ピクシブ百科事典

クロトワ

くろとわ

クロトワとは、漫画および映画『風の谷のナウシカ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

短ぇ夢(概要)だったな…。殿下!

cv:家弓家正
トルメキア軍クシャナ殿下に仕える老け顔の参謀。27歳
映画版では、殿下に仕えつつ、時に権力簒奪を窺うようなタヌキな行動を見せるなど、黒いキャラクター性を見せるのみだったが、漫画原作ではその出身と過去が述べられ、彼なりにクシャナに忠義を尽くしていく過程が見られる。

クシャナの補佐として中央から派遣されたが、その正体は、クシャナを監視・抹殺することを彼女の父であるヴ王から命じられた刺客だった。しかし、それをクシャナに見破られ、また自分自身が命令を遂行したところで口封じされることを予見していたため、ヴ王を裏切りクシャナに寝返る。クシャナに対しても当初は慇懃無礼な態度を崩さなかったが、瀕死の大怪我を負いながらもクシャナの突破口を開くために尽力するなど、ここぞという場面で忠臣ぶりを発揮する。

平民の出でありながら、叩き上げで出世して参謀に上り詰めたやり手である。
16の頃からコルベット(飛行戦艦)に乗っていたとあり、鈍重なコルベットを自在に操ってアスベルのガンシップ(戦闘機)をドッグファイトの末に撃墜するという離れ業を見せるなど、操縦技術は超一流と言える(アスベルがナウシカのテレパシーに気を取られていたというのもあるが)。

どんな時でもどこかとぼけた態度をとり、強かな策略家であると同時にコメディリリーフとしても活躍する。平民から成り上がった経験からなのか、誰に対しても最終的には面倒見が良い所を見せ、部下からも慕われていた。この何とも言えない憎めなさが彼の味であると言えよう。

クシャナに対しては常に彼女を盛り立てようと心がけていた彼だが、ナウシカに対しては若干複雑な感情を抱いている。最初の頃こそ彼女を“安っぽいヒューマニズムを振り回す小娘”といった認識で見ていた彼ではあるが、理屈では言い表せないナウシカの未知の力を知っていくうち、その態度も変わっていく。最終的にはナウシカに対しても少し心を開くようになっていった。

全く見れば見るほど可愛い関連イラストだぜ

短けぇ夢だったな・・・
参謀っ


殿下、関連リンクを見つけてきました。風が強いですぜ

風の谷のナウシカ 巨神兵

pixivに投稿された作品 pixivで「クロトワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366810

コメント