ピクシブ百科事典

戦車

せんしゃ

戦車や戦車を中心に描いた戦場のイラストなどに付けられるタグ。
目次[非表示]

戦車とは

  1. 第一次世界大戦中に開発された「自動車たる戦車」。装甲戦闘車両の一種。
  2. 古代国家で使用された戦闘用の「馬車たる戦車」。⇒チャリオット
  3. タロットカード大アルカナの1枚。上記に由来。

概要

黎明期から第二次世界大戦の開始までは、武装が機銃だったり、多砲塔だったり、車体に固定砲を備えたり、タイヤ履帯の併用式が試されたりしたが、今では戦車砲を単一の回転砲塔に搭載し、強固な装甲を備えた、装軌式戦闘車両を指す。

バルクマン・コーナー



戦車部隊は火力装甲防護力および機動力によって衝撃的効果を発揮し近接戦闘により敵を圧倒撃破することができる。
戦車部隊はあらゆる行動に対して適応力を有するが、地形障害の影響を受けるとともに敵、特に航空攻撃の目標となりやすく、兵站支援上の所要も大きい。また、一般に単独では地域の確保能力に乏しい。

発祥は、第一次世界大戦において塹壕戦により停滞した戦線を打破すべく、トラクターなどに鋼板を貼り付けただけの物で、いわば戦時の急造兵器だった。これが敵陣突破に大活躍したため、兵器として開発・改良が加えられ続けた結果、我々が今日見る「戦車」となった。

英語の「タンク」の由来はそのまま、水槽の「タンク」である。これは英国ヴィッカース社で本格的に開発された際、その開発意図を秘匿するため、諸外国に対し「これは水を運ぶ水槽車です」と誤魔化したことが由来になっている。
以降、「馬車たる戦車」(Chariott)と区別するために「Battle Tank」の名称が使われるようになった。ちなみに、単に「Tank」と言わないのは、貯水槽等の「Tank」と区別するため。戦闘用の斧を「バトル・アックス(Battle Ax)」と言うのと同じ。

主な各国の戦車

開発国第一次世界大戦第二次世界大戦第一世代第二世代第三世代以降開発中
アメリカM4シャーマン,M26パーシングM48パットンM60パットンM1エイブラムス
ソ連/ロシアツァーリ・タンクT-34,KV-1,KV-2,IS-2T-54,T-55T-62,T-64,T-72T-80,T-90T-95
イギリスMk.I,ホイペットマチルダ,チャーチル,クロムウェル,クルセイダーセンチュリオン,コンカラーチーフテンチャレンジャー1,チャレンジャー2
フランスサン・シャモン,ルノーFT-17B1bis,ルノーR35,ソミュアS35AMX-13AMX-30ルクレール
ドイツA7VIII号戦車,IV号戦車,パンター,ティーガーI,ティーガーIIレオパルト1レオパルト2
イタリアFIAT2000L3CV33),M13/40アリエテ
日本八九式中戦車,九七式中戦車チハ),三式中戦車チヌ61式戦車74式戦車90式戦車,10式戦車TK-X
中国69/79式戦車80式戦車,85式戦車,88式戦車,96式戦車,98式戦車,99式戦車0910工程
イスラエルスーパーシャーマン,ショットマガフメルカバ
その他CM11,Strv.103,TAM,K1,暴風号K2,T-84


世代区分

第二次大戦期の枢軸と連合、第二次大戦後の西側と東側で若干基準が異なるものの、大まかな目安は以下の通り

黎明期(第一次大戦)

水タンクだといって誤魔化したり軍艦を地上で走らせるような構造だったりと、不恰好なものが多い。そんな中でフランスのルノーFT-17は360度旋回する砲塔を備えており、現代へと続く戦車のはしりといえる。
例:Mk.I(英)、A7V(独)、サン・シャモン,ルノーFT-17(仏)など。

豆戦車

6.5mm~8mm程度の機関銃を搭載した乗員1~2名の小型の戦車で、あまりコストがかからないため、WW1で経済疲弊した列強各国で採用、大量生産された。
戦車というよりは今で言う警備用の軽装甲車に近い性格を持つ。
WW2初期に実戦にはほとんど役に立たず撃破され、以降はより経済的な装輪装甲車に取って代わられた。
例:カーデン・ロイドMk.VI(英)、L3(伊)、T-27(ソ)、九四式軽装甲車,九七式軽装甲車(日)、TK3(ポーランド)

