ピクシブ百科事典

オタク

おたく

自分の好きな事柄や興味のある分野に傾倒する人の俗称。
目次[非表示]

概要

オタク(おたく)とは、自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称。
アニメ漫画玩具映画コスプレゲームアイドル……。さまざまな大衆文化があるが、そのような特定の趣味の対象および分野の愛好者、ファンを指す語として使われる。
英語ではこのよう趣味を指して「otaku」でも通じる。
自他に関わらず、自虐や揶揄を伴い「ヲタク」と表記される場合もある。
略称はオタ(およびヲタ)。

多くの場合、オタクという語の前に、嗜好分野を表す単語が付くが、語呂の関係から概ね省略される(例: アニメオタク→アニオタ、サッカーオタク→サカオタ)。
女オタク」「キモオタ」などの独立した単語の場合、付加語は属性ではなく、個人の特徴を示す。

おたく」という言葉の起源

「おたく」という言葉をアニメや漫画など特定の分野を精通する言葉として使う使い方は、東浩紀は1980年代に誕生したとしている。
ただし二人称として、「おたくは?」というような使い方はそれ以前にも存在した。

またオタクを最初に蔑称として使ったのは作家の中森明夫が1983年に『漫画ブリッコ』に記したコラム「おたくの研究」だと言われている。
バブル期に、アニメSFパソコンなどの愛好者を指す呼称として一般に浸透し始め、当時は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。

オタクの定義

明確な定義があるわけではなく、現在は非常に広い領域のファンや愛好家を包括する単語となっており、その実態や行動様式は一様ではない。
一括りに「オタク」と言っても、以下のように多様なパターンがある。
最近の辞書では【お宅】の意味の中に、追加されている。小学生用の辞書も同様。

  1. アニメゲーム漫画映画などの、世間一般の大衆文化のうち''特定の作品''のファンを指す俗称。
  2. 上述のうち、自身で創作同人といった活動を行う人物(例:コスプレオタク、同人オタク)
  3. 異常なまでに自身に係わる行動や情報に拘わる人物 (例:健康オタク、コスメオタク、筋トレオタク)
  4. 単なるファンの領域を超えて興味の対象に熱狂する人物(例:野球オタク、サッカーオタク)
  5. 専門家ではないにもかかわらず、特定の学術方面に対する知識が異常に豊富である人物 (例:歴史オタク、数学オタク、鉄道オタク)
  6. 中身に関わらず外見や行動がきもちわるい人物を指す俗称 (例:キモオタ

サブカルチャーの世界においては、世代ごとにオタクは分類されており、70年代にオタク文化に傾倒した世代を第一世代とし、そこから80年代は第ニ世代、90年代が第三世代、00(ゼロ)年代が第四世代とされている。

オタクに対するイメージ

中森が命名した「おたく族」という言葉自体が蔑称なため、かつては否定的な意味しかなかった。一般には「マニア」「ビョーキ」とも呼ばれ、当時のいわゆるナウなヤングからは見下され表立って排斥もされない、日陰の存在であった。
サブカルチャー界隈でこの言葉が広まったのは、当事者が蔑称である「オタク」を自虐的に自称するようになったことによる。

なお、当時から中川勝彦のようにオタク趣味を持っているアイドルも存在していたのであるが、彼らはそれを表立ってアピールすることはなかったため、一般に知られることはなかった。

しかし、現在は多くの芸能人や文化人も、オタクであると自称したり、マニアック嗜好の持ち主であることを公言するようになり、好感をもって受け止められることすらある。

とは言え、周囲を省みない自己中心的かつ非常識な振る舞いを行い、世間の顰蹙を買うオタクが大勢いることは事実である。そうした痛い言動や態度により、より偏見や誤解が深まってしまうという側面があることを良く踏まえた上で、オタクライフを満喫することを心がけよう。

オタクの名言


研究者・探求者でなくてはいけないというのは、オタク資質を持ってしまった者の宿命

模型職人・宮脇修一

オタクは自分自身が納得して喜びを得て追求していく
1人だけで自己満足していると『もったいない』
自己満足している段階ではまだアマチュアの域を超えない
この感動を共有しないともったいない

さかなクン



*名言募集中

関連イラスト

初恋
オタク系サークル



関連タグ

文化 個性 趣味 ファン
オタ ヲタク ヲタ
アニヲタ(アニオタ) キモヲタ キモオタ
マニア
女オタク 腐女子 オタサーの姫

pixivに投稿された作品 pixivで「オタク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1489331

コメント