ピクシブ百科事典

役所が病気

やくしょがびょうき

公式が病気の一類型。始末が悪いことに罹患者が全国各地に広がりつつある。
目次[非表示]

公式が病気の一類型。基本的に「作品の舞台」「制作会社の本拠地」の自治体が選挙や政策の啓発、町おこしの施策を行う場合に罹患しやすい。
近年は自治体や地場企業のイメージアップを企画する際に罹患するケースも見られる。
ご当地萌えキャラ、ゆるくないゆるキャラなどもここに一部表記。

…実は罹患者(?)が意外と多い、というか増加傾向なのは内緒だぞ!

罹患者あるいは関連自治体

病気度、あるいはそもそも病気であるかどうかは観測者による。

北海道・東北

  • 北海道
    • 札幌市初音ミクを生んだクリプトンとコラボして2009年から毎年さっぽろ雪まつりとコラボし雪ミクを生み出す。さらに札幌市電の1両にフルラッピングを施した「雪ミク市電」を運行(該当車両の車内放送はミクの声優である藤田咲のものになる)。さらには、2017年に開催された「冬季アジア札幌大会」という国際的な大会のPRキャラクターとして採用している。
    • 函館市:「宇宙人が侵略したい都市」というテーマで制作されたPR動画がいい感じに狂っていると評判。
    • 北斗市新函館北斗駅に併設された交流センターにてケンシロウ像建立。加えて開通記念ポスター・北斗の拳イチゴ味ずーしーほっきーコラボレーション
    • 美唄市:子供達による市のボランティア団体「マガレンジャー」テーマソングがKAITO(作曲はだいすけP)担当。詳しくはこちら
    • 長万部町:暴走ゆるキャラ・まんべくん。twitterで炎上騒ぎを起こして有名になり、ネットユーザーからは死亡判定までされたにもかかわらず、1年ほどで復活。役場のウェブサイトではまんべくんがトップ画像に使われており、地元のイベントにもしばしば登場し、怪しい歌や踊りを見せつけている。さすが長万部、懲りていない(褒め言葉)。
    • 夕張市:こわいリアルな顔で有名になった。 → 夕張メロン熊
    • 留萌管内:留萌管内に所在するゆるキャラを寄せ集め、合体ロボとなったオロロン8を考案。何をどう間違ったかアニメーションまで作った(外部リンク)。しかも1体1体に美少女パイロットが設定されている
    • 小樽道税事務所:いまでこそ驚く話ではない「インターネット公売にオタグッズ」を2007年にいち早くやってしまった。ときめきメモリアルセンチメンタルグラフティ等のフィギュアを、どう考えても知っているとしか思えない担当者の気合の入った説明文で公売にかけている。
  • 秋田県羽後町:JA羽後が西又葵を起用して萌え絵をパッケージに使ったあきたこまちを販売したところ爆売れ。それに乗っかる形でカレーや日本酒などいろいろ作ってたら、町おこしのためにと羽後町役場も乗り出してきた。その結果、西馬音内(にしもない)盆踊りと言う夏祭りの時期に合わせて羽後町かがり美少女コンテスト(実態はイラストコンテストだが)なるものまで展開する一大イベントに発展中。
  • 岩手県:県知事が『鉄道むすめ』の久慈ありすを「岩手の嫁」と宣言。
  • 宮城県:県知事選挙のアピールに、『レッツパーリィ!!』伊達政宗(戦国BASARA)。これ以外にも市営バスの後ろ側に相方・片倉小十郎(戦国BASARA)と一緒にプリントするなどなど・・・
  • 福島県:こちらは県知事選挙啓発に萌え系県職員・福島未来を投入した。さらに妹・福島希望まで登場。

関東

中部

  • 長野県
    • 上田市 : 市役所が上田電鉄の存続のために魔法少女・北条まどかを投入。ついにCV:真田アサミまで付けてしまった。
    • 長野県長野中央警察署 : イラストレーター・唐花見コウによる男性警察官2人(若者と中年)のイメージキャラクターを作成。が、小綺麗な絵柄のイケメンキャラの上に2人のプロフィールが妙に細かく、また妙に親密な2人の会話設定まで掲載されており「警察の腐敗(BL的な意味で)もここまで!」と本職の方々(腐女子)をも騒がせた。
  • 岐阜県多治見市:陶器のまちを宣伝するため「やくならマグカップも」というタイトルでオリジナルの女子高生達を起用。
  • 愛知県知多半島地域:「知多娘。」という知多半島地域各市町のオリジナルイメージキャラクターを起用。

