ピクシブ百科事典

宮崎駿

みやざきはやお

宮崎駿(1941~)は日本のアニメーション作家、映画監督、漫画家。スタジオジブリ取締役。通称「宮さん」。
目次[非表示]

概要

宮さん


日本を代表する映像作家。愛称は「宮さん」。
子供の視点で製作された作品が多い。
ジブリ設立以降はもっぱらアニメ映画作品を手がける。

1941年生まれ。もともと漫画家を志望していたが手塚治虫の影に悩んで挫折。東映動画入社後も漫画への未練を断ち切れずにいたが、入社1年後に観たソ連のアニメーション映画『雪の女王』に強い感銘を受けアニメ制作を一生の仕事にしようと決意したという。

東映動画の先輩高畑勲小田部羊一(後の任天堂キャラクターデザイナー)に誘われてAプロダクション、ズイヨー映像(のちの日本アニメーション)、テレコムへと移籍し、高畑・小田部とともに制作した『アルプスの少女ハイジ』を大ヒットさせる。大塚康生とタッグを組んで制作した『未来少年コナン』で事実上の初監督を務め、1979年の『ルパン三世カリオストロの城』で映画監督デビューを飾るが、両作は商業的には失敗し「売れない監督」の烙印を押されてしまう。

「アニメブーム」のさなかの不遇時代(もっともこの頃も『名探偵ホームズ』『ルパン三世』などの仕事は行っており干されていたわけではない)を経て、鈴木敏夫徳間書店関係者の奔走が実って1984年公開にこぎつけた映画『風の谷のナウシカ』が出世作となり、高畑勲らとスタジオジブリを設立した。以降、主にジブリを拠点として制作活動を行っている。

評価

映画監督としては、2003年に「千と千尋の神隠し」でアカデミー賞を獲得。2014年には、日本人として黒澤明以来2人目となるアカデミー名誉賞を受賞している。

若かりし日は、わずか2〜3分で緻密な絵コンテを上げる仕事の早さ、朝9時から朝の5時まで、ぶっ続けで働き続けても平気な体力、余人の追随を許さないレイアウトセンス、誰よりも大量のアイデアを出す怒濤のようなイマジネーションで知られ、アニメーターとしては疑いなく史上最強の人物であった。

1970年代には『ハイジ』や『コナン』の仕事で業界ではその突出した才能は誰もが認めるところとなっており、アニメーター志望の若者にとって宮崎はある種カリスマ的な存在となっていたが、同時に『ナウシカ』までの宮崎監督作品は大衆受けはせず、興行的に成功はしなかった。富野由悠季の『機動戦士ガンダム』などのSFアニメが一世を風靡する中、漫画映画の復権を志向していた宮崎や高畑の作風が「野暮ったい」「古臭い」と思われていた。スポンサーには「お前の画風は馬糞(まぐそ)臭い」と言われ『となりのトトロ』の企画を却下されていたといい、芝山努は「宮さんのアニメは確かにイイですよ、でも、僕の『ドラえもん』の方がヒットしているんです」などと話していたというが、宮崎アニメが商業的に大成功を収める頃にはこうした発言も聞かれなくなっていった(なお富野と芝山は宮崎と同年の生まれである)。

なお2009年に富野は「宮崎駿は作家であり、僕は作家でなかった」「能力の差を認めざるを得ない」と語っており、映像作家としての実力は宮崎の方が上である旨を率直に認めている。

人物

70歳を超えてさすがに体力は衰えたものの、今なお天才的な映像センスと想像力は衰えていない。半世紀以上にわたってアニメ作りに偏執的な情熱を燃やす奇人であり、その発言からも情熱的かつ偏屈な人柄が窺える。

鈴木敏夫によると「世間一般のイメージとはかなり異なり、重度の悲観論者。乙事主の最期の姿を思い浮かべて欲しい。あれが実際の宮さんそのもの。」とのことである。

大変な読書家で、幼少時からの軍事マニアであり、第二次世界大戦以前の戦史・兵器に造詣が深い。児童文学日本史(特に文化史方面)にも詳しい。宮崎本人は否定しているが、世界観の描き方からメディアではエコロジーの視点で高く評価される(水木しげるは宮崎に対し『を描かせるとバカみたいに巧い』と言う評価を与えている--ただしこれはどちらかというと背景美術を担当する男鹿和雄の功績であるが)。
 また、自身を「蝦夷(宮崎は雑穀や麦を栽培する農耕民族説を支持している)の子孫」として農薬の使用も若干認めつつも旧来の農耕に畏敬の念を抱いて各作品で「美しい農村」を描いている。なお、宮崎が「影響を受けた」「読んで楽になった」とする中尾佐助は、「アルプス以北の高等な農耕を日本でもやるべきだ」という改革論を唱えており、「となりのトトロ」や「風立ちぬ」で描かれるような昔の農村をむしろ若干批判している。