戦間期

WW1終結後、より完成された兵器を目指して試行錯誤が続いていた頃の戦車。
例:クリスティー戦車(米)、BT-5,BT-7(ソ)、八九式中戦車(日)など。

しかし、中には重量ばかり大きくて肝心の装甲が薄く使い物にならない多砲塔戦車など、どうしてこうなったというシロモノも多い。
例:インディペンデント(英)、T-35(ソ)、NbFz(独)、九五式重戦車(日)、B1bis(仏)など。

このうち、日本の八九式中戦車、ソ連の快速戦車(BT)らが「重装甲、単1砲塔、大火力」という現在に至る戦車のスタンダードを確立した。

戦間期後半~WW2初期

主武装は7.7mm~20mm機関銃・機関砲、または20mm~75mmの戦車砲。乗員も3名以上がスタンダードになった。
例:九七式中戦車,九五式軽戦車(日) I号戦車,II号戦車,Ⅲ~Ⅳ号戦車(独)、
マチルダ歩兵戦車(英)、ルノーR35,ソミュアS35(仏)、M2コンバットカー(米)、M13/40(伊)など。

WW2前期

III号戦車,IV号戦車短砲身~長砲身(独)、M3中戦車(米)など。
特にIII号戦車とIV号戦車はドイツ第三帝国の電撃戦の立役者として大活躍した。
イギリスでは、重装甲・低速度の「歩兵戦車」(例:バレンタインチャーチル)と、軽装甲・高速度の「巡航戦車」(例:カベナンタークルセイダーなど)の2種が存在する。

WW2中期

パンター(独)、M4シャーマン(米)、T-34(ソ)、クロムウェル,シャーマン・ファイアフライ(英)など。
主武装は75mm~85mmの戦車砲。丸みを帯びた砲塔や傾斜をつけた車体などが採用されるようになった。中でも43年に登場したパンターは足回りや内燃機関等の不具合を除けば攻・防・走バランスが取れた優れた戦車だった。(準戦後型あるいはMBTの祖の一つと言われることもある。)
日本は大戦末期の1945年になってようやく長砲身75mm砲装備の四式中戦車が採用されたが、量産は間に合わなかった。

ww2後期~末期(準戦後型?)

センチュリオン(英)、M26パーシング(米)など、1944年頃になると戦後期の技術を先取りしたような戦車が登場し始めている。センチュリオン(試作型)はギリギリ間に合ったものの、欧州戦線での実質的な戦闘はほぼ終了しておりドイツ重戦車と交戦する機会はなかった。

WW2型重戦車

ティーガーI,ティーガーII(独)、IS-2(ソ)など、大戦前よりも洗練された姿の重戦車が登場した。
大戦初期の戦車とは比べ物にならない大火力・重装甲を誇るが、エンジンやサスペンションへの負荷が重く、実用性に難ありという重戦車の根本的な問題は解決しきれていなかった。これらを火力・装甲で単純に上回る戦車は1960年代後半を待つことになる。

戦後第1世代

WW2からの発展型が多く、主砲は主に90mm(西側)・100mm(東側)である。
例:センチュリオン量産型(英)、パットンシリーズ(M46,M47,M48)(米)、T-54/55(ソ)、AMX-13(仏)、61式戦車(日)など。

戦後第2世代

アクティブ式の暗視装備を多く装備し、主砲は主に105mm(西側)115mm(東側)である。
装甲に関しては避弾経始形状が多くみられるが、主に防御力よりも機動力が重視されていた。
例:M60パットン(米)、チーフテン(英)、レオパルト1(独)、AMX-30(仏)、74式戦車(日)、T-62,T-72(ソ)など。

戦後第3世代

西側は主砲は主に120mmであり複合装甲やパッシブ式の暗視装置が導入されている。
東側は主砲は主に125mmであり爆発反応式装甲を装備している例が多く見られる。
例:M1A1エイブラムス(米)、チャレンジャー1(英)、レオパルト2(独)、90式戦車(日)、T-80(ソ)、アリエテ(伊)、メルカバ(イスラエル)など。