北陸

近畿

中国・四国

  • 鳥取県鳥取の飢え殺しを題材としたキャラクター → かつ江さん
  • 鳥取県倉吉市:KONAMIによるWeb連動型音楽配信企画ひなビタ♪の舞台、倉野川市と姉妹都市提携。史上初の架空都市との姉妹都市提携。さらに日向美ビタースイーツ♪の5人をくらよし観光大使に任命ちくパの発売など水面下でのコラボレーションはこれまでもあったがついに市が直接動いた。
  • 鳥取県警察本部:平成24年に携帯フィルタリングを呼びかけるポスターを制作。そのデザインがセーラー服ツンデレ風少女が「ねぇ、ちょっと!フィルタリングしなさいよ!有害情報なんて、ゼッタイ見ないんだからね!」と呼びかける絵であった。  …フィルタリング?
  • 広島県竹原市:たけはら町並み雛めぐりの公式ポスター及びパンフレットに地元を舞台とするたまゆらのキャラクターを起用。
  • 徳島県徳島市:徳島市観光協会が地元のアニメ制作会社ufotableに依頼し平成21年から、空の境界とコラボした阿波踊りのポスターを制作、市内各所に掲示している。22年版には東方Projectが参入、23年版は兄沢命斗やら草薙素子やらプリニーやら…もう何が何だか。なお平成28年版からは趣向を変えたポスターにするとのことだったが、その結果がまさかの全国的に有名なアイドル(&声優)+ご当地アニメコラボ。果たしてどの方向へ行ってしまうのか・・・
    • 平成29年にはふるさと納税でufotableが「徳島市ふるさと応援寄附金」パートナー企業となり、「阿波おどりポスター」が返礼品に加わる。全セットポスターの寄付額はなんと10万円。これは集まらないだろうと思う人が多い中、最終的に、締め切りまでの39日間で計298件、2008万5100円の寄付が集まり、同市の前年度寄付額である1445万6000円を大きく上回り、全国区のニュース番組でも取り上げられた。お前ら凄いな・・・。また、ポスター制作がきっかけとなり2009年から始まったufotable主催のイベント「マチ★アソビ」では、徳島県知事が毎回、ノリノリで参加しており、来場者からマスコット的な扱いを受けている(会う人は皆「ガモ~ン」と呼ぶとか呼ばないとか・・・)。
    香川県:自らうどん県と名乗った。そして萌えキャラまでこしらえた。病気ってレベルじゃねーぞ。
  • 高知県:ぶつ切りにされたカツオの頭に、人間の体。立体フィギュア発売予定。 → カツオ人間
  • 愛媛県八幡浜市ちゃんぽんを観光資源にと、商工観光課内にちゃんぽん係長なる役職が設けられた。それだけならどこにでもありそうな話で終わるが、正装とされる格好がなかなかに奇抜。手作り感いっぱいのちゃんぽん係長の正装(赤い丼マント・チャンポンベルト・丼王冠)を装着した姿がこちら(やのひろみさんのブログ記事内、初代のちゃんぽん係長)。そしてさらには、その正装と非常によく似たゆるキャラはまぽんを市のPRキャラクターとして採用してしまう。はまぽんのFBページはこちら。しかしこのはまぽん、どうみても裸の王様そのものであり、実は市民から「このキャラ実は相当ヤバいのでは」と言われている。

九州

  • 佐賀県
    • 大和町 : 現佐賀市まほろちゃんがネット上で一大ムーブメントを巻き起こした。
    • 県全般 : サガシリーズとの公式コラボ。その名もロマンシング佐賀。単発と思いきや、2014年9月初頭に大阪駅で佐賀県イベントを行った際にも出展。スクエニ側の公式ショップでも物品が販売されているが、販売リストにゲームやサントラなどお馴染みの商品に混ざって100万円の皿がある光景は現実感すら忘れさせてくれる。
      • この他にも佐賀県では「サガプライズ! プロジェクト」としてアニメ、ゲーム作品とのコラボを各種展開しており、2015年冬にはイカの産地として知られる同県唐津市呼子町とsplatoonとのコラボを展開 → Sagakeen。2016年夏には唐津市とおそ松さんが、2017年春には同じく唐津市とユーリ!!!onICEとのコラボを開催している。
  • 熊本県人吉市:人吉花火大会のポスターに夏目友人帳のキャラクターを起用。
  • 鹿児島県:自動車税の納税促進のためにどっかで見たような見ないような雰囲気の三人娘を投入 → 自動車税をおさめ隊。2012年には、鹿児島県議会で薩摩剣士隼人の活用方法について質疑応答が行われ、県知事が積極的な活用を示唆した。
    • 奄美市:ゆるキャラの「コクトくん」はアマミノクロウサギをモチーフにした一見可愛らしいキャラクター。しかし、服のように見える白い布は包帯で、アマミノクロウサギが車に轢かれて死にまくっていることをイメージしている。


中央省庁も罹患していた


そして海を越える

アイラさんとフィンランド衣装(14.03.18)


関連タグ

松戸 役所 魔法少女 防犯ポスター
聖地巡礼 ご当地/ご当地萌えキャラ/ご当地キャラ ゆるキャラ
NHKの本気 - 国営放送関連のタグ。こちらはクオリティの高さについても使われることがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「役所が病気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104827

コメント