軍事マニアで戦争兵器に惹かれる自分と、反戦思想を持っている自分の二面性についてよく語っている。自衛隊の必要性は否定していないが、近年の日本のタカ派的風潮に対しての苛立ちを隠しておらず、日本国憲法の改正には明確に反対を唱えている(宮崎のこうした姿勢は同じく軍事マニアで古くから親交のある押井守によく揶揄される)。また、欧米圏の文化に対する露骨な批判でも知られ、『指輪物語』が映画化された時には敵対勢力の一部キャラがアジア的造型だった事に対し「白人中心主義のアジア人差別映画」と痛罵したり、ハリウッド映画に対して「アメリカ人はダーッと撃ったらドイツが爆発したとか、相変わらずそんな映画ばかり作っている」「アフガニスタン戦争での誤爆と同じ理屈」と厳しく批判している。また、キリスト教文化に深く羨望の念を抱き、旧約聖書の「伝道の書」を読んで「ちょっと楽になった」と言う一方、異教徒は魂がないから殺していいというキリスト教そのものに関する嫌悪感をそこここで吐露している。

高畑勲との関係

東映動画時代の先輩の高畑勲演出師匠とし、(高畑さんには)「青春の全てを捧げた」と語るほどの多大な影響を受ける。高畑とは東映動画を離れてからも、ジブリ創設時までしばしば行動を共にしている。なお、宮崎にはいわゆる「左寄り」気味の発言が目立つが、これは高畑の影響によるところが大きく、「世界は理屈で割り切れない」とする主意主義的な意見も目立つため、本来は「右寄り」な感性が強い人物であると思われる。

高畑に対してはよく悪口も言うが、今でも内心では師匠と慕っており、高畑に自作を褒められると子供のように喜ぶという。

手塚治虫との関係

手塚治虫と格闘してきた人生

僕は手塚さんとはずっと格闘してきましたから、それは『恩義』だけれどそんな言葉で語れるほど簡単なものじゃありません

宮崎は、手塚のことを「闘わなきゃいけない相手で、尊敬して神棚に置いておく相手ではなかった。」と、神格化しない立場を示している。
宮崎は元々手塚ファンで、小中学生の頃には漫画の中で手塚治虫の作品を一番好んでいた。
漫画家を一時期目指したのは手塚の影響であったが、大学時代にいざ漫画を描くと「手塚治虫に似ている」と人から指摘され、母親から人の真似はするなと言われてきたために非常に屈辱感があったという。そして手塚治虫に似ていると言われたことから今まで描きためていた絵を全部燃やした
しかし宮崎は自身に染み込んだ手塚の影響を削ぎ落とそうとしたものの、結局自分の画風を気にする必要が無いアニメーターとしての道を歩むことになった(そのうちに絵が誰に似ているかということはどうでもよくなっていったという)。また、同時期に手塚の虫プロダクションが制作したアニメ作品にも感心せず「アニメなら手塚さんに勝てるかもしれない」という自信を持つことになった。

そして、東映の映画「西遊記」の製作中に「そのほうが感動するから」という理由でヒロインの猿(燐々)が死ぬ展開を手塚が主張した話を伝聞で知った時に「もうこれで手塚治虫にお別れができると、はっきりと思いました。」と手塚との訣別を意識したという。ただし、これについては2009年の長文インタビュー『手塚治虫を語る』の中で改めて振り返った際、その時手塚は深く考えて言ったのではなく、ギャップがありすぎる東映のスタッフにはそう言ったほうが早かったのだろうと当時の状況を想像した上で「だから、『燐々が死んだほうが感動するよ』という言葉尻だけをとらえて、本人がどういう気持ちでそれをしゃべったかあまり考えずに、手塚さんを否定できると思ってホッとした自分というのは、やっぱり愚かな若者だったと思います。」と、認識の変化を語っている。

少年時代に大きな影響を受けながらも、やがて戦うべき存在へ変化した手塚については、上の『手塚治虫を語る』の中で、「僕は、闘いましたから。自分の絵がどうしても手塚さんに似てしまう、発想の段階では全然違うはずなのに、なぜ似てしまうんだろうかということも含め、『新宝島』で受けた時の衝撃の大きさみたいなものとずっと格闘してきましたから。それはある意味で「恩義」だと思います。でも、恩義という言葉で言えるほど簡単なものではない。僕は、手塚さんの崇拝者になりたいとは思わなかった。だから、手塚さんと格闘してない人を見るとげんなりするし、かといって、私は格闘しましたってやつに出会ったって大したことないからね。だって、手塚さんを超えるような人、なかなかいないじゃないですか。」と、複雑な思いを抱きながらも「戦う相手」として高く評価している。

