ピクシブ百科事典

冷戦

れいせん

資本と社会が交差する時、冷戦は始まる。
目次[非表示]

概要

 20世紀、具体的には第二次世界大戦終結の1945年からマルタ会談の行われた1989年( あるいはソビエト連邦崩壊の91年 )までアメリカ合衆国およびソビエト社会主義共和国連邦を主軸とした世界構造の時代
 アメリカを中心とする資本主義民主主義西側陣営(資本サイド)と、ソ連を中心とする共産主義社会主義東側陣営(社会サイド)の対立構造が基本。米ソのみで見ると「米ソ冷戦」、世界全体を二極で分けると「東西冷戦」と表現される。
 対立国が軍事力で直接戦う「熱戦」の対義語として作られ、40年代半ばには使われるようになった。この言葉はジョージ・オーウェルジェームズ・バーナム( アメリカの思想家、当初トロツキズムに傾倒したが、のちに反共主義に転向した人物、日本では経営者革命論で知られる )の理論を評した時に使用し、バーナード・バルーク( アメリカの投資家および政治家、第二次世界大戦の際強力な物資統制を行う戦時製品監督局を提案したことなどが有名である )、ウォルター・リップマン( ジャーナリスト、政治評論家ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンに掲載されたToday and Tomorrowというコラムで有名 )が1947年に著した『冷戦―合衆国の外交政策研究( The Cold War: A Study in U. S. Foreign Policy, )』に使用されたことから、この表現は世界的に広まっていった。
 核兵器が出現したことにより、安易全面戦争世界の滅亡を招く恐れを持ったため、直接の戦いは避ける動きが冷戦を生む根底のひとつとなった。
 それぞれの陣営から人々の交流制限されていくことで対立は外交経済軍事だけでなく、スポーツ文化科学技術などにも多大な影響をもたらした。
 ただし東寄りでありながら資本主義を維持したフィンランドや、アメリカから援助を受ける反ソ連派の共産主義勢力もいたりと、なかなかに複雑怪奇な対立構造であった。

歴史

 第二次世界大戦時、ソ連は主義主張は異なるものの連合国としてファシズム=ナチス・ドイツを共通の敵とした「呉越同舟」であり、対立は決定づけられていたとも言える。大戦末期のヤルタ会談から米英ソの思惑が見え出し、戦後イデオロギー対立が表面化することになった。
大戦が終結し、チャーチルは新たな陣営が形成され交流が制限されていく状況を「鉄のカーテン」と表現した。
 戦争で疲弊した世界各地に共産国家が拡大し、1949年に中国では蒋介石率いる中国国民党中国共産党が打ち破り、毛沢東による中華人民共和国が成立。
 またドイツ西に、朝鮮ベトナムは南北に分断され、各々で東西両陣営として対立状態に陥り、1950年には朝鮮戦争が勃発。両陣営による代理戦争民族分断の悲劇を生んだ。
1954年にソ連でスターリンが亡くなり、次期指導者フルシチョフは個人崇拝を否定する「スターリン批判」を行い、西側との関係改善を図ろうとし、冷戦の「雪解け」が期待された。
 ところがこれは毛沢東率いる中華人民共和国および他の共産主義の方針不一致が起こり、中ソは対立状態が続くことになる。また、ユーゴスラビア北朝鮮も東側共産国家でありながら、ソ連と距離を置く独自路線を進めた。
 さらにソ連は急激な民主化を図ろうとする東側国家に軍事介入し、ベルリンベルリンの壁を構築したり、ハンガリーチェコスロバキアに軍事介入した。両陣営でNATOやワルシャワ機構などの軍事同盟も作られ、雪解けは振り出しに戻った。
 米ソはロケット開発と共に核兵器開発競争が激しくなり、両陣営が戦争に陥って第三次世界大戦になれば「核戦争」となる危険性を孕むことになった。
 1962年にキューバ危機が起こり、両陣営の臨界点は限界に極まり、事態回避後に米ソはホットライン、すなわち直接対話を行う装置を構築するに至った。
 さらに東西どちらにも属さない第三世界、例を挙げればインド中南米の台頭やEUにつながる西欧諸国の統合化で、二極対立から多極化した。
 1960年頃からベトナム戦争が始まり、東西両陣営がこぞって各勢力を各々支援。一方で米中が国交正常化で接近。ベトナム戦争が終わるとソ連はアフガニスタンに侵攻。中東では東西両陣営双方に与しないイスラム教思想が強まり、イランでイスラム革命が起こった。
 1980年代後半、東側各国で経済の行き詰まりが広がり、西側の新自由主義に触発され、ソ連ではゴルバチョフペレストロイカ( 再構築政策、社会主義体制の枠内での改革を志向したものであった )、中国は鄧小平( 中国の政治家、フランスに丁稚奉公に行った際中国共産党に入党、モスクワにわたったのち中国に帰国、たびたび失脚するも復活し、1989年まで権力を誇った人物、有名な言葉として白猫であれ黒猫であれ、鼠を捕るのが良い猫であるが知られる )の改革・開放政策、ベトナムドイモイ政策( 刷新 )など、市場経済導入が進められ、またゴルバチョフは西側との融和姿勢も強めた。これによって東欧諸国が次々と民主化運動を起こして東欧革命が広がり、ベルリンの壁も崩壊。中国でも民主化デモが起こったが天安門事件で武力鎮圧された。
 これを受けて1989年12月に行われたマルタ会談で米ソは東西冷戦終結を宣言。91年のソ連崩壊で米ソ冷戦は完全に終結。

