ピクシブ百科事典

風の谷のナウシカ

かぜのたにのなうしか

宮崎駿の漫画。またはそれを原作としたアニメーション映画。
目次[非表示]

概要

アニメージュ」誌にて連載された宮崎駿漫画作品(1982年94年連載)。
またそれを原作に構成された劇場用長編アニメーション映画作品である。1984年公開。

公開当時から高い評価と人気を獲得し、宮崎駿の名を一躍世に知らしめることになった。
上映から30年、連載終了から20年が経過しているが、Pixivでは未だにこのタグを付された作品がコンスタントに投稿されている。

物語

人類文明は「火の七日間」と呼ばれた最終戦争によって崩壊。それから1000年後の荒廃した世界は腐海と呼ばれる猛毒の瘴気を放つ森とそこに生息する巨大な蟲たちに覆われ、生き残った人類達の生存を脅かしていた。そんな世界で人々が穏やかに暮らす辺境の地「風の谷」の族長の娘・ナウシカは蟲と心を通わせていた。
そんなある日、ペジテ市の難民を乗せた輸送船が谷に墜落。ナウシカは乗っていた王女から謎の石を託された。それは旧世界の怪物「巨神兵」を操るもの鍵で、それを奪わんとクシャナ王女が率いるトルメキア軍が攻め入る。何とか追い返すも、トルメキアと土鬼との戦争が始まり、風の谷は同盟条約を理由にトルメキアの戦列に加わることになる。
戦いに旅立ったナウシカとその仲間達は大国の争いに巻き込まれながら、世界の真実を目の当たりにし、未来を生きるための戦いと真実に挑む。

映画版

映画版の内容は、原作全7巻のうち2巻の半ばまでをまとめたものである。

設定もかなり変更されており、セルムなど原作の重要なキャラが登場しない。また、映画版の舞台は文字通り「風の谷」であるが、原作では3巻以降「風の谷」は数ページしか描かれておらず、主にトルメキアの対抗国「土鬼諸侯国」が舞台になっている。

また、今ではスタジオジブリ作品として扱われている本作だが、ジブリ設立前の母体となったスタジオ「トップクラフト」制作である。

なお、当時徳間書店とのタイアップでいくつかのゲーム作品が出され、北米では再編集…というよりもズタズタにカットされたOVAも出されたが....その出来はお察し下さい
宮崎駿がこの海外向け短縮版やTVゲームの内容に憤慨したため、ジブリは作品の改変や外部作家による商業作品を基本的に許可しなくなったと言われている。
ジョン・ラセターがアメリカにおけるプロデュサーを担当するのがもう少し早ければ、このあたりの状況は違っていたかもしれない。

なお例外として、ナウシカ参加時はアニメーターをつとめていた庵野秀明による特撮作品『巨神兵 東京に現わる』がある。
庵野はナウシカの続編を制作することを長年にわたり熱望しており、近年は実際に宮崎より「庵野がやるならいいよ」と許可を得ているのだが、鈴木敏夫曰く「あいつなかなか動かないの」とのことである。

映画版物語

人類文明は~心を通わせていた。
そんなある日、トルメキアの大型輸送船が谷に墜落。その船にはペジテ市から発掘されトルメキアが奪い取った旧世界の怪物「巨神兵」の胚が積まれていた。巨神兵を奪い返すため、クシャナ王女率いるトルメキア軍が谷に攻め入り占領され、族長は命を落としてしまう。
クシャナは巨神兵を本国輸送せずこの谷で完成させ、巨神兵で腐海を焼き払おうと目論んでいた。ナウシカは捕虜としてトルメキアに連れて行かれるが、途中でペジテのアスベルの攻撃機によって輸送機は落ち、脱出したナウシカは墜落したアスベルを助ける。
腐海に降り立ったナウシカは腐海の真実を知るが、巨神兵を巡って恐るべき作戦が起きようとしていた。

登場人物

ナウシカ

ナウシカとテト

 
ジル 
ユパ

ユパ様

 
ミト 
アスベル
クシャナクシャナ殿下) 

クシャナ殿下☆


クロトワ
皇兄ナムリス 
皇弟ミラルパ
チヤルカ チクク ケチャ
セルム 庭の主

動物

王蟲
キツネリステト) トリウマ
オーマ巨神兵) ヒドラ

世界観

火の七日間 ポストアポカリプス 腐海
ガンシップ メーヴェ
トルメキア 土鬼諸侯国連合

関連作品

PC・TVゲーム
『風の谷のナウシカ』PC-8801用。アドベンチャーゲーム。(徳間書店)
『ナウシカ危機一髪』PC-6001mkII用。シューティングゲーム。(徳間コミュニケーションズ)
『忘れじのナウシカ・ゲーム』MSX用。シューティングゲーム。(テクノポリスソフト、徳間書店)
ゲームブック
『巨神兵を倒せ! 風の谷のナウシカ』(徳間書店アニメージュ文庫)
ボードゲーム
風の谷のナウシカ --- 戦闘級(ツクダホビー)

関連イラスト

トルメキア第三軍
ユパ様


王の帰還
金色の野



関連タグ

スタジオジブリジブリ 宮崎駿

pixivに投稿された作品 pixivで「風の谷のナウシカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8470790

コメント