ピクシブ百科事典

エチオピア

えちおぴあ

東アフリカの国。昔は王国(帝国)が栄えた。現在の政治体制は1993年の独立宣言より始まる

正式名称は「エチオピア連邦民主共和国」。古くはアビシニアともいった。現在の政治体制は1993年の独立宣言より始まる昔は海岸線があったが、沿岸部のエリトリアが1993年に独立したためいまは内陸国である。首都はアディスアベバ。

アフリカ諸国の中で最も早く独立した国家であり、エチオピアの観念だと紀元前1000前に古代エチオピアは誕生したと言われ、現存する世界最古の国とされる日本よりも以前から存在していたとされる。有名なのは旧約聖書に登場するシヴァの女王シヴァ王国がエチオピア国家説がうたわれている。
学術的に確認できるのは紀元前5世紀ごろに興ったアクスム王国まで遡ることが出来、周囲を様々な列強勢力に囲まれながらもエチオピアの王家は幾度かの断絶や追放などを経ながらもその度に不死鳥の如くエチオピアの国主の地位に舞い戻り、ハイレ・セラシエ1世が1974年に軍部により廃位させられるまで、エチオピア皇室は世界最長の王家として存在しつづけた。ちなみにハイレ・セラシエ1世の直系は今でも健在である。
(ちなみに現在の世界最長の王家は日本の天皇家である。)

国土の大部分がエチオピア高原に位置するため、気候は涼しい。また降雨量が多く、農業に向いた土地柄となっている。なお降ったは青ナイル川の水源となり、青ナイル川はやがてナイル川へと流れ込むので、ナイル川の水の一部はエチオピアに由来していることになる。

コーヒーの原産地とされており、を招きコーヒーを淹れてもてなす茶道ならぬ「コーヒー道(コーヒーセレモニー)」がある。

宗教は主にエチオピア正教会といわれるキリスト教の一派を信仰している。ただし、カトリックや東方正教会とは異なり、イエス・キリストが神性のみを持つ、451年にカルケドン公会議で異端とされた教えに基づいた教会(単性論協会)である……とみなされることを拒絶する。
彼らが採用するキリスト論は合性論というもので、神性と人性が一つの本性になっている、という見解である。
合性論においてキリストの神性と人性は互いに混淆も分離も変化もすることもない。
つまりキリストの人性はエチオピア正教も認めている。
なお、キリスト教を国教とした国としては最古の国である。

言語はアムハラ語の影響が大きい。
ちなみにエチオピア音楽は日本と同じ五音音階が使われているため日本の演歌や民謡とよく似ている。


関連タグ

エジプト スーダン ジブチ ソマリア
アビシニアン:猫の一種。原産地はエチオピアではなくエジプトとされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「エチオピア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3630

コメント