ピクシブ百科事典

ウルトラセブン

うるとらせぶん

「ウルトラセブン」とは「ウルトラマン」シリーズの作品であり、劇中に登場するヒーローの名称である。
目次[非表示]

キャラクターとしてのウルトラセブン→ウルトラセブン(キャラクター)

概要

円谷プロダクション制作による空想特撮シリーズ第3弾にして、ウルトラシリーズ第4作目(よく勘違いされるがウルトラシリーズの3作目は『キャプテンウルトラ』である)。
1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日までにTBS系で毎週日曜日19:00~19:30に全49話が放映された特撮テレビ番組。
宇宙侵略者から地球を守るウルトラ警備隊及び、地球人協力するヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語である。

自然現象の一部としての怪獣出現が主なテーマだった前作『ウルトラマン』に対し、本作では明確な侵略の意図を持った知的生命体=宇宙人との対立が物語の中心となり、ストーリーも軍事色が強いものになっている。
また、個々のエピソードについてもドラマ性が重視され、今なおウルトラシリーズ最高傑作との評価も高い。

制作当時は、前作『ウルトラマン』との関わりはないという体で作られていたため、この『ウルトラセブン』単体で、ウルトラシリーズとは別の時間軸で進むシリーズ(俗に平成ウルトラセブンと呼ばれる)がTVスペシャルやオリジナルビデオとして制作され続けている。

あらすじ

人類宇宙への進出を始めた近未来、宇宙では遊星間侵略戦争が激化し、地球侵略を企む宇宙人が次々と地球へ飛来した。人類は国際組織「地球防衛軍」を結成し、宇宙からの侵略者と戦い始めた。
日本にも地球防衛軍極東基地が建設され、富士山麓の広大な地下基地で300名の隊員が日夜宇宙からの侵略に目を光らせていた。この極東基地には各部署から選抜された精鋭隊員による特殊部隊「ウルトラ警備隊」が置かれ、地球防衛の最前線に立っていた。
クール星人による人間蒸発事件とそれに続く京浜工業地帯爆撃事件で、モロボシ・ダンと名乗る風来坊の青年がウルトラ警備隊に協力し、事件解決の功績を認められてウルトラ警備隊に入隊する。
彼こそM78星雲からやってきた正義の宇宙人、ウルトラセブンであった。彼は侵略の危機に晒される地球を守るため、超能力を駆使して侵略宇宙人やその刺客である宇宙怪獣と戦っていく。

