ピクシブ百科事典

中世

ちゅうせい

古代と近世との間に存在した時代。
目次[非表示]

概要

古代(ギリシャ・ローマ時代)と近世近代の間を表す歴史区分。
ルネサンス時代に提唱された概念であり、優れた時代(古代)と優れた時代(現在)の間に挟まれた暗黒時代という意味がある。
本来はヨーロッパ独自の歴史用語であるが、便宜上、同時期の他地域も中世の時代区分で呼ばれることがある。時に日本の中世は欧州のそれと極めて似た要素が多く、明確な中世があるのは日本と欧州だけと言われることがある。

封建制、多重化した土地の支配権、権・軍事貴族(日本武士欧州騎士)・宗教権力(日本は神社や寺院、欧州はカトリック教会)の併存といった特徴をもつ。

単純に「古臭い」と言った意味合いで「中世的」などといわれることがある。
といっても、それはしばしば現代の目からみての古臭さであり、実際の中世とは異なることも多い。
例えば、しばしば「中世の魔女狩り」などといわれるが、魔女狩りが行われたのは近世ヨーロッパになってからであり、中世には魔女狩りがほとんど存在しなかったことが分かっている。

ヨーロッパ

詳細は中世ヨーロッパを参照。

具体的には、カトリック教会が絶対権力を持っていた時代を指す。銃器がさほど発達しておらず、甲冑をまとった騎士が活躍していた時代でもある。

中世はローマ帝国の崩壊とともに始まる。優れた文明人だったローマ人は「野蛮」で「遅れた」ゲルマン人どもに支配され、戦乱が相次ぎ、ヨーロッパ全体は「暗黒時代」へ後退していった(・・・というのが後世の見方)。

日本のサブカルチャーにおける「中世ヨーロッパ」のイメージは中世末期のルネサンス期以降、中世というよりは近世のイメージであることが多い。ルネサンス以前のヨーロッパは古代文化が滅亡した後の「暗黒時代」であり、日本人の目からはあまりヨーロッパ的には見えない要素が多いからであろう。

日本

古代(平安時代中期以前)と近世(安土桃山時代江戸時代)との間に存在した時代。日本で言うとちょうど平安時代の後期(院政期または平家政権以降)から室町時代織田信長上洛まで)にあたる。寺社勢力が大きな権威を持っており、武士の時代とも言われる。鎌倉時代頃までは西日本を中心に貴族もなお実権を持っていた。

日本における中世の開始は、律令制の崩壊とともに始まる。延喜14年(914年)、三善清行が『意見十二箇条』を醍醐天皇に提出し、律令通りに税を徴収することが全く出来ていないことを率直に語る。律令税制の根幹、班田収受は延喜2年(902年)で停止してしまっていた。これに代わって諸国から税収を得るのに用いられたのが、有力貴族が主導し現地の豪農や武士が実施する荘園であった。もちろん、領主が有力貴族だからといって農民たちが素直に税を支払う保証はない。税収を保証していたのは現地の武士たちの武力であった。平安時代後期、京都では華やかな貴族文化が続いていたが、地方では武士が台頭し、実質的には中世が始まっていたのである。やがて藤原道長源頼光を重用するなど、摂関家の威光を背負って河内源氏がみやこの政治に進出していく。続いて後白河法皇伊勢平氏平清盛に政権を委ねると、武家政権としての中世はほぼ完成する。その総仕上げが、源頼朝による鎌倉幕府成立、安定政権としての武家政権設立であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「中世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1947998

コメント