また、1960年代には手塚の漫画も変化し、子供の頃に感じたようなドキドキもなくなって良い読者ではなくなったというが、昭和20年代の手塚漫画は高く評価しており、「(他の子供向け漫画と違って)手塚さんはもっと存在の奥のほうでドキドキさせてくれた。一人まったくかけ離れて、別個の存在としてあったんです。」「僕はそんな元気のいい子供じゃなかったけれど、その情けない少年時代を本質のところで理解して支えてくれたのは手塚さんの漫画だと思っています。荒唐無稽な夢や、深いところでの存在の不安というものを教えてくれたのも手塚さんでした。」と、自分の子供時代に手塚の漫画が特別な存在で、大きな影響を受けたことも語っている。

アニメ業界での手塚との関わり

アニメにおける宮崎と手塚の関係は深い。
宮崎は「それでもテレビより長編アニメーションを作りたいと思ったのは、やっぱり『雪の女王』のような作品の影響と、あとは手塚(治虫)さんのストーリー漫画によって、ひとつの世界を作るみたいな感覚が自分の頭にあったからだろうと思います。」と発言しており、長編アニメ製作にも手塚の漫画から影響があるという。

宮崎は東映動画に入社した年である1963年に、手塚治虫が原案を務めた「わんわん忠臣蔵」にアニメーターの一人として参加している。1977年には手塚治虫原案の「草原の子テングリ」で全体の3分の1のレイアウト(画面構成)を務めた。

手塚は宮崎の『ルパン三世 カリオストロの城』に対し「僕は面白いと思った。うちのスタッフも皆、面白がって観ていた」と『ぱふ』のインタビューで語っている。

1981年には手塚治虫と宮﨑との合作「ロルフ」も予定されていた。
鈴木敏夫によれば、この企画は宮崎に映画を作らせたいと考えていたあるプロデューサーが手塚に持ち込み、手塚側は「じゃあ僕は総監督をやりましょう」と乗り気だったという(「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 鈴木さんが語る『素顔の手塚治虫』」)。一方、脚本もキャラクターデザインもこちらが担当すると宮崎から聞かされた手塚が怒っていたという証言もある(柳沼和良の伝聞)が、手塚はアニメージュの紙面上では次のようなコメントを出しており、最終的に協力を約束していたようである。
「『ロルフ』---この有名なアングラ・コミックを宮崎さんが長編アニメにしたいという執念をぼくにもらされたのは、もう半年くらい前のことです。『じゃりん子チエ』の追い込みも終わった前後のことで、どうしてもこれだけは国際的アニメに作り上げたいという夢を、大塚康生氏とともに語られました。ぼくたちは、この夢の実現を目ざして、どんなに時間がかかっても成就したいと思っています。それにはT社の社長および原作者の強力なご援助がなければできないことです。コケの一念で実現させたいと思います。宮崎さんは、きっととてつもないもの凄い映画に作り上げられることでしょう。」(徳間書店「アニメージュ」1981年8月号より)

しかし、ロルフの映像化は実現できず、宮崎は「その後、先方に何度かアタックしましたが、エージェントとのやりとりを繰り返しているうちに話は立ち消えました。(『風の谷のナウシカ 宮崎駿 水彩画集』)」と、原作者から許可が下りなかったため作れなかったことを語っている。
ロルフはざっくりいうと「中世ヨーロッパみたいな国で、戦車を操縦する悪者にさらわれたお姫様を、のロルフが助けに行く話」のようだった。イメージボードでは、おねえさんが「凧」へわんこと乗る絵など数点収録されている。また、本作のために準備していた設定やデザインなどは、後の『風の谷のナウシカ』に多く引き継がれた。

宮崎は「一度ちょっとした仕事(上の『ロルフ』)の相談」で、大塚康生と共に手塚と会い、個人的な話をしたのはその時だけと言うが、その印象を「ずいぶん親切な人だなと思いました。」と述べている。
一方で手塚は合作「ロルフ」が立ち消えになった後、宮崎が作った「風の谷のナウシカ」に何か思うことがあったのか、鈴木敏夫によれば宮崎の漫画『風の谷のナウシカ』がある年の日本漫画家協会の賞に決まりかけていたが、最後になって手塚が(作品の内容は認めつつも)、「まだ完結していないから」という理由で受賞に反対したという。以前から連載中の作品が受賞した例があるにも関わらず、この時手塚が「完結してから賞を与えるべき」と反対したことを、鈴木は「(手塚の負けず嫌いで、宮崎を)自分のライバルだと見なしたんでしょうね」と語っている(上記の『素顔の手塚治虫』より)。
『風の谷のナウシカ』の映画については、試写で観終えた手塚が「長いね!僕だったら半分でまとめられるね!!」とだけ言って去っていくのが目撃されていたという(元チーフアシスタントの証言)。

