ピクシブ百科事典

中世ヨーロッパ

ちゅうせいよーろっぱ

西ローマ帝国滅亡(476年)のあたりから東ローマ帝国滅亡(1453年)の前後のヨーロッパ。 長い目で見ればローマ皇帝ユスティニアヌス時代からアメリカ合衆国建国までの間。
目次[非表示]

概要

西ローマ帝国滅亡(476年)のあたりから東ローマ帝国滅亡(1453年)の前後のヨーロッパ。
騎士団というか騎士とかが自分の国家を作ったりした時代である。

大雑把に「前期中世」「盛期中世」「後期中世」に分けられる。

一般的に「暗黒時代」とか言われるが、なにしろ千年以上にわたるため、一口で表すことは難しい・・・というかムリ。

あらすじ

前期中世(5世紀~10世紀)

西ローマ帝国滅亡後、ヨーロッパはゲルマン人国家が乱立する戦国乱世に突入する。
それだけではなく、東からは版図を取り戻そうとする東ローマ帝国、南からはイスラーム勢力、北からはヴァイキング勢力の侵略を受け、まさに麻のように乱れたヨーロッパから、かつての光輝あるローマ文明は完全に消失してしまった。

それでもやがて、ゲルマン国家の中から統一国家が興る(フランク王国)。一時的にせよローマ帝国が復活する。

その後フランク王国

に分裂。

宗教世界でも(キリスト教
がやはり小競り合いをしていたのである、
正教会ではローマ元首が『神・キリストの代理人』であるので敬えと言い、
カトリックでは『ローマ教皇』こそがキリストの教えの後継者であるからこちらを敬えというのである。
両者の溝は西ローマ帝国が消滅してから東ローマ帝国との長い付き合いの間に深まっていく。

そして1054年にローマ教皇コンスタンティノープル総主教の相互破門がおこる(大シスマ
これにより、東西のキリスト教の交流関係は一旦断絶するにいたり今日に至る。
東ローマ帝国ヨーロッパ諸国も互いに国交が断絶に近い状態ととなったあと、ヨーロッパはヨーロッパ風な習慣・文化に変化していった。

しかし、東方ローマ国家は後に『ビザンツ文明』と呼ばれるほど古代キリスト教時代と末期ローマニアの行政の名残を色濃く残す体制のまま延命したように見える。
よって『キリスト教』は一つだというが、かなり違う雰囲気となる。
東欧ロシアはその『ビザンツ文明』を色濃く残した『ローマ帝国』の体制を踏襲しているらしい。

盛期中世(11世紀~13世紀)

気候の温暖化と開墾の伸張により、やがてヨーロッパの人口は大幅に増加する。
人余りの状態になったヨーロッパでは、土地をめぐっての領主・騎士たちの小競り合いが続発していた。
これを憂慮した時の教皇ウルバヌスは、十字軍というウルトラCの作戦を決行する。あまった人材、軍隊、難民、全部もろもろを中東に押し付けたのである。
文化的にも財政的にも優れていた中東との交流・交易によって、ヨーロッパは急激に豊かになっていく。

後期中世(14世紀~15世紀)

しかし最終的に、十字軍は失敗する。東方侵略植民の目処を失ったヨーロッパは、再び国家同士の対立する時代に戻る。
おりしも気候は寒冷化し、飢饉が頻発。そしてトドメとばかりに黒死病が襲ってくる。
わずか二年間で、ヨーロッパの人口は三分の二まで激減。同時に、騎士・在地領主の時代も終わりを迎えていた。新興のジェントル・商人たちが、やがて主役に躍り出る。ルネサンスの幕が開くのである。

ローマ教皇という絶対的権威

イタリアのローマ教皇の権威が『ローマ皇帝』並みの権威となり
ヨーロッパ世界では『逆らうのが難しい存在となる』

その当時のイタリアはローマ教皇イタリアを統治していた(教皇領
まさにカトリック天下ではあるが、腐敗もすさまじかった。
それゆえ堕落しきったカトリックを離れ、刷新した教えを唱える者との小競り合いが絶えなくない。

カトリック教会をバックに

『ローマ帝国』を目指す王国神聖ローマ帝国フランス王国)などが
『統一王朝国家体制』を築こうとするとヨーロッパの地方を帝国王国統合
同時期に起きた百年戦争において騎士の時代はおわったとされる。

東ローマ帝国滅亡』『オスマン帝国』の台頭

ヨーロッパが百年戦争を終結した直後ローマニアイスラム教オスマン帝国に滅ぼされる大惨事が発生、その後オスマン帝国ローマ皇帝として地中海に進出しだ。
ヨーロッパは以後500年はイスラムに苦しめられることになる。

ロシア国家誕生

ロシア地方ではその消滅を見計らったかのようにモスクワ大公国ローマ皇帝を名乗りだす。のちのロシア帝国ロシア)である

イスラムとの戦い

オスマン帝国イスラム教ヨーロッパ東欧などをにいれるなど
ヨーロッパ人に脅威がさらされる。
このときの苦難がヨーロッパ諸国の体質変換を促し絶対王政に始まる統一国家思考が動きだす。

その間に騎士軍団から常備軍へと転換を促しさらに技術の発達により、銃をつかう騎士=銃士が誕生、絶対王政の常備軍の中核となっていく。

その間にも大航海時代がおこり(15世紀中ごろから17世紀中)
ヨーロッパ人によるインド・アジア大陸・アメリカ大陸などへの植民地主義的な海外進出が可能になった。

中世の創作について

  • 中世ヨーロッパの風俗をリアルに描いたものはほとんどなく、日本で「中世ヨーロッパ風」と称される世界は、大抵古代から甚だしくは近代までのヨーロッパのごった煮のイメージで構成されているものがほとんどである。一応ルネサンス以降の近世ごろがベースになっていることが多いが、定義の曖昧さにより作品によってその世界観に差は大きい。


関連タグ

中世 ヨーロッパ 西洋 歴史区分
世界史 歴史 歴史創作 騎士

pixivに投稿された作品 pixivで「中世ヨーロッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250769

コメント