登場人物

モロボシ・ダン/ウルトラセブン
友里アンヌ隊員
キリヤマ・カオル隊長
セブン上司

以下の人物についてはウルトラ警備隊の記事を参照の事。
フルハシ・シゲル隊員
ソガ隊員
アマギ隊員
クラタ隊長
ヤマオカ長官
タケナカ参謀
マナベ参謀

放映リストと登場した怪獣、宇宙人

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「姿なき挑戦者」宇宙狩人クール星人
2緑の恐怖生物Xワイアール星人
3湖のひみつ変身怪人ピット星人、宇宙怪獣エレキング
4「マックス号応答せよ」反重力宇宙人ゴドラ星人
5「消された時間」宇宙蝦人間ビラ星人
6ダーク・ゾーン放浪宇宙人ペガッサ星人
7「宇宙囚人303」火炎怪人キュラソ星人
8狙われた街幻覚宇宙人メトロン星人
9「アンドロイド0指令」頭脳怪人チブル星人アンドロイド少女ゼロワン
10怪しい隣人異次元宇宙人イカルス星人
11「魔の山へ飛べ」宇宙野人ワイルド星人宇宙竜ナース
12遊星より愛をこめて吸血宇宙人スペル星人
13V3から来た男宇宙鳥人アイロス星人
14ウルトラ警備隊西へ(前編)」策略宇宙人ペダン星人、宇宙ロボットキングジョー
15「ウルトラ警備隊西へ(後編)」ペダン星人、キングジョー
16闇に光る目岩石宇宙人アンノン(アンノン星人)※1
17「地底GO! GO! GO!」地底ロボットユートム
18「空間X脱出」宇宙グモグモンガ、音波怪人ベル星人、怪奇植物スフラン(疑似空間の植物)※2、疑似空間のダニ
19「プロジェクト・ブルー」宇宙帝王バド星人
20「地震源Xを倒せ」核怪獣ギラドラス、暗黒星人シャプレー星人
21「海底基地を追え」軍艦ロボットアイアンロックス、宇宙海底人ミミー星人
22人間牧場宇宙怪人ブラコ星人
23「明日を捜せ」猛毒怪獣ガブラ、宇宙ゲリラシャドー星人
24「北へ還れ!」オーロラ怪人カナン星人
25零下140度の対決凍結怪獣ガンダー、ミニ宇宙人ポール星人
26超兵器R1号再生怪獣ギエロン星獣
27「サイボーグ作戦」甲冑星人ボーグ星人
28「700キロを突っ走れ!」戦車怪獣恐竜戦車、侵略宇宙人キル星人
29「ひとりぼっちの地球人」宇宙スパイプロテ星人
30「栄光は誰れのために」プラスチック怪人プラチク星人
31悪魔の住む花宇宙細菌ダリー
32「散歩する惑星」メカニズム怪獣リッガー
33「侵略する死者たち」蘇生怪人シャドウマンユーリー星人※3
34「蒸発都市」発泡怪獣ダンカン
35「月世界の戦慄」月怪獣ペテロ、復讐怪人ザンパ星人
36必殺の0.1秒催眠宇宙人ペガ星人
37盗まれたウルトラ・アイマゼラン星人マヤ
38勇気ある戦いロボット怪獣クレージーゴン、強奪宇宙人バンダ星人
39セブン暗殺計画(前篇)」剛力怪獣アロン、分身宇宙人ガッツ星人
40「セブン暗殺計画(後編)」ガッツ星人
41「水中からの挑戦」カッパ怪獣テペト、水棲怪人テペト星人
42ノンマルトの使者蛸怪獣ガイロス、海底人ノンマルト
43第四惑星の悪夢ロボット長官ロボット所長第四惑星人
44「恐怖の超猿人」宇宙猿人ゴーロン星人
45「円盤が来た」サイケ宇宙人ペロリンガ星人
46ダン対セブンの決闘ロボット超人にせウルトラセブン、侵略星人サロメ星人
47あなたはだぁれ?集団宇宙人フック星人
48史上最大の侵略(前編)」幽霊怪人ゴース星人、双頭怪獣パンドン
49「史上最大の侵略(後編)」ゴース星人、改造パンドン

※1:書籍によっては本体と怪獣形態を分け、本体をアンノン星人、活動できる姿を単なるアンノンとして紹介しているものもある。
※2:名称は円谷プロ創立50周年記念で販売された「円谷プロ全怪獣図鑑」より
※3:裏設定の宇宙人のため劇中では勿論、後に発売された数多くの文献でもその名称が言及される事はあまりない

その他の媒体に登場する怪獣たち
ゴード
(漫画『ウルトラマン 一峰大二版)
ノウワーム星人
ガ・ドーラ
(公式外伝漫画『COMIC'S★ウルトラ大全集 ウルトラマン-古都に燃ゆ-』)
アルベリッヒ星人
ゴルトス
ネオ・ゴルトス
(公式外伝小説『ウルトラセブン VOL.1 -狙われた星-』
トーク星人
甲冑人間
(私が愛したウルトラセブン)
ピニヤ
(フィギュアのみのそんざい)
※ボツシナリオで漫画などメディア化されたものや公式外伝に登場するものやフィギア化されたオリジナル怪獣のみを掲載。

