ピクシブ百科事典

デュエル・マスターズ

でゅえるますたーず

「デュエル・マスターズ」とは、アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が開発し日本ではタカラトミーが発売している1対1対戦型トレーディングカードゲーム、およびそれを原作とするマンガやアニメである。 ピクシブ上では「デュエル・マスターズ」と「デュエルマスターズ」の二種類のタグが存在し、絵師の間でも一定しないため、「デュエル マスターズ」と検索するのが良い
目次[非表示]

表記ゆれ注意

投稿する際のタグの表記を「デュエル・マスターズ」とするか「デュエルマスターズ」とするかは絵師の間でも一定しないため、全体を検索するなら「デュエル マスターズ」、あるいは「デュエル・マスターズ OR デュエルマスターズ」とするのが良い。

なお、百科事典では表記を当記事名「デュエル・マスターズ」に統一し、「デュエルマスターズ」記事については完全に転送記事としている。
なので、投稿の際もできるだけ当タグで登録するのが望ましい。
また、タグが「デュエルマスターズ」のみなら当タグをつける、逆に「デュエル・マスターズ」とあれば「デュエルマスターズ」タグを付けないようにするなどとすると、有効なリンクが増え、タグの枠の節約にもなるので心がけよう。

概要(アニメ・漫画)

トレーディングカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」(MTG。第1部6巻まで)および「デュエル・マスターズ」を題材とし、月刊コロコロコミックで松本しげのぶにより連載された。
第1部「デュエル・マスターズ」(1999年5月~2005年3月)全17巻。
第2部「デュエル・マスターズFE」(2005年4月~2008年6月)全12巻。
第3部「デュエル・マスターズSX」(2008年7月~2011年3月号)全9巻。
他に外伝漫画として、「デュエル・マスターズ外伝」全3巻、「デュエル・マスターズ ファイトッ!」、「新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ」全1巻、「デュエル・マスターズ ファイター焔」全2巻、「デュエル・マスターズ激王伝ゲット」全2巻がある。
また、別の世界観を持つ作品として、「デュエル・マスターズ覇王伝 ガチ!!」や少年サンデーで連載されている「デュエルマスターズRevo」全1巻がある。

アニメは、テレビ東京系の「おはスタ」や「おはコロシアム」内で、2002年から放送されている。
漫画版と違い、アニメ版は最初から「デュエル・マスターズ」を題材としている。
デュエル・マスターズ」(2002年10月21日~2003年4月4日)全26話。
デュエル・マスターズ チャージ」(2004年4月から2006年3月)全52話。
新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ」(2006年4月10日~2007年3月23日)全24話。
ゼロ デュエル・マスターズ」(2007年4月9日~9月28日)全12話。
デュエル・マスターズ ゼロ」(2007年10月6日~2008年3月29日)全25話。
デュエル・マスターズ クロス」(2008年4月5日~2010年3月27日)全100話。
デュエル・マスターズ クロスショック」(2010年4月3日~2011年3月26日)全50話。
デュエル・マスターズ ビクトリー」(2011年4月2日~2012年3月31日)
デュエル・マスターズ ビクトリーV」(2012年4月7日~2013年3月30日)
デュエル・マスターズ ビクトリーV3」(2013年4月6日~2014年3月29日)
デュエル・マスターズ VS」(2014年4月5日~2015年3月28日)
デュエル・マスターズ VSR](2015年4月5日~2016年3月27日)
デュエル・マスターズ VSRF」(2016年4月3日~放送中)

ちなみに、漫画版で題材を乗り換えた背景には、MTGのルールがコロコロコミックのメインターゲット層には難解すぎたという事情がある。
この乗り換えが原因で、作者の松本しげのぶ氏は一部のMTGプレイヤーから裏切り者と呼ばれている。

ストーリー

「マジック・ザ・ギャザリング」が大好きな少年切札勝舞は、三年前にMTGのデュエルの修行へ出た父切札勝利がガルドと名乗るデュエリスト集団に破れ、行方不明となったことを、同行していたNACから伝えられる。しかし勝舞は父が武者修行を続けていると信じ自らもデュエルが強くなることを決意する。

その後勝舞は「デュエル・マスターズ」という新たなカードゲームを知る。そしてそれが彼の人生を大きく変えることとなる。

登場人物

デュエル・マスターズの登場人物

概要(カードゲーム)

MTGも手掛けるウィザーズ・オブ・コースト社が開発し、タカラトミーが2005年5月30日から販売しているTCG
クリーチャー呪文の二種類のカードの他、途中からクロスギア D2フィールドという種類のカードも登場し、現在13種類のカードが存在する。
これらを駆使し、相手のシールドを全て破壊して直接攻撃を成功させるのが主な勝利条件。

なお、遊戯王OCGのように漫画を原作とするカードゲームだと考えている人がいるが、厳密には、コロコロの読者層になじみやすい、ライトユーザー向けMTGとしてウィザーズ・オブ・コースト社が開発したのがTCGデュエル・マスターズである。
現在はMTGとはほぼ完全に別のカードゲームとして発展している。
しかし、現在でもMTGに由来する要素が出たり、反対にデュエル・マスターズオリジナルの要素がMTGに逆輸入されたりしているので、まったくの無関係と言うわけではない。
また、2006年には拡張パック「超ブラックボックスパック」にて、コラボレーションとして最強と名高いプレインズウォーカーの「精神を刻む者、ジェイス」と「ニコル・ボーラス」がデュエル・マスターズのカードとして参戦している。

初期デザインは中村聡氏。国内では同じトレーディングカードゲームであるディメンションゼロヴァイスシュヴァルツのデザイン、MTGの名プレイヤーとして知られる。

主にpixivではデュエルマスターズのカードのイラストや漫画、アニメの二時創作が投稿されている。
中にはカードイラストを描いたイラストレーター自身が投稿している物もある。

カードの種類

クリーチャー 呪文
クロスギア  D2フィールド
進化クリーチャー サイキッククリーチャー 進化サイキック サイキックスーパー
エグザイルクリーチャー 進化クロスギア ドラグハート 禁断の鼓動・禁断クリーチャー

制限カード

殿堂入り プレミアム殿堂

文明

カードの括りを表す要素の一つ。
基本的に、あるカードを使用するにはそれに対応したマナを消費しなければならないため、デッキ構築に置いて重要視することになる。
ルール上文明間の優劣はないが、それぞれ得手不得手な動きがあったり、独特の能力を持つものもある。
光文明 水文明 闇文明 火文明 自然文明 ゼロ文明

種族

カードの括りの一つ。
サポート種族など特定の種族とシナジーするものや、特殊種族など特別なものも存在する。
デッキ構築の要となることも。
デュエル・マスターズの種族一覧

背景ストーリー

デュエル・マスターズの裏設定として展開する物語。
敵対色・友好色や特殊種族など、ゲームに影響する要素もここから生まれる。

カテゴリー

背景ストーリーに置いて、特に何らかのグループ(場合によっては同一人物)に属するカードたちの括り。
カテゴリーを指定するカード効果もある。
デュエル・マスターズの名称カテゴリー一覧

関連タグ

デュエマ デュエルマスターズ - いずれも表記ゆれ
デュエマ50users入り
デュエマ100users入り
デュエマ250users入り
デュエマ500users入り

外部リンク

デュエル・マスターズ VSRF アニメ公式サイト
タカラトミー公式サイト
DuelMasters Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「デュエル・マスターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2562549

コメント