戦後第3.5世代

主に第3世代の改良型。情報指揮統制システムであるC4Iを搭載したものが主にこう呼ばれるが、C4Iは後付けの装着が可能であり、既存の車両の改良で済ませる国が多い。近年は非対称戦に対して重点が置かれるようになり、上面や側面の装甲が強化されている。
例:M1A2エイブラムス(米)、チャレンジャー2(英)、レオパルト2A5/A6(独)、ルクレール(仏)など。

戦後第4世代

今現在、戦後第4世代戦車の方向性が決まっているわけではない。

これは、第3.5世代の装甲・装備強化により戦車の重量が大きくなりすぎ、サイズを拡大することで主砲の大口径化と防御力向上を達成する、ということが困難になったからである。

一つの方向性として、情報通信技術の進歩を背景に、全周カメラやセンサーを多数搭載して「死角を狙われやすい」という戦車の弱点の克服を目指すということがある。運用面での柔軟性を増すために、第3.5世代までとは逆に大胆な小型軽量化も模索されている。

現在第4世代戦車と言われる主力戦車で制式採用されているのは、日本の10式戦車のみ。10式戦車は攻撃・防御力は3.5世代同等としながら大幅な小型軽量化を実現し、全周監視システムを搭載し不意打ちに備えた全周防御機能を持つ。さらにC4Iを発展させ小隊長が他の戦車の射撃統制装置をオーバーライドして照準するといった、集団戦闘を前提とした機能を搭載する。また、米国(M1A3計画)や中国(99式改良0910工程)もこれに追従する動きを見せている。ただ今後登場する車輌によって、10式が「軽い3.5世代戦車」になりえる可能性もあり、今後十数年が注目される。

次に登場が見込まれるロシアT-14アルマータでは、今までの戦車が諸外国の第3.5世代主力戦車より小さく兵士には窮屈であったため、車体が大型化された。一方で車重は増えておらずエンジンの出力が増強され運動性が向上している。また砲塔を遠隔操作できるようにし無人化し、将来的に2人で運用できるようにするという(現在先行量産車数両が登場しているだけで、完全な量産車では仕様が変更される可能性が高い)。

2015年現在、ドイツとフランスがレオパルト3を共同で開発すると宣言しており、これの開発も第4世代の方向性に影響を与えるだろう。

対戦車戦闘のすゝめ

陸の王者とも呼ばれるが弱点も多く、正面からの攻撃には強くても、空からや背後からの攻撃には脆弱で、撃破も不可能ではない。
とはいえ現代の戦車は器用万能を地で行っており、戦車以外の兵器が戦車と対峙するのは非常に危険だ。
戦車「のみ」ならば意外と簡単に戦える。戦車の視界は限られており開けた平地でもない限り簡単に接近でき、様々な攻撃手段を講じることができる。戦車の装甲は決して無限ではなく、例え小口径の弾だとしても膨大な数を被弾すると装甲が剥離してしまうことがある。
このため現代的な軍隊では戦車を守るために歩兵が側面を防衛したり、砲兵や対空部隊や工兵の援護を受けたり、海や空からの支援攻撃や偵察情報をもらうなど、各兵科の連携が重要視されており、それらを潜り抜けて初めて「対戦車戦闘」が成り立つことに留意しなければならない。

歩兵

かつての戦車は視界が致命的に狭く、ジャングル、市街地などでは接近した歩兵に爆薬を貼り付けられて撃破されるようなことすらあり、随伴歩兵が警戒に当たらなければならなかった。
しかし現代の戦車は大量のセンサーで全周囲を警戒しており、更に射撃精度が格段に向上しているため、歩兵が接近を試みることは自殺行為。
火力も恐ろしく車載機関銃や同軸機銃なら確実に重傷以上または致命傷、12.7mmの大口径機関銃を浴びれば一撃で即死、榴弾やビーハイブ弾を込めた主砲を食らった日にはミンチ確定だ。無理するな。
もっと言うと弾がなくても体当たりされるだけでミンチされる。2016年のトルコクーデター未遂事件では戦車が民間人に突撃して文字通り一撃で粉砕される衝撃的な動画が公開された。人間とはかくも脆弱なのである。