日本の状況

 日本国は1952年、サンフランシスコ講和条約にて独立を復活させたが、ソ連は会議には出席したが条約には批准せず、また中国中華民国は参加せず、中華人民共和国は参加資格はなかったため、事実上西側陣営としての独立国家となった。経済復興から経済大国へと邁進した日本だったが、周りを見渡すと、の共産圏とは隣り合わせで、朝鮮台湾ベトナム( 1952年はインドシナ戦争真っ只中である )などの東西の対立地域とは目と鼻の先、という地理的に重要な地域で、東側陣営の脅威に晒されながらも西側民主国家として独立を保ち続けた。

現代

 しかし、ユーラシアの諸民族を圧迫していたソ連の消滅により各地の宗教民族紛争が顕在化、21世紀9.11に始まる対テロ戦争へとつながったとも言われる。
 さらに21世紀に入ってからは資源問題などを背景に、の間で対立関係が露わになり、「新冷戦」が始まっているとする見方も存在しているが、多極化・グローバル化と形容される現代において、かつての冷戦のような、はっきりと世界を二分する対立構造が成立しているかと言われれば、それは疑問を呈さざるを得ないのも事実である。
 一方、などの有力な共産主義国が存在するアジアにおいては、いまだ冷戦が続いているという見方も存在する。

詳細

関連国

資本サイドアメリカ カナダ イギリス フランス イタリア 西ドイツ ノルウェー モロッコ チュニジア 南アフリカ トルコ サウジアラビア イスラエル 韓国 中華民国(台湾) 日本 南ベトナム(のち北ベトナムに統合) タイ オーストラリア メキシコ ブラジル
社会サイドソ連 東ドイツ ハンガリー チェコスロバキア ポーランド ブルガリア イエメン アンゴラ 中華人民共和国 北朝鮮 北ベトナム⇒ベトナム アフガニスタン モンゴル
西⇒東イラク(のち再び西側に接近) キューバ エチオピア カンボジア ラオス
東⇒西インドネシア エジプト ソマリア スーダン
西⇒中立イラン(イスラム主義)
東⇒中立アルバニア ルーマニア
中立スイスオーストリアスウェーデンビルマは西寄り インドユーゴスラビアフィンランドは東寄り

フィクションにおける影響

 冷戦下における世界戦争危機感などは様々なフィクションにも反映され、小説( 特に架空戦記 )、映画漫画アニメなど多種多様な物語作品にも冷戦や東西対立などを背景にした設定が組み込まれた。
 有名な例としては手塚治虫はいち早く漫画『来るべき世界』で破滅まで戦いを止めない二大国を描き、「ガルフォース地球章」も東西対立を背景とした設定がある。007シリーズも永らく冷戦の裏側を舞台としてきた。

関連タグ

歴史 時代 戦争 世界史
インドシナ戦争 朝鮮戦争 キューバ危機 ベトナム戦争 ベルリンの壁 アフガニスタン紛争 大韓航空機撃墜事件 ダッカ事件
米ソ冷戦 米中冷戦

参照

wikipedia:同項目およびリンク先等

pixivに投稿された作品 pixivで「冷戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337443

コメント