホモセクシュアルと煽り立てるのではなく、相手のスタンスを理解しようとすることが重要である。

関連イラスト

Sagittarius
贋ものがうそぶく


【着飾って、隠して、偽って】
aqua



関連タグ

派生

ロリショタ 男姉ちゃん 偽娘(中国語)

こんな可愛い子が女の子のはずがない だが男だ。 わぁい

相性のいいタグ

女装 女装ショタ 女装少年 女装男子 スカート男子 ちんちんの付いた美少女

重なる部分もあるが、微妙に異なるもの

中性 ニューハーフ シーメール

男の娘に関する有名な作品・イベント

ストップ!!ひばりくん! 女装山脈 処女はお姉さまに恋してる
おと☆娘

個別キャラクター

男の娘一覧を参照。

関連企画

さろぴくサロンピクシヴ※R-18)
靡童館靡童館 bi-dou-kan※R-18)

対義語

ボーイッシュ
男装の麗人男装をし、ぱっと見も男性に見える女性
漢女(おとめ)
女の息子
雄んなの子
reverse_trap

関連イベント


関連する現実の出来事

上記イベントの主宰である小林聡氏は「男の娘☆」という文字列の商標登録をしている(2011年9月に認可済み)。以下の区分において「男の娘☆」およびそれに類する表記(「男の娘」「オトコノコ」など)を用いることは不正競争防止法違反にあたると主張しているので注意してほしい。

  • 同人誌及び商品の展示即売会の企画・運営又は開催、屋外広告物による広告、看板による広告、張り紙による広告、インターネットによる広告、街頭及び店頭における広告物の配布、郵便による広告物の配布
  • ダンスに関するイベントの企画・運営又は開催、漫画キャラクターに扮そうすることを内容とするイベントの企画・運営又は開催、写真撮影会の企画・運営又は開催、セミナーの企画・運営又は開催、スポーツの興行の企画・運営又は開催、音響用又は映像用のスタジオの提供、写真の撮影
    • 主に同人誌即売会やコスプレイベントの開催とその準備・宣伝が対象になっている。

また、株式会社「未来少年」が、2010年4月27日付で「男の娘」の商標登録の出願を行っているが、こちらは2011年8月に拒絶の最終処分が確定している。
(参照:ITmediaNEWS

他の記事言語

Trap

pixivに投稿された作品 pixivで「男の娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120975144

コメント