対戦車兵器

RSI空挺兵士


成型炸薬弾を用いた無反動砲対戦車ロケット対戦車ミサイルなど。
バズーカパンツァーファウストといった馴染みの名前も多い。
かつては対戦車ライフルなどの運動エネルギー弾も用いられていたが、現代戦車にダメージを与えるのは困難であるとされた。近年では装甲化されていないハイテク部品が増えたこともあって、駐車している戦車の重要部品を対物ライフルで狙う運用も見直されている。有名なバレットM82などはこのような用途に便利だろう。
ライフルグレネードにも対戦車用の弾がある。250ミリほどの装甲版を貫通する能力があると言われており部品を壊す程度の能力はある。
戦車側の対策としては、随伴歩兵の護衛や先行させた歩兵で兵器を使う隙をつぶす他、電波妨害や赤外線欺瞞装置などのパッシブプロテクションで誘導を狂わせる、リアクティブアーマーやトロフィーシステムなどアクティブプロテクションで迎撃するなど。
装甲面では反応装甲によりHEATのメタルジェットを阻害、複合装甲によってメタルジェットの侵徹を阻害する、空間装甲や金網等(スラットアーマー)によって最適距離を外して起爆させるといった対策が行われている。
様々な対策を講じているにも関わらず対戦車兵器の被弾が一向に減らないため、スラットアーマーの需要は極めて高く、M1エイブラムズなどを現地判断で勝手に改造したと思しき金網だらけの画像がよく出回る。
現代の複合装甲は旧式の弾頭ならば単発の被弾では余程運が悪くない限り耐えられるが、多数を被弾すると危険である。戦いは数だよアニキ。

爆発物

IED(即席爆発装置)や対戦車地雷といった装甲の薄い下面やキャタピラを狙う兵器は先行した歩兵や、専用の車両による除去を期待するしかない。
近年の戦車では下部装甲を厚くして対戦車地雷等に対応したものもあるが、爆薬量に制限が無いといえるIED相手には対応し切れないこともある。
しかし、下面が弱いといっても車両の中では最も防御が固く、当然IEDも相応に巨大なものが求められてしまう。
手榴弾や迫撃砲など対戦車を意図したものではない武器が使われることもある。これらは装甲に大きなダメージを与えないが、装甲の薄い外部のハイテク部品やセンサー類、スモークディスチャージャーなどを壊されるので、戦車の自衛能力が失われ、大問題である。

ローテク兵器

悪路走破性を向上するための精密キャタピラが意外と脆く、第二次世界大戦やベトナム戦争は竹槍や木槍、ピアノ線などのトラップで行動不能に追い込まれた戦車が少なくない。
近年の戦車では足回りが改善されており、センサーの監視を逃れて近づくことは非常に難しいため、この手法では簡単には撃破できなくなっている。
しかし大きく垂直な落とし穴を仕掛けられ落とされると行動不能は確実である。橋などをあえて脆くされて川や海に落ちると水没する。こうなると戦車回収車を使わなければならなくなったり、放棄するしかなくなる。
イラクでは重油を壕に入れて燃やすという防御手段が取られる(2016年にもモスル市外戦で行われた)ことがある。戦車が火だるまになっては戦えないので近づけないという単純な目的に加えて、平地に黒煙を焚いて障害物代わりにする意図もあった。

小銃

小銃で戦車を倒すなんて無理だろうって思われるかもしれないが、乗員が油断して顔を出したり車外で休憩をしている時は別で、狙撃の格好の的である。乗員がなければ戦車は動かないのである。
補給や修理をしている兵士は生身というところも問題である。適切な警備をしなければあっさり襲撃を受けてしまうだろう。

戦闘ヘリ

戦闘ヘリのボールペン画練習…


随伴する歩兵や友軍に期待するしかない、対空戦車の場合は撃ち落とせ!
……とされているが、西側第3世代戦車のシミュレーターには必ずと言っていいほど対対戦車ヘリミッションが入っている(近年では東側第3世代であるT-80/T-90Sやその派生型、あるいはそれに準ずるモデルでもシミュレーターないし戦闘教本に対対戦車ヘリミッションの記載がある)。
これらは対戦車ヘリから逃げることのみを目的としてはおらず、機会あらば撃墜することも視野に入れている。現代MBTを撃破するに足る高初速と、高速移動目標へこちらも移動しながら(即ち車体や砲を大きく振動させながら)最適発射角度へ瞬時に砲を合わせる機械的反応速度(=行進間射撃能力)の向上が、それを可能にした。
このため、一時は開けた平野では16:1と言われていた対戦車ヘリの交戦比(こちらが1機/1両で敵をいくら撃破できるかの比)も、高低差や森林・市街地などでは4:1ほどになっているのではないかと言われている。
一部の戦車には対戦車ミサイル砲弾というものがあり、これは低高度のヘリコプターを攻撃できるようになっている。また、12.7mm機銃のような大口径の搭載銃は装甲の薄いヘリコプターから身を守るのに役立つので必ず搭載されている。T14アルマータには30mm砲を二門搭載する計画もある。
ちなみに戦車でも自前で対空戦闘をする方法がある。斜めに切り立った丘に駐車して砲を空に向ければ良い。なので対戦車専用のヘリコプターは近年では評価を落とし気味である。