このように、親切に感じたこともあれば、自作の受賞を反対されたりもしたからか、宮崎は手塚の性格については渋谷陽一との対談で「(手塚治虫は普通の人の三倍以上よく生きた人で)だから、親切なときはものすごい親切なんですよ。人より三倍親切なんです。それから、やっかみとかいろんなことで邪魔し始めると、これも三倍うるさいんですよね(笑)」と、良くも悪くも活動的だったと評している。

手塚死去後の批判

宮崎は手塚が死去した1989年から複数の雑誌で何度も手塚批判を繰り返すようになる、特にComicBox5月号の追悼特集で「声を揃えて悼む大合唱をする気はない」として、手塚とアニメに関して厳しく批判的なコメントを出した。悲劇を描いて感動を呼ぼうとする作風、テレビアニメが低予算になる原因を作ったことなど、「手塚さんが喋ってきたこととか主張したことというのは、みんな間違いです。」と手塚のアニメ業を全否定した。手塚がアニメ作品を作り続けたことも「長屋の大家が店子を集めて下手な義太夫を無理やり聴かせる落語と同じ」と酷評している。
ただし、宮崎はあくまでアニメ作家としての手塚に批判的なだけであり、漫画家としての手塚は高く評価しているのは上記の通りである。

「手塚さんという人は、どこかでぼくにバトンを渡してくれた人なんです。手塚さんからしか得られなかったというバトンが、確実にたくさんあったと思います。」
(「空を超え星の彼方へ」『アニメージュ』1989年4月号)

製作手法

大量のイメージボードを描き散らして物語イメージを膨らませた後、脚本を用意せずに絵コンテをいきなり描き下ろし、原画には全て自分で手を入れるという、宮崎以外には実行不可能な独裁的製作手法をとることで知られる。ただし、『千と千尋の神隠し』以降の作品では宮崎の体力低下から仕事量を大幅に減らさざるを得なくなり、作画監督に任せている部分も多くなっている。

もののけ姫』以降、「過去の作品の否定」を自分に課し、演出作画などにおいて「アバンギャルド」とも評されるほど多くの実験的な手法を取り入れるようになった。長編作品においてこれほどの実験的手法を大々的に展開し、しかもそれを大ヒットさせてしまう映像作家は、宮崎がほとんど史上唯一の存在であろう(具体的な詳細は各作品の記事にて)。

かつては、自身の映像作品のアフレコには普通に声優(洋画の吹替え声優を含む)を使っていたのだが、途中から俳優 / 女優歌手タレント文化人などを起用、特に近年は本職のアニメ声優をほとんど起用しなくなった事でも知られる。
これについて宮崎は海外メディアのインタビューで「日本の女性声優はコケティッシュな声の持ち主しかいないし、男性的な視点が欠けている。我々は全く必要としていない」とアニメ声優に批判的な回答をしている。
なお、有名人の起用に関しては宮崎作品以外のジブリ作品にも見られ、これらはジブリ作品でプロデューサーを務める鈴木敏夫の意向が大きいのではと言われている。

引退

2013年9月1日、『風立ちぬ』を最後に長編作品の制作から引退を表明。9月7日記者会見を開き、世界各国の報道陣を前に引退を説明した。企画や脚本執筆を含めスタジオでのアニメ作りには関わらないが、個人的な創作活動は続けるとのこと。

なお、これは長編アニメからの引退であり、今後短編アニメを製作するか否かは明言していなかったが、2014年に、「チャンスがあれば」としながら短編アニメーションを製作することを示唆した。

公式引退の辞

「ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。
もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。
ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。
“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果されてしまいます。
長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります。
これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。
それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。
ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。
ありがとうございました。」

代表的な作品


この他にも企画立案に関わっているジブリ作品も多い。

関連タグ

アニメーター 漫画家 アニメーション演出家 アニメーション監督
スタジオジブリ / ジブリ
高畑勲 鈴木敏夫 宮崎吾朗 米林宏昌 近藤喜文
大御所 アカデミー賞

漫画 その他作品

シュナの旅 宮崎駿の雑想ノート

外部リンク

宮崎駿 - Wikipedia
宮崎駿とは (ミヤザキハヤオとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「宮崎駿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6857330

コメント