カプセル怪獣

ウインダム
ミクラス
アギラ
普段はダンが持つカプセルの中に収納されており、ダンが何らかの事情で変身できない時に彼らを使役して戦わせることで場をしのぐ。本編ではあくまで時間稼ぎ要員だが、その後ベムスターなどの強敵を倒すほど成長した模様。
カプセルは6本確認できるが、判明しているのはこの三体のみ。怪獣ボールというものに入ったセブンガーという怪獣もいる。

関連動画






関連イラスト

ウルトラセブン に関するイラストを紹介してください。

ウルトラセブン 第49話「史上最大の侵略 後編」
ウルトラセブン



関連タグ

ウルトラマン ウルトラマンゼロ ウルトラマンレオ ULTRASEVENX
平成ウルトラセブン ウルトラセブン21
ウルトラ警備隊 
それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…
山井大介 京楽(パチンコ) 実相寺昭雄
ウルトラマンウルトラセブン帰ってきたウルトラマン

関連外部リンク

ウルトラセブン - Wikipedia
ウルトラセブンとは - ニコニコ大百科
ウルトラセブン - アンサイクロペディア

ネタ

ウルトラアイ

よく盗難にあう。油断して奪われたのが4回、無くしたのが1回、ポインターに置き忘れたのが1回。合計6回も命の次に大事な変身アイテムを紛失しているのは……。マンや以降のウルトラマンも変身アイテムを敵に奪われたりして不所持となることがあったが、ここまでではない。しかも奪われるときは女性絡みなど、大変アレな理由である。
最近息子も同型の変身アイテムを得たが、こんなうっかりまで遺伝していないことを祈る。

ウルトラマンセブン

興味の無い人が、だいたい四分の一くらいの割合で言い間違える。
ネット上でこれを言い間違えようものなら、もう罵詈雑言の嵐。
興味の無い皆様も覚えておきましょう。
ウルトラセブンです。

ウルトラファイト

ウルトラファイトで怪獣達と喧嘩している。そのファイトスタイルははっきり言ってヒール。大人の事情によりスーツもアレなので異様さが際立つ。……だがこれが後にウルトラ熱を再燃させるきっかけになったのだった。

ゾフィーのことなんかいいよ

※当該項目を参照。

親馬鹿

最近ウルトラマンゼロという息子がいる事が判明した。父と似ているが目つきがするどすぎる容姿からして、ULTRASEVENX時代につくった子のような気がしてならない……
……が、母親はアンヌではなく、ブルー族の女性科学者であることが判明し、彼女を演じたひし美ゆり子も否定していた。息子が生まれている時には、すでに地球人はいくつもの惑星を開拓し、(『キラーザビートスター』では)リゾート地まで築くほどの文明を築いており、すでにアンヌはこの時代には存在していないと見るべきかもしれない。前述のセブンX本編が他の作品とどうつながっているかも不明である。よって、決して浮気ではないはず。

平成セブンのDVD-BOX同梱のブックレットでは、5900歳であるゼロとアンヌが同じ時代に生きていたような文面がされており、『アンヌとは結ばれなくて正解だったのでは?』と語る記述があるが、ゼロが活躍する大怪獣バトル以降の時代背景もあり、この記述だとセブンがガチの浮気者みたいになってしまうので、正しい情報ではないと見るべき。(浮気者ヒーローは嫌だろ…みんな?)
ちなみに平成セブンでは、アンヌはセブンが去った後地球人の男性と結婚しダンという名前の子供を儲かっている。

そういえば女難の相は本編で出ていた。
四月馬鹿では親馬鹿が炸裂。ゾフィーの危機も完全無視で息子とのBBQに夢中。ゾフィーのことなんか(ry とにかく息子が可愛くて仕方がないようだ。その優しさの万分の一でも弟子に向けてやれないものだろうか。
四月馬鹿ではその他、けいおん!好きやダーマ好きなど、お茶目な面を見せてくれる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラセブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3900441

コメント