ピクシブ百科事典

ムーミン

むーみん

ムーミンとは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説または漫画、または同作品に登場する架空の種族の名前、または主人公・ムーミン・トロールの略称。
目次[非表示]

概要

ムーミンとは、トーベ・ヤンソン原作の『ムーミン』シリーズもしくは、その作品の主人公(ムーミン・トロール)を指す名前である。

フィンランドを代表する作品・キャラクターとして世界的に広く知られている。日本ではテレビアニメとなって広く知られ、フィンランド・ポーランドでもアニメ化されている。
日常ファンタジーながらどこか常識からかけ離れた、不気味で理不尽な世界観、風刺も含まれた内容は子供文学でありながら大人にも人気である。

原作者による作品は、小説のほか漫画(ムーミン・コミックス)もある。なお、ムーミン・コミックスはイギリスの新聞に連載されたもので、トーベ・ヤンソンが描いた回と弟のラルス・ヤンソンが描いた回がある。小説版とはまたムードが異なり、ギャグも多めな風刺漫画となっている。

なお、作者のヤンソンがスウェーデン系フィンランド人であるため、フィンランド語ではなく、スウェーデン語で書かれている(かつてスウェーデンがフィンランドを支配していた経緯があるため、フィンランドにおけるスウェーデン系は少数民族ではあるがその社会的地位は高い)。

舞台

ムーミン谷という世間から離れた小さな谷。海とおさびし山という高い山に挟まれている。
人口は多くないが、一応交番や町などもある。
いろんな不思議な種族が住んでいて、種族ごとに家を持ち共存している。ただし人間はいない。

日本に於いて「ムーミン」は「スローライフを楽しめる平和でのどかな田舎を舞台にしたメルヘン」のイメージで語られることが多いが、作中では彗星接近による異常気象、大洪水や干ばつ、降雹などが起こり、触ったら凍死する女のお化けモランや見たものを凍らせる氷姫、悪魔、触ったら感電するニョロニョロが棲息するなど、実際には安心して住めそうにない場所である。
むしろ、そんな危険と隣り合わせの中でも毎日をマイペースに楽しく生活しているのがムーミン谷の住人たちの魅力である。

キャラクター

多くの日本人はこの作品にキャラクター達に「名前」があると認識しがちだが、実はこの作品世界では個人を種族名もしくはあだ名で呼んでおり、個人の名前という概念がないのではないかとも言われている。
そんなわけで、しばしば同種族の別人が同じ名で呼ばれる(たとえば「ヘムレンさん」と呼ばれる人物がしばしば登場するが、それぞれ「ヘムル」という種族に属する別人である)。ミムラ族のミイの母親と姉は「ミムラ夫人」「ミムラ姉さん」という呼び方で区別されているが、この事情を知らない人は混乱が大きい。

ムーミン・トロール

本作の主人公。電話帳ほどの大きさの妖精。
ムーミン族の少年で、単に「ムーミン」と呼ばれている。
父親に似て好奇心旺盛だが、母親に似て冷静なところもある。
彼女がいながら少々惚れっぽい。そのくせ独占欲はあるなど人間らしい性格。

ムーミンパパ

ムーミン・トロールの父親。シルクハットとパイプがトレードマーク。
孤児院から脱走し、フレドリクソンらとともに海のオーケストラ号で冒険をした。
小説家となった今でも好奇心旺盛で、時折ムーミン・トロールよりはしゃぐこともある。
現在「ムーミンパパ」と呼ばれているが、若い頃は彼が「ムーミン」と呼ばれていた。

ムーミンママ

ムーミン・トロールの母親。ストライプのエプロンと大事なハンドバッグが特徴。寛容で落ち着いた性格で滅多なことでは驚かない。しかし、パパと羽目を外すことも。
料理が大得意で時々ミイやスノークのおじょうさんに教えている。趣味は編み物。
体重はパパより重いらしい。

スノーク

種族名の「スノーク」を名乗る。「スノーク」はスウェーデン語で「指図や命令をし、いばったり、うぬぼれたりする人」の意。
原作では頭髪なし。1969年・1972年版アニメでは裁判官のカツラを被っている。1990年版アニメでは短髪に眼鏡。

スノークのおじょうさん(ノンノンフローレン)

スノークの妹で髪の毛があり、金のアンクレットを付けている。ムーミンの彼女。
兄に似たのか、少しわがままでナルシストだが正直で優しい。

ミイ

ミムラ族。タマネギのような髪型をした小さな女の子。イタズラ好きで茶目っ気のある反面どこか現実的で大人びた発言をする。
ミイは「ちっちゃい」を意味する言葉。日本語に訳すると「チビ」そのまんまのニュアンスである。ミムラ族の兄妹で一番小柄な事からそう呼ばれている。
母親はミムラ夫人でスナフキンとは異父姉の関係。ムーミン家の養女となっている。

スナフキン

ムーミン・トロールの親友。家を持たない旅人で、自由と孤独を愛する。人に指図されることや作曲の邪魔をされるのが大嫌い。
ムーミン達が冬眠している間は南の方へ一人旅に出る。
父はムーミンパパと共に旅をしたヨクサル、母はミイの母親であるミムラ夫人
人間に見えるが原作挿絵では4本指だったり尻尾がチラ見してるので、彼も妖精的な存在だ。
原作ではスヌスムムリクだったが、覚えにくいのでアニメでは英語発音のスナフキンとなった。直訳すると「嗅ぎ煙草の人」。某CMのハムの人みたいなもんである。

スニフ

金貨や宝石などには目がない守銭奴。
金儲けのためなら何でもするが、野良ネコなど自分より弱い生き物にはとても優しい。
ムーミンパパと共に旅をしたロッドユールの息子で、ムーミン家の屋敷に同居している。
スニフは英語の「嗅ぐ(sniff)」。別に常にクンクン何か嗅いでいるようなキャラではないので由来は不明。原作読者にとっても謎の一つになっている。

映像化

アニメのムーミンは日本で作られた旧1969年、新1972年、平成1990年の「楽しいムーミン一家」、1979年にポーランドで作られたパペットアニメ、2014年に母国フィンランドで作られた映画「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」と約5種類ある。
キャラクターデザイン大塚康生が担当したり宮崎駿などの有名スタッフが関わった'69年や'72年の作品について原作者のトーベ・ヤンソンはあまりにも”日本的”に変わった世界観やキャラ作りに難色を示し、1990年の「楽しい~」にはヤンソンの姉弟が制作に直接関わった原作の世界観に近いものとなった。本家は「楽しい~」のみをムーミンのアニメとして認め、日本側は前作2つを黒歴史とした。
ただし、ストーリーや作画自体はハイクオリティで人気もあったため平成になってからビデオが発売された。
2014年の劇場版は漫画版のエピソードを映像化したもので、手書きアニメーションで原作漫画の雰囲気をよく再現した画風となっている。


関連イラスト

moomin



関連タグ

児童文学 フィンランド 楽しいムーミン一家
ムーミン・トロール ムーミントロール
ムーミンパロ ムーミン化

他の記事言語

Mumin

pixivに投稿された作品 pixivで「ムーミン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19557673

コメント