ピクシブ百科事典

ナウシカ

なうしか

漫画および映画『風の谷のナウシカ』の主人公。
目次[非表示]

主に以下二つ。

  1. 古代ギリシャの詩人ホロメース作の英雄叙事詩『オデュッセイア』の登場人物、スケリア島の王女の名前。
  2. 上記からとられた宮崎駿原作の映画、漫画『風の谷のナウシカ』主人公の名前、または作品タイトルの略称。

『風の谷のナウシカ』のナウシカ

共存


CV:島本須美
腐海に隣接する緑の自治国・「風の谷」の族長の娘。
清楚な雰囲気の漂う美少女であり、物腰も非常に丁寧で落ち着いている。その一方で、度々腐海の森にメーヴェに乗って探索に出かけたり、それに見合うだけの非常に高い運動能力を有していたりと、見かけによらず活発でオテンバな一面もある。

非常に心優しく領民からも慕われており、特に親しい子供たちからは「姫姉さま」の愛称で呼ばれてる。そして自身が守ろうとするもののためには、ときに自身の命を賭けたり、人質となることも厭わなかったりと、自己犠牲精神も強い。ただ、その優しさゆえに、落ち込むと悲観に囚われやすくなる心のもろさも持ち合わせている。
また、一度強い怒りに駆られると我を忘れてしまう一面もあり(作中では攻撃衝動に燃える王蟲のようと語られている)、序盤ではそれが原因で人を殺してしまった自分自身に恐れを抱き、以降戦いの中でも人を殺したくないという意識を強めていく。

のちに腐海に関わる国家間の戦争に多大な影響を与え、その収束に大きな役割を果たすこととなる。

原作と劇場版での性格

原作の漫画版と、一般的な劇場版では性格に多少の差異がある。
劇場版では、純真な聖女の様に描かれており、特に命を奪うことに対して強い拒否反応を示している。

しかし原作では、第一話での他部族との決闘で率先して父王の代理を申し出て、さらに決闘では見事に相手の首をぶった切っている。ほかにもこうした言動は幾つか散見されるが、要するにいざという時には「谷を護るため」という風に割り切って部族間の紛争には介入できるぐらいの胆力があるように描かれている。
釈明しておくが、原作は劇場版の比にならないぐらいに鬱展開が強いため、むしろこのぐらい勇猛でなければやっていけないような場面に再三出くわすことになる。
そのため原作では聖女というより、どちらかといえば戦乙女女神といった風格を得ていくようになる。

劇場版では明言されていないが、11人兄弟の末っ子であり上10人は夭折している。そのため母親は彼女を大切にこそしたが愛せず、母性を知らずに育った。この経験はやがてオーマにつながっていく。

余談

本書(マンガの方)刊行時、宮崎は「企画が馬糞くさい」と言われ、出すものが片っ端から却下されていた。さらに、当時宮崎の近所では「ギリシャ語はださい」ということになっており、「宮さんはそういうバカじゃないので」今度のマンガもノーシカ とかいうんだろうと言われていた。監督の自信がうかがわれる

劇場版公開時に「はいてない」疑惑が持ち上がったが、「厚手のタイツを履いている」事が判明している。
また、容姿関連ではジブリアニメのヒロインには珍しく肉付きのいい印象があるが、実際に「大きい」という設定があるとのこと(死にゆく人々を受け止め抱擁するような母性の表現のためであるらしい)。

また、中の人が同じクラリス・ド・カリオストロとは外見もそっくりである。

二人の姫様



関連イラスト

王蟲の骸
風の谷のナウシカ


ナウシカの秘密の部屋
金色の野



関連タグ

ジブリ 風の谷のナウシカ クラリス・ド・カリオストロ
 お姫様
テト メーヴェ 蟲笛 王蟲
白タイツ ブーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ナウシカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8659033

コメント