ヤーボシュトゥルモヴィクA-10Su-25

ユンカース Ju87D-3「シュトゥーカ」

ーThunderbolt IIー


対空車両や友軍に期待するしかない。対空戦車であるならどうにかするしかない。祈れ
…と思われていたが近年になって謎の解決策が登場した。
北朝鮮の「暴風号」である。なんと対空ミサイルのイグラが車長用キューポラの隣に置かれている。
対空車両が足りないなら自前で防衛してしまえっていう無茶な発想である。ある意味では有効な解決策にも見えるが索敵用のレーダー等は備えていないので目視のみ。自衛くらいならできそうだが。
※ちなみにこの手の仕事は本来歩兵のやることなので本来はAPCやIFVに積まれている。

類似兵器

軍用車両の象徴とも言い得る戦車だが、その反面、一般の人からは戦車でない兵器までもが戦車と呼ばれてしまう事が多々ある。しかし、戦車と相違する点については、例外も数多く存在する。
また、空挺戦車は戦車から派生した戦車の一種だが、通常の戦車と同様の運用は出来ない。

自走砲

最も戦車に間違われやすい兵器。
大砲野砲榴弾砲)を自走可能にした兵器であり、戦車を「車両に大砲と装甲を付けて戦えるようにした物」とすれば、自走砲は「大砲に車輪とエンジンを付けて移動できるようにした物」である。
戦車と相違する点として、同時期の戦車より大口径の主砲を持つ、射程距離が長い、車高が高い、装甲が申し訳程度しかない、車体がオープントップになっている、等が挙げられる。
近年(70年代後半以降)は、ある程度装甲を備えた完全密閉型の「装甲自走砲(例:ドイツのPzH2000やイギリスのAS-90など)」と呼ばれるものも存在する。

歩兵戦闘車

兵員輸送車の一種。
兵員を輸送するための装甲車を、より戦闘向きに強化した兵器。戦車と共に行動する事も多く、対戦車ミサイルを装備して敵戦車の撃破も可能なものもある。
戦車と相違する点として、戦車よりはかなり装甲が薄い、車体の体積が大きい、主砲が大砲ではなく機関砲、車体の後ろに乗降用の扉がある、等が挙げられる。

空挺戦車

航空機での輸送、空中投下を可能にするべく、軽量・小型化された戦車。
航空機と言う運搬可能な貨物の重量に制限のあるものに載せる為に装甲に制限があり、アルミ合金等の軽合金が使われたために、歩兵戦闘車に近い程度の防御力しかないといった欠点がある。
追加パッケージによって装甲の強化が行われる事もあったが、強化後は航空機への搭載が不可能になることが多く、前線での脱着はほぼ不可能なために行われたのは少なかった。

駆逐戦車突撃砲砲戦車戦車駆逐車

これらと戦車との線引きは曖昧であり、戦車に分類される事もある。ただし、厳密には自走砲の一種である。現在は廃れている。
戦車と相違する点として、旋回砲塔を持たない、戦車と比較して強力な主砲を持つ、車体の体積が小さい、等が挙げられる。

対空戦車

戦車の脅威である航空兵器に対応するために作られた戦車。前線の戦車部隊に追随し、前線部隊を航空機などの脅威から防御することを目的としている。
ただし、通常の戦車と比べ多くの場合装甲は薄くなっており、また武装も対空火器中心であるため、敵の戦闘車輌や対戦車火器との直接戦闘は不得手である。

関連イラスト

20XX年 応急夜戦滑走路

M1A1エイブラムス


Mark.Ⅰ メイル

T-72神




関連タグ



他の記事言語

Tank

pixivに投稿された作品 pixivで「戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12521772

コメント